誰でもできる!DTMerの単調なドラムフィルをリアルにするマル秘テク

みなさんはドラムのフィルインはどのように作っていますか

16分音符で「ドコタカドコタカ」みたいな感じになってません?

意図があるならばそれでも問題はありませんが、

フィルインにこだわりをもつことで

曲間のつながりがスムーズになって聞き手のワクワク感を加速させることができます。

 

しかしそうは言っても「フィルインって結局どーすんの?」って感じになりがちです。

なぜそんなことになってしまうかというと理由は先程も説明したとおり

 

「案外適当でもなんとなくそれっぽく聞こえてしまう」という点にあります。

 

あきらかにぶつかる音階を発生しているわけでもないので、

適当にやってもそれらしくなってしまうのが

便利でもあり困ったところでもあります。

 

もちろんドラマーから言えば「なめんなよ!フィルインを」と思うことでしょう。

 

でも通常の人間の腕の倍は軽く扱えるDTMerたちにとっては

ハイハットとスネアとシンバルを一緒に鳴らしたあとにいきなりロータムからの

スネア→タム両腕16分なんてお茶の子さいさいですw

 

でもやっぱりかっこいいドラムフィルインを覚えておいて損はないですし、

そのかっこよさの多くは「ドラマー視点」のフィルインであることが多いです。

 

知っていてやるのと知らずにやるのではそのフィルインに吹き込まれるエネルギーは

まったく別物です。

フィルインってどういう意味?フィルアウトってあるの?

フィルとは英語で「(隙間を)埋める」という意味です。

アンケートで気になる方は空欄にお書きくださいは

フィルイン(一部空欄を埋める)

医者の問診票にすべて書き込む場合は

フィルアウト(隙間をすべて埋める)

 

ドラムのフレーズのフィルイン(以下フィル)とは

一定のパターンを繰り返したあとで楽曲のつなぎ目に即興的なフレーズを入れることで変化をつけて

聞き手を飽きさせないことを目的としたものです。

 

ちなみにフィルイン日本ではオカズと言われていますが、

普通のパターンを「ご飯(ゴハン)」として

いかに「上手いオカズ」を出してくるのかがドラマーという料理人の腕の見せどころです。

昔けいおんの曲で「ごはんはおかず」という曲がありましたが、

フィルに例えた歌詞ではないですが、その視点でみると面白い解釈が可能になりますw

ゴハンはすごいなんでも合うよ!

 

さてここで一つ注目すべきなのはフィルとは

「楽曲のつなぎ目に即興的なフレーズを入れること」になるわけですが、

これドラムだけの仕事ではないのわかりますか?

「楽曲のつなぎ目に即興的なフレーズ」であれば

ドラム以外の楽器、ピアノであれ、ギターにベースであってもすべてフィルになるということです。

 

なぜドラムのフィルが注目されるのかというと

やはり打撃音によるアクセントの明確さが他の楽器よりわかりやすいからだと思います。

タム回しなど入れてくる場合はそこに音階的なフレーズを感じることもできます。

ダイナミックなアクセントの移動はドラムの十八番と言えますね。

フィルを作るときに意識したいこと

ルールはなくてもいい

フィルの定義に「即興」という言葉が使われている(解釈されている)ので

基本はルールなんてなくてもいいわけです。

音楽は自由です。

支配からの卒業です!w

 

ただそれが音楽的に「効果的かどうか?」という視点をもったときに

「適していないケースが多いから使うことがない」となっているのがほとんどです。

 

DTMの場合ではクラッシュシンバルとハイハットを同時に打ち込んではいけない

という掟に近い言葉がありますが、

これも目くじら建てるほどのことでもありません。

聞いていてそれがおかしくなければ問題ありません。

実際。クラッシュシンバルとハイハットが同時に打ち込んでいる曲もあります。

 

そんな小さいことより基本は「そのフィルで気持ちよくなれるかどうか」です。

 

ただ「こういうことをすると本物っぽくないんだなー」くらいの雰囲気で覚えておくといいでしょう。

 

つなげるフィルと終わらすフィル

終わらせるというのはちょっと誇張した表現になっていますが、

フィルによって次に繋がりやすいかどうかという点を考えます。

これはスネア→スネア→ハイタムのフィルと

ハイタム ミッドタム キック というフィルです。

低音が最後はいる方が安定度が増します。

 

