MENU

初心者でも理解できるDTM 32bit 64bitの違いとは?

この記事のまとめ

DTMにおいて32bitと64bitはどちらが良いのか?それ以上にそれらはどういう意味なのか?この記事では32bit&64bitの意味やメリット・デメリットについて詳しく解説しています。

それほど難しい話ではないのでサクッとよんで覚えてしまいましょう!

32bitと64bitってどういう意味なんだろう??

DTM(DAW)には32bitと64bitの2つが存在しています。またVST プラグインにも32/64bitという単語が出てきたりで「それらが一体何か?自分がDTMをするうえでどちらを使えばいいのか」DTMを始めたいという人には数値の違いはやはり気になります。

DAWには2つの意味の32bitと64bitが存在します。この記事を読めばDAWの32bitと64bitの意味について理解できるようになります。数字だけをみるとなんだか難しそうな気もしますが、とても簡単で単純なものです。

目次
UG
作編曲家(DTMブロガー)
作編曲家/DTMブロガー&講師 /
日本シンセサイザー協会準会員/
テレビ番組/CM、映画、よさこい、
ゲーム、などのBGM及び効果音を作成

DTM 32bit 64bitの違い

①DAWメモリ使用量の差

昔のパソコンといっても十年ほどですが、パソコンのソフトの処理は32bitで行われていました。

当時はこれで何ら問題はありませんでした。なぜなら、今ほど複雑なDAWではなく使用するメモリの量が少なかったのです。専門的な説明は省きますが、32bitで使用できるメモリは4GBです。

しかしソフト音源では4GB以上の音色を使う場合があったのでHDDからストリーミングするという機能を持ったソフトがありました。有名なところではKONTACTのメモリサーバー機能がそれでした。

画像

しかし、パソコンの機能があがりメモリ使用量もふえたたえ64bitで処理する必要が生まれました。

この結果メモリの増減が事実上なくなりパソコンのスペックに比例したメモリを搭載することができるようになりました。DAWのバージョンや種類によっては32bitモードに切りかられるものもあります。

なぜならば32bit版で作られたソフト音源は64bit版では使うことができないからです。そういう過去の遺産を使えるようになるブリッジソフト(64bitDAWで32bit音源を使う)方法もありますが、DAWの安定性に問題があるのかあまり使われませんし、32bitの音源のほとんどは64bitにバージョンアップしています。

DTM 32bit 64bitの違い②DAWの処理制度

DAWによってはミキシングの処理精度が32bitと64bitの2つから選べるものがあります。

StudioOneの場合

画像

64bitにすることでよりDAWが細かい精度でサウンドを認識することができます。わかりやすく言うと、デジカメの800万画素と2400万画素の違いと思ってもらってOKです。

正直その差はぱっと見た目ではわからないですが、拡大していくと2400万画素ほうがより細かいブロックになります。厳密には意味は違うのですが、細かい精度でサウンドを処理した方がコンプやリバーブプラグインエフェクトのかかり方に違いがでてきます。

この場合64bitは細かい処理をするためパソコンへの負荷が大きくなります。

DTM 32bit 64bitの違い③書き出しファイル

これに関してはスリープフリークスさんがとてもわかりやすく書いてありますのでそちらを参考にしてください。

絶対に押さえておきたい「32bit float」の基礎知識

OSが32bitか64bitのチェック

winodws10の場合

「システム」をクリックします。

左メニューの「バージョン情報」をクリック

Windows に関するバージョンなどが表示

システムの種類という項目にOSの種類が書かれています。

macの場合

りんごマークから

このマックについてをクリック

システムレポートをクリック

プロセッサ名をチェック

CPUを確認してチェックします。

画像

さいごに

初心者でも理解できるDTM 32bit 64bitの違いとは?気になる違いについて理解できましたか?初心者DTMerの場合はソフトの数値の違いは気にする必要はありませんお使いのパソコンが32bitか64bitか確認だけしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる