どうもUGです。

8割のDTMerが失敗するマスタリングの方法と考え方についてについてお話します。

 

DTMerにとってマスタリングって何?って聞くと

「ああ最後にマキシマイザー通して、音圧バリバリ稼ぐやつでしょ?」

というイメージを持っている人が多いですが、

 

本来は

  1. さまざまな素材、内容を記録媒体(CD、DVD、Blu-ray Disc、LPレコード、ビデオテープなど)に収録し、量産用プレスをする際のマスター(原盤)を作成する作業。これは音楽に限らずコンピュータゲームやパソコン用ソフト、データを収録したCD-ROMやDVD-ROMやBD-ROMの他、DVD-Video、DVD-Audio等のメディアの種類を問わず原盤を作成することを意味する。原盤製作作業。

  2. 録音による音楽作品制作において、ミキシングして作られた2トラック音源(トラックダウン音源、または2ミックス音源)を、イコライザーとコンプレッサー、その他のオーディオ・エフェクト機器を用いて加工し、CDやDVDやBD、インターネット上の投稿サイトといった最終的なメディアに書き出すために、音量や音質、音圧を調整すること。

wikより

という意味があります

 

楽曲の良さを最大限に活かすことを目的としているマスタリング本来ならば

もうちょっと広い使い方でCDに複数の曲を入れる場合のバランスをとることが主な目的ですが、

最近は一曲の音圧を限界まで上げることがマスタリングの目的と理解されている傾向にあります。

 

マスタリング=音圧が上げれば曲がよくなるという図式が一般的ですが、

その考え方は正解とは言えません。

 

最悪楽曲の良さを木っ端微塵にぶっ壊してしまう恐れがあります。

 

マスタリングって音圧をあげることが目的ではありません。

その意味をこの記事で理解できると思います。

 

失敗するマスタリングとは音圧のみに終始した考え方にあります。

でかけりゃいいってもんじゃないという話です。

 

では8割のDTMerが失敗するマスタリングの方法と考え方について

早速見ていきましょう。






マスタリングの失敗とはなにか?

失敗の定義はいろいろですが、わかりやすいのは

マキシマイザーをかけすぎたことによる音の飽和(割れ)や楽曲の立体感の欠如です。

 

音の飽和とは?

マキシマイザーをかけることで音が割れずに音圧だけを大きくしていくことができます。

イメージとしては箱の中で風船を膨らまし続けると最後は箱のサイズに合わせた状態で風船がパンパンになってしまいます。

このパンパンな状態が音圧が高い状態です。

 

普通なら限界を超えた風船は割れてしまいますが、デジタルの世界では箱の中で風船は割れないように頑張り続けます。

その結果風船の形は丸い原型をなくしてしまいます。

外から見ると「はこの中に何かが入っているけど何かわからない」状態になります。

 

これを音楽におきかえるとギターやベースやドラムという風船を

一斉に膨らましていく作業をしているのがマキシマイザーです。

そうなると、すべてが前に出てきます。本来ならば後ろで小さくなっていて良いはずの楽器さえも

当然大きくなります。

 

それが箱パンパンになった状態だとすべてがつぶれてひしめきあっている状態

これが音が飽和している状態になります。

 

デジタルクリップをしているわけではないので明らかに聞きづらい

ノイズが出て「聞けないレベル」ではないのですが、各楽器の輪郭や

音楽のニュアンス(優しいく弾くと小さくなるなど)はなくなってしまうことは

想像できると思います。

 

プロでも上記のような作品はいっぱいあります。

しかし、そこには意図がなく、簡易的にマスタリング処理をした結果のサウンドになっていることが多いです。

 

 

ひどいものになると完全に音が割れているものまであります。

 

プロの作品でそういうを見ると

「商業主義の成れの果て」と思ってしまいます。

 

 

マスタリングプロセス

DTMにおけるマスタリングプロセスはソフトウェアを使って行っている人がほとんどです。

有名なところでは

IKmultimedeiaのT-racks

created by Rinker
IK Multimedia(アイケーマルチメディア)
¥25,786 (2019/01/21 18:30:57時点 Amazon調べ-詳細)

izotopeのOzone8

とくにこのOzone8は最近すごい盛り上がりを見せてくれているマスタリングソフトェアです。

 

マスタリングプロセスとしてはいろいろな方法がありますが2mixの余計な帯域を削るEQ処理、より聞こえやすくするための

コンプ処理、アナログによる味付け、空間処理(ステレオ処理)などがあります。

それらをとても細かいレベルで調整していくのがマスタリングプロセスです。

 

普通のプラグイン(コンプやEQ)でもマスタリングすることはできますが、マスタリング専門のソフトは音の変化がとても小さくなめらかで、

大げさなかかり方はしません。

 

なぜならば、大げさに処理していまうということは2mixiにまとめた意味がなくなるからです。

大胆な音の処理は2mixになる前にやっておくべきで、2mix後は微調整するという認識であるべきです。

 

そのためイコライザーでブーストする必要があっても基本は2db以下に留めるのがマスタリングの基本です。

そもそも2mixで取られたバランスを2db以上変化させるというのはバランス自体を大きく変えていることになります。

 

大切なのは

 

マスタリングは微調整

 

これを念頭におくべきです。





失敗するマスタリング

2mixのバランスがとれていない

出すべきKICKやボーカルの存在楽曲を支えるベースこの三点のバランスがおかしいとマスタリングで何をどうやってもよくはなりません。

マスタリング云々と言う前に徹底気的にミックスになれるべきです。

 

ミックスについてはizotopeのNuetronを使うことでミックスの最適化をしてくれます

Nuetronに関してはこちらの記事が参考になります。

Nuetronが便利すぎてすごい

ですが多くの人が勘違いしていることがあります。

 

それは

 

バランスを取ってくれているわけではないということです。Nuetronが行うのはボーカルやKICKの音色に最適な

EQやコンプ処理をするのが目的です。

 

フェーダー処理は自分でしないといけません。

そしてミックスで大事なのはこのフェーダー処理による音量バランスです。

ここに審決をそそぐことでマスタリングの意味が最大限に発揮されます。

 

マスタリングプリセットを使ってしまう

本来音楽におけるプリセットは意味がありません。

曲の構成、使っている楽器の量によってもマスタリングの数値が同じであることはありません。

 

しかしプリセットがあれば音のイメージをしやすいためにたくさんのプリセットが用意されるようになりましたが、

マスタリングで失敗する人のほとんどはこのプリセットを鵜呑みにしています。

 

そしてもっと恐ろしいのはそのプリセットをそのまま使っているということです。

 

プリセットは参考でしかありません。

 

プリセット使うときのポイントは一度かかり方をゼロにして、全体的にゲインリダクションが3db以上

圧縮されないように調整するのがポイントです。





さいごに

8割のDTMerが失敗するマスタリングの方法と考え方について

失敗しないためにはとにかくバランスです。

それ以外はありません。

 

バランスをより整えるのがマスタリングの仕事です。

そしてその整えられる幅は2db以下

 

マスタリングはとても複雑で繊細な世界ですw

 

ちなみに私はこのソフトウェアを両方を持っていますし、使うことには大賛成です。

 

安易にソフトで出来てしまえるものではないという認識をもちながらやることで

マスタリングのグレードをあげることができます。