MENU

Softube Passive-Active Pack レビュー 音の変化が心地よい3種のイコライザー

<景品表示法に基づく表記>当サイトのコンテンツには、広告を掲載している場合があります。

あなたの音楽が、ただの曲から感動を呼ぶ作品へと変わる瞬間を想像してみてください。Softube Passive-Active Packは、そのような変化を実現するための鍵となるイコライザープラグインです。少し大げさに聞こえるかもしれませんが、このイコライザープラグインは他の製品では得られない独特の音の変化を提供し、使いこなせば手放せなくなるでしょう。

その理由は、本章で詳しくお話ししますが、イコライザーのカーブがダイナミックでありながらも、音が心地よいと感じるポイントをピンポイントで変化させることができるからです。

もし、あなたが自分の音楽に何かが足りないと感じているなら、このイコライザープラグイン、Softube Passive-Active Packを試してみる価値があります。

ここでは、Softube Passive-Active Packがどのようにしてあなたの音楽制作を変えるか、具体的な例とともに解説します。パッシブイコライザーの暖かみ、アクティブイコライザーの明瞭さ、フォーカシングイコライザーの精密さが、あなたの音楽をどのように変えるのか、それらについて実際に触れて使ってわかったことをお伝えします。

UG
  • 元ゲーム音楽屋(NintendoDSなど)
  • 作曲歴20年以上
  • DTM記事執筆500以上
  • ショートアニメ、CM、企業PV音楽を制作
  • 詳しいプロフィール
タップできる目次

Softube Passive-Active Pack 概要

メーカーSotube
製品名Passive-Active Pack
特徴異なった特性をもつ3つのイコライザー

パッシブイコライザー
非常にワイドでオープンなサウンドを実現する3つのバンド
「デジタルハーシュネス」のない優れた高音コントロール
温かみのあるローエンドと輝くトップ

アクティブイコライザー
タイトで焦点の合ったサウンドフィルター
ローカットとハイカット
2dB ステップで選択可能なゲインを備えた 3 つのパラメトリック バンド

フォーカシングイコライザー
パッシブまたはアクティブ EQ キャラクターを選択します
ローカットとハイカットで自動的に音楽的に変化する3バンドEQ
音を強烈に変化させるワンノブサチュレーション搭載
システムmacOS Big Sur 11、モントレー 12、ベンチュラ 13
Windows 10(64ビット)、Windows 11
Softubeアカウント
iLok アカウント
AU、VST、VST3、および/または AAX 互換の DAW ホスト ソフトウェアを
搭載したコンピューター
認証方式iLok認証
認証数3
マニュアル英語
価格53.90ドル
備考専用のインストーラーでインストール及びアンインストール可能
20日のトライアル期間あり

Softube Passive-Active Packは、音楽制作において重要な役割を果たすプラグインのコレクションです。このパックには、3種類の異なるイコライザー(パッシブイコライザー、アクティブイコライザー、フォーカシングイコライザー)が含まれており、それぞれ独自の特徴と個性を持っており、音楽制作のプロセスにおいて多様な調整と微調整の可能性を提供します。

パッシブイコライザー(Passive Equalizer)

画像

ドイツのNeumann PEV 930をモデルにした3バンドイコライザー HighとLOWはシェルビングタイプ

低音のブーストは、バスドラムやベースギターに温かく豊かな響きを加え、高音のカットは、繊細で音楽的なタッチで不要な高音を取り除きます。高音のブーストは、あらゆるトラックに生命を吹き込むようなクリアで爽やかなサウンドです。

アクティブイコライザー(Active Equalizer)

画像

スイスのFiltek Labo mk.5をモデルにした3バンドイコライザー 3バンドすべてがベルタイプ

1970年代のスイスアルプスで生まれたこのデザインは、パッシブイコライザーの広がりとは対照的に、タイトで集中したサウンドが特徴。締まりのあるフィルターと低音と高音のカット、そして3つのパラメトリックバンドによって音楽に必要な正確な調整を可能にします。

フォーカシングイコライザー(Focusing Equalizer)

画像

Softube独自の発想で作られた創造性を刺激する新しい楽器のようなイコライザー。

サチュレーションを搭載したsoftubeのオリジナル3バンドのイコライザー音質を極端に変更できるパッシブ、アクティブスイッチとメーターに搭載されたハイパス/ローパスフィルターの効きがするどいのが特徴です。

