8割のDTMerが失敗するマスタリングの方法と考え方について

どうもUGです。

楽曲の魅力を最大限に引き出す仕事、

それがマスタリングです。

しかし8割以上のDTMerにとってマスタリングって何?って聞くと

「ああ最後にマキシマイザー通して、音圧バリバリ稼ぐやつでしょ?」

というイメージを持っている人が多いですが、

本来は

  1. さまざまな素材、内容を記録媒体(CD、DVD、Blu-ray Disc、LPレコード、ビデオテープなど)に収録し、量産用プレスをする際のマスター(原盤)を作成する作業。これは音楽に限らずコンピュータゲームやパソコン用ソフト、データを収録したCD-ROMやDVD-ROMやBD-ROMの他、DVD-Video、DVD-Audio等のメディアの種類を問わず原盤を作成することを意味する。原盤製作作業。

  2. 録音による音楽作品制作において、ミキシングして作られた2トラック音源(トラックダウン音源、または2ミックス音源)を、イコライザーとコンプレッサー、その他のオーディオ・エフェクト機器を用いて加工し、CDやDVDやBD、インターネット上の投稿サイトといった最終的なメディアに書き出すために、音量や音質、音圧を調整すること。

wikより

という意味があります

楽曲の良さを最大限に活かすことを目的としているマスタリング本来ならば

もうちょっと広い使い方でCDに複数の曲を入れる場合のバランスをとることが主な目的ですが、

最近は一曲の音圧を限界まで上げることがマスタリングの目的と理解されている傾向にあります。

 

マスタリング=音圧が上げれば曲がよくなるという図式が一般的ですが、

その考え方は正解とは言えません。

 

最悪楽曲の良さを木っ端微塵にぶっ壊してしまう恐れがあります。

 

マスタリングって音圧をあげることが目的ではありません。

その意味をこの記事で理解できると思います。

 

失敗するマスタリングとは音圧のみに終始した考え方にあります。

でかけりゃいいってもんじゃないという話です。

 

では8割のDTMerが失敗するマスタリングの方法と考え方について

早速見ていきましょう。

マスタリングの失敗とはなにか?

マスタリングのやり方を覚えたい人はたくさんいますが、

大事なのは何をすれば駄目なのか?ということをしっておくことです。

 

そうすることで「これ以上やれば音楽を壊してしまう」という防衛ラインを作っておくことができます。

便利で簡単なプラグインが溢れているからこそ「これ以上やると駄目」ということをしっておくことが重要です。

 

音楽とはとてもデリケートなものです。マスタリングも同じです。

「簡単に音圧を挙げられることがマスタリングではない」ということを常に覚えておくとよいでしょう。

 

失敗の定義はいろいろですが、わかりやすいのは

マキシマイザーをかけすぎたことによる音の飽和(割れ)や楽曲の立体感の欠如です。

 

音の飽和とは?

マキシマイザーをかけることで音が割れずに音圧だけを大きくしていくことができます。

イメージとしては箱の中で風船を膨らまし続けると最後は箱のサイズに合わせた状態で風船がパンパンになってしまいます。

このパンパンな状態が音圧が高い状態です。

 

普通なら限界を超えた風船は割れてしまいますが、

デジタルの世界では箱の中で風船は割れないように頑張り続けます。

その結果風船の形は丸い原型をなくしてしまいます。

外から見ると「はこの中に何かが入っているけど何かわからない」状態になります。

 

これを音楽におきかえるとギターやベースやドラムという風船を

一斉に膨らましていく作業をしているのがマキシマイザーです。

そうなると、すべてが前に出てきます。本来ならば後ろで小さくなっていて良いはずの楽器さえも

当然大きくなります。

 

それが箱パンパンになった状態だとすべてがつぶれてひしめきあっている状態

これが音が飽和している状態になります。

 

デジタルクリップをしているわけではないので明らかに聞きづらい

ノイズが出て「聞けないレベル」ではないのですが、各楽器の輪郭や

音楽のニュアンス(優しいく弾くと小さくなるなど)はなくなってしまうことは

想像できると思います。

 

プロでも上記のような作品はいっぱいあります。

しかし、そこには意図がなく、簡易的にマスタリング処理をした結果のサウンドになっていることが多いです。

 

 

ひどいものになると完全に音が割れているものまであります。

 

プロの作品でそういうを見ると

「商業主義の成れの果て」と思ってしまいます。

マスタリングプロセス

DTMにおけるマスタリングプロセスはマスタリング プラグインを使って行っている人がほとんどです。

有名なところでは

IKmultimedeiaのT-racks

created by Rinker
IK Multimedia(アイケーマルチメディア)
¥74,520 (2019/06/25 00:31:53時点 Amazon調べ-詳細)

izotopeのOzone8

created by Rinker
iZotope
¥37,584 (2019/06/25 00:31:53時点 Amazon調べ-詳細)

とくにこのOzone8は最近すごい盛り上がりを見せてくれているマスタリングプラグインです。

 

マスタリングプロセスとしてはいろいろな方法がありますが2mixの余計な帯域を削るEQ処理、

より聞こえやすくするためのコンプ処理、アナログによる味付け、空間処理(ステレオ処理)などがあります。

それらをとても細かいレベルで調整していくのがマスタリングプロセスです。

 

普通のプラグイン(コンプやEQ)でもマスタリングすることはできますが、

マスタリング専門のソフトは音の変化がとても小さくなめらかで、大げさなかかり方はしません。

 

本来であれば「かかっていることを認識できるほどの音質の変化」が望まれるエフェクトですが、

マスタリングで調整するのは大きくて2db程度です。その2dbの世界を

より精度の高い調整できるようになっているのがマスタリングプラグインだと思ってください。

 

上記でもお伝えしましたが、普通のプラグインでもマスタリングは可能です。

 

ではなぜ大げさに処理をしてはいけないのかというろ2mixiにまとめた意味がなくなるからです。

大胆な音の処理は2mixになる前にやっておくべきで、2mix後は微調整するという認識であるべきです。

 

そのためイコライザーでブーストする必要があっても基本は2db以下に留めるのがマスタリングの基本です。

そもそも2mixで取られたバランスを2db以上変化させるというのはバランス自体を大きく変えていることになります。

 

大切なのは

 

マスタリングは微調整

 

これを念頭におくべきです。

失敗するマスタリング

2mixのバランスがとれていない

出すべきKICKやボーカルの存在楽曲を支えるベースこの三点のバランスがおかしいとマスタリングで何をどうやってもよくはなりません。

逆にいうとこの三点をしっかりしていればそれなりに聴かせられるミックスの土台になるということです。

 

マスタリング云々と言う前にミックスになれるべきです。

 

ミックスについてはizotopeのNuetronを使うことでミックスの最適化をしてくれます

Nuetronに関してはこちらの記事が参考になります。

ですが多くの人が勘違いしていることがあります。

 

それは

 

バランスを取ってくれているわけではないということです。

Nuetronが行うのはボーカルやKICKの音色に最適なEQやコンプ処理をするのが目的です。

つまりNuetronがやっているのは音作りなのです。

 

音作りが先かバランスが先かという問題については

私は音作りが先で良いと思っています。

理由は、音量バランスだけでミックスが成り立つのはよほど録音状態が良い音源でないと

意味がないと思っているからです。

 

なので順番としては

 

音色作り→音量(バランス)これをオススメします。

 

追記

Nuetron3によりそのボリュームバランスをAIがしてくれるようになりました。

その精度はプロのエンジニアさんの中には眉をひそめる人もいますが、

ミックスに慣れていない人からすればかなりの精度だと言えます。

 

ちなみにアルバムのように複数のバランスをとる必要がない場合

そして十分なまでにバランスも取れて音圧も望むものになっているならば

ミックスの最終段階での音圧処理は必要ないでしょう。

 

マスタリングプリセットを無意味に使ってしまう

ここでのプリセットとは、OzoneやT-racksDAW付属のプラグインのチャンネルストリップのことを言います。

 

本来音楽におけるプリセットは意味がありません。

曲の構成、使っている楽器の量によってもマスタリングの数値が同じであることはありません。

 

