どうもUGです。

この記事はつらいDTMが楽しいに変わる!出来ないことはやらないという考え方

について書いています。

 

DTMをやっていても面白くないと感じている人がかなりいます。

「うまくできない」「なんか違う」「SNSでのDTMerはもっと出来ている」

などなどつらくなる原因はいくつもあります。

辛いだけならまだしもやめてしまうなんて人をみたら

私めちゃめちゃ悲しいです。

DTMはめっちゃ楽しいです。

楽しいから特別な才能なんか必要ないから

私は20年も続けてこれました。

 

DTMが楽しくない「つらい」1番の原因は

 

「何が辛いかわかっていない」からです。

 

どういうことか?

 

この記事を読むことで「やるべきこと」「できること」を明確にし

つらいDTM生活から楽しいDTM生活にシフトチェンジすることができるようになります。

 

つらいDTMが楽しいに変わる!出来ないことはやらないという考え方

さっそく見ていきましょう

 


スポンサードリンク

 

辛い原因

人と比べる

あの人はこれだけ出来た。

私は出来ない

正直まったく意味がないことです。

 

ライバル的に切磋琢磨することは大切です。

でも「出来る出来ない」という理由で

落ち込む必要はありません。

 

例えば上手くできる人は昔からピアノをやっていた可能性もあります。

あなたより音楽に触れていた時間が長い可能性もあります。

 

あなたは何もないところから出発した

 

そりゃ出来る速度やクオリティに差がでるのは当然です。

 

変えられない環境を出来ない理由とするのは

あまりにナンセンスです。

 

創作環境を比べる

すごい創作環境があるなしを比較することで

落ち込む人がいます。

良い音源

良いプラグイン

良いパソコン

良いスピーカー

良い部屋

 

あれば確かに良いものが作れるかもしれませんが、

しかし逆に言えばこれだけあっても

出来ない人は山程いますw

 

正確にはやらない人もいますw

 

良い環境が音楽を作るのではなく

良い思考が良い音楽を作ります。

 

大切なのでもう一度

 

良い環境が音楽を作るのではなく

良い思考が良い音楽を作ります。

スポンサードリンク

出来ないことはしない

人には得意不得意があります。

私がはじめてヤマハのキーボード教室にいったとき

みんな弾ける人ばかりでつらかったです。

 

でもみんなが出来ないことを出来るようになれば

楽しくなるんじゃないか?

と思い音色作りをはじめました。

 

キーボード教室でみんなと一緒に弾かずに

ひたすら音色ばっかり作っている変な生徒

それが私でした。

 

そのおかげで音色作りに関しては誰よりも知識が増え

作った音色は先生が仕事のライブで使用するレベルにもなりました。

今思えば使用料金請求すればよかったと思いますw

 

また同じ教室の生徒からは

「UGが音色極めようとしているのわかって、

勝てそうにないから、自分は違う方にいったよ」

 

ときかされたときは嬉しかったです。

 

いずれ出来るに越したことはないですが、

まずは自分ができることを徹底的に極めにかかる方が

楽しいとは思います。

 

例えばメロディしか作ることができないのであれば

最高のメロディを作ることに専念します。

 

面白くない

つらい

と思ってしまうのは

自分ができないことに挑戦しているからです。

 

それはそれで立派ですし

それを続けることで「辛い」壁はぶっ壊せます

 

でも今「つらい」原因がそこにあるなら

楽しいを見つける方がよいはずです。

 

メロディだけを100個かく

 

あとはSNSでアレンジしてください。

と頼めばそこから一気にあなたの曲が広がるきっかけになります。

 

「他人からの評価を気にしすぎない

「お前の曲全然駄目!」

「よくそんなんで曲発表できるな」

 

こんなこと言われたら誰でもつらくなります。

 

しかし!!

 

しかしですよ!

 

こういうことを言うほとんどの人間は

 

大した曲作ってませんw

 

そしてそういう人間は自分がおなじことを言われると

周りに当たり散らしますw

 

うちの四歳の娘より子供です

 

ちなみにプロでバリバリ活躍している作曲家は

DTM初心者の拙い曲を聞いても絶対ケチをつけません。

 

自信がない状態で発表したこをお褒めてくれますし、

出来ている部分を評価してくれます。

 

なぜなら自分もその道を通ってきているからです。

 

だから最初から「ださい曲」と噛み付いてくる人は

無視OKです。

 

 

SNSで大量に拡散する人間が勝つ!

上手い下手ではなく自分の好きを大量に拡散できる人間が

勝ちます。楽しくなります。

こういう話をするとき必ず例にあげさせてもらうのが

宅録お母さんです。

私めちゃめちゃファンなんですよw

 

宅録お母さんについてはこの記事が参考になります。

宅録お母さんが最強DTMerであることは間違いない

3ヶ月で100曲を目標にして叶えてしまった。

スーパーお母さんw

 

何がすごいってメロディセンスがすばぬけてすごい。

プロでも脱帽するメロディセンスですが

オケやアレンジ、ミックスに関しては

今できる範囲のこと以上はやっていません。

 

つまり聞く人によっては「えっ?」と思うレベルのものもあるかもしれませんが、

楽曲の良さはメロディで決まることの重要性を

教えてくれます。

 

宅録お母さんはこれで多くのファンを獲得し

現在アルバム制作も終了し一息ついているところだと思います。

ちなみに私はそのアルバム買いましたw

 

スポンサードリンク

さいごに

つらいDTMが「楽しい!!」に変わるために誰でもできる3つの考え方

いかがでしたか?

 

なぜつらいのか?

これを冷静に見るのは難しいときもありますが、

せっかく楽しいDTMです。

今よりもっともっと楽しみたい!

そう心の中では思っているはず

 

だったら楽しみ方見つけてしまいましょう

 

人や環境と比較しない

人の評価は気にしない

今の自分でできることを大量に拡散する

 

まぁ究極の一言は

 

やりたいことをやる

 

なんですけどねw

 

この3つを軸にDTMをすれば

「つらい」「苦しい」DTMライフはなくなります。

 

ぜひ参考にしてください。

 

応援してます。