MENU

MODO DRUM音の良さや使い勝手は?サンプルドラムより音はいい?

画像アルハ

ModoDrumってあんまりレビューみないけどどんなドラム音源なんだろう?初心者でも簡単に使えるのかな?

画像UG44

かなり細かいところまで音作りできる割には操作性はシンプルだよ!

ドラム音源としてはじめて「モデリング技術」で作られたMODO DRUM。しかし、いまいち使っている人が少なく「本当に使えるの?」と疑問視している人もすくなくありません。

結論からいえば普通のドラム音源の数十倍の生のドラムを再現できる唯一無二のドラム音源と言っても過言ではありません。徹底的にドラム打ち込みを追い込みたい人にとっては使えるドラム音源です。

この記事を読むことで「自分には必要かどうか?」をしっかり見極められるので購入に悩んでいる人には最後までしっかりと読んで参考にしてください。

評価まとめ

音質
操作性
価格(セール価格)
購入のしやすさ
安定性
目次
UG
作編曲家(DTMブロガー)
作編曲家/DTMブロガー&講師 /
日本シンセサイザー協会準会員/
テレビ番組/CM、映画、よさこい、
ゲーム、などのBGM及び効果音を作成

MODODRUMとは

Ik Multimediaが世界で初めて開発したモデリングドラム音源です。キック、スネア、タム、は口径の大きさ、深さ、材質、革の貼り方、スティックの当たる場所、などを細かく設定することで「本物のドラムのニュアンスを再現」することを目的とした音源です。

シンバルやハイハットなどの金物といわれるものはサンプリングを使っているので厳密にはハイブリッド音源という言い方が正しいです。

Ik MultimediaではすでにModo Bassというベースのモデリング音源を開発していてこちらは発売以降、リアリティを求めるDTMerたちから絶大な人気を集めています。

動作(使用)環境

  • Mac (64-bits)
  • 最低: Intel® Core™ i5以降のAVX命令セット対応CPU
  • 8GB RAM (16 GB推奨)、 20GBディスク空き容量
  • macOS 10.9以降、USB空きポート (USB3.0推奨。
  • 対応プラグイン・フォーマット(64-bit): Audio Units, VST 2, VST 3, AAX。
  • MODO DRUMは、AVX命令セット対応のCPUが搭載されたMac / PCでのみご利用いただけます。
  • Windows® (64-bits)
  • M最低: Intel Core™ i5以降のAVX命令セット対応CPU、
  • 8GB RAM (16 GB推奨)、 20GBディスク空き容量、
  • Windows® 7、Windows® 8、Windows® 10、ASIO対応オーディオ・インターフェース、USB空きポート (USB3.0推奨。
  • 対応プラグイン・フォーマット(64-bit): VST 2, VST 3, AAX.

MODO DRUM M1対応状況について

MODO DRUMはバージョン1.1.2(2021年7月14に追加修正版1.1.3)をもってNative対応したことが発表されています。まだまだ多くの音源がRosetta2での対応が多い中さすが大手です。

詳しくはIK Multimedia公式サイトにて

MODO DRUM、Apple M1チップ対応アップデートを公開

MODO DRUM SEとは

画像

MODO DRUM SEはModoDrumの中からJazzyとStudioキットのみで構成された簡易番ModoDrumです。(完全は10個のドラムキットです)

価格差はMODO DRUM SEが€149ユーロ、ModoDrumが€299となっています。エディット等の機能面は同じあくまでキット数だけを絞ったのがSEになります。

MODO DRUM SEは楽天やAmazon等で購入することはできず代理店としてはbeatcloudやSonicwireでのみ購入可能です。

画像アルハ

MODO BASS にもSEってあるけれど似たような感じ?

ベース音源に革命をもたらしたと言われるMODO BASSにもSE版があります。

通常版は14のベースをモデリングしていますが、SEは60’s P-Bass + 70’s P-Bassの2つのみ

価格差はSEが€149.99通常版が€299となっています。

MODO BASSについて詳しく知りたい方はこちの記事が参考になります。

他のドラム音源との価格差について

製品名価格
MODO DRUM¥39,590
BFD3¥44,000
Addictive Drums2(Custom XL¥19,779
Steven Slate Drums 5.5¥24,200
SUPERIOR DRUMMER 3¥39,496
楽天調べ

価格だけで見ると一番高いのはBFD3ということになりますが、BFD3は頻繁に50%オフのセールをするのでこの価格で購入する必要はないと思います。(どうしても今すぐ欲しい!というのであれば別ですが…)

MODO DRUMが他のドラム音源と比べて特別安いわけではなく、むしろ高い部類のように思いますが、他では得られないエディットの精度や音の作り込みの自由度は最新のSUPERIOR DRUMMER 3であっても敵いません。

上記で紹介したドラム音源を詳しく知りたい人はこちらの記事が参考になります!