Softube Passive-Active Pack レビュー

音質
機能性(オリジナル性)2.5
操作性(使いやすさ)2
安定性(CPU負荷)4.5
価格3.5
総合評価3.3

音質4

Passive equalizerの音質について

音質自体のクオリティは特筆するほど優れているわけでもありませんが、その音の変化はとても気持ちが良いように感じます。イコライザーの音質はどのバンドをどれくらい上げればどのような音質になるのか?という点について意識をしていると、より理解が進みやすくなります。それを踏まえたうえでPassive equalizerの音質を聴いてみます。

まずは何も使っていないドライな状態、次に、Passive equalizerを使った状態、3つめはPassive equalizerのカーブをPro Q3で再現したものになります。

dry
Passive equalizer
Pro Q3で再現
画像
画像

イメージ通りのカーブではありますが、Qカーブがなだらかなためか、設定した値よりはより伸びていく印象がありました。今回PRESENCEは触っていません。

低域と高域の伸びが気持ち良いので、ナチュラルなドンシャリ傾向を求める人には向いているかもしれません。

Active equalizerの音質について

Active Equalizerはベルタイプのイコライザーになります。音質の傾向自体はPassive Equalizerと似た傾向ですが、ベルのカーブが少し独特なためか、デジタルEQで同じ数値を入力しただけでは得られないユニークな音質があります。

Active Equalizer
Pro Q3で再現

また、PassiveEqualizerではなかった機能として、20kHz付近がカットされているのはオーバーサンプリングがはいっいったものだと考えられます。

画像
画像
画像

ミドルバンドを調整とベルカーブが選択できるため音作りの幅はPassive Equalizerと比べると格段にあがります。

音質はそこまで変化するわけではありませんが、良い意味で音が少しぬるくなる印象もあります。このあたりは実機のモデリング感を強めているものだと思われます。

Focusing Equalizerの音質について

Focusing Equalizerは3バンドのイコライザーとサチュレーションを組みあせたものです。このサチュレーションsoftubeからフリーで配布されているものと内部のヘッドルームの設定(カスタマイズできないという意味)が違うのか、Focusing Equalizerの方が自然にがっつりと飽和させてくれます。

サチュレーションだけを使う場合はEqualizerタイプをOFFにするとイコライザーがバイパスされます。

サチュレーションはカスタマイズ可能なヘッドルームを追い込めばかなり音質の傾向は近くなるので搭載しているものは同じなのではないかと考えられます。

通しただけでもかなり音がかわる印象なので調べてみたら、300Hz付近からローエンドがシェルビングで1.4dB程度持ち上がっています。

またEqualizerのタイプをPassiveにするのかActiveにするのかによってもかなり変化します。サチュレーションやフィルターと併用するとかなりアクティブな音の変化を楽しめます。

サウンドデモはサチュレーションのみ(イコライザーOFF)Passiveタイプ、Activeタイプの順番です。

Focusing サチュレーションのみ(設定5.0)
Focusing イコライザータイプPassive
Focusing イコライザータイプActive

Focusing の音質はフィルターを使えばローファイ的なサウンドにもなるので、音作りの幅は3機種の中で一番広く一番面白みがあります。3つともコンパクトな使い方をすることで音決めが早くなり楽曲制作の点でも使い所があるイコライザータイプだと感じました。

レビューに戻る

機能性2.5

4つの設定が瞬時に比較できるA/B/C/D機能

Softubeの機能は音作りにおいて優れたものが多いです。そのなかでも4つの設定を比較できるA/B/C/D比較機能は思っている以上に便利です。

GUIのサイズを保存

Softube Passive-Active Packはデフォルトで立ち上げたときにGUIのサイズが小さいように感じました。Softube Passive-Active PackではGUIのリサイズが可能なのと、リサイズしたものをデフォルトとして保存し、次回以降そのサイズでひらくことができるようになっています。

レビューに戻る

操作性3

パラメーターの動作方法が個性的

多くのパラメトリックイコライザーの操作感として多少の違いはありますが、時計の針で12時をゼロにして、右に回すことでプラスの値、左に回すとマイナス、または左がゼロの値で右に回しきると値がMAXになるように設計されているものが多いです。

しかし、Softube Passive-Active Packではそれが基本逆(左がMAX)に作用します。

画像
画像
画像

しかし、アウトプットは右とFocusing EqualizerのサチュレーションとMIDI GAINだけが反対(一般的)に動かします。慣れてしまえば問題ないレベルですしこの設定が音質に影響を与えることはないので、慣れの問題ですが、スマートな操作感ではないと感じました。

通しただけで音量が変化する

プラグインの中には通しただけで音質が変化するものもがあります。その変化はユーザーによって好まれるものとそうでないものもがあります。Softube Passive-Active Packでは音質の変化以上に音量の変化があります。

ゲイン変化
Passive Equalizer-0.1dB
Active Equalizer-2dB
Focusing Equalizer+1.5dB

Passive Equalizerは、時計の6時位置がゼロ点となり、左に回すとプラス、右に回すとマイナスに調整できますが、すべての値をゼロに設定しても音量に変化が生じる点に注意が必要です。

Active Equalizerでは、中央のゼロ点が存在せず、デフォルト設定(プリセット)は-2dBになっています。これも音量変化を引き起こす要因となります。

Focusing Equalizerの場合、デフォルト設定(プリセット)では音量が1.5dB上昇する仕様になっています。そのため、細かい音量調整が施されたトラックに使用する際は、少し注意が必要です。

これらの特徴を理解すれば、Softube Passive-Active Packはあなたの音楽制作に新たな次元をもたらすでしょう。

独特の操作性と音量変化の特性を活かして、あなたのトラックに深みとキャラクターを加えることができます。このパックは、音楽制作の効率化とクリエイティビティの向上に貢献する、魅力的なツールです。

安定性4.5

CPU負荷は気にする必要がまったくレベルの低さ

Softube Passive-Active PackはどのイコライザーCPUが軽く、複数使いや、ソフトシンセとの併用でもまったく問題はないレベルです。また使用することでDAWが落ちるなどの不安定な挙動もないので、安心して使用できます。

CPU負荷計測環境

パソコン  Macmini2018

CPU  Corei7(i7-8700B)6コア 

HT使用時12コア 3.2GHz/ターボブースト(TB)使用時4.6GHz

メモリ 32GB

システム OS12.6.1 Monterey

Audio/IF Focusrite RED 8PRE

バッファー 256

DAW   LogicPro10.7.7

48kHz/24bit

再生ストレージ SSD

レビューに戻る

[価格review_stars 3.5/5]3.5

価格は為替レートに影響します。

通常セール
価格163.90ドル53.90ドル

セール価格のコスパは良い

定価163.90が現在セール中につき53.90ドルなのでコスパは良いです。ただ、個人的にこのプラグインだけに53.90ドルをかけるのであれば、Softube Passive-Active Packも入っているバンドルパックSoftube Mix Foundations Bundleが42.90ドルなのでそちらを購入した方がお得感があります。

PluginBoutiqueで購入すると月替りプラグインが無料でもらえます。無料と行っても100ドル相当に売っているプラグインがもらえるのでかなりお得です。

2月の無料特典は

Universal Audio PolyMAX または Pulsar Audio W495 または Loopcloud 1 か月アーティスト プランの無料コピー

画像
注意点
  • Rent To Own プランは、無料トランザクション ギフトの対象外
  • Plugin Boutique アカウントが登録されていることを確認してください。アカウントをお持ちでない場合は、 こちらから作成できます。
  • 有料製品をバスケットに追加します (この特典は 無料製品には適用されません )。
  • 無料ギフトを選択し、チェックアウトを完了してください。
  •  取引の全額 に対してバーチャル キャッシュやクーポンを使用し ないでください。 (ただし、100% 未満の量でも問題ありません。)
  • このオファーの製品をすでに所有している場合、代替製品を提供することはできません。
  • この製品のコピーを別の製品と交換することはできません。
  •  この製品のコピーを再販することはできません。 
  • このプロモーションでは、製品の 1 コピーを請求する資格があります。
  • 1 回の取引につき 1 つの無料製品のみを請求できますが、複数の無料ギフトの場合は、すべての無料ギフトを取得するまで個別のトランザクションでこのオファーを引き換えることができます。

PluginBoutiqueでの具体的な購入方法はこちらの記事が参考になります!

レビューに戻る

まとめ

音質
機能性(オリジナル性)2.5
操作性(使いやすさ)2
安定性(CPU負荷)4.5
価格3.5
総合評価3.3

操作性には少し癖がありますが、慣れれば問題なく解決できます。イコライザーとして細かい音作りはできないかもしれませんが、音楽的に心地よい変化をもたらす周波数帯域が予め設定されているため、音作りの時間を短縮し、作業を効率化できます。

Passive EqualizerもActive Equalizerも素晴らしいのですが、Focusing Equalizerは想像以上に使い心地が良く、触っているうちに楽しくなってしまいます。

音作りに迷わない、そんな使い勝手の良さがSoftube Passive-Active Packの魅力です。ぜひ試してみてください!

関連記事を読んでみる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次