どうもUGです。

今回は「DTM効果的なコーラスエフェクトの使い方と選び方」について

お話します。

 

みなさんコーラスって使いますか?

昔はとりあえず何かれば「コーラス」というほど

ポピュラーなものでした。

 

というのも波形がモノラルのシンセをいかに広げるか?

それがコーラスエフェクトの使い方であり

そこからピッチを微調整することで音に独特の

ゆらぎを出すことで浮遊感を作り出し

サウンドに陶酔する。

それがコーラスの使い方でした。

 

最近はコーラスエフェクトそれほどフューチャーされる傾向ありませんが、

まだまだ効果的に使えばサウンドに美味しいエッセンスを

加えるには十分なエフェクトです。

 

今回の記事を読んでもられば

コーラスの使い方や私がオススメのコーラスプラグインを

しってもらうことで「コーラスいろいろあるんだなー」

と思ってもらえると思います。

 

それでは

DTM効果的なコーラスエフェクトの使い方と選び方

さっそく見ていきましょう


スポンサードリンク


 

昔のコーラスとは広げるものであった

さきほども軽く説明しましたが、

1つの音を2つ分離して片方をピッチの異なった音にすることで

音を広げるのがコーラスの役目です。

 

今でこそ、コーラスを使わずに音を広げるプラグインが

たくさんありますが、その昔は音を広げるためには

ピッチをずらすことでしかモノラルトラックをステレオトラックに

していました。

 

2本が世界に誇るギターアンプローランドのJC120も同じです。

あれが気持ちよく感じるのは2つのスピーカーからピッチが若干ずれた

音が再生されるのが理由です。

 

つまりもしJC-120がスピーカー一発だったら

正直JC-120のコーラスの魅力は1/10も伝わらないと思います。

 

もちろんコンパクト・エフェクターなどえモノラルにコーラスを

かけて「揺らす」ことだけを目的に使うこともありますが、

せっかく一本のギターを2本に見せることができるのであれば

ステレオワイドで使うことが魅力だとは思います。

 

すこし話がそれましたが、

 

今あえてコーラスを使うのであれば

ただ広げるためではないコーラスの使い方を意識する必要があります。

 

そのために何が必要なのか?

 

答えはコーラス特有の揺れをどこまで意識できるかです。

ゆれずに音が広げしまったあらそれはもう

ワイドパンナー的なエフェクトプラグインの出番です。

いかにも「コーラス!」といった音色をしっておくことた大切です。

 

コーラスの音の違い

コーラスと言っても奥が深く

メーカーによってまったく音が異なります。

まず何もコーラスをかけていない音源を聴いてください。

このシンセのバッキングにコーラスをかけていきます。

 

StudioOne付属のコーラス

ちなみにどのDAWにもコーラスは100%入っています。

非常にオーソドックスなコーラスです。

 

TAL-CHORUS-LX

TAL-software

私が大好きなメーカーTAL-softwareのコーラスです

S1のコーラスに比べて操作できるパラメーターが少ないですが、

コンプかけたように音が前にでてきます。

ローランドの昔のシンセJUNOシリーズについてコーラスをエミュレートしているのですが、

非常にアクが強い個性的なコーラスといえます。

UVI Thorus

個人的に世界一美しいコーラスエフェクトだと思っています。

最大で8本のコーラスを作り出すことができますが、

とにかくそのピッチの精度が細かいため

「いかにもコーラス!」といったものでもなく

「広がるだけのワイドパンナー」的なものでもない

最強のコーラスです。

クラシックなコーラスからモダンなコーラスまで

これ一台あればもうコーラスはいりません。

そう言い切れるコーラスプラグインです。

created by Rinker
UVI
¥9,720 (2018/10/20 09:07:56時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサードリンク

さいごに

DTM効果的なコーラスエフェクトの使い方と選び方

いかがでしたか?

 

コーラスの音質を理解したうえで

使うことでより楽曲のエフェクティブな広がりや

浮遊感を作り出すことができます。

 

大切なのは「コーラスの揺れ幅」です。

ここに書くメーカーの維持と誇りがありますw

 

まだまだたくさんのコーラスプラグインがありますので

また紹介していきたいと思います。