どうもUGです。

こんかいは「EQとダイナミックEQの違いは何?DTM初心者はどっちを使うべき?」

についてお話します。

EQは特定の周波数をカット/ブーストすることが目的という

話を以前しました。

EQの役割を覚えよう

さて、EQには普通のEQの他にもう一つ

ダイナミックEQというものがあります。

一言で言えば、

スレッショルドでEQを管理する

というものですが、

 

よくわかりませんよね

でも大丈夫!

この記事をよんでもらえれば、機能の違いと使い方について

理解してもらえると思います。

 

ちなみに結論から言うと初心者DTMerにはダイナミックEQの使い方を

理解できれば合ったほうがよいです。ないならば必要ありません。

 

その理由もふくめて

 

それではさっそく

EQとダイナミックEQの違いは何?DTM初心者はどっちを使うべき?

詳しく見ていきましょう


スポンサードリンク

ダイナミックEQと普通のEQの違い

普通のEQのことを詳しい呼び名はパッシブEQとよばれています。

そしてアクティブEQはダイナミックEQと呼ばれています。

アクティブ(能動的)

パッシブ(受動的)

dynamic(動的)

static(静的)

 

パッシブは任意で設定した周波数のカット/ブーストをするだけですが、

ダイナミックは任意で設定した周波数にスレッショルドで管理し

入力量をコントロールすることができます。

 

ダイナミックEQプラグイン

フリー有償含めていろいろなメーカーから出ています。

フリーで有名なのはTDR NovaというダイナミックEQ

今日はこれを使って説明していきます。

ダウンロード先はこちら

TDR Nova

基本はみなれた4バンドのEQですが、

下の弾にスレッショルドのボタンが見えます。

「コンプみたい」と思ったあなたは鋭いですw

 

ぶっちゃけて言えばダイナミックEQは

特定の周波数のコンプみたいなものです。

 

イメージとしてはEQのあとにコンプをかけているわけですが、

違いはコンプは音量を安宿しているのに対して

ダイナミックEQは周波数のカット/ブーストの量を

調整していることです。

 

 

まずは普通のEQの使い方をしてみます。

 

KICKの周波数55hz12dbブーストします。

 

気持ちの良い低音増量感です。

フリーでのこの音質なら楽しめる人も多いと思います。

 

さてここにダイナミックEQの要素を入れていきます。

スレッショルドボタンを押して入力量を変えると上の青いEQカーブラインが変わります。

つまりこのラインを超えた音量のEQ入力量を抑えてやるのがスレッショルドの役目です。

動画でみるとこのような動きになります。

音の違いはほどよくブーストした箇所が抑えられているのがわかると思います。

 

このように任意の周波数の増減を入力量に応じて変化させることができるのが

ダイナミックEQです。

 

コンプで似たようなことをやるとどうなるの?

まったく同じ値でEQとコンプでやってみるとこうなります。

こだとEQでブーストさせたものをコンプしているだけなので

他のパートとの音量差のコンプレッションになってしまいます。

 

ダイナミックEQの場合は

「特定の周波数を増やしたい!でもその量は演奏の強弱によっても変更したい」というときに便利です。

 

ギタリストがピックのニュアンスでディストーションサウンドを変化させるのと

同じ解釈です。

 

実は◯◯はダイナミックEQ

入力量に応じて特定の周波数の増減を行う

これはボーカルなどでよく使われる

ディエッサーと原理は同じです。

ディエッサーは高周波のみに対応したダイナミックEQと言えます。

スポンサードリンク

さいごに

EQとダイナミックEQの違いは何?DTM初心者はどっちを使うべき?

いかがでしたか?

 

使い方を理解しているならば使ったほうがよいという意味

おわかりいただけましたか?

 

より細かいニュアンスレベルの使い方にもなってくるので

ダイナミックEQを覚える前に

コンプとEQをしっかり覚えた方がよいという見方もできます。

 

覚えてしまうと非常に便利なので

機能をしっかりと理解して

楽曲のクオリティアップに使っていきましょう。