どうもUGです。

今回はとりあえずシリース第三弾

とりあえずこれだけは覚えたい!DTMのドラム打ち込みのお作法

について説明します。

 

ドラムの打ち込みはDTMの中でわりかし簡単です。

(凝りだすと大変なことになりますが…)

また音色差によってもっともクオリティが左右するものでもあります。

 

ドラムの打ち込みとりあえず覚えておきたいのは

パターンです。

ドラムはパターンがすべてです。

乗れる乗れないというグルーヴは無視したとしても、

パターンでジャンルが確定します。

 

では

とりあえずこれだけは覚えたい!DTMのドラム打ち込みのお作法

早速みていきましょう

スポンサードリンク

ドラム譜の読み方

これをピアノ・ロールよむとこうなります。

ざっくり分けるとこんな感じです。

 

とりあえずドラム譜の読みかたh覚えておいた方がよいです。

 

パターン

(8beatRock)

世界の90%はこのパターン(言いすぎかな?)

わからなければこのパターンでOK

(16beatFunk)

ポイントはハイハットとKICKによる16分音符で作られている

16beatということ、ハイハットだけだと実は16beatとしての効果は弱い。

8beat4つうちDance)

ダンスものの定番ハイハットのオープンで裏拍を強調。

基本は8Beatと解釈できる

シャッフル(三連)

ロカビリー系

往年のアメリカン・ポップスもこのパターンが多い

スゥイング

シャッフルをより大きくした感じ。

ジャズなどに多い。

 

こんな感であとは細かくなったり、リズムがよりはねたりする

ものがありますが、大体このあたりのパターンはとりあえず

覚えておきましょう。

 

ポイントはどの位置でどの音パーツが鳴っているかです。

すべてに言えるのが2拍4拍の位置にSD(スネア)が

なっていること

これでビートとして裏拍(1.3を表として)を強調しているのが

わかります。

 

もっと細かくみたときに裏拍に何がなっているか?で

その強調具合がわかります。

スポンサードリンク

 

さいごに

とりあえずこれだけは覚えたい!DTMのドラム打ち込みのお作法

いかがでしたか?

 

パターンさえ覚えてしまえばどうにもなります。

乱暴な言い方ですが、

ドラムはパターンが命です。

 

ドラムパターンさえ押さえればあとはグルーヴを追求した打ち込みなります。

そこはまたおいおい追記していきます。