MENU
✓2021ブラックフライデーSALE一覧!

Eventide SplitEQレビューEQ&トランジェントでミックスが激変!

「この音色いいのに、なんかすごい耳障りの硬い音がする」「イコライザーやコンプでもうまく調整できない」「音源のステレオ感がもうちょっと好みになってほしい」こんな悩みありませんか?

これらはトランジェントが問題になっていることが多いですが、トランジェントプラグインを使ってもいまいちしっくりこないことも多いです。そんなときにオススメしたいのがEventide SplitEQです。

Eventide SplitEQは今までのイコライザーの価値観を一新するほどのユニークな存在です。特定の周波数のみのトランジェントを調整できたり、それらをパンニングして左右に動かすことが可能です。

「使いにくい音色」と思っていた音が「使える音色」に変わった瞬間、いっきにクリエイティブゾーンに入ることができます。

この記事ではEventide SplitEQの使い方のコツや、メリット・デメリット、オーソライズ方法までかなり詳しく解説しています。

総合評価
音質
操作性
価格 
購入のしやすさ
安定度(CPU負荷)
話題性
評価の根拠について
目次
UG
作編曲家(DTMブロガー)
作編曲家/DTMブロガー&講師 /
日本シンセサイザー協会準会員/
テレビ番組/CM、映画、よさこい、
ゲーム、などのBGM及び効果音を作成

Eventide SplitEQとは

Eventideの特許技術である “Structural Split テクノロジー” を搭載したクリエィティブなサウンドデザインツールそれSplitEQです。Eventideはギターのエフェクターとして評価が高く、このブログでもいくつかプラグインを紹介しています。

最初は「あのEventideがイコライザー出したの?あれかな?最近流行りのキルヒホッフEQに対抗したかったのかな?」という程度に思いましたが、SplitEQのコンセプトはキルヒホッフEQと違い今までのイコライザーとの決別、新しいイコライザープラグインの可能性を強く押し出したものになりました。

そしてSplitEQを使ったことで今まで使うことをためらっていた音色を使えるようになりました。

SplitEQの価格

通常価格は$205.32それがSALEで$113.56です。DTM初心者では使いこなせない(音の違いは分かりにくい)かもしれません。これを即戦力で使いこなすというのはミックスについてある程度見識を持っている中級者以上のレベルが求められます。しかし、「じゃあDTM初心者に使えないのか?」というそうではありません。

高品位な8バンドイコライザーとして使っても問題ありませんし、「なんかこの音色好きなんだけど、耳をつくような痛さがある。どうにかならないかな?」というときに試してみる価値があります。

またトランジェントとトーナルの関係性を学べるプラグインとして使うのもありでしょう。それにわからないからこそできる初心者ならでは使い方も見つかるかもしれません。

\ ここで買えるよ! /

SplitEQのメリット

(これが最強)イコライザーとトランジェントを切り離せる!

特定の周波数の音量を調整できるイコライザーですが、イコライジングすることで音の硬さ的な要素も一緒に増減してしまった音に困惑したことがある人は多いと思います。これはトランジェントと言われる音の輪郭部分になる要素がイコライザーによって変わってしまうためです。

イコライザーをあげればトランジェントが目立ってしまうのは悩ましい問題でした。

しかし、これを解決するのがSplitEQです。「ん?トランジェントだけ解決したいならば、トランジェント専用のプラグインを使えばいいのでは?」と思うかもしれません。

しかし、通常のトランジェントプラグインでは周波数毎に調整できるタイプはあまり見かけません。SplitEQでは特定の周波数のトランジェントだけ、またはトーンだけを調整することでよりピンポイントな音作りが可能になります。

トーナルって何?

トーナルとは次のような意味合いで使われる言葉です。

音色の、音調の

色調の、色の明暗の

《音楽》〔音楽が〕調性の◆【対】atonal

【発音】tóunəl、【@】トウナル、トウノウ、【分節】to・nal

引用:英辞郎 on the webよりトーナルの意味について

ざっくりと輪郭としてのトランジェント、音の明暗としてのトーナル。という覚え方で大丈夫です。

イコライザーで特定の音域をブースト/カットすることで音色としのてカラーが変わるのはトーナルが変化したと言えます。

トーンとトーナルはほぼ同義として捉えても問題はありません公式サイトではトーンで説明していますが、ここでは引用を以外ではトーナルという言葉で説明します。

SplitEQをドラムに使用した例

次のドラムループを聴いてみてください。注目すべきはスネアの音の硬さです。好きなスネアの音なのですが、トランジェントが痛すぎて使うことをためらっている音色です。

これにSplitEQを使ってみます。良いか悪いかは別として、かなり大げさに使ってみました。

画像

そして結果がこちらです。

スネアの「カッ」という音が抑えられて、トランジェントと独立したイコライザー(トーナル部分)によってスナッピー(スネアのシャリ)という音が自然に出ることで。まるで違うサンプルのようになります。