MODODRUMの特徴

MODO DRUMの総容量は11.5GBです。

キック、スネア、タム、などの太鼓類はモデリングなので容量はありませんが、金物類はすべてサンプリングなので、その部分が実容量となります。

容量
AD2ADpak 1つで700MB以上
BFD355GB(非圧縮時155GB)
Superior Drummer 3230 GB以上
SDD5 14GB(DLサイズ)
MODO DRUM11.5GB

10種類のドラム・キット

10種類のドラムキットは、ポップス系、ジャズ系、ロック系まで幅広く対応しています。

1,400種類以上のMIDIパターン

MODO DRUMのMIDIパターンはわかりやすく選択しやすいブラウザ画面になっています。

バリエーションも、INTROやChorusなどに分かれていて、すぐにそのキットのポテンシャルを確認することが可能です。

ドラムゼットを自由にカスタムエディット

MODO DRUM の音作りはカスタムエディットで行います。

複雑な音色変化が可能でありながらもGUIは非常にシンプルで初心者から上級者まで触れる設計になっています。

本格的なエディットをしたいのであればドラムの専門的な知識が求められる部分もありますが、まずはどんな変化になるのか触ってみても十分好みの音色にすることが可能です

MODO DRUMのキーマップについて

各パーツも好きな鍵盤にアサインできます。

SNARE POSITION CONTROLを使えば、モジュレーション及び好きなMIDI CCにスネアの打面位置を調節できリアルなスネアの打ち込みが可能になります。

またハイハットにも適応できるので(デフォルトはハイハットですが)オープンクローズの調整も可能です。

MODO DRUMのメリット

ここでは実際触ってみてあらためてわかったことについてお話しています。

ベタ打ちでもバラツキがあるのでリアリティがある

例えば、キックをベロシティを127にして鳴らし続けた場合でもまったく同じ音が発音することはありません。サンプル再生のドラム音源ではラウンドロビン(RR)という方法を使って同じ音が連続してならないようにするわけで。

RR4と書かれている場合は同じ音色でベロシティが同じでも4つのバリエーションがあるということになります。この方法ではRRの数だけサンプルを使用することになるのがデメリットです。

しかしMODO DRUMはモデリング音源なのでそのような心配は必要なく、無限に近いバリエーションで鳴らし続けることが可能です。

画像

ドラムの本格的な音作りを学べる

サンプル音源のドラムでも良いものはたくさんありますが、ピッチやドラムの材質まで設定できるModoDrumを使うこと本格的なドラムサウンドを覚えることができます。

ピッチ変更したことでどんな音色変化が起きるのかは公式サイトの動画ではわかりません。サンプリング音源はピッチを変更すると波形の再生速度を変えるだけなので

音質に影響がでますが、MODO DRUMはさすがモデリングだけあってピッチの変更でも音質にはまったく違和感はありません。

金物系はサンプルがだけど幅広いアーティキュレーションがある

ハイハットのアーティキュレーション(奏法の違い)は幅が広く、非常にカラフルなハイハットサウンドでグルーヴを作り出すことができます。

MODO DRUMの一番の懸念材料とも言われている金物ですが、普通に打ち込むぶんは「十分の音色量」があると言えます。

BFD3でなれていた私ですが、MODO DRUMのハイハットのアーティキュレーション困ることはほとんどありませんでした。

MODO DRUMのデメリット

チューニングが表面しか扱えない

ドラムキットの選び化は乱暴になりがちとお話しましたが、もっと乱暴なのがチューニングです。確かにドラムのチューニングはめんどくさいですし、そこまえ躍起にならなくても使えてしまう部分もありますが、1ワンク上のクオリティを目指すならばドラムのチューニングは避けて通れません。モデリングドラムの強みの一つはキットことのチューニングにあります。MODO DRUMでもチューニングは用意されています。ただ、スネアの画面に関してトップしかチューニングをできないようにしているのは操作性を簡略化するためだったのかわかりません。

スネアの音質は裏面のチューニングで決まるという話もあるので、その辺りまで言及しなかったのはIKさん的に何か意図があったのかもしれません。

画像

どちらにしてもドラムのチューニングを覚える癖をつけるのはよいことだと思います。

スネアの音は裏で決まる!?スネアの音作りスネアサイド編

特定のベロシティで発音がおかしい(AUだけのバグの可能性)

これはLogic Proで使うAUプラグインだけの可能性がありますが、特定のキックでベロシティが80〜81のみ音がおかしくなるというものです。おそらくバグの可能性が高いです。

動画の2小節目ベロシティを80と4小節目のキックのベロシティを81

1小節目は83、3小節目では79というベロシティです。明らかに「80〜81」のみ音がおかしくなります。

また他のキックでは30〜31にした状態でも同じようなバグが発生しています。

この他のキックでも起こりますし、スネアでも音が正しく再生されない場合があります。これを解決するためにはそのベロシティを使わないようにするしかありません。

これ以外にも矢印ボタンを使ってプリセットを変更しようとするとうまく行かない等のバグを確認しています。この問題は普通にタグから選択すれば問題なくプリセットを選択できますが、細かいバグは少しでも速く改善されることを望みます。

MODO DRUM CPU負荷について

  • パソコン  Macmini2018
  • CPU  Corei7i7-8700B6コア HT使用時12コア 3.2GHz/ターボブースト(TB)使用時4.6GHz
  • メモリ 32GB
  • システム OS10.14.6 Mojave
  • Audio/IF Motu896HD
  • バッファー 256
  • DAW   LogicProX10.4.8
  • 再生ストレージ HDD

上記の環境で平均50%を超え、たまに75%近くになることもあります。

画像

再生ストレージはHDDと書いてますがModoDrumのインストール先はSSDにしています。

MODO DRUMは重たいです。キットの切り替えも次のような感じで切り替わります。

一度読み込ませるとキャッシュが聴いてそれ以降は少しだけ速くなります。

BFD3などのサンプルドラムの代わりになるか?

おそらくそれはないと思っています。ただ、メモリを使わない便利な音源という点では広く使われるようになる可能性はあります。

モデリング技術はマイクでとった空気感を100%再現するわけではなくその個体そのものをモデリングして作るのに長けています。

人間はマイクによってレコーディングされたものを聞き続けてきたのでモデリングによって作られたものに関してはまだまだ「違和感を覚える」部分があるのは当然とも言えますし、その違和感の部分は人間の優れた能力の一つだと思います。

BFD3との比較記事を書いていますので参考にしてみてください

MODO DRUM 価格およびクロスグレードについて

日本の代理店ではおよそ45,000円以上

BeatCloudでは

パッケージ版が47,990円が→35,990円

「MODO DRUM for MODO BASS ユーザー向け beatcloud 特別パッケージ」としてModoBassユーザーならば23,990円が17,990円とお買い得です。

99.99ユーロ以上のIK製品を所持している人はクロスグレード価格として23,990円で購入できます。

購入はこちら↗

また、最初にお話したMODO DRUMEは17,790円となっていますが、あまりお買い得は思えません。

IkMultimediaの総合パック音源とも言われるTotal Studio 2 MAXにはModo Drumは入っていないので注意が必要ですが、Total Studio 2 MAXがクロスグレード価格が適用されるのでModoBassもModoDrumも両方ほしい人にはオススメです。個人的にはDTM初心者はKontakt 13よりIk Multimediaの方が使いやすいです。

IK Multimedia/Total Studio 2 MAX【〜11/30 期間限定特価キャンペーン】【ダウンロード版】【オンライン納品】

sampletank4とkomplete12 DTM初心者にオススメはなのはどっち?

さいごに

まとめるとMODO DRUMは

  • 容量11.5GB(キック、スネア、タム、類はモデリング、金物はサンプリング)
  • 1400種類上のMIDIパターン(パターン選択は非常にしやすい)
  • エディットは本格的!ドラムの知識があればさらにリアルな音に作り込める
  • 負荷は高い(起動に時間がかかる)
  • MODO DRUMの無料体験版および、マニュアルはない
  • パラウアウトはステレオだけでモノラルアウトはできない

DTM初心者がドラムのこともよくわからないけどなんだか良さそうな気がするから買う…という買い方はおすすめしません。

しかし、こだわり抜いたドラムサウンドにグルーヴを追求したいのであれば時間をかけてしっかり付き合うことでイメージするドラムを打ち込むことは可能です。

良いドラム音源ほど打ち込みのスキルが問われます。周りの評価で思わず購入してしまったドラム音源を最大限に発揮するためにはまずドラム打ち込みの基礎知識をしっかりと身につけましょう。ドラム打ち込みについてはこちらの記事が「基礎からあまり語られない応用的な話」までしっかりと網羅してい解説しています

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる