9割の人が知らない努力と我慢の違い「我慢」は闇の世界だった!

どうもUGです。

努力と我慢という言葉を同じ意味として使っている人いませんか?

どちらも根底には「耐え忍ぶ」という部分はありますが、

努力と我慢では耐え忍び方が異なります。

 

しかし我慢の方は実は結構闇が深いんですよ。

 

今回のお話は「行動面における我慢と努力の違い」についてお話したいと思います。

この記事で学べること

我慢と努力の違いを認識でき無駄な我慢をしなくてすむ

自分のやりたいことを明確にできる

子供の教育で「考える」ことの重要性を教えることができる

努力とは?

努力とは自分のしたいこと(行動)をするための手段(ツール)です。

「〇〇のために努力した」という表現からは目標や目的が存在ありきなのがわかります。

作曲がうまくなりたいから勉強した

進学するためにたくさん勉強した

お金を稼ぎたいからいっぱい働いた

努力は次のように考える人が多いです。

 

目標の実現のため、心身を労してつとめること。ほねをおること。

 

日本人はこういうのが大好きです。

何かを手に入れるために心身ともにクタクタになることを美徳とします。

「わからなくてもとりあえずやれ」と言われたことがある人は多いと思います。

「口を動かす前に手を動かせ」みたいな感じですね。

 

理解できない状態で必要以上に考えても最善の答えを出すことはできません。

ならば頭ではなく体に染み込ませることがもっとも努力の結果を速く導き出せる

 

今まではこれを真理とする考えがありましたが、

最近は「わけもわからずに努力だけしていればいい」という考えは

注目されない傾向にあります。

「何が必要で何がいらないか」をきちんと極めより

確実性のある努力をすることの重要性が問われています。

 

わからないなりに考えること「頭をつかう」という

癖をつけることが大切になっている

つまり頭を使える=問題を解決できる能力がある。という感じですね。

 

闇雲な努力は時間を浪費するだけです。

 

では、次に我慢の意味を見てみます。

ちょっと衝撃ですw

我慢とは?

辛い事を耐え忍ぶこと。という考え方一般的です。

目標達成のために歯を食いしばって進むこと

 

それを努力というのでは?

 

努力が行動に向けての進むためのツールとするならば

我慢は行動に向けて停滞するためのツールです。

ほしいカバンがあるけど買わない

ケーキが食べたいけど食べない

ほしいプラグインを買いたいけど買わない

上記の内容に明確な目的があれば我慢は努力に変換できます。

STEP.1

ほしいカバンがある。

STEP.2

でも今は買わない(買えない)

STEP.3

なぜならお金がないだから、

STEP.4

だから頑張って稼ごう。出費を減らそう

STEP.5

そしてそれを持つことで得られる満足感を手に入れたい

 

STEP.1

ケーキが食べたい、

STEP.2

でも痩せたい。

STEP.3

なぜならきれいなスタイルを持ってかわいい水着を着たい

STEP.4

そして夏にきれいなスタイルでケーキを食べる

STEP.5

そのためには運動だー

 

STEP.1

ほしいプラグインんを買いたい 

STEP.2

でも買わない

STEP.3

なぜなら今あるもので十分のはず

STEP.4

もっと使いこなして必要になったら買おう

STEP.5

そうすれば無駄な出費をしなくてすむ、浮いた時間とお金を勉強に投資しよう 

 

こんな感じですね。

〇〇をしたいという目的をとめた瞬間は我慢ですが、そのあとに目的があり

我慢を努力に変換しています。

 

我慢を行動ベースに置き換えることで健全な精神状態で目的に向かうことができます。

なぜ健全と言えるのか?というそれは「頭で考えている」からですね。

 

親がダダを捏ねる子供に「我慢しなさい」というのは

子供の行動を停滞させるためのものです。

 

このときに大切なのは子供に努力をすることの意味を考えさせることです。

当然子供はあの手この手を使ってわがままを言うと思いますが、

ここでの親は子供の言うことに対して我慢してはいけません。

目的のための行動を一緒にとるべきだと私は思います。

 

耐え忍ぶという我慢の側面だけを取り上げて

その姿に一種の精神的美徳を持ち込むことがあります。

「これは親の教育なのか「我慢してエライわね」

というところから来ているかもしれません。

 

しかし我慢する=褒められる

それを努力に置き換えてしまうと

何が起きると思いますか?

 

不満です。

 

子供の頃は良いかもしれませんが、

社会に出ると我慢の美徳はストレスでしかありません。

 

なぜなら行動の停滞を自分で作り上げているからです。

 

不満とは「なんで自分ばかり我慢しなくちゃいけないんだ」となります。

我慢ばかりしていると「なんでオレより(私より)あいつは楽してるんだ!」

と思うようになります。

 

思い当たることありませんか?

 

実は我慢にはもう一つ意味があります。

 

我慢(がまん)とは、仏教の煩悩の一つ。強い自己意識から起こす慢心のこと。

自分を高く見て他人を軽視する心

 

「なんでオレ(わたし)ばかり我慢しなきゃいけないんだ」

「あいつは楽している!」

「オレの(私のほうが)絶対上にきまっている」

だってこれだけ我慢してるんだから、

 

我慢している自分が一番エライ

 

カップルから夫婦、どこでも聴いたことがある話です

なぜ我慢するとこういう感情になってしまうのか

それは慢心から来ていたんですね。一言で言えばエゴの世界ですね。

 

現在、一般的に自分自身を抑制し、また耐えるという

「忍耐」の意味あいで用いられる

「我慢する」は、もともと「我意を張る」などという

強情な心意を介した転用で、

近世後期から言われるようになったとされています。

 

 

先にも書きましたが「我慢」という行動は停滞です。

 

子供のころに「我慢しなさい!」と言われた結果

努力する意味を自分の頭で考えない状態を長年過ごすことでどうなるか?

子供はそう言われると考えることをやめます。

考える癖をもたない子供は努力の方法がわからなくなります

 

そしてそのまま成長すると「努力と我慢」を同義語として考えてしまいます。

「こんなに努力してるのに報われない」のはそのためです。

 

我慢と努力の違いを理解できたらあとは「やりたいこと」を明確にすれば

自分の行動が努力なのか我慢なのかはすぐにわかるようになります。

 

努力には充実感が生まれます。

我慢には不満が生まれます。

 

 

「努力が報われない」と嘆いてる人

それは努力でしょうか?それとも我慢でしょうか?

 

さらに日本人は我慢を正当化するために苦痛進行という呼べるものがあると

感じる人は少ないでしょう。

 

我慢することは美徳=人間的成長

これ自体を全否定するつもりはありませんが、

これが正解だと思いこんで生きることに意味はないと思っています。

 

限らられた人生の中で「幸せ」を追いかけるならば、

いかに自分らしく生きるか?と私は思います。

 

そこに見出すのは我慢ではなく努力です。

明確な目的のための努力

これこそ私達が追いかけ続けるために必要な人生のパズルと呼べるのではないでしょうか?

 

我慢と苦労は同じ?

若い頃の苦労は買ってでもしろとよくいわれますが、

我慢=苦労と考えている限りやはり思考停止だと思います。

 

苦労から得られる経験は唯一無二の価値があります。

 

「借金1000万を背負って3年間で完済した話」

「いじめにあった僕が成功した話」

などなど、

 

問題はその苦労を本人がどう捉えているかが重要です。

 

苦労は目的があれば努力に変わりますし、

振り返ったときに「あの苦労のおかげ」と言えるのは

現状を肯定できるに至ったからです。

 

今が不幸であれば、振り返った苦労が「報われている」とは誰も思いません。

我慢で耐えているその瞬間は一種の理不尽すら感じることがありますが、

その我慢を努力に変換できるように癖続けるためにも

やはり明確な目的を掲げる必要がありそうです。

さいごに

ほとんどの人が知らない我慢という言葉の闇の世界

いかがでしたか?

 

最近知人の相談で「努力が報われない」という言葉を聴いて

調べた結果でしたが、自分にとっても衝撃でした。

努力と我慢を間違えずに使いたいもんですね。

 

コメントを残す