どうもUGです。

今回は「Logicproのアンプシミュに◯◯を組み合わせるとヤバイ歪みが作れる!」について

お話します。

 

現在StudioOneから浮気中ですが、

Logic pro4.1.2いいですね。

起動も速いですし、落ちることもほぼない。

そしてARAにも対応したことでメロダインの流し込みも必要なくなり

快適そのものです。

 

さて今回の話はLogic Proのギターアンプシミュレーターについてです。

Logicに概ね満足していますが、

アンプシミュだけはいただけません。

何というか非常にデジタルチックな印象で

もっと「荒々しい感じになってくれればいいのに」と思っていました。

 

しかしとあるものを通すことで今のギターアンプシミュの能力を

2倍!いや5倍近くまで引き上げることができます。

 

それは何か?

 

Boogexというフリーのアンプシミュレーターです。

 

これとLogicのアンプシミュを使って音作りをしていきます。


スポンサードリンク

Boogexとは

無料アナライザーで有名なVOXENGOが作っているギターアンプシミュレーターです。

 

Boogexの最大の特徴はキャビネットシミュレーターにIRを搭載しているということ

IRというのは本物のキャビネットにマイクを立てそのキャビネットの鳴り方や響きを

録音したもので、IRがあるかないかでギターアンプシミュの音は全然違ってきます。

IRを搭載しているフリーのキャビネットシミュはいくつかありますが、

私はVoxengoが好きなのでこれを試してみました。

 

Boogexの使い方

操作できるのはPreEQとAmpと書かれた2つのノブと

Cabinet Simと書かれたIR部と

Rverbとなります。

 

アンプシミュレーターでもあるのでTYPE2と書かれてるボタンと

BROKERと書かれているボタンでアンプを選ぶみたいですが、

イマイチよくわからない名前がでてきます。

ここでは2つともオフにしておきます。

 

そしてメインで使うのはPre EQとCabinet Simだけです。

(リバーブも使ってもいいですがとりあえず今はその2つです)

PreEQはMidが非常にいかにもMIDと言わんばかりの膨らみ方をして

私は好きです。

ちなみにCabinet SImでは自分のIRを取り込むこともできるみたいです。

ではBoogexの搭載前と搭載後を比較してみます。

プリセットのMesa Boogietoと思われるアンプを選び

エフェクターもオーバードライブ系を入れます。

次にLogicのAmpSImでキャビネットをオフにします。

1番下のDirectを選ぶことでアンプだけの音になります。

つぎにBoogexを入れます。

これで

歪みエフェクター→アンプ(logic)→キャビネット(Boogex)という流れができました。

こちらの方が空気の密度がましているのがよくわかります。

ここからコンプやEQなどえの音を整えるとさらによくなります。

スポンサードリンク

さいごに

Logicproのアンプシミュに◯◯を組み合わせるとヤバイ歪みが作れる!

いかがでしたか?

 

IRで何を選ぶかで音はずいぶん変わってきますが、

やはりギターアンプの音作りに大切なのはIRだと思っています。

 

無料のプラグインは「ひょっとしたら開発が止まるかも?」という不安と思う人もいるのではないでしょうか?

でもVoxengoならそのあたりの心配はないように思います。

 

DAW付属のギターアンプがIRでなく

満足がいかないサウンドの場合は

試してみるといいですよ。