どうもUGです。

朝から子供のためのおもちゃラックを組み立ててヘトヘトです。

最近はアウトボードのエミュレートプラグインが好きで、

そういうのを見かけるとついういポチってしまいます。

まぁその原因はこの方

みんなだいすきゆにばすさんw

ゆにばす砲

ゆにばす破産

などなどのタグで初心者〜上級者(プロ)まで

プラグイン/音源の沼に引きずり込むことに

命をかけているのではと思うレベルの情報収集/公開の凄さは

私が説明するまでもないでしょうw

 

数あるゆにばす砲の一つ

手軽にアウトボードの質感が得られるプラグイン、Kush

Audio「OMEGA Transformer Model 458A」レビュー

というのを見てしまい。

喜んでゆにばす砲を受けました。

今日はそのプラグイン458Aについてですが、

正直なところ、ゆにばすさんがほぼ書いてしまっていますので

私なりに使ってみた結果

「これは効果的だ!」と思う使い方について書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

MODEL458A

ざっくり触りだけ

プリアンプで有名なALTECというメーカーのtubeプリアンプ458Aというモデルを

エミュレートしたものです。

このプラグインとにかくすごい。

何がすごいかって空気感の密度とトランジェント!!

音が前に出てくるのにそれと同時に奥行きが出て来る

とにかく不思議なプラグインです。

そこでこの音源を有効につかう方法はずばり

ルーム系ドラム/パーカッションの音色

一番わかり易いのはドラムのOHやルームなどのアンビエンスが含まれている音源です。

とくにOHに指した場合

きっちりとバランスさえ取れていればOHだけでも十分と思える

ドラムサウンドを作ることが可能です。

BFD3のドラムのOHで試してみましょう。

使用キットはプリセットBFD3 Heavy Metal 174bpm JM

まずはdryな状態

続いて458Aを使った場合

ちなみに458Aは次のような設定です。

シンバルの広がりと奥行き感を感じていただけると思います。

stereoImagerではない自然な広がり方ですね。

BFD3のOHの潜在能力を引き出した感じがします。

 

これをバンド系の曲で使ってみるとこんな感じになります。

まずはdry

wet

明らかにOHが抜けてきます。

シンバルの広がり方がすごいw

若干抜け過ぎな感じもあるので調整が必要ですが、

トランジッも非常に立ちますので

奥行きと同時に音が前にでてきます

続いてピアノでも試してみます。

スリーコードブルースみたいなピアノ曲

dry

wet

こちもコシを出しながら広がりを実感できます。

ピアノに使用する場合の注意

ただピアノの場合すぐに音が歪んでしまうためドラムみたいにアバウトな設定はできません。

 

歪による音作りはできなくもないですが、

「音が割れる」系の歪なのでチューブディストーションという方向の

音作りはむきません。

 

しかし…ギリギリアリな気もする歪ですw

スポンサードリンク

さいごに

ぶっちゃ何にでもかけてしまいたくなりますが、

音色によってはやはり向き不向きが有る感じもします。

やっぱりオススメはドラム・パーカッションですね!

広がりとトランジットを楽しめる

458Aは本当にオススメです。

 

ベースREDのDIをモデリングした

REDDIの記事についても書きましたので

よろしければ参考にしてください。

最強ベースの音作りができるプラグインKush-REDDI-Tube D.I