MENU

Softube Harmonics レビュー 5つの歪みが導く未来!

<景品表示法に基づく表記>当サイトのコンテンツには、広告を掲載している場合があります。

デジタル音楽制作において、トラックに独自の質感と存在感を加えることは、多くのDTM初心者や中級者にとって一つの挑戦です。

サチュレーションの概念は知っていても、それを自分の音楽にどのように応用すれば良いのか、どのサチュレーションプラグインを選べば自分の求めるサウンドが得られるのか、といった疑問を持つ方は少なくありません。

ここで、Softube Harmonics Analog Saturation Processorがその答えとなります。

このプラグインは、単に「暖かみ」を加える以上のことを実現します。それは、あなたのトラックに深みと立体感をもたらし、聴き手の耳に残る独特な音色を作り出すことです。

Softube Harmonicsの多様なドライブタイプダイナミクス処理機能を活用すれば、どんなジャンルの音楽にも適応し、聴き手に強い印象を与えるサウンドを生み出すことができます。

この記事では、Softube Harmonicsがどのようにしてあなたの中にあるまだうっすらとした音楽制作のニーズに応えるかを詳しく解説していきます。

UG
  • 元ゲーム音楽屋(NintendoDSなど)
  • 作曲歴20年以上
  • DTM記事執筆500以上
  • ショートアニメ、CM、企業PV音楽を制作
  • 詳しいプロフィール
タップできる目次

Softube Harmonics 概要

メーカーSoftube
製品名Harmonics
特徴5つのコンポーネントモデリングによるディストーションサウンド
「ダイナミック トランジェント コントロール」テクノロジー
彩度の量をコントロールするAmount
トーンカラーを変更できるCharacter
歪の前後に配置脳なハイ/ローカットフィルター
並行処理用のウェット/ドライブレンドノブ
THDメーターにより微妙な彩度を細かく制御可能
Joe Chiccarelli と Howard Willing によるプリセット
システムmacOS Big Sur 11、モントレー 12、ベンチュラ 13
Windows 10(64ビット)、Windows 11
Softubeアカウント
iLok アカウント
AU、VST、VST3、および/または AAX 互換の
DAW ホスト ソフトウェアを搭載したコンピューター
認証方式iLok認証
認証数3
マニュアル英語
価格163.90ドル→64.90ドル
備考専用のインストーラーでインストールおよびアンインストールが可能
期間限定の体験版

Softube Harmonicsは、ダイナミックなディストーションプラグインと言われていますが、ギターのディストーションのように激しく歪ませるのではなく、どちらかというとサチュレーションとして捉えるのが正解です。

音楽制作において、暖かみのあるサチュレーションリッチなハーモニクスを提供し、トラックに独特のキャラクターを加えます。

このプラグインは、5種類のアナログモデル化ディストーションを搭載し、音楽のダイナミクスに応じてディストーションが変化するため、自然で音楽的な効果を生み出します。プロデューサーやエンジニアにとって、多様な音色の調整が可能なため、幅広いジャンルの音楽制作に適しています。

SoftubeにはTapeと呼ばれるテープレミュレーションプラグインがリリースされています、Tapeはテープサウンド特有の音質及び飽和感の再現を目指したのに対して、Harmonicsは 複数のアナログ回路の飽和感や歪みを再現しています。

どちらが良いかは使用用途によって異なりますが、楽曲全体にアナロテープ的なニュアンスを求めるならTape、アナログ機器の飽和感とよりアグレッシブな歪みを求めるならばHarmonics Analog Saturation Processorだと言えます。

特徴 / プラグインHarmonics Analog Saturation ProcessorTape
主な用途アナログサチュレーションの再現テープエミュレーション
ドライブタイプ5種類(Solid, Transf, Master, Tube, Modern)3種類(TYPE A, B, C)
ダイナミクスの再構築あり(独自アルゴリズムによる)なし
キャラクター調整あり(マスタリンググレードのフィルター使用)なし
フィルタリングオプション高域と低域のカットフィルターなし
テープスピードの調整なしあり(30 ips, 15 ips, 7.5 ipsなど)
高周波トリムフィルターなしあり(マスタリンググレード)
サウンドの特性多様なアナログサウンドの再現テープ特有のサウンドと質感

レビュー

音質4
機能性(オリジナル性)4
操作性(使いやすさ)3.5
安定性(CPU負荷)4
価格4
総合評価3.9

音質4

独特のアナログサウンド

Softube Harmonicsは、その名の通り、アナログサチュレーションの魅力をデジタルの世界に持ち込んでいます。このプラグインの最大の特徴は、5種類のドライブタイプSolid, Transf, Master, Tube, Modern)を通じて、多彩な音色を提供すること。それぞれのドライブタイプは、独自の特性を持ち、トラックに深みと暖かみを加えます。

例えば、Tubeドライブはギターやベースに温かみと豊かなハーモニクスを与え、Solidドライブはボーカルやドラムにクリアで定義のあるサウンドをもたらします。

実際にこのプラグインを使ってみると、その変化は目に見えて明らか。ドライブを上げると、音がどんどんと生き生きとしてきます。

特に、Dynamics機能を使うと、歪んだ音源にもともとのダイナミクスを取り戻すことができ、音楽に自然な動きを与えます。これは、特にドラムループやベースラインに効果的で、トラック全体にエネルギーとパンチを加えることができます。

音質の違いをより具体的に理解するために、同じトラックに対して、Harmonicsを適用したバージョンと適用していないバージョンを聴き比べてみます。

サウンドデモではクリーンギターカッティング、ベース、ドラム(2mix)そしてマスターアウトにHarmonicsを使っての音質比較です。まずはドライな状態から聴いてみます。

dry

次に、ベース、ギター、ドラムにそれぞれHarmonicsを使った状態でマスターアウトにはHarmonicsは使っていない状態です。

master dry

最後に、マスターアウトにもHarmonicsを使った状態

画像
それぞれの設定

音の変化はDTM初心者やサチュレーションに詳しくない人に微妙なところかもしれませんが、使用前後で音像感の拡大とローエンドが豊かになります。

では、もう少し音のバリエーションを知るために個別に違う設定にして使ってみたいと思います。

guitar variation2
bass variation2
drum variation2
master variation2
画像
variation 2の設定

Softube Harmonics は、音質の良さの面からDTM初級者であってもおすすめですが、サチュレーションの特性を理解し始めているDTM中級者から上級者の方であればより有効活用できるシーンは多くなります。

レビューに戻る

機能性4

多彩なドライブや類をみないダイナミクスの再構築機能

このプラグインは、左からDTC DYNAMICSと歪みのバリエーションであるTYPE、そしてそれらをどれだけ歪ませるかを調節するDRIVE、歪みのカラーを決めるCHARACTERが主な機能になります。フィルター機能等においては特別な要素ではないため、ここでは割愛します。

ドライブタイプは主に次のような機能を持っています。

ドライブタイプインスピレーション源特徴
Solid70年代初頭の高品質ソリッドステートコンポーネントサウンドステージに鮮明さと分離を加え、ミックス内でトラックを際立たせる。ボーカル、ドラムなどに最適。
Transfアメリカのコンソールのトランスフォーマーサウンド特徴的なローエンドトーンを追加し、フルミックス、キック、ベーストラックに輝きを与える。
Masterマスタリング/バスアプリケーション向けディストーショントランジェントを保持し、微妙なアナログタッチやスムーズなサチュレーションをマスターバスに追加。
Tube60年代半ばのヴィンテージチューブ回路比類のない温かみのあるチューブサウンドを提供し、ベースやギターのトーンに役立つ。
Modern英国のオールバルブモダンディストーションボックス暖かさとパンチを瞬時に加える、現代的な三極管設定のサウンド。

またユニークなのがDynamics機能です。これは、歪んだ音源に元のダイナミクスを取り戻すことができる革新的な機能で、音楽に自然な動きとエネルギーをもたらします

画像

こえらの機能はドラムベースラインに適用すると、トラック全体が生き生きとし、パンチの効いたサウンドを実現できます。

Softube Harmonicsのインターフェースは直感的で、DTM初心者でも簡単に操作できます。各機能は明確にラベル付けされており、必要な調整をすばやく行うことができます。この使いやすさは、音楽制作の効率を大幅に向上させます。

Softube Harmonicsは、ユーザーが求める基本的な機能を提供するだけでなく、それを超えるクリエイティブな可能性を秘めています。それぞれのドライブタイプが持つ独自の特性を活用することで、あなたの音楽制作に新たな次元をもたらすことができるでしょう。これらの特性を駆使することで、ジャンルを問わず、あらゆる音楽に深みと表現力を加えることが可能です。

最終的に、Softube Harmonicsはただのサチュレーションプラグインではなく、音楽制作の可能性を広げる強力なツールです。その多様な機能と直感的な操作性は、プロの音楽制作者から初心者まで、幅広いユーザーにとって価値あるものとなるでしょう。

レビューに戻る

操作性3.5

Softube Harmonicsの操作性:初心者が直面する可能性のある課題

サチュレーションというプラグインの傾向から言っても初心者にはその音質面で理解し辛い部分もあると思います。そSoftube Harmonicsは、5種類のドライブタイプ(Solid, Transf, Master, Tube, Modern)を提供しています。初心者にとって、これらの違いを理解し、トラックに最適なタイプを選択することは難しいかもしれません。各タイプがどのような音色を生み出すのか、実際に試してみるまで分かりにくい場合があります。

音質面としてはDRIVEパラメーターやCHARACTERパラメーターを操作することで音質は大きく変化するので、音質変化を感じたい場合はこれらのパラメーターの操作から始めるのが良いでしょう。

Dynamics機能は、歪んだ音源に元のダイナミクスを取り戻すためのものですが、この機能の使い方や効果を初心者がすぐに理解するのは難しいかもしれません。どの程度の設定が適切か、またそれがサウンドにどのような影響を与えるのかを把握するには、ある程度の試行錯誤が必要です。

ただ、それでもSoftube Harmonicsの扱いやすいシンプルなサチュレーションプラグインに入ると私は思いますし、その音質の幅の広さは音楽制作の創造性を刺激します。

各パラメターは数値入力が可能ですし、4つの設定を比較できるA/B/C/Dの操作もかんたんんでストレスなく切り替えることができます。プリセットは少数ですが、その内容からはプロの技術を盗み取れます。

レビューに戻る

安定性4

CPU負荷は低く安定動作している

画像

Softube Harmonicsは、その高度な処理能力にもかかわらず、意外とCPUに優しいプラグインです。実際に計測したところ、このプラグインを複数のトラックに適用しても、DAWのパフォーマンスに顕著な低下は見られませんでした。もちろん、これは使用するコンピューターのスペックにも依存しますが、一般的なホームスタジオの環境では十分に扱えるレベルです。プラグインの挙動

Softube Harmonicsのもう一つの強みは、その安定した挙動です。長時間のセッションでも、プラグインがクラッシュすることはほとんどありません。また、DAWとの互換性も良好で、主要なDAWでスムーズに動作します。ただし、非常に大規模なプロジェクトや、他の多くのプラグインと同時に使用する場合は、いくつかのパフォーマンスの問題が生じる可能性があります。総合的な安定性

総合的に見て、Softube Harmonicsは安定性の高いプラグインです。CPU負荷が比較的低く、長時間の使用でも安定して動作するため、音楽制作のプロセスを妨げることは少ないでしょう。これは、特にCPUリソースに限りがある初心者や中級者にとって、大きなメリットです。

CPU負荷計測環境

パソコン  Macmini2018

CPU  Corei7(i7-8700B)6コア 

HT使用時12コア 3.2GHz/ターボブースト(TB)使用時4.6GHz

メモリ 32GB

システム OS12.6.1 Monterey

Audio/IF Focusrite RED 8PRE

バッファー 256

DAW   LogicPro10.7.7

48kHz/24bit

再生ストレージ SSD

レビューに戻る

価格4

価格は為替レートに影響します。

通常セール
価格163.90ドル64.90ドル

DTM初心者や中級者にとって、プラグインの価格は重要な選択基準の一つです。今回は、Softube Harmonics Analog Saturation Processorの価格を、類似製品と比較しながら評価し、そのコストパフォーマンスを探ります。

プラグイン名価格特徴(歪みの数)
FabFilter Saturn 2154ドル28
Soundtoys Decapitator199ドル5
Waves Abbey Road Saturator199ドル2
Softube Harmonics Analog Saturation Processor163.90ドル→64.90ドル5
Kazrog True Iron51.05ドル6

Softube Harmonicsの価格設定

音質機能面で定評のあるサチュレーションをSoftube Harmonicsを含め6つ書き出してみました。YOUTUBE等ではFabFilter Saturn 2を比較するケースが割りと見られます。確かに28種類の歪みの量には目を引きますが、個人的にはそれだけの数があっても種類的に頻繁的に使うのは多くても10くらいです。

Softube Harmonicsは5と数こそすくないものの、それぞれの音質の変化の度合いと音質の傾向がわかりやすいので、バランスのとれたサチュレーションプラグインだと思います。

またSoftube Harmonicsは期間限定ですが、以下のようなバンドルセットに含まれてその価格も大変お買い得な内容になっています。

画像

Softube Mix Solutions Bundleは、Softube Transient Shaperを含むコストパフォーマンスに優れたバンドルセットです。このバンドルには、Transient Shaperの他にも複数の高品質プラグインが含まれており、個別購入するよりも明らかにお得です。

Softube Mix Solutions Bundle (Exclusive) に含まれるプラグインは以下の通りです:

  1. Bus Processor: バス圧縮とサチュレーションを提供するモダンなバスコンプレッサー。
  2. Harmonics: ダイナミックトランジェントコントロール技術を備えたアナログサチュレーションプロセッサー。
  3. Transient Shaper: デュアルバンド処理を可能にするトランジェントシェイピングツール。
  4. Vocoder: ヴィンテージスタイルのボコーダーで、6声ポリフォニックキャリアシンセと革新的な機能を備えています。
  5. Tube Delay: チューブステージをモデル化したエコーエフェクトで、クリーンからラフなサウンドまで幅広く対応。

このバンドルは、バス処理、サチュレーション、トランジェントシェイピング、ボコーダー、ディレイといった多様なニーズに対応するプラグインを含んでおり、幅広いミキシング作業に適しています。また、これらのプラグインを個別に購入するよりも、バンドルセットとして購入することで大幅なコスト削減が可能です。

PluginBoutiqueで購入すると月替りプラグインが無料でもらえます。無料と行っても100ドル相当に売っているプラグインがもらえるのでかなりお得です。

6月の購入者特典は

Rhodes V-PanKrotos Dehumaniser Simple Monstersのどちらかを選択できます!