次にハイハットだけに使ってみます。

ハイハットは高域を下手にブーストするとサンプルによってはトランジェントが痛い音になりがちです。しかし、SplitEQを使うと次のようになります。

SplitEQ BYPASS
SplitEQ ON

バイパスでは「チッ」という音が耳についていましたが。SplitEQを使うことで抑えることができています。

SplitEQアコースティックギターに使用した例

今後はアコースティックギターに使ってみます。と言ってもソフト音源のHammingbirdであり、それなりに音は整えられているので、そこまでは変わりません。

MaterialCompで軽く抑えています。少し抜けがほしいので通常のイコライザーを通してみたのがこちらになります。

画像

やはり高域をブーストしているところで耳に痛い音になります。

続いて、ほぼ同じ設定のSplitEQを挿してみます。ブーストカットの値は同じですが、トランジェントを抑える設定を加えています。

画像

設定の良し悪しは覗いても、ブーストした箇所のトランジェントが下げられているため耳の痛さはありません。非常にトラックに馴染みやすい音色になりました。

SplitEQストリングスに使った例

刻むようなストリングスのフレーズに使用しています。ストリングスは音源によってホールの残響感などで音色のカラーやトランジェントが決まっているものもよく見受けられます。いい感じの音なのにもう少し前に出てきてほしいからイコライザーで調整してもうまく行かない。こういうときにもSplitEQは役に立ちます。

SplitEQ BYPASS
SplitEQ ON

かかり方としてはエキサイターをより自然にした感じがします。ステレオのストリングスでチェロだけを少し目立たせたいという場合にも便利です。

トランジェントとトーナルを周波数毎にパンニングを設定できる

SplitEQの最大の特徴となるトランジェントとトーナルの分離は音量だけではなくパンニングも同時に使用できます。

つまりトランジェントはLチャンネルにトーナルはRチャンネルに指定することができるというわけです。またこのパンニングはM/S処理も可能なので力技であり、それが適しているかは別にしても周波数的に応じてモノラル化することも可能です。

このメリットはステレオで収録された音、ギターやピアノステレオ幅を調整するのに便利です。

SplitEQのPanをストリングスに使った例

これは画像の赤く囲った周波数のみをオートメーションを使ってパンを動かしている状態です。

画像

ステレオのストリングス音源などで特定の周波数が偏っている場合などの調整に効果を発揮できそうです。

SplitEQをシンセに使った例

SplitEQは何も補正等ばかりに使う必要はありません。周波数帯域をパンニングできるというのはかなりクリエイティブなことです。シンセなどで使うことでも非常にユニークな効果を作り出すことが可能です。

これはシンセのアルペジオの特定の周波数だけをオートパンさせリバーブで処理したものです。このような使い方は補正目的以外の使い方ができるのもSplitEQの魅力(メリット)と言えます。

他にも、私がプラグインに求める工場出荷時のプリセット(イニシャライズパッチ)や2つの異なった設定を比較できるA/B切り替えボタン、1つ前の設定に戻れて便利「Undo/Redo」ボタン、イコライザーのバンド幅をすぐにゼロに戻せるoption+クリックなど、細かいところですがストレスを感じさせないようになっているのは本当に素晴らしいと思います。

画像

SplitEQのデメリット

画像(アナライズ画面)が乱れることがある。

これは私の環境のみで起こっていることかどうかわかりませんが、アナライズ画面がために乱れることがあります。

画像

可能性として考えられるのは私の使用マシンであるMacmini2018はGPUを積んでいません。今までも何度か他のアナライズプラグインの処理が重くて画面がカクカクになったりすることもありました。そこが原因と考えています。

しかし、これでLogic Proが落ちたり、操作に著しく支障をきたしているわけではないので、それほど問題にすることはないとは思います。多少の画像の乱れ等よりもSplitEQの機能の素晴らしさの方が圧倒的に便利です。

贅沢すぎてごめんなさい、ダイナミックイコライザー機能があれば嬉しい

SplitEQではトランジェントやトーナルをイコライザー毎に調整可能ですが、可能であればそれらをダイナミック処理できればさらにすごいものになっていように思いますが、流石に高望みしすぎですね。

SplitEQの使い方のコツ

トランジェントだけの音。トーナルだけの音を確認しよう!

