MENU

Softube Vocoderレビュー 最新のボコーダーサウンドで創造性を強烈解放

<景品表示法に基づく表記>当サイトのコンテンツには、広告を掲載している場合があります。

Softube Vocoderは、かんたんな操作でローファイ〜ハイファイなロボットボイスを作成できるボコーダープラグインです。

5つの変更可能なバンド明瞭度を調整するパラメーター、MIDIキーボードを使って素材を自由に演奏できるのでサイバーな雰囲気を求める人にはオススメです。

本記事では実際使用しボコーダーサウンドのクオリティを確認し操作性や機能性について詳しく解説しています。

UG
  • 元ゲーム音楽屋(NintendoDSなど)
  • 作曲歴20年以上
  • DTM記事執筆500以上
  • ショートアニメ、CM、企業PV音楽を制作
  • 詳しいプロフィール
タップできる目次

Softube VOCODER 概要

メーカーSoftube
製品名VOCODER
特徴多様な波形選択なキャリアシンセ
高度なリシンセシス制御
独自のアンボイスド処理
革新的なフリーズ機能
包括的な出力オプション
柔軟なMIDI制御
エンベロープ調整機能
高度なスペクトル調整
システムmacOS Big Sur 11、モントレー 12、ベンチュラ 13
Windows 10(64ビット)、Windows 11
Softubeアカウント
iLok アカウント
AU、VST、VST3、および/または AAX 互換の
DAW ホスト ソフトウェアを搭載したコンピューター
認証方式iLok認証
認証数3
マニュアル英語
価格108.90ドル→49.50ドル
備考目立って使用者がいればその名前やコメントも追記
体験版の有無
アンインストーラーの有無

Softube Vocoderは、音声信号を合成音声に変換するオーディオエフェクトです。このデバイスは、もともと第二次世界大戦中に声のメッセージをスクランブルし、エンコードするためにベル研究所によって開発された軍事装置の一部として作られました。音楽技術業界によって60年代後半に取り入れられ、多くの異なるハードウェアとソフトウェアバージョンが生み出され、ハービー・ハンコック、ジャン=ミシェル・ジャール、フィル・コリンズ、ローリー・アンダーソン、アフリカ・バンバータなどのアーティストによって使用され、有名になりました。

Softube Vocoderの特徴は以下の通りです:

  1. 多様な波形選択: キャリア・シンセは、ノコギリ波、矩形波、ホワイトノイズ、パルス波を含む、複数の波形から選択可能で、多彩な音色とテクスチャを提供します。
  2. 高度なリシンセシス制御: 個々のバンドパスフィルターのレベルを細かく調整でき、音声の合成において高度なカスタマイズを実現します。
  3. 独自のアンボイスド処理: 破裂音や摩擦音を検出し、それらをリアルタイムで合成ノイズに置き換えることで、より自然で理解しやすい音声合成を提供します。
  4. 革新的なフリーズ機能: 特定の音節やフォルマントを瞬時にキャプチャし、持続させることで、ユニークな音響効果や音楽的テクスチャを作り出します。
  5. 包括的な出力オプション: ステレオ幅、ウェット/ドライミックス、出力ボリュームの調整により、最終的な音声のバランスと空間感を精密にコントロールします。
  6. 柔軟なMIDI制御: MIDIキーボードやオンスクリーンキーボードを通じて、直感的かつダイナミックに操作可能。ピッチ情報の入力やトランスポジションが容易に行えます。
  7. エンベロープ調整機能: キャリア・シンセのアタックとディケイを調整することで、音の立ち上がりと減衰を制御し、音声のダイナミクスと表現力を変化させます。
  8. 高度なスペクトル調整: エンファシス、スペクトラル・ティルト、シェイプなどのコントロールにより、リシンセシス部分の音声応答を細かく調整し、多様な音響効果を実現します。

Softube VOCODER レビュー

音質4.5
機能性(オリジナル性)4
操作性(使いやすさ)4
安定性(CPU負荷)4
価格4
総合評価4

音質4.5

驚きの音質で創る新しいサウンド体験

あなたがSoftube Vocoderを初めて使う瞬間、その変化は目を見張るものがあります。まるで、あなたの声やお気に入りの素材がサイバーパンクのヒーローに変わるかのよう。キーボードを軽く叩くだけで、あなたの声は、異次元からのメッセージのように変貌します。このVocoderは、ただのエフェクトではなく、自分の声で操るシンセサイザーです。

音質に関して言えば、Softube Vocoderは単なる声の変換器以上のもの。それは、あなたの声を豊かで深みのある音楽的テクスチャに変える能力を持っています。

ノコギリ波矩形波ホワイトノイズパルス波といった波形が、あなたの声に新たな次元を加え、聴く者の心を揺さぶります。それはまるで、あなたの声がキャンバスで、Softube Vocoderが色と筆を操る画家のようなもの。あなたの創造性の限界を押し広げ、聴く者を新たな音の世界へと誘います。

それでは実際どのような音なのか?ここでは、Softube Vocoderを使ってラップがどのように変化するのかを見てみましょう。

dry
wet 4Band

エモいロボットサウンドが完成しました。でも、本当に面白いのはこれからです!Softube Vocoderでは、ボコーダーの解析バンド数を4、8、12、16、20から選べるんです。さっき聴いていただいたのは、4バンド設定で、これが一番低解像度の設定です。次は、12バンドと20バンドの設定で聴いてみましょう。

この違いを聴くことで、Softube Vocoderがどれだけ多彩なサウンドを生み出せるかが分かります。4バンドはよりローファイヴィンテージな響きを持ち、16バンドや20バンドではよりクリアで、細かいニュアンスを捉えることができます。それぞれの設定で、どのように音が変わるかを体験してみてください。

12Band
20Band

4Bandと比べるとよりクリアで自然な雰囲気になります。でもちゃんとロボットボイスなんです。

また、Vocoderはシンセサイザーでもあるため、オシレーターの波形を選択できます。詳しくは後述しますが、Softube Vocoderでは4つのオシレーター波形を選択そのサウンドが次のようになります。

SAW波形
Square波形
Noise波形
Pulse波形

このように素材に応じてオシレーターの波形を切り替えることでよりイメージした音質に近づけられるのもSoftube Vocoderの魅力です。

いくつかボコーダープラグインはありますが、クリア過ぎずないビンテージボコーダーのサウンドとしては使いやすくサイバーパンクな雰囲気をつくるには最適なサウンドを得られます。

レビューに戻る

機能性4

ローファイからハイファイまでのサウンドを選択できる5バンドボコーダー

画像

Softube Vocoderの最大の魅力は、そのバンド数の選択肢の豊富さにあります。4、12、16、20バンドの中から選べるこの機能により、ユーザーは自分の音楽に最適なサウンドを細かく調整できます。

4バンド設定ではローファイなヴィンテージサウンドを楽しむことも、20バンド設定で洗練された細かいディテールを捉えるサウンドを実現することもできます。この柔軟性は、あなたが求める以上のものを提供し、音楽制作の可能性を広げます。

ボコーダーの特徴としてバンドが少なくなるとより機械的なサウンドになってはきますが、softube VOCODER では少ないうバンドであって明瞭度を保つので聞きにくいサウンドにならないのが嬉しいところです。

素材のピッチを直感的にMIDI制御できる

Softube Vocoderは、MIDIキーボードを通じて直感的に操作できます。これにより、リアルタイムでのパフォーマンスや、よりダイナミックな音声操作が可能になります。オンスクリーンキーボードを使用して基本的なピッチ情報を入力することもでき、MIDIを介してトランスポーズすることも可能です。

ボイスの明瞭度を高めるアンボイスド・セクション

この機能は、高周波の破裂音(「s」、「t」、「r」、「th」など)に反応し、それらを合成ノイズで置き換えます。これにより、より自然で理解しやすい音声合成が実現されます。

レビューに戻る

操作性4

MIDI制御の方法について

MIDI制御する場合は、インサーションエフェクトとしではなく、MIDI制御を前提としたエフェクトプラグインとして立ち上げる必要があります。

Logic Proでの方法になりますがその方法を紹介します。

STEP
何も入っていないソフト音源トラックを立ち上げる
画像
画像
画像
STEP
音源をクリックして、AU MIDI制御エフェクトからVOCODERを立ち上げる
画像
画像
画像

プラグインのパラメーターSTEREO WIDTHを使う場合はステレオを選択

STEP
プラグインウィンドウ右上のサイドチェーンからボコーダーを適用させたいトラックを選ぶ
画像
画像
拡大画面
STEP
MIDI制御トラックにMIDIデータを打ち込む
画像
STEP
元トラックのボリュームをミュート及びゼロにする
画像

元のトラックとボコーダートラックが同時に出力されるため、原音である元トラックのボリュームを下げる必要がある。

必要最低限のパラメーターと操作性の高いGUI

画像

Softube Vocoderを触ってみるとわかるのですが、いくつかのボコーダープラグインと比較してもパラメーターがそこまで多くないという印象があります。

もちろん、パラメーターが多ければ多いほどできることも増えてくるのですが、Softube Vocoderの操作パラメーターの量とその変化がわかりやすいので、操作性からストレスを感じることはありません。

レビューに戻る

安定性4

CPU負荷を気にせずにクリエイティブに

Softube Vocoderを使ってみると、その安定性とCPU負荷の効率のよいことがわかります。

DTM初心者や中級者にとって、CPU負荷は大きな関心事ですが、このVocoderはその点で安心感を与えます。実際に計測した画像を見ると、Softube Vocoderがどれほど効率的に動作するかが明らかになります。高品質なサウンドを提供しながらも、システムに過度な負担をかけることはありません。

このVocoderを使用する際、DAWが不安定になることはほとんどありません。操作中の挙動もスムーズで、音楽制作のプロセスを中断するような問題は発生しません。これは、特に多くのトラックやエフェクトを同時に使用する場合に重要です。Softube Vocoderは、あなたがクリエイティブな作業に集中できるよう、バックグラウンドで安定して動作します。

CPU負荷計測環境

パソコン  Macmini2018

CPU  Corei7(i7-8700B)6コア 

HT使用時12コア 3.2GHz/ターボブースト(TB)使用時4.6GHz

メモリ 32GB

システム OS12.6.1 Monterey

Audio/IF Focusrite RED 8PRE

バッファー 256

DAW   LogicPro10.7.7

48kHz/24bit

再生ストレージ SSD

レビューに戻る

価格4

価格は為替レートに影響します。

製品名価格主要な機能
Softube Vocoder$108.90→49.50ドル多様なバンド数調整、直感的な操作性
XILS V+ Vocoder$149クラシックなストリングマシンとボコーダーの組み合わせ、リアルタイムMIDI制御
Waves Morphoder$99高品質なサウンド変換、広範なプリセットライブラリ
iZotope VocalSynth 2$199多彩なボーカルエフェクト、ピッチ補正、モジュレーション機能
Arturia Vocoder V$199クラシックなMoogボコーダーのエミュレーション、豊富なプリセットとカスタマイズオプション

コストパフォーマンスが高いボコーダープラグイン

Softube Vocoderと他のボコーダープラグイン(XILS V+ Vocoder、Waves Morphoder、iZotope VocalSynth 2、Arturia Vocoder V)を比較した場合、以下のようなメリットが考えられます:

  1. 多様なバンド数調整:
    • Softube Vocoderは、4、12、16、20バンドの中から選択できる高度なバンド数調整機能を提供します。これにより、ユーザーはより精密なサウンドコントロールが可能になり、細かいニュアンスの調整が行えます。他のプラグインでは、このような広範囲のバンド数選択は提供されていない場合が多いです。
  2. 直感的な操作性:
    • Softube Vocoderは、直感的でユーザーフレンドリーなインターフェースを持っています。これにより、DTM初心者から中級者まで、迅速かつ容易に操作を行うことができます。他のプラグインでは、特にiZotope VocalSynth 2やArturia Vocoder Vはより高度な機能を提供していますが、それに伴い操作が複雑になる傾向があります。
  3. サウンドの質:
    • Softube Vocoderは、高品質なサウンドを提供します。特に、その豊かなテクスチャとクリアな音質は、プロフェッショナルな制作に適しています。Waves MorphoderやXILS V+ Vocoderも優れたサウンド品質を提供しますが、Softube Vocoderは特に現代的な音楽制作において、より洗練されたサウンドを実現します。
  4. 価格と機能のバランス:
    • Softube Vocoderは$108.90という価格で、その機能性と品質を考慮すると、コストパフォーマンスが高いと言えます。iZotope VocalSynth 2やArturia Vocoder Vよりも安く、Softube Vocoderは特に多様なバンド数と直感的な操作性で優位性を持っています。

総じて、Softube Vocoderは、その多様なバンド数調整機能、直感的な操作性、高品質なサウンド、そしてコストパフォーマンスの良さにより、多くのDTMユーザーにとって魅力的な選択肢となります。他のプラグインもそれぞれ独自の強みを持っていますが、Softube Vocoderは特に多機能で使いやすい製品と言えるでしょう。

画像

Softube Mix Solutions Bundleは、Softube Transient Shaperを含むコストパフォーマンスに優れたバンドルセットです。このバンドルには、Transient Shaperの他にも複数の高品質プラグインが含まれており、個別購入するよりも明らかにお得です。

Softube Mix Solutions Bundle (Exclusive) に含まれるプラグインは以下の通りです:

  1. Bus Processor: バス圧縮とサチュレーションを提供するモダンなバスコンプレッサー。
  2. Harmonics: ダイナミックトランジェントコントロール技術を備えたアナログサチュレーションプロセッサー。
  3. Transient Shaper: デュアルバンド処理を可能にするトランジェントシェイピングツール。
  4. Vocoder: ヴィンテージスタイルのボコーダーで、6声ポリフォニックキャリアシンセと革新的な機能を備えています。
  5. Tube Delay: チューブステージをモデル化したエコーエフェクトで、クリーンからラフなサウンドまで幅広く対応。

このバンドルは、バス処理、サチュレーション、トランジェントシェイピング、ボコーダー、ディレイといった多様なニーズに対応するプラグインを含んでおり、幅広いミキシング作業に適しています。また、これらのプラグインを個別に購入するよりも、バンドルセットとして購入することで大幅なコスト削減が可能です。

PluginBoutiqueで購入すると月替りプラグインが無料でもらえます。無料と行っても100ドル相当に売っているプラグインがもらえるのでかなりお得です。

7月の購入者特典は

AudioThing Frostbite 2またはNewfangled Audioのどちらかを選択できます!

画像
注意点
  • Rent To Own プランは、無料トランザクション ギフトの対象外
  • Plugin Boutique アカウントが登録されていることを確認してください。アカウントをお持ちでない場合は、 こちらから作成できます。
  • 有料製品をバスケットに追加します (この特典は 無料製品には適用されません )。
  • 無料ギフトを選択し、チェックアウトを完了してください。
  •  取引の全額 に対してバーチャル キャッシュやクーポンを使用し ないでください。 (ただし、100% 未満の量でも問題ありません。)
  • このオファーの製品をすでに所有している場合、代替製品を提供することはできません。
  • この製品のコピーを別の製品と交換することはできません。
  •  この製品のコピーを再販することはできません。 
  • このプロモーションでは、製品の 1 コピーを請求する資格があります。
  • 1 回の取引につき 1 つの無料製品のみを請求できますが、複数の無料ギフトの場合は、すべての無料ギフトを取得するまで個別のトランザクションでこのオファーを引き換えることができます。

PluginBoutiqueでの具体的な購入方法はこちらの記事が参考になります!

レビューに戻る

このプラグインは誰におすすめ?

ここではSoftube Vocoderの特徴から考えておすすめできる人とそうでない人について解説しています。

Softube Vocoderがおすすめの人:

  1. 多様な音質を求めるプロデューサー:
    • 高度なバンド数調整機能を活用して、細かいニュアンスのサウンドデザインを行いたい人。
  2. 直感的な操作性を重視するDTM初心者:
    • シンプルで使いやすいインターフェースを好む初心者や趣味で音楽制作を楽しむ人。
  3. クリアでプロフェッショナルなサウンドを求めるアーティスト:
    • 高品質なサウンド出力を必要とする音楽制作者やアーティスト。
  4. 実験的な音楽制作を行うクリエイター:
    • 新しい音響効果やユニークなボーカルトリートメントを探求する音楽制作者。

Softube Vocoderがおすすめでない人:

  1. 限られた予算内で最適なツールを探している人:
    • 他の低価格または無料のボコーダープラグインを探しているDTM初心者や趣味の音楽制作者。
  2. 非常に高度なカスタマイズ機能を求める専門家:
    • より複雑で高度なカスタマイズオプションを必要とするプロのサウンドエンジニアやプロデューサー。
  3. 特定の音楽ジャンルに特化したツールを求める人:
    • 特定のジャンルやスタイルに特化した機能を持つボコーダーを必要とする音楽制作者。
  4. シンプルなボコーダー機能だけを求める人:
    • 基本的なボコーダー機能で十分と考える人や、よりシンプルな操作性を好むユーザー。

Softube Vocoderに関するFAQ

ここではSoftube Vocoderに関連するFAQをまとめています。

Softubeとはなんですか?

Softubeは、高品質なオーディオソフトウェアとプラグインを開発するスウェーデンの会社です。彼らは、プロのオーディオ業界で広く認められているプラグイン、モデリング技術、音楽制作ツールを提供しています。Softubeは、そのリアルなサウンドと使いやすさで知られており、プロデューサーやミュージシャンに愛用されています。

Vocoder(ボコーダー機能)とはなんですか?

ボコーダーは、音声信号を分析し、その特性を別の音源(通常はシンセサイザー)に適用するオーディオエフェクトです。これにより、楽器が話しているかのようなユニークなサウンドが生み出されます。ボコーダーは、音声の周波数スペクトルをキャプチャし、それをシンセサイザーの音色に「マッピング」することで、ロボットのような声や他の特殊効果を作り出します。

MorphoderとSoftube Vocoderではどちらがかんたんですか?

MorphoderとSoftube Vocoderのどちらが簡単かは、ユーザーの経験と好みによります。

MorphoderはWavesによって開発されたボコーダープラグインで、直感的な操作性と幅広い機能を提供します。一方、Softube Vocoderは、特にその直感的なインターフェースと多様なバンド数調整機能で知られています。初心者にはSoftube Vocoderの方が使いやすいと感じられるかもしれませんが、どちらもユーザーフレンドリーな設計をしています。

ボコーダーが使われている名曲を5つ教えてください
  1. Daft Punk – “Harder, Better, Faster, Stronger”: ボコーダーを使用した代表的な曲で、ロボットのようなボーカルが特徴的です。
  2. Kraftwerk – “The Robots”: 電子音楽の先駆者であるKraftwerkによる名曲で、ボコーダーが中心的な役割を果たしています。
  3. Beastie Boys – “Intergalactic”: ヒップホップとボコーダーの組み合わせを特徴とする、ユニークなトラックです。
  4. ELO (Electric Light Orchestra) – “Mr. Blue Sky”: ボコーダーを使用したクラシックなロック曲で、サウンドに独特の風味を加えています。
  5. Zapp & Roger – “More Bounce to the Ounce”: ファンクミュージックにおけるボコーダーの使用を特徴とする、影響力のあるトラックです。

まとめ

音質4.5
機能性(オリジナル性)4
操作性(使いやすさ)4
安定性(CPU負荷)4
価格4
総合評価4

Softube Vocoderを使用してみた感想として、、その多様なバンド数調整機能や直感的な操作性が、さまざまな音楽スタイルや制作フローに柔軟に対応できることがわかりました。特に、ボコーダー特有のエモいロボットサウンドを簡単に作り出すことができる点は、創造的な音楽制作において大きなメリットです。

一方で、価格がやや高めであることや、非常に高度なカスタマイズ機能を求めるプロフェッショナルには物足りない可能性もあります。また、初心者には機能が多すぎて最初は少し圧倒されるかもしれませんが、いまだけ、その価格面のハードルはお置き下げられているので、あとは使いこなしたい!という気持ちだけあれば問題ありません。

総じて、Softube Vocoderは、その高品質なサウンドとユーザーフレンドリーなインターフェースで、多くの音楽制作者にとって価値ある投資と言えるでしょう。興味を持った方は、以下のリンクから購入を検討してみてください。

関連記事を読んでみる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次