(写真はイメージです)

どうもUGです。

今回は「純正品との違い値段はいくら?U87ショックマウントゴム交換」

についてお話します。

 

コンデンサーマイクを使う時に必要なのが

「ショック用マウント」

「マイクホルダー」

といわれるものです。

 

一言で言うとマイクに振動を与えないために

ゴムを使ってマイクを浮かしている状態にするものです。

(厳密にはもうちょっと複雑ですが…)

 

しかしそのショックアマウントのゴムは

経験劣化していきます。

先日私が使っていたショックマウントもついにゴムが伸び切って

見えてはいけないものが見えてきました。

首の皮一枚とはこのことw

もう40年近い前のマイクで当然この部分も交換していません。

マイクを修理して取り付けた瞬間がこれだったので、

よく切れずに頑張ってくれいました(エライエライ)

 

さてとりあえずこの部分の修理?について

ゼンハイザージャパンさんに連絡するも

まったく音沙汰なし。

以前の修理依頼したときのフットワークの軽さが嘘みたいでした。

 

まぁそれもそのはず「それは自分で調べてみろよ」といわんばかりに

検索したらすぐに出てきました。

 

しかし、調べ方が下手くそだったのか

パッと調べて買ったのが純正ではないものでした。

結果的に使えているからいいのですが、

値段の差なりを調べると純正でもよかったように思います。

 

今回の記事を読んでもらえれば

ノイマンのショックマウントのゴムの純正と非純正の違い

使用感や値段について

などについて確認することができます。

 

それでは

純正品との違い値段はいくら?U87ショックマウントゴム交換

見てきましょう。


スポンサードリンク

ショックマウントとは?

最初にも少し説明しましたが、

コンデンサーマイクは高感度で音を収録できるがゆえに

ノイズを拾いやすいというデメリットもあります。

 

ダイナミックマイクみたいにスタンドに直接さすような使い方をすると

振動で伝わったノイズを拾ってしまいます。

そのため、マイク自信とスタンドの間をゴムで釣るようにして

ノイズの混入をふせぐことを目的としています。

 

純正のショックマウントは高い

 

サウンドハウスさんでは(¥38,556 税込)で売られています。

正直かなり高いです。

このあたりは「ぼったく◯」かよと思ってしまいます。

アマゾンでは類似品として次のもの売っています。

こちらは似たような風貌でお値段半額以下

最初こちらにしようかと思いましたが、

サスペンションホルダーが自体が壊れているわけではないので

ゴムだけを探しました。

 

ゴムの値段

ネットで探しても「完全に純正」というところを見つけられなかったのですが、

サウンドハウスさんではE87バンドという商品名で

 

 

 

(¥1,404 税込)で販売しています。

私はアマゾンで買ったのですが、

サウンドハウスさんは一本の値段なのでアマゾンの方が安いです。

 

アマゾンのやつを買ってからわかったのですが、

ゴムをむすんでいるハトメの大きさが

小さいんです。

 

以前のものは取り外すのも大変なくらいピッタリの大きさだったのですが、

多少不安が残りますが、

現在のノイマンの純正のハトメもこの大きさなのか

確認ができないのでこれが純正と非純正の違いなのかわかりません。

しかしゴムの長さや強度に問題はなく今はこれで問題なく使うことが出来ています。

 

純正品はいくら?

ゴム2つで3,000円という話を聴いたことがあります。

そうなるとおそらくサウンドハウスさんで取り扱っているのが

純正品かな?と思っています。

 

自作もできる

実際はゴムをハトメで縛っているだけなので自作する人もいます。

東急ハンズなどで材料をそろえると500円くらいでできるそうです。

スポンサードリンク

 

さいごに

純正品との違い値段はいくら?U87ショックマウントゴム交換

いかがでしたか?

 

とりあえずこれを使えばプロの音!

それがノイマンのU87です。

もちろんこれだけではないのですが、JPOP業界で1番多くの

歌を収録したであろうマイクなので、

やはりこのマイクでボーカルを録音すると

「そうそうボーカルってこれだよね」という音質で録音できます。

 

そのU87を支えているのは当然マイクサスペンション

経験劣化する材質でマイクを支えているわけですから

マイクの管理と同じくらいショックマウントのゴムも

意識した方がいいですよ。