MENU

United Plugins Autoformerレビュー自動音量調整で楽曲クオリティアップ!

<景品表示法に基づく表記>当サイトのコンテンツには、広告を掲載している場合があります。

ボーカルやベースの小さい音と大きい音の音量差でコンプのかかりが悪い。コンプをかけたらそれはそれで音がなまる!

こんな問題を抱えている人は多いです。

コンプをかけずに音量差を修正するにはオートメーションをかきまくる方法がありますが、かなり面倒くさいです。段々と「もうこんな感じでいいかなー」と思い妥協した結果「やっぱり違う」という最悪のループに陥ることも珍しくありません。

こんな悩みを解決してくれるのが、音量自動調整VSTプラグインであるUnited Plugins Autoformerです。Autoformerを使えば、コンプやイコライザーのプラグインをさらに上手に使えるようになり、その結果、説得力があるトラックになり多くのユーザーにあなたの作曲意図を伝えることができます。

この記事では使ってみてわかったメリット・デメリット、使い方のコツなどを解説しています。

総合評価
音質
操作性
価格 
購入のしやすさ
安定度(CPU負荷)
評価の根拠について
UG
  • 元ゲーム音楽屋(NintendoDSなど)
  • 作曲歴20年以上
  • DTM記事執筆500以上
  • ショートアニメ、CM、企業PV音楽を制作
  • 詳しいプロフィール
タップできる目次

United Plugins Autoformer概要

メーカーUnited Plugins
製品名Autoformer
特徴アナログライクなプリアンプ
インテリジェントボリュームライダー
セクションごとのバイパススイッチ
3つのレジェンドプリアンプをエミュレーション
内部 64 ビット オーディオ処理
システムマック
macOS 10.10 以降
(M1 Silicon Mac および macOS 11 Big Sur をサポート)
64ビットのみ
SSE2 をサポートする Intel/AMD プロセッサー
VST2、VST3、AAX、または AU 互換ホスト
ウィンドウズ
Windows 8~10
32ビットまたは64ビット
SSE2 をサポートする Intel/AMD プロセッサー
VST2、VST3、または AAX 互換ホスト
認証方式シリアル認証
認証数制限なし
マニュアル英語(公式サイト)
価格$117.70
備考目立って使用者がいればその名前やコメントも追記
体験版の有無
アンインストーラーの有無

Autoformerは、アナログライクなプリアンプ、自動音量機能、優しいコンプレッサーを組み合わせたダイナミックプロセッサーです。ボーカルや楽器のパフォーマンスを微調整から色付けまで柔軟に対応。BR/US/GEプリアンプで音色を変化させ、インテリジェントボリュームライダーで細かな音量調整を実現します。

Autoformer sは、音声や楽器の録音におけるダイナミクス処理を自動化する革新的なオーディオプラグインです。

このプラグインは、特にボーカルトラックに焦点を当てており、音量の変動を自動的に検出し、適切な圧縮と音量補正を行います。Autoformerは、先進的なAI技術を利用しており、リアルタイムでのパフォーマンス分析を通じて、入力信号のダイナミクスを最適化します。これにより、ユーザーは手動での微調整に費やす時間を削減し、より自然で均一なサウンドを実現できます。

United Pluginsのちょっと裏側

United Pluginsはプラグイン制作デベロッパーとして有名なMeldaProductionの支援を受けていたということ、現在、MeldaProduction社のポートフォリオの一部になっている。

実はそうなんです!
画像

Autoformerレビュー

オートレベラーを使ってダイナミクスプラグインのかかりをよくできる

オートレベラーを使うことでプラグインのかかり方が変わってきます。特にコンプ等はボリュームの増減によってかかり方が変わるので、ある程度ボリュームを均一化できるプラグインはダイナミクスプラグインを使用するときにはかなり役立ちます。

特にベースやボーカルはしっかりと安定した音量であることが望ましいので、オートレベラーで整えることでミックスクオリティの向上にもつながります。

また、録音の段階でボーカルやベースにAutoformerをかけたサウンドをかえすことで音量差が安定し、演奏や歌唱の向上が見込めます。

各セクションをバイパスすることで特定の機能だけ使える

画像

Autoformerの一番の魅力はオートレベラーにありますが、それ以外のプリアンプやコンプもそれぞれに個性があります。Autoformerのマイクプリやコンプをだけを使いたいというシーンに合わせて、各セクションにはバイパススイッチがあり必要なセクションだけ使用できます。

Autoformerは音量コントロール、それ以外のダイナミクスは違うプラグインに担当させたいというときにはかなり便利です。

程よい味付けのあるアナログプリアンプで存在感をアップさせる!

Autoformerには3つのマイクプリエミュレーションが搭載されています。

プラグインのマイクプリはその効果をわかりやすくするためにかなり大げさな音の変化になっているものが多いですが、Autoformerはその音の変化に少なさに踊ろく人もいるかもしれません。「もうちょっと変わってもいいと思うんだけど」という人もいるかもしれませんが、自然なサウンド変化として見るならばかなり質の高いPreampかもしれません。

またMojoというパラメーターで得られる僅かなドライブサウンドは好みの分かれるところですが、この僅かな変化が逆に味にもなります。ちなみにMojoとは

モジョ ブードゥー教における呪術。 金運やギャンブル運、女性運を向上させるためのもので、転じて魔法や魔術、麻薬、ドラッグなどの虜になるという意味のスラング(俗語)としても使用されている。

という意味らしいですが、「パワー」的な意味で使われることが多いみたいです。

Autoformerを使うデメリット

ボリュームを書き出してくれない

おそらく多くの人が「ボリュームのオートメーションを書き出してくれたら完璧だったのに」と思う人は多いでしょう。しかし残念ながらwavesのようにオートメーションで書き出しくれません。

しかし、Vocal riderも決して万能なオートレベラーというわけではなく、使ってみると後々手動で修正をしなければ行けないところが多く出てきます。なので書き出せないことが大きなデメリットとはいいにくいようにも思います。

コンプのパラメーターが表示に少し戸惑うかもしれない

また先に説明もしましたがコンプのパラメーターは一般的な表示ではないので少し戸惑う人は多いです。

またコンプの設定ではかなり耳障りなデジタルノイズ的な音割れをしてしまうときがあるので少し注意が必要かもしれません。

waves Vocal riderとの違いについて

両者の違いは次のようになります。

Autoformer
Vocal rider
  • 3種類のアナログ回路をエミュレーションしたプリアンプ
  • 色付けなしの高品位コンプ搭載
  • 必要に応じて自動的にボリュームを調整
  • 楽曲に合わせて自動でボリュームを調整後オートメーションに書き出せる

ボリューム調整とその調整をオートメーションで書き出すだけがVocal riderも

オートメーションの書き出し機能はないものの、アナログ回路のマイクプリエミュレーションや味付けのないコンプ、そしてオートレベラーという機能でトラックのダイナミクスをカラフルにコントロールするのがAutoformerです。

Autoformerの使い方のコツ

基本的には生楽器に使うと良い結果を生む

オートレベラーはボリュームの差が大きいトラックに使うことで最大限の効果が発揮します。逆を言えば、ソフト音源のようにボリュームにそこまでばらつきが少ないトラックだとあまり効果はないということです。

ただ、ソフト音源全部が使えないかというとそうではありません。ゲース音源などはフレットポジションによって音量が変わることもあります。そういうときにはAutoformerは機能的に動いてくれます。

また個人的にはストリングスなどにも使います。ストリングスはコンプをかければ思っていたように音にならずに埋もれてしまうこともあります。そういうときはオートレベラーとコンプを機能を使うことで埋もれなくいストリングパートをつくることができます。

Autoformer動画デモ

では具体的にどういうサウンドになるかを聴いてみたいと思います。

最初はかけていない状態で二回目からかけた状態。そして3回目はSeerというノブを調整した状態です。Seerというノブではおそらくトランジェントを付け足しているように思います。

音量差を激しくしましたが、かなりまとめてくれます。オートレベラーなので細かい調整はできませんが、サウンドとして満足のいくレベリングのように思います。

またドラム用のプリセットもあります。ちなみにハイハットにかけてみると次のようになります。

他にもプリセットがあります。トランジェントをしっかり捉えてオートレベラーがかかる感じがあるので、音の抑揚をコントロールしつつ音量の均一化を図れます。

画像

Autoformerの特徴

Autoformerとは次の3点で作られたプラグインです。

  • マイクプリアンプ機能
  • コンプッサー
  • レベラー
画像

プリアンプ機能はBR(ブリテッシュサウンド) US(アメリカンサウンド)/ GE(ドイツチューブコンソールサウンド)の3つから出来ています。おそらくBRはNEVE系、USはtrident audio GEはV76かと思われます。

画像

コンプは通常のパラメーターと表記が違うので少し戸惑いますが、うまく設定すれば気持ちのよいコンプレッション感が得られます。

  • 表記はGainがインプットゲイン
  • Squash スレッショルド
  • Timeはアタックタイム
  • Ratioはそのままのレシオ
  • Mixはパラレルミックス

です。Squashはわかりにくいですが意味が「押しつぶす」という意味なのでスレッショルドで間違いないと思います。

画像

Autoformer CPU負荷

もともと、ボリュームを調整するだけのシンプルなプラグインなのでCPU負荷はゼロに等しいといっても過言ではありません。

画像
CPU計測環境

パソコン  Macmini2018

CPU  Corei7(i7-8700B)6コア HT使用時12コア 3.2GHz/ターボブースト(TB)使用時4.6GHz

メモリ 32GB

システム OS10.15.7 Catalina

Audio/IF APOGEE Symphony Ensemble

バッファー 256

DAW   LogicPro10.6.3

48kHz/24bit

再生ストレージ HDD

オーソライズ方法はシリアル入力タイプですが、Plugin Boutique等で購入した際に発行されるシリアルナンバーをUnited Pluginのサイトで認証させる必要があります。

Autoformer オーソライズ方法について

Sign In画面でCreate new accountを選択するとメールが送られてきます。

画像
画像

Log inができたらMy AccountからReed licence keyを選択し、発行されたシリアルナンバーを入力します。

画像

無事に登録できればMy licenceにAutoformerが明記されているので、Download licenceをクリックしオーソライズキーをDownloadします。

デフォルトで立ち上げた状態ではトライアルモード(15日間使用可能)になります。左上のActivateボタンを押すことでlicenceManager画面に変わります。

画像
画像

サイトに登録できていれば、オンラインアクティベーションでも可能とは思いますが、私はライセンスキーでしかオーソライズしたことないので、Manual方式で説明させていただきます。

先程のライセンスキーをManual activationにドラッグアンドドロップすれば、無事にオーソライズ完了です。

まとめ

マイクプリアンプ機能もコンプ機能も使いやすいサウンドではあると思います(コンプは少し注意が必要ですが)それでも、やはりオートレベラーは本当に便利です。コンプサウンドではない音量の均一化は非常にナチュラルなので、圧縮による音質変化を嫌う人には試してみる価値はあると思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

タップできる目次