MENU

Minimal Audio Rift 2.0 レビュー クオリティが3割増しになる秘密兵器的ディストーションプラグイン

<景品表示法に基づく表記>当サイトのコンテンツには、広告を掲載している場合があります。

曲の中でコードを白玉で打ち込んではみたけど、いまいちな垢抜けない雰囲気になってしまう。こんな経験しているDTM初心者や中級者は多いのではないでしょうか?

画像

こんな感じのダンス曲を作ったけれど白玉コードがやぼったい

画像

そんなときはRift 2.0がオススメだよ!

Rift 2.0使用時
画像

すごい!かっこよくなった!

Rift 2.0は画期的多機能ディストーション エンジンを搭載したVSTプラグインです。白玉に使えばリズミックで複雑な音色変化し、キックに使えば太さや存在感を演出できます。

多機能ながらに、使い方はかんたんなので、初心者でもかんたんに扱えます。

今回はこのRift 2.0の魅力をより詳しく解説していきます。

UG
  • 元ゲーム音楽屋(NintendoDSなど)
  • 作曲歴20年以上
  • DTM記事執筆500以上
  • ショートアニメ、CM、企業PV音楽を制作
  • 詳しいプロフィール
タップできる目次

Minimal Audio Rift 2.0 概要

メーカーMinimal Audio
製品名Rift 2.0
特徴深いマクロ制御を備えた 400 以上のプリセット
30種類の歪みタイプと最大6段階の処理
物理モデリングのフィードバックとDelay
最先端のモーフィングフィルター
柔軟なマルチバンドエフェクトルーティング
強力なモジュレーションシーケンス
ピッチスナップ、トランスポーズ、MIDIトラッキング
インテリジェントなランダム化による無限のプリセットバリエーション
高品質なオーバーサンプリング
システムマック
macOS 10.9以降 
(64ビットのみ)
AU、VST、VST3、AAX
ウィンドウズ
Windows 10以降 
(64ビットのみ)
VST、VST3、AAX
バージョンv2.1.0r4(2023-08-18)
認証方式シリアル認証
認証数2
容量197.4MB
マニュアル英語版のみ
価格141.90ドル→86.90ドル
備考30日間返品可能
ソフトウェア製品を返品すると、30 日以内に全額返金されます。
(公式サイトのみ)

Minimal Audio Rift 2.0は、先進的なハイブリッドディストーションエフェクトを提供する多機能プラグインです。

30種類のユニークなアルゴリズムを使用して、細部にわたって調整されたディストーションエフェクトを作成できます。また物理モデリングフィードバックと先進的なモーフィングフィルターにより、Riftはマルチエフェクトプラグインというカテゴリにとどまらず、非常に協力なクリエイティブツールになります。

直感的なピッチスナッピング、スケールプリセット、MIDIトラッキングなど、エフェクトと楽器の境界を曖昧にします。柔軟なマルチバンドエフェクトも提供し、ディストーション、フィードバック、フィルタリングを正確にコントロールできます。夜型の方向けにダークモードも搭載しており、400以上のプリセットで無限のバリエーションを楽しめます。

Minimal Audio Rift 2.0 レビュー

音質3.5
機能性(オリジナル性)4
操作性(使いやすさ)4
安定性(CPU負荷)3.5
価格3.5
総合評価3.7

それでは具体的なレビューをしていきたいと思います。レビュー内ででの帯の色には次のような意味合いがあるので参考にしてください。

  • 青帯はメリット
  • 赤帯はデメリット
  • 黒はどちらでもない

音質

派手な歪みからアナログ的な歪みまで幅広い音色を楽しめる

Minimal Audio Rift 2.0は、音質の魅力において特筆すべきプラグインです。

30種類のユニークなディストーションアルゴリズムにより、詳細で洗練されたサウンドを生み出します。物理モデリングフィードバックと先進的なモーフィングフィルターは、伝統的なディストーションを超えた新しい次元のエフェクトを提供。これらの機能は静的なサウンドに動きと個性を加える強力なツールとなります。

Minimal Audio Rift 2.0は楽器を選びません。というか選んではいけないタイプのプラグインです。その理由は歪みによって作り出されるアグレッシブさがウリだからです。例えば次のギターのバッキングに使うとどうなるかを聴いてみてください。

Minimal Audio Rift 2.0 使用前
Minimal Audio Rift 2.0 使用後

Lo-Fi的なアプローチを施してしますが、実にアグレッシブな変化を遂げています。

次に、ヒップホップ的なトラックのオルガンとドラムに使ってみます。

Minimal Audio Rift 2.0 使用前
Minimal Audio Rift 2.0 使用後

存在感のレベルが一気にかわりました。キックは太く、オルガンはエレクトリックな雰囲気を出しながらレトロな質感も含んでいます。

これらのデモからRiftの音質は、モダンでデジタルな特性を持ち、多岐にわたる音楽制作に適用可能だと感じます。

レビューに戻る

機能性

マルチバンドモードによるパラメーター設定が面白い!

Minimal Audio Rift 2.0には30種類のディストーションアルゴリズムや、400 以上のプリセット、最先端のモーフィングフィルターなど様々な機能がありますが個人的に一押しなのは中央ウィンドウで変更が可能なマルチバンド設定です。

通常は以下のような画面で、選択した歪みの波形が表示され、音声が入力されるとアナライザーが表示されます。

画像

下記画面のようにサイン波のようなタグの右隣のタグをクリックすると、表示画面が切り替わり、電源ONボタンをクリックすると、マルチバンド表示に変更されます。

マルチバンドモードを起動すると、ディストーション、フィードバック、フィルター等を設定したバンドに切り分けられるので、特定の帯域だけブースト/カットできるので、よりピンポイントな音作りが可能になります。

フィードバックとフィルターをMIDI制御できる

Minimal Audio Rift 2.0で最も大好きなのがフィードバックとフィルターをMIDI制御できる機能です。

これは、MIDIキーボードを演奏すると好きなキーでフィードバックを演奏できるという画期的な機能です。

例えばこのようなドラムにフィードバックをかけそれをピアノロールでMIDI制御すると次のような効果が生まれます。

画像

これ設定次第では、ドラムの強弱がフレーズにも反映されるので、かなり面白い音色になります。

またフィルターにかけると、次のようになります。

これもMIDIで制御しているので、レゾナンスをうまく使えばフィルターで音階的なアプローチも可能ですが、

音程によるフィルタリング効果も面白いです。

画像

この他にもGUIのカラーバリエーションを選択できたり大きさを変更できる機能も搭載されています。

レビューに戻る

操作性

豊富なプリセットでも簡単に管理

Minimal Audio Rift 2.0では、400 以上のプリセットが用意されています。しかし、数が多いプリセットはお気に入りがあっても選びなおすのは一苦労です。

しかしMinimal Audio Rift 2.0ではカテゴリとタグによってプリセットは簡単かつ効率的に管理できるので、お気に入りから、そのシーンにあったものまで簡単に呼び出せます。

また私が最も重要視しているデフォルトプリセットも用意されています!

個人的にはこれだけ高機能なエフェクトなので違うパターンをすぐに比較できるA/Bボタンが欲しかったところです。

レビューに戻る

安定性

CPU負荷はマルチコアが機能して効率よく負荷が分散されている

Minimal Audio Rift 2.0をオーディオファイルに1つだけ挿した状態のCPU負荷がこちらになります。

画像

CPU負荷としてはそれなりにあるように感じますが、うまく負荷が分散されているのでそこまでCPU負荷がきになるようなことはありません。

ただ、たまにですが、動きがもっさりとすることがありましたが、DAWが落ちる等はなかったので、安定性に関してはそこまで気にする必要はないように思いました。

CPU負荷計測環境

パソコン  Macmini2018

CPU  Corei7(i7-8700B)6コア 

HT使用時12コア 3.2GHz/ターボブースト(TB)使用時4.6GHz

メモリ 32GB

システム OS12.6.1 Monterey

Audio/IF Focusrite RED 8PRE

バッファー 256

DAW   LogicPro10.7.7

48kHz/24bit

再生ストレージ SSD

レビューに戻る

価格

通常価格セール価格
141.90ドル86.90ドル

Minimal Audio Rift 2.0との類似品として挙げられるのはArturiaのDIST COLDFIREでしょう。こちらの価格は108.90ドルです。機能面では次のような違いがあります。

Minimal Audio Rift 2.0DIST COLDFIRE
ディストーションエンジン22
ディストーションアルゴリズム3011
プリセット400以上150以上
A/B比較
マルチバンドパラメーター
オーバーサンプリング
ステップ・シーケンサー
価格141.90ドル108.90ドル

音の作り込みの深さは両者ほそこまで変わらないというのが素直な印象ですが。Minimal Audio Rift 2.0はディストーションアルゴリズムの数と、MIDIキーでフィードバックとフィルターを制御できる機能、そしてプリセットの数と質です。またMinimal Audio Rift 2.0ではプリセットのカテゴリの別れ方やお気に入りボタンが装備されているので、プリセットを多用する人には便利な機能です。

さらにMinimal Audio Rift 2.0では中央のウィンドウでマルチバンド設定ができるようになるので、より細かい周波数帯域の音作りに素早く対応できます。

個人的にセール価格でDIST COLDFIREより安くなっているMinimal Audio Rift 2.0は魅力的に感じます。

PluginBoutiqueで購入すると月替りプラグインが無料でもらえます。無料と行っても100ドル相当に売っているプラグインがもらえるのでかなりお得です。

6月の購入者特典は

Rhodes V-PanKrotos Dehumaniser Simple Monstersのどちらかを選択できます!

Ozone 11 Elements

画像
注意点
  • Rent To Own プランは、無料トランザクション ギフトの対象外
  • Plugin Boutique アカウントが登録されていることを確認してください。アカウントをお持ちでない場合は、 こちらから作成できます。
  • 有料製品をバスケットに追加します (この特典は 無料製品には適用されません )。
  • 無料ギフトを選択し、チェックアウトを完了してください。
  •  取引の全額 に対してバーチャル キャッシュやクーポンを使用し ないでください。 (ただし、100% 未満の量でも問題ありません。)
  • このオファーの製品をすでに所有している場合、代替製品を提供することはできません。
  • この製品のコピーを別の製品と交換することはできません。
  •  この製品のコピーを再販することはできません。 
  • このプロモーションでは、製品の 1 コピーを請求する資格があります。
  • 1 回の取引につき 1 つの無料製品のみを請求できますが、複数の無料ギフトの場合は、すべての無料ギフトを取得するまで個別のトランザクションでこのオファーを引き換えることができます。

PluginBoutiqueでの具体的な購入方法はこちらの記事が参考になります!

レビューに戻る

まとめ

音質3.5
機能性(オリジナル性)4
操作性(使いやすさ)4
安定性(CPU負荷)3.5
価格3.5
総合評価3.7

Minimal Audio Rift 2.0をある程度触ってみると、より複雑で深い音作りができるディストーションプラグインなのがわかります。すべてのパラメーターはモジュレーション機能をアサインすることでオートで変化させられる機能なのもとても便利でユニークだと思いました。

あらためて振り返ると

音質面では、歪みの幅の広さには驚かされます。音を太くするサチュレーションレベルの歪みからビットクラッシャーレベルのでディストーションまで用意されているので、必ず求めている歪みを見つけられるように思います。

機能性については、MIDIでフィードバックとフィルターを制御できるのは今まで見たことがない機能なので、新しい音作りの可能性を感じます。

操作性においては、プリセットのカテゴリとタグは思っている以上に便利で、プリセット選択の時短になります。

安定性においては、CPU負荷は決して高くもなく低くもない状態ですが、負荷の分散は効率よく行えている印象です。

最後に価格において、類似プラグインとしてArturiaのDIST COLDFIREと比較しましたが、Minimal Audio Rift 2.0との価格差は、通常時で40ドル弱、ArturiaのDIST COLDFIREの方が安いですが、セールになると、Minimal Audio Rift 2.0は86.90ドルになるのでお買い得感があります。

個人的には音の傾向や方向性などは類似している部分も感じられたので、両方とも揃える必要はあまり感じませんので、どちらのプラグインも持っていない人にとっては今回のセールはチャンスと言ってもよいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次