Logicアンプシミュで作るギターサウンドを5倍良くなる方法

DAW付属のアンプシミュでギターサウンドを作ると「なんかイマイチな感じがする」ということに困っていませんか?特にLogicProXのアンプシミュは好き嫌いがかなりはっきり分かれるサウンドです。

「もうちょっとだけリアルにしたい!」という人は、LogicProXのアンプシミュにBoogexとういプラグインをプラスすることで音が格段に良くなります。

今日はBoogexの使い方と効果についてお話します。この記事ではLogicProXをメインにお話していますが、他のDAWでも使えるので参考にしてみてください。

アンプシミュの音作りで大切なこと

それは空気感です。この空気感をいかにうまく再現できるかがアンプシミュのクオリティと言っても過言ではありません。その空気感を作るのがアンプシミュでいうところの「キャビネット」です。このキャビネットのサウンドがリアルなアンプサウンドらしさに繋がります。

専用のアンプシミュはこの空気感の再現に非常に拘っているといえますが、付属のDAWのアンプシミュではそこがネックになっていることが多いので、その部分を改善するのが重要になります。

Boogexとは

無料アナライザーで有名なVOXENGOが作っているギターアンプシミュレーターです。Boogexの最大の特徴はキャビネットシミュレーターにIRを搭載しているということ

IRとは

IR(インパルスレスポンス)とは本物のキャビネットにマイクを立てそのキャビネットの鳴り方や響きを録音したもので、IRがあるかないかでギターアンプシミュの音は全然違ってきます。

IRを搭載しているフリーのキャビネットシミュはいくつかありますが、私はVoxengoが好きなのでこれを試してみました。

Boogexの使い方

操作できるのはPreEQとAmpと書かれた2つのノブとCabinet Simと書かれたIR部とRverbとなります。アンプシミュレーターでもあるのでTYPE2と書かれてるボタンとBROKERと書かれているボタンでアンプを選ぶみたいですが、イマイチよくわからない名前がでてきます。

ここでは2つともオフにしておきます。

そしてメインで使うのはPre EQとCabinet Simだけです。(リバーブも使ってもいいですがとりあえず今はその2つです)PreEQはMidが非常にいかにもMIDと言わんばかりの膨らみ方をして私は好きです。

ちなみにCabinet SImでは自分のIRを取り込むこともできるみたいです。

ではBoogexの搭載前と搭載後を比較してみます。プリセットのMesa Boogietoと思われるアンプを選びエフェクターもオーバードライブ系を入れます。

次にLogicのAmpSImでキャビネットをオフにします。

1番下のDirectを選ぶことでアンプだけの音になります。つぎにBoogexを入れます。これで歪みエフェクター→アンプ(logic)→キャビネット(Boogex)という流れができました。

こちらの方が空気の密度がましているのがよくわかります。ここからコンプやEQなどえの音を整えるとさらによくなります。

アンプシミュレーターで音を作るときの注意点

深く歪んだ音はかっこいいですが、歪みすぎると音の輪郭が弱くなり、抜けが悪くなります。せっかく作り込んだ音が曲の中で存在感がなくなってしまうなんて悲しいですよね。そうならないためには歪ませる量がポイントです。「でもおもいっきり歪ませたい!」という人はいると思います。そこで使えるテクニックは、何もかかっていないギターとアンプシミュを使ったトラックをそれぞれ用意するパラレルトラックのやり方がおすすめです。

アンプシミュで音作りをするときに気をつけたいポイントについて以下の記事でも詳しく書いていますので、参考にしてみてください。

[DTM]ギターの音作り初心者が間違いやすいアンプシミュの使い方

内蔵のアンプシミュでは納得できるギターサウンドが作れない場合

私が最近気にっているのは、BIAS FXというギターアンプシミュレーターです。しかしただのシミュレーターではなく、名機と呼ばれるコンパクトエフェクターも大量に搭載し、おまけにギター自体を変えてしまうギターmatch機能を搭載しています。これはレスポールを弾いているけどやっぱりストラトがほしいといったときにギターを持ち変えることなくボタン1つでストラトの音を呼びだせる機能です。

これは生のギターに限らず打ち込みのギターでも変更できるので言ってしまえば「よいギター音源」を1つもってBIAS FX2でいくらもでギターの種類を増やせるわけです。このギターmatch機能はBIAS FX2のタイプによってmatchできるギターの数が違います。

created by Rinker
Positive Grid
¥7,700 (2020/07/12 00:11:48時点 Amazon調べ-詳細)
  • Guitar Match – Standard 機能(2 ギターまで)
  • Guitar Match – Professional 機能 (6 ギターまで)
created by Rinker
Positive Grid
¥22,000 (2020/07/12 00:11:50時点 Amazon調べ-詳細)
  • Guitar Match – Elite 機能 (18 ギターまで)

詳しくはこちらの記事が参考になります。

BiasFX2のGuitar Matchはソフトギター音源にも使えるか試してみた BiasFX2のGuitar match機能とVariaxモデリングを比較してみた

BIAS FX2とBIAS AMP2の違い

BIAS FX2はエフェクターとアンプを使うだけに対して、AMP2はアンプのカスタマイズが可能です。真空管やコンデンサーなど完全フルオーダーメイドのギターアンプを作ることができます。

created by Rinker
Positive Grid
¥14,300 (2020/07/11 22:30:12時点 Amazon調べ-詳細)

さいごに

IRで何を選ぶかで音はずいぶん変わってきますが、やはりギターアンプの音作りに大切なのはIRだと思っています。無料のプラグインは「ひょっとしたら開発が止まるかも?」という不安と思う人もいるのではないでしょうか?でもVoxengoならそのあたりの心配はないように思います。

DAW付属のギターアンプがIRでなく満足がいかないサウンドの場合は試してみるといいですよ。