宅録に最適のポップガードの選び方!おすすめは金属製?

ボーカルの宅録のクオリティに必要不可欠なもの、それはポップガードです。ポップガードを使わずに録音したボーカルは使えるレベルにはなりません。「よしポップガードを買うぞ!」と思っても、そのポップガードの数に「どれがいいの?」ってなってしまいます。

今日はあなたに最適のポップガード選びについてお伝えするので、記事を読んで自分にぴったりのポップガードを選んでくださいね。

リフレクションフィルターとポップガードの違い

リフレクションフィルターとポップガードを混同している人がたまにいます。ポップガードとはマイクの前面に立てて破裂音「パ」や吹かれ「フー」といった音を防ぐものです。マイクの後ろに立てて部屋の残響などをマイクに張り込むのを軽減させるのがリフレクションフィルターです。

余談ですが、岡崎体育さんがこのポップガードをお母さんのストッキングで自作していました。

なぜポップガードが必要か?

最初にも説明しましたが、ボーカルに限らずレコーディングの大前提はノイズが入らないことです。

ボーカル録音の場合は

・リップノイズ

唇を離したときに発する「ピチャ」というノイズ

・ふかれ

「パ行」や「ハ行」による破裂音や吐く息などによるノイズ

・服の擦れ

体を動かしたときに服などが擦れてて出るノイズ

これらのノイズに対して「ポップガード」はふかれノイズを対策することができます。この吹かれの音が入りまくっているとどんなにボーカリストがうまくてもやはりボーカルサウンドとしてのクオリティは低いものになってしまます。

そのふかれを取り除きクオリティの高いボーカルサウンドを録音してくれるのがポップガードです。

マイクSM58はポップガードいらず?

ライブの定番のSHUREのSM58やボーカル目的のダイナミックマイクにはグリルと呼ばれる上記の丸い鉄の中の部分に簡易的なポップガードがついていますが、音の抜けの悪さが目立つからと自宅では外してボーカル録音する人もいます。

ポップガードの種類

ポップガードの種類は主に次の二種類

  • ナイロン生地製
  • メタル製

どちらがよいのか?というとこれが微々たる差とも言われていますが、ナイロン生地は音が籠もるという話もありますが、ちゃんとしたデータが存在していないためそこまで気にする必要はないと個人的には思っています。

ナイロン生地のポップガードの値段

2,000円から15,000程度

created by Rinker
キクタニ
¥1,944 (2020/09/23 12:41:01時点 Amazon調べ-詳細)

通常は丸い輪っかにナイロン生地が付けられているものがほとんどですが、こちらのタイプは非常にコンパクトでコンデンサーマイクに直接取り付ける形になります。

created by Rinker
Jupiter(ジュピター)
¥1,580 (2020/09/23 12:45:04時点 Amazon調べ-詳細)

値段と取り付け安さで人気がありますが、なれないとマイクの距離を近くとってしまうことになり、ポップノイズを防ぎきれない可能性があるのでちょっと注意が必要だと思います。

created by Rinker
JZ Microphones
¥34,104 (2020/09/22 23:17:04時点 Amazon調べ-詳細)

これは独特の波紋構造によりかなり強烈な吹かれも取り去ってしまうものです。

ナイロンポップガードのメリット

なんと言っても安さにあります。またストッキングを使って自作することも簡単です。

ナイロンポップガードのデメリット

ボーカルは歌うときに思っている以上に唾液が飛びます。それがポップガードに付着することで異臭とまでは生きませんが、口臭的な臭いがついてしまうことがあります。ナイロンはあまり水洗いに強いわけではないので、臭い等が気になったら買い替えた方がよいと思います。

メタル製のポップガード

3,800円〜7000円程度

created by Rinker
SE Electronics
¥3,278 (2020/09/23 12:41:02時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Stedman
¥5,998 (2020/09/23 12:41:03時点 Amazon調べ-詳細)

メタルポップガードのメリット

ナイロン製より音が高音域が減衰しないという話もありますが、

私の耳ではそれほど大きな違いを聞き取ることはできませんでした。

ナイロン製と違い水洗いができるので衛生的です。

メタルポップガードのデメリット

ナイロン製と比べるとコストが高いです。

また金具がガード部分の金具の処理があまいポップガードなどでは

怪我をするリスクもあります。

目玉の親父型

ポップガードとリフレクションフィルターをくっつけたタイプマイクにすっぽりかぶせて使うタイプで部屋の残響音を防ぎ、全面の青いところがポップガードでふかれを防ぐというもの非常に珍しいタイプのポップガードともいえます。

プラグインで吹かれはとれる?

最近はこの吹かれ音を取り除くプラグインが販売されているのでそれで対処すればいいと考えている人もいますが、音質の劣化が起きたりどうしても上手にとれないケースもあります。

そもそもこういうノイズ処理系のプラグインは「完璧な環境」で録音しても「どうしても取り切れなかったノイズをとるもの」です。大量のノイズを取ろうとするとどうしても音質劣化がひどくなり、使える音質ではなくなります。

まずは最低限、ポップガードで取れるノイズはとるようにこころかげましょう。

さいごに

ポップガード1つでマイクの音質が激変するわけではありません。しかし、不必要なノイズを抑えるというのはプロとしては当然の処置なので、そういった意味で自宅で「歌ってみた」や「ボーカルレコーディング」をする人にとっては必要不可欠なものといえます。

しかし最終的にはまずボーカリストがしっかりと歌を覚え伝えたい気持ちを明確にしそれをディレクションできるスキルをもつかそのスキルを持つ人に教わるほうがよっぽどクオリティの高いボーカルサウンドが録音できると思います。

それらを踏まえたうえでのポップガード選びをすることが大切だと思います。