cubase Proとlogic proを比較してわかった5つの違い

どうもUGです。

MacでDTMを始めるときのDAWの候補としてCubase10とLogic Pro Xを比較する人は多いです。

購入のポイントは人それぞれで違うと思います。

使用されている数が多いCubaseを使うか、Apple純正のLogicを使うか、

 

今回はCubaseとLogicを比較することで見えてきた5つの違いをお話したいと思いますので、

DAW選びの参考にしてください。

Cubase10とLogic Pro Xの違い①値段

Logic Pro Xの購入の仕方

Logic pro XはApp Storeのみでのダウンロード販売になっています。

価格は23,800円

Logic pro Xはネットでしか買えないのですが、iTunesカードを使って買うこともできるので、

友人知人からプゼレントしてもらったカードを割り当てることが可能です。

しかしAppleの製品は他と違って割引がありません。

もっと安く買いたいという人のために実はちょっとした裏技があります。

それは「iTunesカードを安く購入するということです」

そんな方法あるの?と思うかもしれませんが、

下記のGiftissueというサイトでギフトカードが割引されて販売されています。


これがGiftissueのサイトですが、

このようにiTunesカードが割引されて販売されています。

画像は一部しか写っていませんが、この他にも様々な価格のカードが販売されています。

例えば、10,000円分のiTunesカードは8600円で販売されています。これを二枚買えば

17,200円で20,000円分のiTunesカードを買うことできます。あとの3,800円を現金で買うか

サイトの中に割引されているカードを見つけるかして買うことで最低でも10%以上、うまく組み合わせば20%オフで

Logic pro Xを購入することもできます。

 

またLOGICの割引ではありませんが、appleは学生割引があります。

Final Cut Pro X Logic Pro X Motion 5 Compressor 4 MainStage 3

これらのソフトが22,800円で買えてしまいます。

中でFinal Cut Pro XはMacの動画編集の鉄板ソフトです。

DTMデビューしてYoutubeデビューもしたいと考えている学生さんにとっては

Logic pro X一本の値段でソフトがついてくると思えばこのサービスを使わない手はないですね。

 

残念ながらこのサービスは教職員や高校、大学、専門学校、の学生をメインにしています。

また予備校もこのサービスがカバーされています。

受験生が勉強そっちのけでDTMを触ってしまうことは問題ですが、

面白いサービスだと思います。

中学校からの保護者も対象になる可能性があるので一度確認することをオススメします。

 

そして

実はPTAの役員にも適用されます。つまり超絶にめんどくさいPTAの役員を引き受けて

ため息ばかりのPTAライフを少しでも楽しいものに買えてくれるかもしれませんw

 

社会人には適用できないのか?という疑問が残りますが、

実は専門学校の認可を受けているところであればサービスを受けられる可能性があります。

なので、もし自分がそういうたぐいのところに通っているならば割引サービスが受けられる可能性があるので

問い合わせてみるのをオススメします。

 

Cubase10の購入の仕方

Cubase10はネット通販から楽器屋さんから一部の大手電気店まで多くのお店で購入することができます。

Cubase10には値段によって機能が限定されたバージョンがあります。

その価格差はすべての機能が使えるCubase10 56,160円

最も機能を絞った簡易版の立ち位置のCubase Elementが12,800円です。

 

Logic Pro Xとの機能面で比較できるのはCubase10になります。

両者の値段は倍以上違います。

 

なので値段だけで見ると「Logic Pro Xが安い」ようにも見えますが、

Cubase10はネット通販から一部の大手電気店で買うことができるので、

ポイントのキャッシュバックまたはポイントを使った購入ができるのが魅力です。

 

実際ポイントでLogic Pro Xの差額を埋めようと思うとLogic Pro Xがもう一台買えてしまいますが、

そういう買い方もありですね。

 

またCubase10もアカデミック割引が適用されます。

Cubase10の場合アカデミック版は¥36,850(税抜)となります。

そでもLogic Pro Xより高いですねw

 

アカデミック版なので当然社会人は買うことができませんが、

こちらではなんとアカデミック版を買うことができます。

ただ海外版なのでスタインバーグジャパンのサポートを受けることができません。

しかし、正直Cubase10の情報はネットで探せば9割は出てくると思うので

正直サポートの意味を見出す必要はあまりないようにも思います。

Cubase10とLogic Pro Xの認証の違いについて

Logic Pro Xは特にインストールにおいて台数制限はありません。

新しいmacを買えばそのままインストールが可能です。

 

一方Cubase10は起動させるのにUSB-eLicenserを必要とします。

つまりソフトだけ買っても認証させるためのUSBキーをなるものを購入しなければいけません。

インストールだけであればLogicと同じ台数制限はありませんが、

このキーがないとCubase10は起動できません。

外部レコーディングなどでノートパソコンを持って言ったものの

キーを忘れてしまったためレコーディングできなかったという

トラブルが起きないように注意しなければいけません。

Logic Pro X Cubase10のアップデートにかかる値段

ひびきさんのツイートに興味深いデータがありました。

6年間でDAWに支払うアップデートにかかる金額の差が93,640円になるとのこと、

Cubase10はマイナーアップデートであっても5,480円〜10,800円かかっています。

俗にいうお布施ってやつですね。

 

Cubase10はバージョンアップを見送って使うことも可能です。

実際友人の作曲家はwindows環境ですが未だにバージョン7を使っているとのこと

DAWの新機能のアップデートにお布施を出すのよりも「仕事を終わらせることが目的」という理由から

バージョンアップをとめているとのこと。

実はプロの人たちは安定している環境を使うことが第一優先なので、結構前のバージョンを使っている人も

多いらしいです。この辺りがプロの世界なんだなーと思います。

 

しかし6年で10万弱とはちょっと驚きです。

おっしゃるようにちょっといいオーディオインタフェースが

買えてしまいます。

一方Logic Pro Xはかかりませんw

さすがですw

 

この貴重は情報を提供してくれたヒビキさんのブログはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓

オトネタ

Logic Pro Xについて色々と書かれています。

Cubase10とLogic Pro Xの違い②機能面

作曲支援機能について

両者の違いは色々がありますが、

ピアノ・ロール

ミキサー

アレンジウィンドー

スコア機能

などなど作曲するための基本的な機能は同じといえます。

 

個人的にCubase10にしかない機能という意味で考えると

オーディオをドラッグアンドドロップするだけでサンプラーに貼り付けられるサンプラー機能と

コードトラック機能

オーディオの長さを調節する機能

が得費すべき点になります。

 

特にオーディオアライメントは

ボーカルなどをダブリングしたときに歌の終わりなどが

少しずつ長さが違うデータを揃えてくれるかなり便利な機能です。

それらの機能についてはこちらの動画が参考になります。

どちらも作曲機能というよりは「作曲支援機能」という言い方が適切のように思います。

https://twitter.com/switchbeater/status/1127610717358645248

レコーディング機能について

ここは両者にかなり違います。

Cubase10は最新の64bitフロートというわかりやすくいえばすごーく解像度の高い録音フォーマットで録音ができます。

それに対してLogicは24bit録音になります。実際それほどの高解像が必要かどうかは議論の分かれるところでもありますが、

最新の録音フォーマットをいち早く取り入れているCubase10の制作姿勢は見ていて活気があるように思います。

 

そして最近発売されたオーディオインターフェースSteinberg AXR4Tと組み合わせることで

業界初の32bitレコーディングが可能になり圧倒的な高音質でのレコーディングを実現することができるようになりました。

created by Rinker
¥275,000 (2019/11/16 23:13:44時点 楽天市場調べ-詳細)

Steinberg AXR4TはLogicでも使うことができますが、録音フォーマットは24bitになります。

Cubase10とLogic Pro Xの違い③ 内蔵音源の違い

詳しくは各DAWを比較したこちらの記事をご覧になることをおすすめします

Logic Pro XとCubase10にはピアノからベース、ギター、ドラムまで一通り入っている総合音源があります。

Logic Pro Xの場合はEXS24

Cubase10の場合はHAlion SEがあります。

 

音の傾向としてはEXS24の方が少し暗いような印象を受けHAlionの方は明るい感じではありますが、音の細さが目立ちます。

どちらも一長一短です。

 

ために「付属の音源はLogic Pro Xの比較にならないほどにショボイ」という話を聞くことがありますが、

どう使うかによってその「ショボさ」も味になります。

 

なので一概に「〇〇はしょぼい」という見方はあまり適切ではありません。

ただ、音の良さは「太さと(低音)と抜け(高音)」のバランスが良い音源が属に「音がよい」と

表現されるので、そういう音源は内蔵音源に求めるより買ってしまうことの方がよいかもしれません。

Logicにしかない音源

cubaseの比較に限らずLogicにしかない音源があります。

それがAlchemyです。

とにかくこれがすごい!

具体的には

VA(バーチャルアナログ)

加算方式(FM的な音作り)

スペクトラル方式

グラニュー方式

サンプリング方式

と考えられるシンセ方式を一つまとめた音源です。

またスペクトラル方式ではizotopeのirisでおなじみの

画像ファイルを読み込んで音を変化させるイメージキャプチャーモードが

なんとAlchemyにはついています。

これが画像を読み込ませてる状態です。

この画像をスペクトラム解析し音を変化させることができるというわけです。

有料級の機能をサクッと付属音源につけているところがすごいです。

Cubase10とLogic Pro Xの違い④プラグイン規格の違い

Logic Pro Xは基本的にApple社が提供するAU(オーディオユニット)

Cubase10はSteinberg社が提唱するCubase10が中心なったVSTを使っています。

 

Logic Pro XではVSTプラグインを使うことができませんし、

Cubase10ではAUプラグインを使うことができません。

 

ただVienna ensemble Proというソフトを使うことで

Logic Pro XでもVSTをCubase10でもAUを使うことができます。

 

一時期フリープラグインはVSTのの方が多かったのですが、

最近はAUのものも増えてきたのでチェックしておくことをオススメします。

また市販で売られているソフト音源やエフェクトプラグインはほとんど

AU/VST対応なのでフリー以外で心配する必要はありません。

 

またプラグインの規格の違いとしてVST3とAUでは出力の違いがありましたが、

Logic Pro X10.4.5のバージョンアップで出力に関しては拡張されました。

しかし、それまで8ステレオX8モノラルを拡張した代わりに

今まではマルチアウトに対応している音源のモノラルはBFD17だったのが

BFD25にずれたことにより、Mono1〜4を使うとステレオ8に割り当てられるため

BFD3のMono1〜4は左側チャンネルにしか出力されません。

これはLogic Pro XかBFD3のバージョンアップで対応されることを祈るばかりです。

 

Logic Pro XとCubase10⑤音の違い

各DAWによって音が違うということはよく聞く話ですが、

フォーマットが同じなら基本的に音は変わらないはずです。

ただ再生音という意味では音質は違います。

Cubaseは10になってかなり高音質になったという話をききます。

 

その点Logic Pro Xは音質的に昔から「こもった感じがする」「抜けない」などと言われていましたが、

最近は音がよくなってきているように思います。

 

なので「どっちが音が悪い」という議論はあまり意味なしません。

どのメーカーのオーディオインターフェースを使うかでも音再生音は変わりますし、

当然録音される音質もオーディオインターフェースによって変わります。

厳密にLogic Pro Xとcubase10の音の比較をしないとわからない人が多いと思います。

 

なのでその音質差が創作に影響する人はほとんどいないと思います。

さいごに

 

Logic Pro XとCubase10の値段はLogic Pro Xの方が安い

Logic Pro X23,800円 Cubase10 61,500(USBキー込)

Cubase10は学割を使うことで41,400円になる。

サウンドフレンズでは学生じゃなくてもアカデミック版を購入できる。

Logicは割引はないが、ituensカードを安く買うことで20%くらい実質割引価格で買える

また教職員用サービスを使うことでLogicや動画編集ソフトを含むパックを22,800円で購入できる。

機能面については基本的には同じだが作曲支援機能においてはCubase10がユニークな機能が多い

内蔵音源については両者ともそれぞれよく悪くもなく各々の個性がある音源が搭載されている

プラグインの規格はLogic Pro XがAU Cubase10がVSTになり、それらを同時に使うことができない

DAWによる再生音としての違いはあるが、それ以上の違いはないとされている。

 

Logic Pro XとCubase10の違いをまとめてみました。

購入の参考になれば幸いです。

コメントを残す