MENU

ボーカル録音クオリティアップのための定番ポップガード選び方と使い方

ボーカル録音時に「ポップガードが必要」ということを聴いたことは多いです。最近はDTMスターターセットでコンデンサーマイクと一緒にポップガードが付属しているものも多く見かけます。

しかし、「ちょっと調べてみたら、色々なメーカーからポップガードが出ていて、価格もそれぞれ違う」また「ナイロンやメッシュがあるけれどそれで何が変わるのだろう」といった疑問が生まれま、ボーカル録音に拘りたい人には「どれがいいの?」という悩みが発生します。

そこでこの記事では次の項目について解説していますので、ポップガードの購入で悩んでいる人やその違いについて知りたい人には参考になると思います。

この記事の解説内容

ポップガードの価格と機能の違い

ナイロンやメッシュの違い

ポップガードの使い方

みんなは何を使っているのか?

プロが使っているものは?

みんな
気になるよね?
画像
タップできる目次
UG
作編曲家(DTMブロガー)
作編曲家/DTMブロガー&講師 /テレビ番組/CM、映画、よさこい、ゲーム、などのBGM及び効果音を作成

ポップガード(ポップブロッカー)とは?

画像

ポップガードの目的は次の2つです。

ポップノイズの軽減

コンデンサーマイクを飛沫した湿度から守る

ボーカルレコーディング時にマイクの前に装着し吹かれ音や破裂音がマイクに入ってしまわないためのものです。これらの破裂音を「ポップノイズ」といいます。このノイズを防ぐことができるので「ポップガード」と呼ばれています。

ゼロコンマ秒のポップノイズのせいで最高の一瞬が台無しになります。波形編集で取り除くことはほぼ不可能ですし、取り除けたとしてもそこにかかる手間や労力はクリエイティブな時間ではなくなります。

またマイクに直接唾液があたらないようにするマイク保護の目的もあります。コンデンサーマイクの場合は破裂音だけではなく、唾液等による故障リスクが高いのでノイズ混入以外にも重要な役目を果たしています。

吹かれ音と破裂音ってどんな音?

口の前でティッシュを広げて端っこだけを持ち上げて、「はっぽうしゅ」や「ハプスブルク」と言ってみください。ティッシュが大きく動くと思います。おもにハ行の音が吹かれ音、パ行が「破裂音」と言われています。

そしてこのティッシュがコンデンサーマイクの主要回路だと思ってください。めっちゃ回路に風があたっているのがわかります。そして口の中は基本湿っているのでこれらの音に混じって唾液であったり、湿った空気も一緒に出てくるわけです。これがコンデンサーマイクには大敵で故障の原因に繋がります。

「えっ?そんなんでコンデンサーマイクって故障するの?」と思う人もいるかもしれませんが、壊れます。コンデンサーマイクは想像以上に繊細です。壊れたらどうなるのか?音がでなくなります。(当然です)

当然修理に出す必要がありますが、かなり修理代金がかかります。最近は安いコンデンサーマイクも増えてきましたが、それなりの音質を求めるとなるとやはり良いものが必要なるのがコンデンサーマイク

無駄な修理をしないためにもコンデンサーマイクに大敵の湿気であるツバや吐息などがかからないためにポップガードが必要です。

「それなら、ツバを飛ばさないように注意して歌えばいいのでは?」と思ったかもしれませんが。

「絶対できません!断言します。」

というか「そんなところに注意しながら歌っているとボーカル録音のクオリティは低いものになります」

プロの中には破裂音(パピプペポ)や吹かれ音(ハヒフヘホ)を極力抑えながら歌える人もいますが、まさにプロのワザです。一朝一夕で身につくものではありません。

画像

コンデンサーマイクは湿度に敏感な機材、唾液に限らず湿度が高いことでカビが生えて壊れてしまうことがあるんだよ!だから保管方法もとっても大切だよ!

コンデンサーマイクはとても繊細な機材で壊れてしまうとものにもよりますが、修理費数十万もすることもあります。

画像

安物マイクだから壊れてもいいかなー

画像

安物であっても今この瞬間を録音できるマイクはかけがえのない存在だよ!大切に扱わないと!

ちなみにテレビドラマなどの野外収録でマイクを持ち上げている姿を見たことがあるかもしれません。

↓こんなやつです。このもこもことした中に細長いマイクが入っています。

画像

これも吹かれを抑えるという点ではポップガードと同じ役目ですが、こちらはおもに風よけとして使われるため「ウィンドスクリーン」と呼ばれています。

ポップガードとポップスクリーンの違いについて

最近ではポップガードのことを以下のように呼ばれることがありますがすべて同じポップガードとして覚えてもらって大丈夫です。

  • ポップブロッカー
  • マイクポップガード
  • マイクガード
  • ポップスクリーン

よくリフレクションフィルターをポップガードと間違えてしまっている人がいますが、リフレクションフィルターは部屋の残響がマイクに入ってしまうのを防ぐものです。

被るリフレクションフィルター簡易防音室ISOVOX2使ってみた感想、値段や性能をチェック

ポップガード 種類について

ポップガードは主にナイロン製とメタル製の2種類。それぞれで音質が若干違います。

ナイロン製
メタル製
  • 価格が安い(2,000円〜15,000円)
  • 自作することもできる
  • 吹かれに強い
  • 価格が高い(3,800円〜7000円)
  • 自作は難しい
  • ナイロン製と比べると少しだけ吹かれに弱い

ナイロン製のポップガードのメリット・デメリット

メリット
・デメリット
  • 価格が安い!
  • 自作可能
  • 不衛生

今回私が一番訴えたいのがこのナイロン製ポップガードのデメリットです。

ボーカルは歌うときに思っている以上に唾液が飛びます。それがポップガードに付着することで異臭とまでは生きませんが、口臭的な臭いがついてしまうことがあります。ナイロンはあまり水洗いに強いわけではないので、臭い等が気になったら買い替えた方がよいと思います。

また近年ではコロナウィルスが流行っているので、ポップガードの衛生レベルはかなり気をつけておきたいところです。

「ストッキングが洗えるならナイロン製のポップガードも洗えるのでは?」と思うかもしれません。たしかに不可能ではないですが、プロの現場でもナイロン製のポップガードを洗濯しているという話は聞きません。

どうしても洗いたいのなら洗濯ネットに入れて洗うのがよいかもしれません(洗濯の結果は自己責任で!)

