Logic Pro X音源のインストール時に必ずしておきたいこと

LogicProXをデフォルトの設定で立ち上げでプロエジェクトを作ると最悪SSDが壊れる可能性があります。今日はその最悪の自体を回避するための方法について詳しく説明したいと思います。

LogicProX購入方法

この記事ではLogicProXの購入方法からインストールまでの流れについて説明しています。

LogicProXの購入方法は現在APP Storeのみとなっています。

APP StoreとはDockの内に表示されている。またはDock内の左が二番目のLunchPadの1ページ目にあります。

購入方法はApp Storeアプリを起動後「見つける」の中にLogicProXがるので購入ボタンをクリックするか、検索ウィンドウに「LogicProX」と入力すれば出てきます。

トップ有料Appとゲームというところに表示されているはずです。私の場合はすでに購入している画面なのでアップデートという画面と表示されています。

あとは購入に必要な内容を入力して購入すればOKです。

インストール後はアプリケーション及び、LunchPadにて確認できます。

さて、ここからLogicProXで使うマルチ音源や拡張音源等をインストールしていきます。

LogicPro音源のインストール方法

Logic ProXはApp Storeで購入→ダウンロードし→インストールしただけでは全ての音源が使える状態ではありません。すべてをインストールするには

メニュー→サウンドライブラリ→利用できるすべてのサウンドをダウンロードを選択することでAppleから提供されるすべてのLogicProXのコンテンツが手に入ります。

その合計容量は80GBを超えます。近年のMACはシステムディスクがマザーボード直付のSSDにインストールされています。容量の小さいSSDの場合は80GBを入れるのには躊躇してしまうサイズですよね。そこで、「サウンドライブラリの場所を変更」することで外付けのストレージにLogicProXコンテンツを逃がすことが可能です。

ただし今のところインストール前に外付けストレージを選ぶことはできず、インストールしたコンテンツを移動するだけしかできません。

近年のSSDは寿命が伸びたとは言え、最初からコンテンツのインストール先を変更できれば不必要な80GBというデータをシステムSSDに書き込まなくてもいいのにと思うのは私だけではないと思います。

LogicProXのデフォルト状態での保存先

なぜデフォルトの設定が問題なのか?それは「SSDに必要以上の負荷をかけることになる」です。SSDに負担をかけるということは仮MacMini2018やImac2019のようにSSDがマザーボード直付けの場合、そのSSDが壊れたら最悪のところmacが立ち上がらなくなってしまいます。

LogicProXはプロジェクトを立ち上げて「保存」するときになって初めて「どこに保存するか」を聞いてきます。しかし、プロジェクトは立ち上がっていて、ギターやボーカルをレコーディングすることができます。保存先が決まっていない状態でギターやボーカルはどこに保存されていると思いますか?

答えは「OSがインストールされているシステムディスク」です。「Macintosh HD」と書かれているのがそうです。さてこれなにがマズイなのかというと最近のOSはマザーボードに直接つけられたSSDにインストールされています。

最近のSSDは一昔前より壊れにくくなったとはいえ、不要なデータの書き込みを続けているとあるときいきなり壊れます。そしてマザーボードに直接つけられているSSDは壊れたら交換はできません。マシンを買い替える事を検討しなければ行けなくなります。

LogicProXのプロジェクトフォルダはどこにあるのか?

LogicProXのプロジェクトをデフォルトで保存される場所はMacintosh HD→ユーザー→ログイン名前のホーム→ミュージック→LogicProX最後のLogicフォルダの中がプロジェクト保存場所になります。

ユーザーフォルダの出し方はFinderの移動からコンピューターを選べばMacintosh HDが表示されるのでそのまま上記を階層を辿れば見つけれられます。

プロジェクトを保存する時初めて「どこに保存するのか」聞かれるわけですが、これは言い換えると「デフォルトの保存先に保存していいの?それとも変更する?」という事を聞かれていることになります。

ここで新規の場所を保存先に選ぶとデフォルトの場所に保存されていたオーディオデータが新規のストレージのLogicProXプロジェクト保存フォルダにコピーされることになります。

デフォルトのLogicの保存先を変更する方法

方法はエイリアスを作ってしまうことです。詳しく見ていきましょう。

ミュージックフォルダのLOGICフォルダのエイリアスを作り元のフォルダを意図とするストレージ(外部ストレージとか)にコピーします。あとは元のLogicフォルダを消去してエイリアスだけを残します。この時注意したいのは「エイリアス」という文字は決してください。残っているとLOGICは新規のフォルダを再びユーザーミュージックフォルダに作ってしまいます。

こうすることLogicを立ち上げたときにデフォルトの場所がシステムディスクから外部ストレージに変更されるのでオーディオレコーディングをしてもシステムのストレージには書き込まれることはなくなります。

めんどくさい人は…

そういうことが苦手だったりめんどくさい人はLogicProXを立ち上げてすぐに保存をすればどこに保存するか聞かれるのでそこを設定してやれば大丈夫です。

ただパッとギターのリフが思いついた!良いメロディが思い浮かんだ!みたいなスピード勝負みたいなときにはそういう手間を邪魔だと思ってしまうこともあると思うので最初から変更されいてる方が安心だと思います。

さいごに

誰も教えてくれないDTM初心者必須のLOGICプロジェクトフォルダ設定どうでしたか?

今回の情報はこの私のつぶやきに対して

TAC@3月よりDTMセミナー始めます

に教えていただきました。本当にありがとうございます。LogicProXを使っている人はこの設定しておくことを強くオススメします。今のところ私のところでは問題はないのですが、一応デフォルトで決まっている事を変更する作業なので

最終的には自己責任でお願いしますね