ノブを2つ回すだけでブリティッシュサウンドが手に入るSMASHERとは

コンプでの音作りは難しいです。それゆえにシンプルで効果的なコンプレッサーがあれば誰でも使いたいと思うところです。それを叶えてくれるのがSMAHSERです。音を作るノブはたった2つ。もちろんSMASHERは魔法の万能のコンプではないのですべてがこの1台で問題解決!とはいきませんが、ブリティッシュな香りのするロックサウンドを簡単に再現したいのであればSMASHERは最適です。

たったノブ2つを回すそれだけの労力で得られるコンプサウンドの音質としてはかなりクオリティの高いレベルです。

今回はArturiaの1176のエミュレーションFET-76と比較してそのブリティッシュコンプの違いについても調べてみました。

SMASHERの特徴

FETコンプレッサーの代表ともいうべき1176の「ブリティッシュモード」をエミュレートしてコンプです。ブリティッシュモードとは1176のRATIO変更の4つのボタンすべてを同時に押した状態のこと。ブリティッシュモードの呼び名の他に『all buttons mode』 とも呼びます。

操作するノブはINPUTとOUTPUTとMIXノブのみで、シンプルな操作性でとんでもないコンプサウンドを得られます。

ブリティッシュモードの使い道

その効果は気持ちのよいサチュレーションが特徴でドラムのルームなどに使うと空気感が強調され、音の密度が増し派手なサウンドにできます。ベースやギターに通してもほどよい歪みが「味のある汚れ」となり、音に太さを与えてくれます。ボーカルに使えばどんな爆音にも負けない荒々しいサウンドになると言われています。

Led Zeppelin や Beastie Boysなどのサウンドを求めるのであればこのブリティッシュコンプサウンドは避けては通れない絶対的な存在として覚えておくとよいです。

SMAHSERの倍音の出方について

使い方は人それぞれですが、ドラムバスに推奨される理由は音のまとまりが得られるのと、倍音の出方によるものです。

110Hzのサイン波A1(ラ)の音をSMASHERに以下の画像の設定で通したアナライザーの結果です。

普段はこのような極端な使い方はしないかもしれませんが、INPUTを最大にしているので倍音がでまくりです。かなり高域まで伸び最大で6.72kHzまででています。

ドラムループで聴くとこんな感じになります。最初の2小節はバイパスで次の2小節がSMASHERを通した状態です。

これはドラムミックスに通していますが、推奨するようなルームだけに通す方がスケールの大きいドラムサウンドになることがわかります。

ArturiaのFET-76との違いは?

一番の違いはオーバーサンプリングです最大で8倍まで設定できます。

またFET-76は1176を細部に渡るまでエミュレーションしているのに対してSMASHERはブリティッシュモードの再現なので使用用途は異なります。

新しい定番の予感arturiaのコンプFET76レビュー

ArturiaのFET-76ブリティッシュモードとの違い

テストの方法は先程と同じ110Hzのサイン波A1(ラ)の音をSMASHERに以下の画像の設定で通したアナライザーの結果です。

明らかに高域の伸びがすごいです。FET-76の方が音が明るく感じたのはこれが理由だったのがわかります。しかし、一方で第2倍音を含む偶数倍音はSMASHERの方がよく伸びています。偶数倍音が多いと一般的に音に温かみがありまろやかになり奇数倍音が多いと音に鋭さがでてくると言われています。

SMASHERのブリティッシュモードはFET-76と比べ偶数倍音が多いためか音がマイルドに聞こえます。それゆえにバスコンプとしての使い方が推奨されているのかもしれません。

FET-76でのドラムサウンド比較です。

CPU比較

FET-76もSMASHERも基本は負荷は高くありません。

左がFET-76で右がSMASHERです。しかしSMASHERの場合オーバーサンプリングをすると負荷が一気にあがります。

オーバーサンプリング8倍の場合

SMASHERとFET-76の値段

オープニングセールということで無償提供されていますが、本来は49ユーロ(2020年2月9日現在5,585円)です。バスミックス用のコンプとして持っておくのはありなクオリティだと思うので、欲しい人は3/11までにDLをするのがよいでしょう。

pulsar.audio

FET-76の値段は99ドル(2020年2月9日現在10,863円)です。値段の差が倍以上あるのは純粋に機能が違うからです。FET-76サウンドを使いこなしたいならばブリティッシュモードも含めてFET-76の方がおすすめです。またArturiaはデモがあるのでしっかり試してみるのもいいです。

Arturia FET-76

さいごに

バスコンプとしてだけではなくトラック用としても使えるコンプです。何より音の温かみがわかりやすいのでアナログライクなサウンドメイクにも使えると思います。ただ、SMASHERは魔法のコンプではありません。使い所をしっかり抑えて気持ちの良いブリティッシュサウンドを堪能するのが一番大切です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください