どうもUGです。

いきなりですが追記です

 

今回の記事が各所プロアマ問わず考察していただいた結果

私の考察の甘さによって「検証」というほどの検証をできいない

ことがわかりました。

まだまだ勉強が必要です。

今回このような機会を与えてもらった

すべての人に感謝です。

 

今回の記事は私の方法の結果を書いたもので

この方法によって生まれた結果が正しいのではないということを

踏まえながら読んでいただければ幸いです。

 

 

今回は「録音レベルが低い音源をノーマライズで解決してはいけない理由」について

お話します。

 

先日Twitterで「レベルが低くすぎるよ。こんなんじゃ何ビット使っているかわからない」

というツイートを見ました。

画像にはめちゃめちゃ波形レベルが小さい画像がアップされていました。

 

で私も結構やってしまうんですよ。めっちゃレベルの低いファイルの書き出しを…

 

でそこで思ったのは

「ノーマライズかければ良くないの?」という疑問

 

しかし

「ノーマライズは音が悪くなるよ」という話を聴いて

 

どこかでノーマライズはボリュームを上げるのと同じ。

という話を聴いて

「音量を0dbに上げるだけなのになぜ音が悪くなるんだ?」という疑問が

湧いてきたので調べてみました。

 

今回の記事を読んでもらうことで「ノーマライズのヒミツ」について

理解し良い音を貪欲に求めるならば

「ファイルが小さいからノーマライズ!」というのはやめておこう

と思うようになると思います。

 

それでは、

録音レベルが低い音源をノーマライズで解決してはいけない理由

さっそく見ていきたいと思います。






音が小さいと何が問題?

基本デジタルもアナログも割れないギリギリで録音することが大切なのは

変わりません。

アナログの場合は入力過大すぎるとアナログ特有のリミッターがかかり

飽和感がうまれそれが味となることがありますが、

デジタルの場合は入力限界のゼロデシベルを超えてしまうと

「バリバリバリ!」音が割れてしまいます。

 

デジタルレコーディングにおいて音が小さいのがダメということではなく

大きい音量でとった方がよりキレイにとれるよ!

という感覚で覚えておいたらよい話です。

(ここはまた別のときにお話します)

 

ノーマライズとは

音量正規化(ノーマライズ)とは、音響信号処理のひとつで、ある音声データ全体の音量(プログラムレベル)を分析し、特定の音量へ調整する処理である。 音声データを適正な音量に整えたり、複数の音声データの音量を統一する目的で用いられる。

wikiより

一言で言えば1番大きい音がゼロデシベルを超えないようにするエフェクターです。

なので1番大きい音がゼロデシベルだとノーマライズはかかりません。

 

ノーマライズとは自動でゼロデシベルを超えないように調整してくれる機能です。

意味合い的には自分でやるフェーダー調整と意味は同じですが、

どうやらノーマライズはフェーダー調整だけではないプロセスが入っています。

それが俗に言う「音が悪くなる」という現象です。

 

逆相チェックで確認

しかし、ノーマライズで音が悪くなったということを認識している人は少ないです。

私もそれほど気になりませんでした。

ここがプロとアマチュアの差なんですよ。きっと

ということでノーマライズの音の変換で音が変わるかを逆相チェックで確認します。

同じサイン波を並べて逆相にすることで音が打ち消しあい無音になれば

ノーマライズによる音の影響はないということになります。

これを逆相にすると

当然消えます↓(無音ですが打ち消しあったファイルです)

で今度はノーマライズをかけたファイルと

そうでない普通のファイルのボリュームを合わせます。

もしノーマライズが「ボリューム調整」だけだとするならば

逆相で音が消えるはずです。

結果はこんな感じです。

(かなり小さいですが)音が残っています。

打ち消し合っていないということはノーマライズの過程で音が変化したということになります。

 

単なるサイン波でこれなのでより複雑な音だったらどんな影響がでるか

想像も付きません。

「音が悪い」という説やっと理解できました…

 

おまけ 24bitと32bitfで書き出した場合の違い

この状況で24bit書き出しをすると

もはやサイン波ではありませんが、

これを32bitFで書き出すと

割れないwサイン波のまま

 

まぁ上記の使い方は一般的ではないですが、

書き出しでこれだけ違いがあるということです。

32bitFloatに関してはsleep Freaksさんのこの動画による説明がわかりやすいので

オススメです。

 

巷の声

これらを見る限り画素数の問題が1番わかりやすいかもしれませんね」

デジカメの画像も拡大していくとボコボコしてくる。

あれと同じようなものみたいです。

Flonatichさんのつぶやきがすごいです。

もう少し調べて加筆します。

効果音かBGMの場合ではノーマライズに対する受け止め方が違うのかもしれません。

たしかに私もゲーム会社時代は使いまくっていました。

またしてもすごい情報が入ってきたw

32bitってすごい世界なんなんですね。

こレ!確かに言われてみて思いました。

ということで検証です!

Gainでも位相差は発生するのか?

ノーマライズがダメならば

ゲイン調整はどうなるのか?

間違ってたらご指摘ください。

ゲインを上げた分だけフェーダーで調整してみましたが、

音は残ります。

つまりゲインでも何かしらの位相差エラー?があるように思います。

 

ふとした疑問

ノーマライズが音が悪くなるとして

それを理解しているのはノーマライズをかけた本人だけなのか?

 

それともプロのエンジニアはノーマライズしたという音を

波形を水に理解できるのか?

ちょっとした疑問がわきます。

 

比較なしにノーマライズされた音ってわかるものか

ちょっと気になりますね。





さいごに

録音レベルが低い音源をノーマライズで解決してはいけない理由

いかがでしたか?

StudioOne4でも試しましたが、結果は同じく

ノーマライズ後の逆相で音が残りました。

 

「音が小さいからノーマライズ!」

気にならないならば使ってもいいとは思いますが、

音のクオリティを追求している人からすると

「ノーマライズは使うべきではない」という話になりそうです。

 

今の私が検証できるのはこのあたりが限界です。

「その考え間違っているよ!」

「もっとよい方法があるよ!」

という方がいらっしゃったら教えていただければ嬉しいです。