ミックスクオリティを上げる残響除去プラグインの聴き比べ

残響除去プラグインとは音源に入っているルーム感アンビエンス感を弱めてくれるプラグインです。これを使うことで音色に一体感が出でてミックスのクオリティをあげることができます。今日は残響除去プラグインで有名なZynapitqのUNVEILとizotopeのDe-revetbを聴き比べしてみようと思います。

どちらがすっきりとキレイに残響を取れるのか、そしてその音色はあなたが求めているものになっているのかどうか?を意識して聴き比べしてみてください。

不必要な残響を除去することで音色のクオリティが上がる理由

ピアノには深いリバーブがかかっている、ベースやギターにもそれぞれ違った残響感がある。ドラムにはアンビエンスが大きすぎる。マルチソフトシンセを使っているたまにこのような音色に遭遇します。これらをそのままMIXでまとめるとそれぞれの残響感の違いから音がこもる原因になります。

もう少しわかりやすく説明すると、単体ではそれほど気にならなかったトラックであっても、ミックスして、音圧調整をすることで気にならなかった音量の残響感が浮き上がってきます。少しでも抜けがよく音がはっきりしたMIXを作りたい場合はこのような不要な残響をカットするだけでも効果があります。

音は1秒以下の音質をコントロールすることでクオリティが高くなります。それはシンセの音作りに限らず、音色の持っている残響にも同じことがいえるので、「音色のこもり」で悩んでいる人は一度「残響感」を疑ってみるのもよいでしょう。

聴き比べ

リバーブを深めにかけたスネアサウンドを使って聴き比べをしてみます。

まずは何もかけていない状態です。かなりリバーブが深くかかった音色です。

De-reverb

パラメーターは効果がわかりやすくするためにMAXの状態にしていますが、ここまですると音色によっては使い物にならない可能性もあります。

かなりリバーブが除去されているのがわかると思います。

UNVEIL

こちらもパラメーターに関してはどこまで残響を取りきれるかという目的で設定しています。

UNVEILの方が中低域の音が残る印象です。音色の変化はUNVEILの方が少ないように思います。

De-revetb+UNVEIL

2つを組み合わせた状態です。

ほぼ残響感はなくなりました。

次にピアノで比較してみます。

これもかなり深いリバーブ込みで一つのピアノとといえるほどの音色です。

ピアノ De-revetb

パラメーターはさきほどのドラムと同じにしています。同じパラメーターでは音色によってかなり差が出てしまいます。

作り込めばもう少し自然な残響除去が可能です。

ピアノ UNVEIL

こちらはパラメーターが同じですが、De-revetbのような感じにはならずかなり自然な残響除去が可能になっています。

ただ、これ以上の残響除去は難しいです。

残響除去プラグインは万能ではない

ドラムのようにリリースが短い音であれば上手く残響成分だけ消えてくれますが、リリースがない、音色の場合はここまでキレイには取れてくれません。しかしバラバラだった残響がある程度そろえられるだけでもミックスのクオリティをあげられます。

残響除去プラグインがない場合

まず音色を見つける段階から不要なリバーブサウンドがあればそれを切っておくのもよいでしょう。リバーブエフェクトありきの音色の場合はその音色が生きるように他の音色のリバーブはオフにするか、できるだけ短めにしておいた方がよいです。

このように音色選びの時点から「ミックスの視点」をもつことで1ランク上の楽曲を作れるようになります。

UNVEILとDe-reverbの値段の差

ZynaptiqのUNVEILとizotopeのDe-reverbです。

izotopeのDe-reverbはバンドルの中に入っているので単品では変えませんが、

残響除去だけに限らず、ピッチ修正や、タイムストレッチ、ノイズ修復などのオーディオ修復ソフトとしてとてもシンプルな操作性で高いクオリティのオーディオ修復が可能です。

もっと安い残響除去プラグインはないの?

最近は出てきたERAというエフェクトのバンドルセットがあります。この中のERA Reverb Removeというプラグインが残響除去プラグインです。

ボーカルに当てているので音質変化がわかりますが、それでクオリティの高い残響カットができているように思います。

このReverb Removeは6,489円で購入ができます。

Audio Plugins from Pluginboutique.com

またこのプラグインが含まれているバンドルセットはERA 4 Bundle Standardは16,388円とRX-7Standardより安いです。

Free Music Plugins from Pluginboutique.com

さいごに

残響があるとそれだけリリースが長くなります。その残響のリリースがときにミックスの邪魔になる場合もあります。またDTMでない場合、Youtuberなどの人もマイクで収録時に入り込んでしまった部屋なりをこれらのプラグインで除去できます。その結果非常に聞きやすくなり直帰率の改善に貢献できる可能性があります。

コメントを残す