もちろん後者のフィルがすべて「終わらせる目的」ではないのですが、

キックが入ると低音が閉まるので文章で言うところの「。」の効果に近いものがあり

スネア→ハイタムは「、」的な意味合いが強くなります。

 

次からはド定番のドラムフィルに少しだけスパイスを聞かせたフィルを紹介します。

ここでもそのフィルの意味を考えながらみることでフィルの効果をよりわかりやすく覚えることができます。

使いやすいドラムフィル

埋めないドラムフィル(タン フィル)

隙間を埋めるのがドラムフィルじゃないのかよ!って声が聞こえますw

その側面と同じくらい「即興演奏としての役目」もあり

また本来のゴハンであるパターンを活かすこともフィルの目的です。

この「埋めないフィル」は連続するハイハットがなくなり、より4拍目のアクセントを強調した

れっきとしたフィルになります。

画像はフラム気味で打ち込まれていますが、フロアタムを一緒に鳴らしたり、クラッシュシンバルを鳴らすなどして

より4拍目を強調する方法もあります。

 

打ち込むときのポイントは

ごはんとしてのスネアはベロシティを少し冴え気味にして、フィルの2小節4拍目は思い切り叩く

こうすることでフィルとしての4拍目をより強調できます。

フィルだけをベロシティで細かく調整するのではなく前後のバランスの重要です。

少し埋めるドラムフィル(タンタン フィル)

シンプルながらこれもよく使われるフィルです。

4拍目のスネアを2回叩くパターンも王道のフィルです。

またはこれを半拍分前にずらしたものもよく使われます。

 

スムーズな8beatを維持したままさりげない展開を作りたいなどに向いています。

1つ目のタンフィルと違って静止感のないので流れを潰したくない場合に向いています。

Aメロで8小節のパターンを2回繰り返すときなどの一回目などにも最適です。

 

基本は4拍目に8分音符を2回入れる「タンタン」フィルというもので、

スネアは2回でもタム2回でもOKです。

オーソドックスなドラムフィル(ンタンタンタン フィル)

3拍目裏拍から入ってくるの特徴的な

多くのDTMerが最初に作るであろうフィルです。

俗にタム回しと呼ばれます。

このタムの譜割りをそのままスネアに置き換えられたパターンも王道です。

 

このフィルを扱うときは3拍目裏のキックは必要ありません。

あくまで「ンタンタンタン」という譜割りをもってのフィルなので、

そこにキックが入っているとそのキックを含めてのフィルになります。

 

ポイントは8ビートを重視している曲では下手に派手な16分音符の激しいフィルを入れると

そこだけ浮いてしまう可能性があります。もちろんそのようなフィルの聴かせ方もあると思いますが、

ノリを止めたくない場合はオーソドックスな8ビートのフィルを入れる方が良い結果をもたらします。

 

他にも

①ハイタム→スネア→キック

②スネア+フロアタム→スネア+フロアタム→スネア+フロアタム

というパターンもあります。

②のフィルはフロアタムの低音感が迫ってくるイメージがあるので

勢いをつけたい場合などに効果的です。

詰め込みフィル(タカタン フィル)

最後の4拍目が16分音符2つと8分音符一つの(タカタン フィル)

 

16分音符音符のフィルで最もシンプルかつ多様されるのがこのフィルです。

この画像では4拍目の前にドラッグといってスネアをなぞるような音色がたされています。

これは好みにもよりますが、ちょっとルーズさを作りたい場合などにドラッグがあると

らしくなります。

ドラマーによる手癖でドラッグしてしまう人も多いですが、

このような細かい音を入れなければ駄目!というわけではありません。

むしろ入れ過ぎたら「暑苦しいだけのフィル」になってしまいます。

 

16分音符によるスピード感がこのフィルの特徴ともいえます。

詰め込みフィル2(タンタカ フィル)

これもよく使われるフィルイン

普通に4拍目だけタンタカするケースも多いですが、

3拍目の16分音符の裏にキックを使うのドラマーも多い。

 

3拍目頭のキックがなくなるために。ちょっとしたブレイクポイント的なフィルに使える

こういうフィルを使うときの注意は「他の楽器がガチャガチャリズムを演奏するのではなく」

その間を聞かせることを目的としたフレーズが良いと思う。

こういう間こそドラマーが聞かせたいポイントだったりもします。

詰め込みフィル3(タカタカ フィル)

