どうもUGです。

”ドラムの打ち込みはめんどくさい”こう感じている人は

意外に多いようです。

よほどファンキーなリズム出ない限りそれほど

打ち込み自体は複雑ではないように思うのですが、

シンプルな部分ゆえに必要以上にこだわってしまう部分があって

そこで「何が正解かわからない」状態になっているのかもしれません。

そこで便利なのがずばりドラムループのサンプルです。

すでに完成されたドラムループをペタペタと貼り付けるだけで

あっという間にドラムトラックの完成になるわけですが点

これまた意外に

「手抜きじゃない?」「邪道じゃない?」と思う人がいるみたいです。

今日はそういう人がドラムサンプルを使うことをためらわなないための内容です。


スポンサードリンク

どのような打ち込みにしたいのか?

ドラム音源に限らずDTMの打ち込みは究極この考え方に収まります。

 

リアルにするかかしないか

 

今日はドラムに限りますが、

例えばクラッシュシンバルとハイハットが同時に発音するというのは

プレイ上ありえない話なので、リアルな打ち込みとは言えません。

ですがEDM系などエレクトリックな曲では別に

問題になりません。むしろ問題にする意味がありません。

なぜならリアルにする必要なんてないからです。

 

これがわかれば、どんなドラムの打ち込みをしようと

問題ないはずですよね。

かりにドラムのベロシティが一定にしても

「打ち込み感をなくしたいから!」という意図が

あり、それが伝わる音楽ならばなんら問題はありません。

 

つまり意図さえあってそれを説明できるなら、

ようは何だってありということです。

 

手抜き!邪道!と思う理由

なぜこういう考えになるのかというと

すべて打ち込まないと打ち込みじゃない!

自分で100%コントロールしないと気がすまない

という人に多いですね。

 

しかし、ちょっとまってください。

シンセの音色はゼロから作りますか?

supersawとかプリセットから選んでません?

EDMのキックはゼロから作りますか?

 

たぶんプリセットに頼るでしょう。

ドラムの打ち込みも

ドラムサンプルというプリセットを使うという

考え方で問題ないはずです。

 

バンドで曲をつくるときは

DTMでガチガチなデモを作って持っていったとしても

細かい部分はプレイヤーの判断に委ねられますし、

作っている最中でドンドンクオリティアップしていきますので

「すべて私が作った譜面通りにやれー」なんてことは

よほどのプロで意図することがない限り稀な世界です。

 

DTMはめんどくさい

DTMって実はめんどくさいんですよ。

あれもこれも手をつけてしまえる=あれもこれもしなければいけない

って考え方が成り立ってしまいますから。

だから、ドラムの打ち込みがめんどくさいと

思ったらサンプルループに頼ってしまえばいいんです。

DTMはめんどくさいですから、

DTMで何をしたいか明確にしておかないと

DTM迷子に”難民”になってしまいます。

歌ものをしたいのなら当然メロディが一番大事になるわけですから

メロディにかける時間とどドラムの打ち込みにかける時間

どっちを選ぶ?ときかれたら

きっとメロディですよね?

究極はかっこよさが伝わればばよい

ドラムサンプルを使おうが、打ち込もうが

究極は自分でかっこいいな!と思ったらそれが正解です。

そしてそれが聴いてくれる人に伝わったら

感無量!くらいの気持ちでOKと思っておきましょう。

 

ドラムループサンプルと打ち込みのハイブリッド

もしゼロからすべてドラムを打ち込まなければいけない!

と思っているひとは

Stylusのようなドラム音源は使うことができなくなります。

STYLUSではループを組み合わせてこんな感じのドラムループを簡単につくれます。

これをイチからやろと思ったらどんだけ時間かかるかわかりませんw

こういう便利な音源を柔軟に使えるようになるのも

DTMerの能力として必要なものと言えます。

スポンサードリンク

さいごに

ドラムを打ち込むのにドラムループサンプルを使うのは有り無し?

ドラムループサンプルを使うことを迷っていた人?どうです?

ドラムループ使ってみようと思えるようになりました?

 

私も昔は「全部自分でやなければいけない、手抜き、邪道だ!」と思い

ドラムサンプルループを使うのにすごい抵抗があった時代があります。

でも、使ってかっこよくなるなら、何をしてもいいはず!

それに自分の好きな曲のドラムがかっこよくて

どうやっているんだろ?と調べたらStylusにたどり着いたという

話でもあります。

 

やりたいこのかっこよさを追いかけたら、

きっと今自分が考えている方法だけが正解じゃない

と思える日がきます。

 

一つの考えにとらわれず純粋にかっこよさを追い求めましょう。