SplitEQを使うときにまず確認したいのは対象となる音源がどのようなトランジェント成分を持っているのか、どのようなトーナルを持っているのかです。このときに便利なのが画面右端にあるメーターのヘッドホンボタンです。ヘッドホンボタンはトランジェント用とトーナル用の2つがあり、それぞれ独立しています。

つまり、トランジェントだけを知りたいときはトランジェントの方のヘッドホンボタンをおすことで確認が可能です。

またメーターの真ん中にあるスライダーを上下させることで、トランジェントやトーナルのゲインを調整することができます。このあたりは純粋なトランジェントシェイパー的な使い方になります。

いきなりイコライザーを触りだすのもいいですが、音の特徴を理解するうえでかなり勉強になるボタンなので有効活用することをオススメします。

画像
TRANSIENTのみ再生
TONAL のみ再生

またイコライザー自体にもバンド毎にトランジェントとトーナルを聞くことができるのでより細かい確認をすることが可能ですのでトランジェントがどのあたりにあるのかざっくりとあたりを付けるのに便利です。

画像

イコライザーとパン設定を切り替えて音を調整してみよう!

立ち上げた状態ではSplitEQはイコライザーモードとして機能しますが下記の「PAN」と書かれたボタンを押すことでパンモードに変更します。

画像

さらにパンモードは通常のパンモードと〇〇が重なったボタンをおすことでM/Sモードに変更できます。

パンモードでは緑のスライドがトランジェント、青いスライドがトーナルになり、それぞれを独立して動かせますし、矢印をマウスで上下に動かすとで両方が同時に動こすことも可能です。M/Sモードの場合は矢印が上下にかわりますが動かし方は同じになります。

SplitEQユーザー&気になっている人の反応

とにかく話題性がすごいです。ミックスを生業としている人からは絶賛する声が多く、多くの人がデモから購入の流れに入っているようです。

ここで紹介しているのはほんの僅かな声でしかありません。とにかく、使った人の感想は「今までのイコライザーの価値観が大きく変わる」というものです。

\ ここで買えるよ! /

SplitEQの特徴

手付かずの音楽フィルターを備えた世界クラスの8バンドパラメトリックEQ。

Eventideの特許取得済みのStructuralSplit™テクノロジーを使用して、サウンドのEQトランジェント部分とトーン部分を別々に使用します。

トランジェントおよびトーン出力レベルを制御します。

連続的なトランジェントおよびトーンパンニングコントロール(L / Rおよびミッド/サイドモード)でステレオフィールドを強化します。

微調整と実験のために、基盤となるスプリットテクノロジーを制御します。

EQカーブを一緒にまたは個別にグローバルにスケーリングします。

ピーク、ノッチ、バンドパス、ハイシェルフ、ローシェルフ、チルトシェルフ、ハイパス、およびローパスフィルタータイプで、勾配は6〜96 dB /オクターブです。

革新的なリアルタイムスペクトラムアナライザは、トランジェントストリームとトーンストリームを個別に表示します。

包括的なプリセットライブラリには、150以上のプリセットが含まれています。

A / Bボタンを使用すると、2つのプリセットまたは設定に加えて、元に戻す/やり直し機能をすばやく試聴できます。

ズームオプション付きのサイズ変更可能なGUI。

引用:Plugin Boutique SplitEQ販売ページの和訳説明より

今までのイコライザーとはまったく次元の違う機能が満載です。その中でも特筆すべきはやはり、イコライザーのトランジェントとトーナルを別々に使用できることです。

抜けを良くしようと高域ブーストしたら「チクチクと痛い音」が目立ってしまう。低音をブーストしたら「単にもこもこが目立つだけになってしまった」このような問題を解決できるのがSplitEQです。

SplitEQのCPU負荷

使用環境は1つの音源にSplitEQを挿した状態でです。負荷はシングルだと30%近くになることもありますが、マルチスレッドで分散させると負荷は抑えれます。

マルチスレッドの分散方式とは

プラグインや音源が何も入っていない(オーディオトラック等)を選択することでCPUの負荷が軽減される方法です。私はこれを勝手に「CPU負荷逃し」と読んでいます。

SplitEQのシステム要求環境

ウィンドウズ

  • Windows 8以降 (64ビットのみ)(Windows 11をサポート)
  • AAX、VST2、VST3  (64ビットのみ)

マック

  • macOS 10.9以降 (64ビットのみ)(macOS 12MontereyおよびM1Apple Siliconをサポート)
  • AAX、AU、VST2、VST3  (64ビットのみ)
  • 注意:  AAX形式はIntel Macとのみ互換性があります(AvidがネイティブM1 Apple Siliconサポートを追加するまで)。

オーソライズ方式はiLok認証方式ですが物理的なiLokキーは必要ありません。(もちろん持っていればiLokキーにオーソライズすることも可能です)

具体的なオーソライズ方法について

オーソライズするにはiLokアカウントが必要になります。アカウントの登録ページはこちらから行えます。

画像

User ID:ご希望の登録ID(変更不可)

First Name:名

Last Name:姓

Company:会社(無記名でもOK)

Email Address:メールアドレス

Re-enter Email:上記と同じアドレス(確認用)

Password:希望のパスワード(8-32文字で英語大文字、小文字、数字の組み合わせ)

Re-enter Password:上記と同じパスワード(確認用)

Date of Birth:誕生日

Security Question:パスワードをリセットするための秘密の質問の問い

Security Answer:秘密の質問の答え

続いてトップページからiLok Licence ManagerをDLします。

画像

これでiLokのアカウント登録及び、iLokでの準備は終了です。続いてsplitEQのオーソライズに入ります。

STEP
Plugin Boutiqueで購入した際に発行されるSerialナンバーとキーが必要
画像
STEP
Login画面の下にあるCreate Accountより必要情報を入力
STEP
アカウントページに必要情報を入力
画像

購入サイトで発行してもらったシリアルナンバーとライセンスキーとここで先程登録したiLokアカウントを記入します。pluginを登録するとiLokのアカウントにSplitEQが送られます。

STEP
iLok licence ManagerでSplitEQをアクティベート
画像

左上の人影再婚をクリックしILokにログインし送られたSpitEQを探します。(私は大量に他のプラグインを登録、所持しているので探すのが大変です)見つからない場合は虫眼鏡のウィンドウで名前を入力すれば出てきます。

SplitEQを見つたら右クリックをしてActivateを選択します。

画像
画像

自分のパソコン名が表示されるので選択し、Activateボタンをクリック後にしばらくすれば完了です。

トライアル(デモ)版について

Plugin Boutiqueでは置いてませんが、Eventideの公式サイトでは30日のトライアル版を置いています。トライアル版を使用するにはメールアドレスとiLokアカウントが必要になります。

画像

ただ購入はPlugin Boutiqueでするのが基本的にオススメです。SALE価格は公式も同じ99ドルですがPlugin Boutiqueで購入すればオートレベラーのAutoformerなどのプラグインをプレゼントされます。

SALE期間は1/3日までなのでまだ時間があります。ただプレゼントに関しては月替りになる場合があるのでプレゼントでほしいものがあれば、今月中に購入するのが良いと思います。

さいごに

イコライザーでトランジェントとトーナルを同時に扱い、それらをパンニングまでできてしまうSplitEQはイコライザーの革命児と言えそうです。しかし、機能や操作性に難解な点はなく触っていくことで理解できるようになっている点が本当に素晴らしいです。

最初は「こういう系のプラグインはDTM初心者にはどうなんだろう?」と思っていたりもしましたが、通常ではない使い方にクリエイティブな結果は生まれるのはよくある話です。そしてそれらはDTM初心者のようなわからない人が偶然生み出すのもよくある話です。

なので、DTM初心者〜ミックスを生業としている人まで多くの人にオススメできるプラグインだと思います。

今回の使い方は私個人の考え方によるものであって「これをすれば間違いない!」というものではありません。「へーこんな使い方もあるんだね」という参考程度に読んでいただければと思っています。

プラグインによっては「DAW付属のものでも十分使える」というものもあるかもしれませんが、ここまでチート的なものはADAW付属にはないので購入する価値が十分に高いエフェクトプラグインと言えます。

SALE価格は1/3日までなのでBF後の購入プラグイン候補に入れるのもありかもしれませんよ。

\ ここで買えるよ! /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる