どうもUGです。

DTM打ち込みギターの音を作るとき

アンプシミュレーターで音を作ることが多いと思います。

 

しかし、アンプシミュレーター単体で作った音を聴いたときはかっこいいけど

楽曲に入れると「悪くないけど良くもない」

こんな煮え切らない経験をしている人多いと思います。

 

アンプシミュレーターは音作りの要!と思いこんでいる人がいると思いますが

それ、間違っています。

 

今回の記事を読むことでアンプシミュの正しい使い方について

理解することができます。

 

結論はギターの音作りに大事なのは

アンプシミュではなくギターサウンド自体にこだわるということが大切です。

ギターサウンドにこだわらずに

アンプシミュで音をつくるのはある意味本末転倒です。

 

それでは、dtmでギターの音作りアンプシミュレーターより大切なこと

詳しく見ていきたいと思います。


スポンサードリンク

アンプシミュの種類

有名なところは

IKmultimedeiaのAmplitube4

Positive GridのBias Amp

wavesのPRS SuperModels

などがあります。

これら以外にも無数のアンプシミュがあって

どのメーカーもそれぞれの特色があるので

使いやすいものを選ぶのよいですが。

ひとつだけ言えるのはIRレスポンスが入っているかどうかで

音質がかなり変わってきます。

キャビネットIRレスポンスとは

キャビネットから出たパルスを録音することで

本物のキャビネットの音を再現できます。

 

空気感を震わした

本物のキャビネットの音を使うか

デジタル処理で再現を試みたキャビネットの音を使うか

 

用途にもよりますが、やはりIRキャビネットの方が圧倒的に

リアルな音になります。

上記のアンプシミュでいうと

Amplitube4はIR非搭載

Bias ampはIR搭載となります。

 

どのギターにどんなアンプシミュを通すか?

強烈な歪がほしいからメサブギーのアンプシミュを通すという考えの前に!

まず手持ちのギターとそのギターが得意とするサウンドの

傾向を知っておく必要があります。

 

ストラト、テレキャス、レスポール、PRS、etc

いろいろとありますが、大きく分けると

シングルコイルピックアップかハムバッカーピックアップかのどちらかです。

音の役割は

 

シングルピックアップの方が音がシャープで軽い音になり

ハムバッカーは太く重い音になります。

 

ポップスのクリーンカッティングの場合はハムよりシングルの方が

あっています。もちろんハムでカッティングをしてはいけないという

話ではないですが、ハムだと重くなりすぎて曲に合わないことも

あります。

逆に歪ませたい場合はハムの方が圧倒的にキレイに歪みます。

ハムバッカーはシングルコイルピックアップに比べ出力が高いのが理由です。

出力が高いと歪を作ろうとするインプットの量が増えることになるので

出力が高い方が歪に強い”歪ませやす”いというのが理由です

 

ギターでの音作り

ギターにはトーンコントロールというイコライザーの一種がついています。

DTM的に言うとローパスフィルター的なものです。

これとボリュームを使って音作るのもギターサウンドにとってはとても重要な話です。

「あとで、編集すればいいやん?」という話ですが、

ギターで1番最初に通る回路はこのトーンコントロールです。

ギターのポテンシャルが出る場所とも言えるので

「あとでいいや」ではなく

この部分でイメージの音の基礎を作れるようになることが大切です。

 

歪みの量について

ラウドでヘビーな歪みサウンドを求めるために

ドライブをフルテンで使いたくなる気持ちはわかりますが、

歪みをフルテンで使ってはいけません。

 

フルテン使うということはいわばコンプレッサーでめちゃめちゃ

潰している状態に近いため

ピッキングのニュアンスを出すことはできなくなります。

 

このピッキングのニュアンスというのが結構重要です。

 

ピッキングの音というのは基本高音域つよくもったサウンドなので

ギターサウンドのぬけの部分に相当します。

 

ドラムでいうところの「バチ!」というビーターが当たる音を

きちんとなさないとKICKのサウンドとして感じにくいのと同じです。

 

ラウドなギターサウンドはコンパクトエフェクターを介しながら

強く弾いたときに強く歪むそれ以外はきちんとピッキングのニュアンスを

出せるようになっていなければいけません。

 

ダブルギターサウンド

一本のギターで同じフレーズを二回弾き、それを

左右にふることでギターの壁を作るテクニックの一つですが、

アンプシミュではこれを簡単に作ることができたりしますが、

轟音の壁をつくるのかそれともステレオワイドにギターを聞かせたいのかで

ダブルの作り方は意味が変わってきます。

轟音の壁はそれこそ文字通りそこにギター以外は存在しないくらいの

壁サウンドを作ることになりますが、

ステレオワイドとなると、ダブリングよりリバーブとディレイ、コーラスといった

空間処理を目的とした音作りが必要になります。

スポンサードリンク

さいごに

[DTM]ギターの音作り間違いやすいアンプシミュレーターの使い方

いかがでしたか?

大切なのは用途にあった使い方。

ストラトを歪ませるならストラトサウンドを活かしきれる歪みをするのが

その楽器のポテンシャルを発揮できます。

 

もちろん予想もできないアグレッシブな使い方をするのも

悪いことではないですが、大切なのは作ったサウンドの意図が

聴いてくれるオーディエンスに伝わるかどうかが

1番重要なので、

「歪みスキー」になりすぎて

聴いてくれる人が不快な気持ちにならないサウンドをつくれるようになりましょう。