4拍目に16分音符をMAX詰め込んだド定番すぎるフィルです。

多くのDTMerのフィルはスネアだけを16分音符で打ち込んだパターンが多いですが、

ちょっと一捻りを入れてこんな形にしてみました。

 

ポイントは4拍目のタムとスネアのアクセントの位置です。(赤いところが一番強い)

言葉にすると(タトトタ)という感じにアクセントがつきます。

速いテンポではドラマーはこのようなアクセントのつけてしまう場合が多いです。

 

またよくある16分音符4つのスネアフィルもドラマーによっては

ハイハットを引っ掛けて叩いてしまうことも多く

ハイハット→スネア→スネア→スネアというパターンもわりかし多く見られます。

応用(タカタカ フィル)スケベドン

タモリさんが名付けたスケベドンフィル

4拍目にスネア→ハイタム、フロアタム、キックの順番で鳴らします。

とにかくドタバタ感が強いので忙しないフィルに聞こえます。

派手に決めたい場合などはこれを3拍目から2回連続するのも面白いでしょう。

 

組み合わせフィル(タンタンタカタン フィル)

3拍目からのフィルです。

タンタンタカタンも鉄板フィルとして有名です。

3拍目をスネア→スネアというのが定番的ですが、フレーズに彩りをつけたい場合は

音程差のあるフロアタムを入れるのがオススメです。

組み合わせフィル2(ターンタタンタン フィル)

タメを強調できる定番フィルです。

付点8分というのはドラムでは中々コントロールが難しい譜割りです。

DTMのドラム音源でも、リリースが短いとこのタメを作り出すことができないので、

ベロシティを極力下げた音符を入れて長さを保管すると付点8分の雰囲気を出しやすいかもしれません。

 

その場合気をつけたいのは

「タトトタ」というリズムに聞こえないようにする必要があります。

16分音符の4つの強弱の違いではなく

あくまで間(タメ)を強調した付点8分であるのがこのフィルの特徴です。

 

組み合わせフィル3(タタンタンタタン フィル)

ハイハットを使ったファンク系の鉄板フィルです。

この場合どこが「タタンタ ンタタン」かわかりにくいですが、

ピアノロールに書き込んでみるとこんな感じで

スネアとキックによるタタンタ タタンになっています。

ポイントはハイハットのオープンがキックと一緒に鳴っていることで

キックの輪郭を強調するのに一役買うのと同時にフットハイハットで音を短くきり

スピード感を作っています。

3連フィル組み合わせフィル(タタタタタタフィル)

3連によるフィルです。ちょっとテクニカルな雰囲気のフィルです。

単調になりがちな3連符にスパイスをつけたい場合に向いています。

タタタという譜割りをどのパーツで鳴らすかですが、

ここでも安定させたいのか、次に繋げやすいフィルにしたいのかで考えれば

作りやすいと思います。

ド派手詰め込みフィル(タカタカX4 フィル)

1拍目からとにかく16分を詰め込むだけ詰め込んだド派手フィルです。

こういった16分のフィルを作るときは、左右(LR)の腕を動かしながら、確認すると

体もそのフィルを覚えてくれるのでオススメです。

ド派手詰め込みフィル2(タカタカX8 フィル)

2小節の間何かしらドコドコ叩いていますが、

それほどうっとおしくないフィルになっています。

その理由はハイハットを絡ませることであつすぎないクールな雰囲気に仕上がっているからです。

 

フィルを作っていて「なんだか暑苦しいなー」と思ったら

このようなハイハット絡ませ方で違った雰囲気を作ることもできます。

フィルは歌!歌え!歌のだ!

フィルはメロディです。音程感はボーカルやギターには及ばなくても

その譜割りこそドラムのメロディです。

そしてこの譜割りを歌い続けることで譜面にも強くなるメリットがあります。

さいごに

フィルにルールはないけど、守った方がより効果的なフィルになる

フィルはただドタドタやるのではなく次にどうつなげたいのかをするのがフィルの本来の目的

フィルはおかず、大切なのはごはんである定番パターンを疎かにしない

 

けいおんは「ごはんはおかず」は名曲である。

 

16分音符を並べただけのフィルよりもドラムのカラーを打ち出した

フィルの方が聞いていてワクワクする要素がありますね。

 

フィルは頭で考えてもわからないことが多いので、

とりあえずいろいろなフィルを打ち込みながら右左と動かしていくことで

無理のないドラマーが叩いているようなリアルなフィルを作ることができるようになります。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください