MENU

Verve Analog Machines レビュー飽和市場に参戦するUADの最新サチュレーションサウンドの実力

<景品表示法に基づく表記>当サイトのコンテンツには、広告を掲載している場合があります。

Verve Analog Machinesはアナログモデリングで確固たる地位を築いたUADがリリースしたアナログマシンの歪みを再現したプラグインです。

またサチュレーションかよ!どんだけ出すんだよ!」私の最初の印象はこれでした。おそらく多くのユーザーも似た印象を持ったのではないでしょうか。

しかし、UADです!UADのブランド力からリリースされる製品のクオリティは納得の行くものばかりです。また同社にはすでにテープエミュレーション系のプラグインがあるにも関わらず類似プラグインを出してきたということはそれらにはない大きな魅力がないと飽和市場で勝ち残れません。

そこで使ってみるとなぜ、このご時世にUADがこの製品をリリースしたのかがわかりました。そこにはUAD的な戦略があるように感じます。この記事ではその部分に焦点をあてながら、音質、機能性等を解説していきます。

UG
  • 元ゲーム音楽屋(NintendoDSなど)
  • 作曲歴20年以上
  • DTM記事執筆500以上
  • ショートアニメ、CM、企業PV音楽を制作
  • 詳しいプロフィール
タップできる目次

Verve Analog Machines 概要

画像

Verve Analog MachinesはUADとして初となるモデリング元を明記していないアナログディストーション及びモジュレーションのエフェクトプラグインです。

CPU負荷は低く、ソフトシンセ併用時でも問題はなさそうです。

画像
CPU負荷計測環境

パソコン  Macmini2018

CPU  Corei7(i7-8700B)6コア 

HT使用時12コア 3.2GHz/ターボブースト(TB)使用時4.6GHz

メモリ 32GB

システム OS12.6.1 Monterey

Audio/IF Focusrite RED 8PRE

バッファー 256

DAW   LogicPro10.7.7

48kHz/24bit

再生ストレージ SSD

カテゴライズ的にはアナログ機器のサチュレーションを再現したものになります。UADのアナログサチュレーションはOxide Tape Recorderや Studer A800 Tape Recorderなど実に10年ぶりの新作になります。

画像

音質も前者とは異なり現代的な解像度が高く、名前の通りVerve「気迫・熱情・活気」に溢れたサウンドになっています。

Verve Analog MachinesEssentialsと(無印)の2つのグレードが存在し、両者の違いは使用できるユニットの数がVerve Analog Machines Essentialsが4つに対して、Verve Analog Machines は10のユニットが使用可能です。

Verve Analog Machines サウンドレビュー

Verve Analog Machinesではジャンルに合わせた様々な飽和サウンドを楽しめます。UAD特有のもっちりとしつつ高品質なテープサウンドから、ギターのディストーション的なサウンドまで歪みの幅は思っている以上に広いです。

また、ユニットによってはwarble(テープの揺れ)機能も搭載しているのでよりローファイ的なアプローチも可能です。

では実際のサウンドを確認してみます。

16小節のジングル的な曲の中でVerve Analog Machinesに搭載されているパラメーターをオートメーションで動かしながら音質の比較を行います。

画像

ユニットによっては、かなり派手に歪む音になるので音量にはご注意ください。

画像

Sweetenはスタジオテープマシンの艶と温もりのあるサウンドからオーバードライブサウンドまで可能なユニットです。

ユニットの中で一番ハイファイで個別のトラックからマスターまで幅広く扱える音質です。

画像

edgeは穏やかな倍音を加え、サウンドに微妙なクランチ感を与えるユニットです。sweetenと比較すると若干音がこもった印象がありますが、ジャンルによってはマスターにかけても面白いです。

画像

glowは穏やかな倍音を加えてサウンドに微妙な暖かさを与えるユニットです。ユニットの中で一番フラットに近い特性を持っているので素材を選ばすに使用できます。

画像

warm はよりヴィンテージなスタジオテープマシンの温かみのあるサウンドを作り出すユニットです。低域だけが持ち上がるので音のふくよかさを出したいときに活躍します。

画像

thickenは厚みを増す半世紀前に録音された音を作り出すユニットと表記されています。10kHz以上が割とばっさりとカットされている印象なのが特徴です。

画像

Vintagizeは祖父母よりも古い録音の音という説明にあるように、より古く癖のある音色を生成するユニットです。

7.5kHz以上がカットされているので古いラジカセのような音質になります。

画像

distortはヴィンテージの真空管プリアンプを限界をはるかに超えてディストーションを生成するユニットです。パラメーターの特性や音質はglowと酷似しています。こちらのユニットを使う理由としてはdriveを30以上にしたときの歪み感がポイントになります。

画像

pushはdistortはdriveノブを上げることで歪みが増えていくタイプですが、overdriveは最初から歪んでおり、使い所はかなり限られてくる印象があります。

画像

fireはスタジオのテープマシンの歪みを最大級にしたような印象のサウンドです。ベースを歪ませたい場合などにハマることがありますが、やはり使い所が難しい印象のある歪みです。

画像

Sputterにはトランジスタプリが爆発寸前という説明がありますが、文字通り爆発しそうな音を生成します。

音質的に思ったのは万能な音とクリエイティビティを求められる印象がありました。どのシーンで使うのが最適なのかはユーザーによってことなりますが、やはり万能系の歪みサチュレーションサウンドはUADブランドの音がしています。選ぶだけでこのクオリティの質感が手に入るのはやはり便利です。

ミキシングエンジニアとしてより作編曲時のモチベーションが上がる用途で使ってみるのもオススメです。

機能性および操作性

無印とEssentialの違いは主に使えるユニット数とパラメーターの違いとプリセットの違いになります。

画像

EssentialではDrive機能しか使えませんが、(無印)では追加のパラメーター(warbleまたはtone)が用意されています。

EssentialではMore machiensというタグが用意され、クリックすると公式サイトに飛ぶ仕様になっています。

使えるユニットの違いは以下のようになります。

Verve Analog Machines Verve Analog Machines Essentials
sweeten
edge
glow
warm
thicken
vintagize
distort
overdrive
fire
sputter

この他、A/B比較機能にAtoBのコピーペースト機能、GUIサイズの変更など基本的な機能ももちろん搭載しています。

個人的に思ったのは、パラレル処理ができないのが残念です。派手に歪むoverdriveなどもパラレルミックスできるとより使用頻度があがる予感があったので、今後のアップデートに期待したいところです。

にあります。

まとめ

メーカーVerve Analog Machines
製品名Universal Audio(UAD)
システムmacOS 10.15 Catalina、11 Big Sur、12 モントレー、13 ベンチュラ
Windows 10 または Windows 11 (64 ビット版のみ)
Intel、AMD、またはAppleシリコンプロセッサ
認証方式iLok
認証数2
マニュアル英語
価格Verve Analog Machines Essentials | 通常価格99
Verve Analog Machines (無印) | 通常価格$199→$99

何度も言いますが、サチュレーション市場は飽和状態なので、「またサチュレーションかよ!」というユーザーも多いでしょう。実際私も「UADも出してくるの??」というのが第一印象でした。

しかし、実際使ってみるともっちりとした音質はいかにもUADブランドの音であり、この系の音が好きな人にはとても嬉しいプラグインだと思いました。

UADのテープサチュレーション系プラグインであるOxide Tape Recorderや Studer A800 Tape Recorderは10年まの製品です。音質が悪いわけではありませんが、現代ポップスに最適とは言いづらい部分があり、その穴を埋めに来たUADの戦略は正しいと思います。

また、今回ほとんどのパラメーターを排除したことで、より直感的なツールになったことはUADの今後を占う製品にもなる可能性がありそうです。

Verve Analog Machinesの売れ行き次第ではVerve シリーズ的な製品がリリースされる可能性があり、それはそれで楽しみです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次