どうもUGです。

LOGICを立ち上げるとテンプレートを選ぶか自分設定したテンプレートを選ぶことでLOGICが本格的に立ち上がります。

しかし、この時、実は結構怖いことになっている事を知っている人は少ないです。

そしてその怖い事とは「SSDに必要以上の負荷をかけることになる」ということです。

本来なら初期設定で変更できればいいのですが、今のところそれはできないです。

 

実は、LOGICはプロジェクトを立ち上げて「保存」するときになって初めて

「どこに保存するか」を聞いてきます。

しかし、プロジェクトは立ち上がっていて、ギターやボーカルをレコーディングすることができます。

さて保存先が決まっていない状態でギターやボーカルはどこに保存されていると思いますか?

 

答えは

「システムディスク」つまりOSがインストールされているストレージです。

「Macintosh HD」と書かれているのがそうです。

 

さてこれなにがマズイなのかというと

最近はストレージはSSDで提供されることが多いです。

 

そして最新のMacではSSDはマザーボードに直接埋め込まれているので、

壊れたら交換はできません。マシンを買い替える事を検討しなければ行けなくなります。

 

最近のSSDはちょっと前のHDDより壊れにくくなったとえはいえ

不必要なデータを書き込み続ければSSDは消耗して最後は壊れる可能性が出てきます。

 

今日はそうならないような設定方法をお伝えします。












LOGICのプロジェクトフォルダはどこにあるのか?

LOGICのプロジェクトをデフォルトで保存される場所は

Macintosh HD→ユーザー→ログイン名前のホーム→ミュージック→Logic

最後のLogicフォルダの中がプロジェクト保存場所になります。

 

ユーザーフォルダの出し方はFinderの移動からコンピューターを選べば

Macintosh HDが表示されるのでそのまま上記を階層を辿れば見つけれられます。

 

プロジェクトを保存する時初めて「どこに保存するのか」聞かれるわけですが、

これは言い換えると「デフォルトの保存先に保存していいの?それとも変更する?」という事を

聞かれていることになります。

ここで新規の場所を保存先に選ぶとデフォルトの場所に保存されていたオーディオデータが新規のストレージの

LOGICプロジェクト保存フォルダにコピーされることになります。

デフォルトのLogicの保存先を変更する方法

方法はエイリアスを作ってしまうことです。

詳しく見ていきましょう。

ミュージックフォルダのLOGICフォルダのエイリアスを作り元のフォルダを意図とするストレージ(外部ストレージとか)にコピーします。

あとは元のLogicフォルダを消去してエイリアスだけを残します。

この時注意したいのは「エイリアス」という文字は決してください。残っているとLOGICは新規のフォルダを再びユーザーミュージックフォルダに作ってしまいます。

 

こうすることLogicを立ち上げたときにデフォルトの場所がシステムディスクから外部ストレージに変更されるので

オーディオレコーディングをしてもシステムのストレージには書き込まれることはなくなります。

 

めんどくさい人は…

そういうことが苦手だったりめんどくさい人は

Logicを立ち上げてすぐに保存をすればどこに保存するか聞かれるので

そこを設定してやれば大丈夫です。

 

ただパッとギターのリフが思いついた!

良いメロディが思い浮かんだ!

 

みたいなスピード勝負みたいなときにはそういう手間を邪魔だと思ってしまうこともあると思うので

最初から変更されいてる方が安心だと思います。








さいごに

誰も教えてくれないDTM初心者必須のLOGICプロジェクトフォルダ設定

どうでしたか?

 

今回の情報はこの私のつぶやきに対して

TAC@3月よりDTMセミナー始めます

に教えていただきました。

本当にありがとうございます。

 

Logicを使っている人はこの設定しておくことを強くオススメします。

 

今のところ私のところでは問題はないのですが、

一応デフォルトで決まっている事を変更する作業なので

最終的には自己責任でお願いしますね