オーディオインターフェイスがなくてもDTMができる!

どうもUGです。

結論から先に書くと

DTMをするのにオーディオインターフェースは必ずしも必要ではありません

なくてもDTMはできます。

誰もが感動できる曲は「オーディオインターフェースがないと絶対にできない」という

わけではありません。

 

DTMをには「パソコン」「DAW(作曲ソフト)」そして

オーディオインターフェイスが必要と言われていますが、

別に、オーディオインターフェイスがなくてもDAWは動きますし、プラグインも使えます。

そもそもDTMオーディオインターフェイスの必要性とは

DTMオーディオインターフェイスの役目は2つあります。

1つは音を取り込むことにあります。

 

ボーカルやギターといった生楽器を取り込むことを

目的としているのがオーディオインターフェイスの役目です。

 

つまりソフト音源だけで作曲したい

ギターやボーカルなどの生楽器を必要としないのであるならば

オーディオインターフェイスは必要ありません。

 

2つ目はオーディオインターフェイスを使って音を聞くということです。

パソコン→オーディオインターフェイス→(スピーカーorヘッドホン)

このようにしてDAWの音を確認するのが一般的です。

 

オーディオインターフェースの値段は5000円くらいから上は何百万もするタイプのものまで色々あります。

コスパ最強のオーディオインターフェース

少しでも安くいオーディオインターフェースを探す。

音のクオリティも正直そこまで問わないのであれば

パソコン本体についているオーディオインターフェースを使うのもありです。

 

実はパソコン本体にもオーディオインターフェイスは内蔵されています

 

つまりゼロ円!!コスパ最強です。

 

わかりやすい例で言うと

「イヤホンプラグを差し込むタイプのものであれば」

「イヤホン用」と「マイク用」がありマイク用が音を取り込むことができる

いわゆる「オーディオインターフェース」として使うことができます。

 

どのパソコンにもほぼついています。

 

「えーそれって音悪いんじゃないの」と思う人は多いでしょう。

当然市販のオーディオインターフェイスと比較すると音は良くはないです。

 

まぁ普通に考えたら「単体で別売りしているものとパソコンに最初から付属している

ものが同じクオリティだったら買う必要がない」ということになりますもんね

 

なのでオーディオインターフェース 音質重視を求める方には

オススメできません。

ただ、内部処理に関してはオーディオインターフェースは関係ありません。

初音ミクなどのボーカロイドとDAWの音源やギター音源などを使って

DTMをする場合、正直オーディオインターフェースはなくてもOKです。

 

 

注意してほしいのですが「良くはない」という表現です。

 

これは「比較する音源があって初めて良し悪しがわかります」

 

確かに良い再生音で音楽を作る方がクオリティの高いものができると思いますが、

それを比較する耳をもっていないのであるならば、別にイヤホンジャックでも

構わないと思います。

プロの環境でもオーディオインターフェイスを使わない環境もある

私が以前勤めていたゲーム会社にはオーディオインターフェイスはありませんでしたw

今考えるとすごい環境だったとは思いますw

 

ヘッドホンを変換端子を使ってイヤホン使って音楽を聴きながら音楽を作っていましたw

 

そしてその環境で楽曲を納品していましたが、

社外/社内から音質についてのクオリティを指摘されることは一度もありませんでした。

 

私の友人でCM関係の仕事をしている人もいますが、イヤホンジャックにこちらのスピーカーを使って

音を確認していました。

パソコン内蔵オーディオインターフェイスについて

イヤホンジャックは俗に言うDA変換

つまりDAWのデジタルデータをヘッドホンで聴けるようにする。

アナログデータにおきかえるものです。

 

これの逆が

アナログデータをデジタルデータに変換する。

 

つまり声や生音をDAWの中に取り込んで編集できるようにする機能がAD変換になります。

そして実はパソコン本体には

AD変換つまりインプットジャックも存在しています。

それが「マイク入力」です。

そう、やろうと思えばオーディオインターフェイスなしで

DTMはできるのです。

ちなに内蔵インターフェイスを使うことで

オーディオドライバを一切介さないため

オーディオインターフェイス関係のトラブルはまず起きませんw

 

内蔵オーディオインターフェイスのスペックは

入力出力ともに24bit/96khzです。

もちろんこれは「ソフトフォーマットがこのレベルに対応している」という話であって

再生音の良さを保証しているものではありません。

サウンド入力でできること

本体についているサウンド入力ではイヤホン端子の接続が余儀なくされます。

そもそもサウンド入力はチャット用などのマイクから音声を入力するためのものです。

 

最近のチャット用のマイクは一昔前から比べるとかなり高音質になりました。

使い方によってはこれでボーカル録音する人もいるかもしれませんし、

頑張ればアコースティックギターを録音することもできるかもしれません。

 

しかし当然のことながら「専用のマイク」などの音質には劣ってしまいます。

 

追記2019/02/27

最近のmacにはサウンド入力がなくなっているものも多いです。

macmini2018にはサウンド入力はありません。

しかし

USBからオーディオ入力できるものもあります。

オーディオインターフェースを買うのちょっと思っている人にとっては

安い初期投資と言えます。

さいごに

オーディオインターフェイスがなくてもDTMはできる!

いかがでしたか?

 

確かに良い再生音を求めるのならば、

オーディオインターフェイスはあった方が良いということになりますが、

大切なのは「なくても出来る!」という点です。

金銭的に余裕がないのであればオーディオインターフェイスは

後回しにもできるということです。

 

イヤホンジャックであればiPhoneの付属のイヤホンに変換端子を

つければ音はきくことができます。

 

オーディオインターフェイスがなくてもDTMはできる

DAWも動く

パソコンにもオーディオインターフェイスはついてる

 

参考にしてもられば嬉しいです。

コメントを残す