MENU

VST プラグイン– category –

VSTプラグインとは

VSTプラグインとはSteinberg's Virtual Studio Technologyを略してVST(ブイエスティー)と呼ばれており、DAW(デジタルオーディオワークステーション)で使うことができる音源及びエフェクト機能の一つです。

名前からもわかるようにVSTを作ったのはCubaseを制作したSteinberg'sです。つまり最初はCubaseのための規格ということだったのですが、利便性から多くのDAWがVST規格を採用し、現在ではLogic ProとProtoolsを除く殆どのDAWで使用されています。

VSTはいくつかあるプラグインの規格になりVST以外にも次の3つがあります

  • Appleが提唱しているAU(オーディオユニット)プラグイン
  • MOTUが提唱しているMAS(モツオーディオシステム)プラグイン
  • AVIDが提唱しているAAX(Avid Audio eXtension通称エーエーエックス)プラグイン

各プラグインはそれぞれ使えるDAWが決まっています。


Logic ProCubaseStudioOneLiveDigital
Performer
Protools
VSTプラグイン
AUプラグイン
MASプラグイン
AAXプラグイン

DAWによって使えるプラグイン規格は異なりますが、ViennaEnsembleProというブリッジソフトを使うと、例えばLogic ProでVSTプラグインが使えたり、ProtoolsでもAUプラグインやVSTプラグインを使用することが可能になります。

またVST/AUプラグインによって若干動作内容が異なり、「AUよりVSTの方がCPU負荷が少ない」「VST2より3の方が軽い」というタイプのプラグインもあります。

VSTプラグイン64bitと32bitの違いについて

VSTプラグインの64/32bitはDAWは使えるメモリ量との関係になります。32bitでは上限4GBまでしかメモリが使えなかったのに対して64bitではそれ以上使えるようになります。

これはDAWのバージョンとも関係してくるのですが、現在のVSTプラグインのほとんどは64bitに対応しています。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

VSTプラグインの種類

VSTプラグインには主に次の3種類に分類されます。

VST i(iはインストルメント)ソフト音源と同じく音色を有しているもの
VST e(eはエフェクト)コンプやリバーブ等のエフェクトプラグイン
VST MIDIエフェクトアルペジエーター等のMIDI情報を変化させるもの

ただ、VST iは多くのDTMerからはあまり厳密に呼び名が区別されていることはなく、音源の場合は「VST音源」であったり「ソフト音源」と呼ばれています。

VSTプラグインは上記のエフェクト、インストゥルメント、MIDIエフェクト、の他にも初音ミクなどのボーカロイドもVSTプラグインの一種と言えます。

VSTプラグインのメリット

VSTプラグインのメリットは有償無償問わず多くのプラグインが存在することでしょう。DAW単体の中にもエフェクトや音源は搭載されていますが、別途購入及びインストールをすることで、さらにクオリティの高いエフェクト及び音源を扱うことが可能になります。

一言でいえば自分専用にカスタマイズできるというのが最大のメリットです。

96bit-musicでも多くのVSTプラグインを紹介しています。

コンプレッサー&リミッター

音を圧縮して迫力のある音圧を得られるプラグインです。

サチュレーション

アナログテープやプリアンプの微妙な歪みを再現できるプラグイン、俗に言う「音に暖かみ」を得られる

イコライザー

特定の周波数帯域の量を調整し音を作り上げるプラグイン

ギターアンプシミュレーター

ギターの音作りには欠かせないプラグイン。これがないとはじまらない

マキシマイザー

簡単に音圧を稼げるDTMer必須のプラグイン

マルチFX

あらゆるエフェクトが統合されていたり。通常のエフェクトではないような特別な変化をもたらせてくれるプラグインです。

リバーブ&ディレイ

残響を作り出すエフェクトプラグインです。

VSTプラグインのデメリット

DAW標準のVSTプラグインがあるわけですが、クオリティとしては有償のものの方が操作性、音質、等で優れている側面がありますが、その反対にそれらを使うことでDAWが不安定になって落ちてしまうケースがあります。

これはDAWとVSTプラグインとの相性やOSのバージョン、そもそもリリース時に取り切れていないプログラム的なバグがあったりと原因は様々です。

せっかく買ったのにバグで動かない、DAWが不安定で曲を作っている最中に落ちた場合の精神的なストレスは計り知れません。最近はこのようなバグも減ってきてはいますが、やはりDAW純正のプラグインと比較すると不安定な要素を若干含んでいることは間違いありません。

また無料のフリーVSTプラグインも数多く存在します。クオリティはピンきりで有料級であってもおかしくないレベルものも多く存在します。

しかし、無料のプラグインは有料のものと比べてると、安定したバージョンアップが見込めないという問題があります。言ってしまえば「いつ打ち切られてもおかしくないもの」という認識をもっておく必要があります。また上記で説明したようなOSのアップグレードによって使えなくなるパターンもあるので長期に安定して使える保証はありません。

VSTプラグインインストール&アンインストールの方法について

基本的な方法としてはインストーラーを使ってインストールします。多くの場合はインストール時にVST,AU,AAXを一括でインストールもしくは個別でインストールが可能です。

個別でインストールする場合はフォルダに直接ドラッグアンドドロップします。

Macの場合はライブラリ→Audio→Plug-Insフォルダの中に規格別のプラグインフォルダがあるのでそこにドラッグアンドドロップします。

ライブラリは上記のファインダーの中にある移動を選択しますが、通常は表示されていないのでoptionキーを押しながら移動をクリックすることでライブラリが表示されます。

プラグインによっては次の画像のようにファイルをのエイリアスを作ってそこにドラッグするだけでインストールが可能なものもあります。

ドラッグアンドドロップにてインストール
インストーラーで規格を選択

アンインストールする場合はインストールされたフォルダからプラグインを取り出すことでアンインストールになるパターンがほとんどですが、中にはアンインストーラーを内蔵しているものもあります。

123...8