メタル製のポップガードのメリット・デメリット

メリット
・デメリット
  • 価格がナイロンより少し高い
  • (衛生的)手洗いができる!
  • ナイロン製より高音域が減衰しにくい
  • 丈夫で長持ち
  • 怪我のリスクがある

少しでも音質に拘るのならメタル製の方がいいでしょう。しかし、メタル製にしたら「イコライザーで4kHzを5dBブーストした」ような明らかな差がでるわけではないのでそこは注意が必要です。

ナイロン製と比べるとコストが高いです。またメタル製はナイロン製と比べると鉄の部分がむき出しなタイプが多いのでなにかの拍子に引っかかったり、怪我をするリスクもあります。

また、一部のユーザーからは吹かれに弱いという話もありますが、あまりにも強い吹かれはナイロン製でも取り切れないので、さほど気にする必要はありません。

ポップガード 付け方

ダイナミックマイクもコンデンサーマイクも基本的に同じです。大切なのはマイクとポップガードの距離です。近すぎるとポップガードで防ぎきれない場合があります。なのでマイクとポップガードの距離は最低でもこぶし1/2くらい空けるようにしています。

画像
画像

多くのポップノイズをポップガードは防いでくれますが、それでもポップノイズがはいる場合、こぶし一つ分くらい空けるといいでしょう。あまり離れすぎるとマイクの性能が活かしきれない場合があるのであくまでこれくらいの距離が一番音質的にも問題ありません。

SM58やカラオケで使うようなダイナミックマイクの場合マイク自体にポップガード的な役目を果たすスポンジが入っていることがありますが、口に近づけて歌うことが多いため破裂音を拾ってしまいます。

ダイナミックマイクはポップガードいらず?

画像

ライブの定番のSHUREのSM58やボーカル目的のダイナミックマイクにはグリルと呼ばれる上記の丸い鉄の中の部分に簡易的なポップガードがついていますが、音の抜けの悪さが目立つからと自宅では外してボーカル録音する人もいます。

ポップガードを選ぶときのコツ

ナイロン製メタル製に限らずこれだけは覚えておいた方がよいのポップガードの選び方のコツです。

大事なのは耐久性及びアームの強さ!

ポップガードを装着し使用するときは曲げて使うことになります。ここで耐久性の弱いポッガードだと使っている最中に落ちてきたりすることがあります。レコーディング中にポップガードが落ちる、外れるって想像したらかなりヤバい状況です。1音に全神経集中しているわけですから、合ってはならない話です。

Amazonのレビューで「アームが弱い」等の評価があった場合は注意した方がいいでしょう。

機能はそれほど変わらない

ポップガードは二種類ながら、各メーカーからたくさん販売されているため、「どれがいいのか?」と悩む人は多いですが、正直な印象、どれもそれほど変わりません。ポップガード選びに悩んで貴重な創作時間を削るくらいならば定番のものを持っておいた方がよいと思います。

迷ったらこれを買っておこう!定番ナイロン&メタルポップガード

定番ナイロンポップガード K&M ポップガード 23956

K&Mはマイクスタンドも制作していた耐久性にも問題なく、「これをつかったら失敗した」という声も評価も聴きません。とりあえずこれを基準に考えてよいと思います。

定番メタル製ポップガード STEDMAN PROSCREEN 101

メタル製で定番なのはSTEDMAN PROSCREEN 101 多くのユーザーが「ナイロンよりテンションがあがる」とのこと

プロが信頼するJZ MICROPHONE Pop Filter

吹かれ最強防止ポップガードとしてプロから圧倒的に信頼されています。

お値段もそこそこしますが、とにかくお金に余裕があってポップノイズがひどい人はこれを使うべきというものです。

番外編KAOTICA EYEBALLの使い勝手

通称目玉の親父と言われているマイク全体を包むタイプのポップガード

賛否両論がありますが、私の周りではあまり良い反応がありません。部屋なりが多い人には多少効果があるのかもしれませんが、JZ MICROPHONE Pop Filter以上の価格をかけるべきものかと言われると疑問です。

ポップガードで悩んでも歌はうまくなりませんのでサクッと決めてしまうのが一番だと思います。

まとめ

「ポップガード」はふかれノイズ(通称ポップノイズ)を対策することを目的としたアイテムです。

この吹かれの音が入っているとどんなにボーカリストがうまくてもボーカルサウンドとしてのクオリティは低いものになってしまうので、ボーカル録音時にナイロン製かメッシュ(メタル)製のどちらかを必ず使用することをオススメします。

コンデンサーマイクは買ったけどポップガードは買っていない!という人はすぐに買ってください。間違ってもそのまま使うのはやめましょう。壊れてからでは遅いです。

数千円でコンデンサーマイクを守れる保険としてポップガードは最強です。

ポップガードはボーカル録音の必需品ですが、衛生面でも気をつけたいところです。昨今コロナウィルスが騒がれている中でのレコーディングツールには十分気をつけたいところですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる