とりあえずこれだけは覚えたい!DTMのドラム打ち込みのお作法

どうもUGです。

今回はとりあえずシリース第三弾

とりあえずこれだけは覚えたい!DTMのドラム打ち込みのお作法

について説明します。

 

ドラムの打ち込みはDTMの中でわりかし簡単です。

(凝りだすと大変なことになりますが…)

また音色差によってもっともクオリティが左右するものでもあります。

 

ドラムの打ち込みとりあえず覚えておきたいのは

パターンです。

ドラムはパターンがすべてです。

乗れる乗れないというグルーヴは無視したとしても、

パターンでジャンルが確定します。

 

では

とりあえずこれだけは覚えたい!DTMのドラム打ち込みのお作法

早速みていきましょう

作曲ドラムわからないとは?

この場合何がわからないか自分なりにピックアップしてみることです。

例えばドラム譜の読み方がわからないのか

ドラムパターンがわからないのか

リアルに打ち込み方法がわからないのか

どんな音色を選んでいいかわからない

 

このように「自分が今わかっていないことを明確にする」ことが大切です。

そして、一つずつ確実に覚えていく

いきなり全部覚えようとしても無理です

 

そもそもわかっていない時は集中力が続きません。

だから一つ一つ覚えていくことで大切なんです。

dtmドラム打ち込み基本

まずはこれだけは覚えておいた方がいいです。

これは基本生ドラム譜の読み方で、鍵盤のアサインはGMという規格にのっとってアサインされています。

メーカーによっては独自の並べ方をしているところもありますが、

ドラムの鍵盤アサインはほぼGM配列になっています

BFD3のように独自のアサインされているメーカーのドラム音源であっても

設定でGMに変更することはできます。

 

ドラムをピアノ・ロールよむとこうなります。

ざっくり分けるとこんな感じです。

とりあえずドラム譜の読みかたは覚えておいた方がよいです。

ドラム 打ち込み パターン

一般的なドラムパターンですが、これがパターンの基礎的な部分になります。

これさえ覚えてしまえば後はリズムの位置をズラ応用になります。

そしてこれらを覚えてしまえば好きな曲を聴いていても

「あ!あのパターンだ」と感じることができるようになります。

大切なのは「感じる」ことができるのは自分の中で咀嚼(理解)出来始めているからです。

もし、そう感じることが出来たのならば「レベル上がってんじゃない?」と自分を褒めてあげてくださいw

(8beatRock)

世界の90%はこのパターン(言いすぎかな?)

わからなければこのパターンでOK

(16beatFunk)

ポイントはハイハットとKICKによる16分音符で作られている

16beatということ、ハイハットだけだと実は16beatとしての効果は弱い。

2拍目と4拍目は普通ならハイハットとスネアは同時に叩かない。

なぜなら16beatのハイハットは両腕で叩いているから、

たまにテンポが遅い曲だと片手で16beatのハイハットを叩ける人がいるけど

まぁ、普通は両腕で叩くので、2と4はハイハットはなしが普通。

2と4以外でスネアを入れる場合はとにかくベロシティは弱く(ゴースト・ノート)で打ち込むことが大切。

ならならば、2と4のアクセントありきのゴースト・ノートだから、

ゴースト・ノートが2と4のスネアと同じ強さならどこがアクセントかわからなくなる・

8beat4つうちDance)

ダンスものの定番ハイハットのオープンで裏拍を強調。

基本は8Beatと解釈できる

シャッフル(三連)

ロカビリー系

往年のアメリカン・ポップスもこのパターンが多い

スゥイング

シャッフルをより大きくした感じ。

ジャズなどに多い。

 

こんな感であとは細かくなったり、リズムがよりはねたりする

ものがありますが、大体このあたりのパターンはとりあえず

覚えておきましょう。

 

ポイントはどの位置でどの音パーツが鳴っているかです。

すべてに言えるのが2拍4拍の位置にSD(スネア)が

なっていること

これでビートとして裏拍(1.3を表として)を強調しているのが

わかります。

 

もっと細かくみたときに裏拍に何がなっているか?で

その強調具合がわかります。

ドラムの打ち込みに重要な3要素

 

ドラムの打ち込みで重要なのは

ベロシティとタイミングそしてデュレーションこの3つです。

 

これはEDM系であろうと、生ドラムの打ち込みであろうと変わりません。

 

ただ意図として生っぽい感じを狙いたくない。ということでれば

それを理由にベロシティを一定にするというのは昔からよく使われているテクニックです。

 

ベロシティとタイミングはわかるかもしれませんが、

デュレーションを意識している人は少ないです。

 

意外かもしれませんがドラムほどデュレーションが重要な楽器はありません。

めちゃめちゃグルーヴを作るのに必要です。

ベロシティ

ベロシティはみんな知っている通り、音を強弱を作るものです。

強迫と弱拍を意識させることでより生ドラムの演奏に近い

打ち込みを再現します。

 

さてこのベロシティ細かく打ち込めばよいと思っている人が

多いのはよくある話ですが、

オススメするのは一度でいいので、ドラムスティックを持って

練習パッドかなにかをつかって叩いてそれを録音することです。

この場合は携帯の録音機能でOKです。

 

細かくベロシティを調整したものと、自分が叩いたものを

比較するとかなりの違いがわかると思います。

上手いベロシティはその間の部分

つまり

数字上「めっちゃ上手い強弱」と自分が演奏したそれほど

上手くない強弱の間が1番生っぽいベロシティラインになります。

 

ベロシティも細かくすればするほど実は

「わざとらしい」雰囲気がでてしまいます。

逆にざっくりした方がよいい結果をうむこともあります。

 

タイミング

これは音をずらすことでツッコミガチに演奏したり

ちょっと遅らせることで重い感じの演奏にしたりすることができます。

基本ずらすタイミングは裏拍です。

表の拍はなれない間はずらさない方が良いです。

 

これも演奏してみればすぐに気がつくのですが、

まず1拍目は必ず正確に取りに行くのがうまい演奏というか

出来ていなければいけない演奏です。

そもそも表拍にグルーヴはありません。裏拍がずれることで

シャッフルやスイングが生まれます。

 

これを知るだけでもタイミングの打ち込みはリアルになります。

 

デュレーション

デュレーションとは長さのことです。

 

ドラムは他の楽器と違ってデュレーション(音の長さ)をコントロールする

ことができない!と思っている人が多いですが、

ドラムほどデュレーションが大切な楽器はありません。

 

マルチ音源はそうでもないですが、ドラム専用音源は

ドラムのデュレーション(リリース)がそのまま収録されています。

BFD3などではタムなど余韻たっぷりですし、

SNAREもKICKもリリースが長いものもあります。

 

それを演奏レベルで長さをコントロールしたりできます。

専用ドラム音源が1番生に近づく要素はこの部分です。

 

ドラムのデュレーションをコントロールする方法は

コンプやゲートによるダイナミクス管理そして

音源自体の長さを直接コントロールするダンピングという技術の2つです。

 

BFD3では赤でかこっている部分でドラムのリリースを調整できます。

 

Tomなどリリースがかなり長いものをそのまま使うと、

音の濁りにも繋がりますので、リリース管理はかなりシビアになるべきなのですが、

あまり意識しない人が多いです。

つまり意識していな人がいるということはすればその分クオリティが上がる!

ということなのでぜひ試してみてください

 

リリースに関して大切なのはデュレーション(音の長さ)が変わることで

どういう印象になるかを明確にしておきます。

音が短ければそれだけ「クール」な印象になります。

キックでリリースを短くすれば、当然出てくるべき低音の響きはなくなりますので、

迫力のあるドラムサウンドにはなりくい場合があります。

スネアでリリースを短くすると高音域の余韻がなくなり、タイトなサウンドになります。

 

ドラムのリリースを明確な意図でコントロールしている人は結構すくないので、

この部分を意識するだけで、クオリティの高いドラムサウンドを作ることができるようになります。

 

とにかくデュレーションの意識は大切にした方がいいです。

 

ちなみに、BFD3を持っていない人はどうすればよいか?

その場合エフェクターの「GATE」を使うことで似たようなニュアンスを

作ることができます。

ただ、不自然な音の切れ方になることがあるので注意が必要です。

リリースの長いキックは特に注意が必要

先程、迫力という点においてキックのリリースを変更することで、

迫力のコントロールが可能ということを説明しました。

ここではリリースとチューニング(音程)についてお話します。

 

どの楽器ににも音程は存在しています。

なので曲にあったチューニングが必要になります。

このチューニングがずれていると「音抜けの悪さ」の原因にもなります。

 

チューニングについてはパーカッションやドラムでも同じです。

ただ音がすぐに減衰してしまうのでギターやベースのように

持続音が長い楽器と比べるとそこまで必要ではないという見方もできますが、

 

キックのリリースが長いつまりキックに持続音がある場合は

あきらかな音程感が生まれてしまうので、他のドラム音よりは

チューニングを強く意識した方がよいと言えます。

ドラム 打ち込みの機材

打ち込みの方法の定番は鍵盤を使った方法です。

なのでドラムを打ち込むときも鍵盤にアサインされているドラムキットを打ち込んでいくことになりますが、

最近のMIDI鍵盤にはドラム打ち込みに対応したパッドが着いているものも多いです。

 

他にもハードウェアの打ち込みようドラム・マシンを使うケースもあります。

 Native Instruments Maschine

Arturia Spark

created by Rinker
Arturia
¥18,327 (2019/08/22 11:32:54時点 Amazon調べ-詳細)

ablton push2

created by Rinker
Ableton
¥96,800 (2019/08/22 11:32:54時点 Amazon調べ-詳細)

ドラム・マシン打ち込み機の

メリットは鍵盤ではなくパッドを使ってたたくことにあります。

 

パッドは鍵盤より沈み込まないので、速いストロークでもこなせるようになります(ある程度の慣れは必要ですが)

また鍵盤よりパッドの方がノリが出しやすいという人もいます。

ただパッドは鍵盤以上に好みが分かれる部分でもあるので、気になる人はぜひホンモノを触ってみることをオススメします。

 

dtm ドラム ミックスをうまくできるためにやっておきたいこと

ドラムのミックスが悪いとどれだけかっこいいパターンを組んでも

意味がありません。

ドラムのミックスのコツはいかに「バランス」を正確にと合わせるかです。

しかし、ここですぐに

「じゃあEQだね」

「じゃあコンプだね」

という考えをしてはいけません。

そもそもバランスはEQやコンプで整えるものではありません。

 

じゃあ「フェーダーだね」と思っている人

正解のようんで正解ではありません。

 

大切なのは「音色選び」です。

この音色選びを間違えると、フェーダーのバランスはとりようがありませんし、

当然EQやコンプで自分の意図とする音色にするのはかなり難しくなります。

 

目指すはつばり「No EQ!No Comp!」です。

できる限り完成形に近い音色を選ぶことが大切です。

しかし、どうすればよいかわからないという人多いと思います。

 

そこで大切なのが

「スペクトラム・アナライザーを使って音色を確認する」ということです。

これはBattery4のキックを選ぶときにSPANという無料のスペクトラム・アナライザーを通してします。

別にSPANでなくてもDAW付属のものでもOKです。

 

こうすることで「自分が選んだキックはどんな周波数特性を持っているのか?」ということが

目で確認できます。

よく「キックは50hzをEQでブーストします」という説明している人がいますが、

最初から50hzに十分なピークがあるならブーストする必要はありません。

 

そして目でみならがら音色を確認することで、

耳もそれなりに特徴を掴んでくるので参考曲のドラムの音色も

「あーこの周波数の感じだとあの〇〇の音色が近そうだ」というあたりをつけることができるようになります。

 

自分のもっているドラムがどういう特徴のある音なのかを知っていることで

音作りの時短にもなります。

またこのあたりの記事も参考になるのでぜひ読んでみてください。

そうだったのか!ミックスが3倍楽しくなるスペアナ活用方法

初心者がDTMミックスに失敗しないための3帯域解析法

 

ドラム[打ち込み]めんどくさいから楽にできる方法は?

ドラムの打ち込みは死ぬほどめんどくさいですw

ベロシティをちょっとずつ変えて、タイミングを変えて

EQでいらいないところを削って、コンプで潰して

曲全体の中でまたバランス取り直して、

 

とにかく「めんどくさい」です。

 

しかし、これはドラムに限らずすべての打ち込みはめんどくさいです。

そもそも、ものを作るという作業はクオリティをあげようと思えば思うほど

めんどくさいです。

 

宮崎駿が「大切なことはめんどくさい」と言っています。

 

ドラムの打ち込みをめんどくさいから楽にしてしまった結果

みんなと同じものが出来上がる。

個性もない。

かけた時間も対して意味がない

ただ疲れるだけ、

 

同じ作るならとことんめんどくさいと向き合って

「自分にしかできない」というものを作った方が

有意義だと思いません?

 

それはプロを目指すとか趣味でやるとかそういう話ではなく

「眼の前にものに、自分ができることを目一杯やる」ということで

その時間があなたの人生があなただけのものになる

ということなんです。

さいごに

とりあえずこれだけは覚えたい!DTMのドラム打ち込みのお作法

いかがでしたか?

 

パターンさえ覚えてしまえばどうにもなります。乱暴な言い方ですが、

ドラムはパターンが命です。そのパターンを扱えるようになるの同じくらい重要なのが

 

ベロシティ

デュレーション

タイミングです。

 

ドラム専用音源を使うということは

リアルな音が簡単に手にはいると思いがちですが、

実はそうではなく、リアルな音を鳴らすためのコントロールできる

幅が広がるとう解釈が正解です。

 

もちろんそのまま鳴らしてもリアルなものも多いですが、

意外に忘れがちな「デュレーション」(余韻リリース)を

しっかり意識することでよりリアルな打ち込みができるように

なると思います。

 

ドラムパターンを覚えならがらグルーヴを追求した打ち込みを意識すれば

音源のクオリティに左右されないドラムの打ち込みができるようになります。

 

コメントを残す