Ozone 11 Elements

画像
注意点
  • Rent To Own プランは、無料トランザクション ギフトの対象外
  • Plugin Boutique アカウントが登録されていることを確認してください。アカウントをお持ちでない場合は、 こちらから作成できます。
  • 有料製品をバスケットに追加します (この特典は 無料製品には適用されません )。
  • 無料ギフトを選択し、チェックアウトを完了してください。
  •  取引の全額 に対してバーチャル キャッシュやクーポンを使用し ないでください。 (ただし、100% 未満の量でも問題ありません。)
  • このオファーの製品をすでに所有している場合、代替製品を提供することはできません。
  • この製品のコピーを別の製品と交換することはできません。
  •  この製品のコピーを再販することはできません。 
  • このプロモーションでは、製品の 1 コピーを請求する資格があります。
  • 1 回の取引につき 1 つの無料製品のみを請求できますが、複数の無料ギフトの場合は、すべての無料ギフトを取得するまで個別のトランザクションでこのオファーを引き換えることができます。

PluginBoutiqueでの具体的な購入方法はこちらの記事が参考になります!

レビューに戻る

Softube Harmonicsに関するFAQ

Softubeとはどのような会社ですか?

Softubeはスウェーデンの音楽ソフトウェア会社で、高品質なオーディオプラグイン、モデリング技術、音楽制作ツールを提供しています。プロフェッショナルな音楽制作環境に適した製品を多数開発しています。

Softubeのプラグインはどのようなものがありますか?

Softubeは、サチュレーション、エフェクト、ダイナミクス処理、エミュレーションなど、幅広い種類のプラグインを提供しています。これらは高品質なサウンドと使いやすさで知られており、プロフェッショナルな音楽制作に適しています。

Softube TapeとSoftube Harmonicsの違いについて

Softube Tapeは、テープエミュレーションを提供するプラグインであるのに対してSoftube Harmonicsとアナロ機器の歪みの特性を再現しているプラグインです。テープサウンド的なニュアンスを求めるならばTape,アナログ機器の飽和感でトラックメイクやマスターサウンドを彩りたいのならばSoftube Harmonicsがオススメです。

Softube Tapeの使い方は?

Softube Tapeは、インターフェースが直感的で使いやすく設計されています。テープタイプの選択、テープスピードの調整、ドライ/ウェットバランスの設定などを通じて、望むサウンドを簡単に作り出すことができます。詳しい使い方は、こちらの記事で解説しています。

まとめ

音質4
機能性(オリジナル性)4
操作性(使いやすさ)3.5
安定性(CPU負荷)4
価格4
総合評価3.9

Softube Harmonics を使用してみた経験を踏まえ、このプラグインの使用感、長期的な使用で気づいた点、そしてそのメリットとデメリットをまとめます。

使用感

Softube Harmonicsは、その直感的なインターフェースと多様なサウンドオプションにより、非常に使いやすいプラグインです。初心者からプロフェッショナルまで、幅広いユーザーが容易に操作し、望むサウンドを迅速に作り出すことができます。特に、5種類のドライブタイプは、トラックに独特のキャラクターを加えるのに役立ちます。

長期的な使用で気づいたこと

長期にわたって使用してみると、Softube Harmonicsのサウンドの品質と柔軟性が際立ちます。多様なジャンルの音楽制作に適応し、一つのプラグインで多くのニーズを満たすことができる点は、特に価値があると感じました。また、CPUに対する負荷が比較的低いため、多くのトラックに適用してもシステムの安定性を保つことができます。

メリット

  • 多様なドライブタイプとサウンドオプション
  • 直感的で使いやすいインターフェース
  • 高品質なサウンド
  • CPUに対する負荷が低い
  • 幅広いジャンルの音楽制作に適応

デメリット

  • 価格がやや高い
  • 初心者にはドライブタイプの違いが理解しにくい可能性
  • マルチバンド処理や高度なモジュレーションオプションが限定的

結論

Softube Harmonics Analog Saturation Processorは、その高品質なサウンドと使いやすさで、多くの音楽制作シナリオにおいて強力なツールとなります。価格はやや高いものの、提供される機能とサウンドの品質を考慮すると、その価値は十分にあると言えるでしょう。長期的に見ても、このプラグインはあなたの音楽制作に大きな貢献をすること間違いなしです。

関連記事を読んでみる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次