MENU
✓2021ブラックフライデーSALE一覧!

DTM初心者が誤解する「#DTM作曲をなめるな」の本当の意味

グーグルで「DTM」を検索すると必ず目に飛び込んでくるパワーワードそれが「#DTM作曲をなめるな」というハッシュタグです。これを見ると「あーなんかDTMって難しそう」「そうだよなー音楽をつくるなんて才能を持った人間がやることだよな」

「すみません始める前から作曲舐めてました。やめます」

なんて思ったりする人も多いのではないでしょうか?

しかし、本質は全く違います。この「#DTM作曲をなめるな」というハッシュタグはDTM初心者に書かれたものではありませんしDTM初心者の「よし頑張るぞ!」という気持ちを潰したいものでもありません。

このハッシュタグは2014年に流行ったものですが、なぜかそこから独り歩きしてしまい、DTM初心者に対して書かれたもののように存在してしまっているので。このハッシュタグの本質を元のツイートを参考に私なりの考えを解説していきます。

目次
UG
作編曲家(DTMブロガー)
作編曲家/DTMブロガー&講師 /
日本シンセサイザー協会準会員/
テレビ番組/CM、映画、よさこい、
ゲーム、などのBGM及び効果音を作成

「#DTM作曲なめるな」の本当の意味

#DTM作曲なめるなは2014年にツイートされました。伝えたかったことの本質は以下にあります。

「いい音楽の「存在比率」が絶望的に少なくなってきている現状をなんとかして打破・回復させたい。」

「「音楽になっていない稚拙な音楽」を商品として売ろうとする不届きな人間を無くしたい。」

引用:k-masera.のブログ#DTM作曲をなめるな 一連の流れにつきまして①より

リンク先のブログはHTTPSで保護されていないためここではリンクは貼りません。気になる方は引用の名前を検索してただければ原文の記事を閲覧することは可能です)

しかし、あまりのパワーの強いハッシュタグは本質とは別の角度で広がります。そのことについてツイートした本人も以下のように語っています。

2014年 #DTM作曲をなめるな のハッシュタグにて大きな反響を得る

しかし、伝えたかった本質とは違い「音楽理論の是非」に論点が集中してしまった

詳しくはこちらに詳細があります【なんぞこの修羅界】 #DTM作曲をなめるな ハッシュタグまとめ

では「#DTM作曲なめるな」とは一体なのなのか?初心者やDTMを趣味でやっている人達を全否定するものなのか?

それらを次で解説していきます。

「#DTM作曲なめるな」はボカロ、東方、同人音楽を否定しているわけではない

ツイートからもわかるように、DTMにおける創作を否定しているわけではありません。しかし、簡単にできてしまった音楽をプロレベルと思い込み、それらが普通にプロの音楽業界の末端に入ってくることに警鐘をならしたいということです。

そして色々なツイートがあるなかで最終的には以下のようにまとめています。

つまり趣味の世界で少しできると思ってプロの世界に片足を突っ込もうとするにはあまりに稚拙!そんなにプロの音楽は甘くないんだ!ということをいいたいわけです。

DTM作曲に理論は必要なのか?

「#DTM作曲なめるな」のなかで本質とは違う方向に語られる原因となったのが「音楽理論の有無」です。

「音楽理論も知らないってのは作曲を舐めている」という解釈です。

実際ツイートの中でも「音楽理論」という言葉でていたため、そのような解釈になるのはある意味で必然的な流れだったように思います。

何度かこのブログでもお話していますが基本的には理論がなくても曲はかけます。世の中にある名曲のいくつか理論どおりに書いてしまうと成り立たなくなってしまうものも多いです。(ベースとメロディがユニゾンで動く曲や、和声的に好ましくない連続五度など)それらは理論的にみればおかしいのですが、アーティスト性やプロデューサーの感覚、時代的なものもありそれらが評価されていた時代もあります。

しかし、そのように評価された曲は全体から見ると少数です。多くの曲はある程度「気持ちの良い音楽」のための理論がベースになっているのは間違い有りません。

画像

音楽理論という言葉を聞くとすぐに「=クラシック的なもの」と思ってしまいがちですが、すべてがそうではなく、その方向に音楽が進めばみんなが気持ちよくなれることを知るというのがJPOP的な音楽理論という考え方だよ。

では作曲初心者がそれらを持ち合わせているのか?と言われたら当然Noです。それらは作曲を重ねるたびに身に着けていくものであり、最初からそれがないとDTM作曲をやってはいけないということではありません。

「えっ?結局理論いるの?」と思うかもしれませんが、理論を学んで曲を書くのではなく、書き続けることで音楽にあった余分な贅肉が削ぎ落とされていく研磨されていくような感覚だと思ってください。ある程度曲を書いた自分の曲を振り返ると「うわーこれはないなー」と思うのは理論的になりつつある証拠です。

ではなぜそのようになっていくのか?

それは、自分のための音楽から誰かに聴いてももらいたい音楽に変わっていくからだと私は考えています。

その聴いてもらいたいをもっと突き詰めるとそこには「王道」という世界があり、その王道が王道たる所以を知り、そこにはどんな理論があるのか?ということを気づき始めます。

この世界を高い次元で理解しているのがプロになるわけです。

しかし、これらを都合の言いように受け止めているアマチュアの作曲家、その作曲家をコンペに受かるためにかき集めているそういう人達がいる限り今後の日本の音楽はさらに衰退していくことを懸念しているのが#作曲をなめるな に集約されているのでしょう。

なので、DTM初心者の人にいいたいのは「DTMで作曲を始めるのに理論は必要ありません」ただ「書き続けることで多くの人に聞いてもらうためには何が必要なのか」と考えたとき、そこには王道という世界があり、王道には王道の理論が存在しているということを知っておいても良いと思います。

画像

王道って言葉はちょっと安っぽいイメージあったけれどそうじゃないんだね。みんなが楽しめるための音楽って解釈なんだ。

さいごに

#DTM作曲をなめるな というハッシュタグは色々な解釈が可能です。ですが、あえて最後に逆説的ですが#作曲をなめろ!ともいいたいです。

自分はDTM作曲なんか余裕!くらいの気持ちで作り、あるときに思いっきり鼻っ柱をおられるのもアリです。そこから「そうかこれじゃ駄目だったのか」と気付き、新しい思考に切り替えるきっかけになることもあります。

大切なのは今の結果に至るまでの経験をどう意味づけするのか?その意味づけのあり方でDTMとの接し方も変わってくるでしょう。

  • DTMで作曲を始めるのに理論は必要ない
  • 書き続けることで自然と研磨されていく
  • より多くの人に聞いてもらいたいと思ったときに何が必要かを理論的に考える

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる