どうもUGです。

Moog ARP Prophet5 Matrix12

どれもこれもアナログ・シンセの名機ですが、

日本が世界に誇る最強のアナログ・シンセといえば

RolandのJupiter8です。

もし「アナログ・シンセで一台だけマスターするなら

何を選んだらよいか?」という質問があったら

間違いなくJupiter8をすすめます。

なぜなら、国産アナログ・シンセとして

もっとも世界で活躍し続けているシンセという点と

現代のシンセサウンドの代名詞「SuperSAW」を

作ったJP-8080はJupiter-8をベースに作られているからです。

つまりRolandの音の古きを知って新しさをする

温故知新という点についても非常に勉強しやすいのです。

 

しかし、そう簡単にJupiter8は手には入りません。

定価980,000円中古では300,000弱で取引されていますが、

店に出るなりすぐになくなってしまいます。

ですが、そのJupiter8はArutriaから

エミュレーターとしてJupiter-8Vなるものが

発売されています。

これが本当に素晴らしい出来です。

 

今日はJupiter8の魅力をArutiraのJupiter-8Vを

使って魅力などを説明してきたいと思います。


スポンサードリンク

Jpuiter-8Vの音の魅力

Jupiter-8の音の特徴は高域より中域にあります。

そのため音はマイルドな方向にあります。

この中域の音の特徴は後のローランドの音の特徴にもなります。

JP-8080のSuperSawもその傾向が強いです。

その結果がバックグランドにいながらも

最高の個性を放つSuperSawSoundにつながったのでしょう。

本家からバーチャルアナログとして復活したJP08

Rolandが最近力を入れているこのタイプの復刻音源ですが、

アナログではなくバーチャルアナログという音源です。

音を聞く限り太い感じはしていますが、

できればアナログ・シンセとして復活してほしかったように思います。

初代のJupiter8の音を再現することはできなかった

ということなのか?

このミニ音源のコンセプトはいまいち

パンチにかけるような気がするのは私だけでしょうか?

また考えられるのは

Arturiaにライセンスを許可していることと

何か関係があるのでしょうか?

どんなに考えても憶測の域は出られませんw

 

Arturia Jupiter-8V

最新のものはV3となっています。

氏家さんも太鼓判を押しているArturiaのアナログモデリング技術を惜しみなく

注ぎ込まれた最高のエミュレーターです。

音はとにかくジェントルで美しく

品格あふれるサウンドです。

シンセサウンド、ベース、リード、パッド、どれをとっても

そつなくこなし音にツヤがあります。

さて万能ポリフォニックアナログ・シンセのJupiter8ですが、

私はこのJupiter-8の最大のポイントはVCO MODULATORだと思っています。

VCO MODULATORについて

当然Jupiter-8Vにもついてます。

これは何か?という前に音を聴いてもらった方がわかりやすいです。

VCO MODULATORをいじっていない状態

VCO MODULATORでENV1をいじった(上げ得た)状態

わかります?

音の最初の方がむにゅっとした感じになっている。

アタックに癖をつけることで埋もれないブラスサウンドになります。

この機能私大好きでめっちゃ多用しますw

しかし、プリセットのブラスの中にはこれを使った音色がないのが不思議です。

VCO MODULATORで簡単にアクの強い音を作れるので

私は重宝しています。

Jupiter8のオススメ動画

MOOGにLINNDRUMそしてJupiter-8を使ってのスリラーはめちゃめちゃかっこいいです。

スポンサードリンク

レンタルできるJupiter8

実はこちらの店でレンタルできます。

一日20,000円という値段。

決して安いとは言えませんが、

どうしても実機を触ってみたいという人は

何人かでシェアして見るのも良いかもしれません。

SoundCrew-レンタルできるJupiter8

さいごに

[DTM]シンセをマスターすならArturia-Jupiter-8Vがベストな理由とは

簡単なインターフェースで作ることができるJupiter-8

その最高のエミュレーターであるArturiaのJupiter-8Vが

あれば世界が求める日本のアナログシンセの音を

手に入れることができます。

 

一台くらいこういうシンセをマスターしておくのも

悪くないと思います。

 

分厚い音からジェントルなパッド

そしてアクの強いブラスまで

守備範囲が広いサウンドを

コントロールできるDTMerはそうはいないと思うので

一つJupiter-Masterを目指してはいかがですか?