どうもUGです。

DAWを選ぶときは

搭載音源のクオリティや数にエフェクトプラグイン

DAW特有の機能や音質など

自分のDTMライフでどの機能が一番必要なのかを

見極める必要があります。

しかし、それらより大事なものがあります。

それが「軽さ」です。

DAWによって使えるエフェクトや音源の数が違います。

いくら音質が良くても一つしか音源を立ち上げられない

というDAWがあった場合、フリーズやオーディオ化で

CPUリソースを開放するやり方があるとは思いますが、

それをストレスと感じる人もいます。

今日はDAW比較!CPU占有率で一番軽いDAWはどれ?として

5つのDAWを比較してみたいと思います。

比較内容DAW

検証環境は

Macpro2009

CPU3.46GhzX2 6コアX2(仮想24コア)

メモリ 64GB

システムOS10.12.6 Sierra

 

オーディオインターフェイス

motu896HD FW接続

 

システムディスクは

Apricorn Velocity Solo x2 PCI Express 2.0に

SanDisk SSD Extreme PRO 480GBを載せています。

 

比較DAWは次の5つ

Cubase Artist9.5

Logic 10.4.1

StudioOne3.5

 

Protools11.3.1

digital performer9.5

 

内容は

48khz32bitFloat(ロジックは24bit)

バッファ1024

3和音の全音符を2小節を4回繰り返す

音源はCPUリソースバカ食いでお馴染みのwaves ElementのCPUKillerを

いくつ再生できるか?という内容です。

このCPUkillerという音色一つでCPUを10〜20%くらいもっていく音色です。

ではスタートです。


スポンサードリンク

Cubase Artist9.5

基本音源だけを立ち上げるのであれば特にどのDAWも数に問題はありません。

とりあえず検証環境として10個立ち上げています。

 

最近はどのDAWも使っていないときはCPUリソースを解放する傾向にあるので

再生していないときはCPUメーターは静かなものです。

 

結果は

音切れを含めてギリギリ再生できるのは8トラックまで

9トラックでは一応再生はできますが、まともに再生はできません。

7トラックであれば一応問題なく再生できます。

Logic 10.4.1

相変わらずCPUのマルチ処理が下手ですw

結果は6トラックでエラーが発生して

ブツブツとぎれまくりです。

問題のない再生トラック数は5といったところです。

StudioOne3.5

8トラックで音が途切れますが再生はできないこともないレベル。

7トラックだとCPUは70〜80%くらいになり少し余裕があります。

Protools11.3.1

ちょっと意外な結果だったのがProtoolsでした。

11トラックは再生できませんが、

なんと10トラックで音切れ再生ストップがたまにでるレベル。

9トラックは余裕でした。

CPUの分散もかなり頑張っている感じ、

PT12はさらにCPUリソースの解放がうまくいくという話なので

もっと再生できるかもしれません。

digital performer9.5

DAWの中で最もCPUリソースの解放がうまいと言われているDP9は

11トラックで音切れ再生

10トラックは再生メーターがレッドゾーンになりますが、

まったく問題なく再生できました。

 

ただ気になるのが11トラック再生のときもそうですが、

CPUメーターはまったくふれず

再生メーターが真っ赤になって止まるということ

マニュアルによると

 

プロセッシング

プロセッシングセクションでは、Digital Performer が使用しているコンピュータ の CPU 状況を表示します。このメー ターの表示が限界に近付いた場合には、 リアルタイムエフェクトの使用を減らし ましょう。

再生

再生セクションでは、再生バッファーの 状況を表示します。再生メーターが限界 に近づいている場合には、スタジオ設定 ダイアログボックスでプライムミリセカンドを大きくします。

 

ということなので、値をいくつか適当にいじってみましたが特に再生トラックには影響はありませんでした。

ただmacpro2009の足回りは最新のものと比べるとかなり遅いので

ひょっとしたら新しいマシンではもう少しこの再生のところで再生トラックが変わってくるかもしれません。

しかしDPのプリジェンモードはすごいですね

加筆 2018/06/21

Grand Central Dispatchとは

マルチスレッドプログラミングを実現するための技術ということ

調べてみたらOS10.6から導入された技術みたいですね。

DAWのプログラムをGCDが処理できれば、

よりマルチコアの恩恵を受けられるというものらしいです。

 

スポンサードリンク

さいごに

DAW比較!CPU占有率で一番軽いDAWはどれ?

いかがでしたでしょうか?

順位としては

DP9.5(10トラック)

PT11.3.1(9トラック)

StudioOne3.5(7トラック)

Cubase Artist9.5(7トラック)

Logicpro10.4.1(5トラック

といった結果になりました。

 

正直検証環境が最新ではないので、

どこまで参考になるか疑問な部分もありますが、

目安にはなると思います。

今回はサンプルメモリでなくCPU使用率にこだわったので

使用環境によっては結果が変わってくるかもしれません。

今後のDAWを選ぶ参考にしてもらえたら

嬉しいです。