どうもUGです。

DTMをするうえで私が大切にしているのは

液晶画面の配置。

つまり液晶の高さです。

いろんなDTMの機材配置の写真を見ることがあるのですが、

ここにこだわっている人が少ないように思います。

配置を適正にしてやることで肩こりや眼精疲労などの軽減にもなるので

楽しくDTMをするためにも配置方法を考えていきましょう。

大切なのは目の高さより下

 

この絵の液晶はそれほど大きくないのでいいのですが、

最近は大きな液晶を使っている人も多く

そうなると液晶の位置がが目の高さより上に来ることがあります。

大きいが画面は作業もしやすい反面、眼精疲労や肩こりの原因にもなります。

眼精疲労や肩こりはDTMにとって大敵です。

ここを回避しなければDTMライフは楽しいものでなくなります。

小さい画面でもたまーに液晶の下にキーボード収納スペース的な

役割を持つスペーサー的なものを入れている人がいますが、

絶対辞めましょう。

スポンサードリンク

私が工夫した液晶配置

地味な環境ですw

鍵盤は普通のキーボード・スタンドで奥に

ルミナスラック等で作ったモニターと液晶用の棚を作っています。

ちなみに液晶サイズは27インチです。

これを鍵盤とモニタースピカーと同じ位置にすると

液晶画面を見上げる形になってしまうので、

対策としてルミナスラック等を使ってモニタースピカーより液晶の位置を

8cmほど低くしています。

液晶画面の一番上の部分が目の高さになるようにしています。

こうすることで少し覗き込むくらい角度になることで

首と肩の負担を少なくしています。

オススメ!ウルトラワイド液晶

と言っても大きい画面はやっぱり作業がしやすいので少しでも大きい画面を

欲しくなるのは当然だと思います。

最近流行っている液晶画面にこういった横長の液晶があります。

[amazonjs asin=”B01C5KVIZI” locale=”JP” title=”LG モニター ディスプレイ 29UM58-P 29インチ/21:9 ウルトラワイド/IPS 非光沢/HDMI×2″]

一番大きいのだと34インチというのもありますが、29インチくらいが使いやすいと思います。

私も今の液晶の次はこの横長タイプにしようと思っています。

DTMをするにも横画面が長いのは見やすくて良いと思います。

スポンサードリンク

披露を感じたら休憩および整体などでリフレッシュ

披露を蓄積させてまでやってはいけません。

大事なのはDTMを長く楽しくするのが目的です。

どうしても疲労がとれない場合は整体等へ行きましょう。

さいごに

見栄えの配置より効率的な配置を

作編曲を披露なく続けることがDTMerにとっては重要です。

音源やパソコンにお金をかけるのも大事ですが、

DTMライフが少しでもストレスなく続けられる仕組みを

作るのも大切ではないでしょうか?