プリセットは最適化されたものではなく「近似値」という考え方をもつことで

そのプリセットが音源に対して有効化どうかを考える目安にできます。

 

上記の内容をAIによって最適化してくれているのがOZONEにおけるプリセットです。

そういった意味でかOZONEはミックスの強い味方です。

しかし、AI処理されていないチャンネルストリップは音の傾向性でしかないので

参考に止めるべきだと思います。

 

しかしプリセットがあれば音のイメージをしやすいためにたくさんのプリセットが用意されるようになりましたが、

マスタリングで失敗する人のほとんどはこのプリセットを鵜呑みにしています。

 

プリセットは参考でしかありません。

 

プリセット使うときのポイントは一度かかり方をゼロにして、全体的にゲインリダクションが3db以上

圧縮されないように調整するのがポイントです。

DAWによってマスタリングは異なるの?

CUBASEによるマスタリング

LOGICによるマスタリング

そのほか、StudioOne、Protools、などDAWの数があればマスタリングのやり方は違うと思ってしまう人もおおいでしょう。

しかし、基本的にはマスタリングの方法論はどのDAWを使っても同じです。

マスタリング手順

ここでの手順を求める人の多くは

「具体的にどういうプラグインを指していけばよいのか?」ということだと思います。

このときに必要なのは「どんなプラグインを指すのか」も重要ですが、

どの順番でプラグインを指していけばどういう効果があるのか?ということを知っておくことです。

プラグインをかける順番

 

この場合の意図はコンプのかかりをより効果的にするためにEQを指しているということになります。つまり

下段にあるプラグインの効果を上段のプラグインが補うと思ってください。

 

プロのエンジニアは大量のプラグインを使うことがありますが、すべて100%の反映させるのではなく

一番かけたいエフェクトのの効果をあげるためにその前段にプラグインを指したり

「エフェクト処理をした結果、意図しない帯域が出たためにそれを削る」という使い方をしたりします。

 

大事なのは各エフェクトの役割分担を明確にしているということです。

 

ではも少しく具体的に見ていきます。

マスタリングのコツはプラグインの使用目的を明確にする

「コンプ→EQ」の場合

コンプによってローが潰れて帯域が狭くなることでEQの効きがよくなる。

そしてこの場合のコンプの設定は音の粒を揃えることをが重要です。

なので設定としてはここで具体的な数値を書くことはあまり意味がありませんが、

スレッショルドは低めにして-3db以下のゲインリダクションが起きるようにします。

レシオは1:4くらいで潰れ過ぎて音抜けが悪くならないようにします。

 

ある程度整った音をEQで処理していくわけですが、ここで

どんなEQを使うかがセンスの問われるところです。

普通のEQを使うもしNEVEやAPIなどのビンテージを使うもよしです。

しかし、それらが持つ音のキャラクターと「どの帯域をEQで処理したいのか?」を具体的にイメージしておくべきでしょう。

②「EQ→コンプ」の場合

ローが強いキックなどの場合でコンプを使うと、そのローの部分ばかりにコンプが反応してしまい

コンプがうまくかからない場合があります。よく「ローカット」するのは音として聞き取りにくい部分をカットすることで

コンプのかかり方をよくするというものです。

 

キックの場合、先にEQでローを削ってしまうことでアタック部分が強調されることになります。

それをコンプを使って持ち上げることでアタック部分が強調された音になります。

 

これはミックス時の音作りでも同じことが言えます。

よく何でもかんでも「コンプとEQ」を指すという人がいますが、

意図が明確でない限り効果はありませんので、注意が必要です。

 

マスタリングの場合最終の音のイメージから逆算してプラグインを使っていく

そのときに「指した次のものが主役になる」と考えならばマスタリングしていくと大きくハズレたマスタリングにはならないと思います。

マスタリングで一番重要なことはアレンジ

意外に思う人が多いのですが、これが一番重要です。

音圧を上げることを目的とするのではなく

すべての楽器がバランスよく聞こえることができる。これが良い曲の良いミックスの定義であり

それをよりよく整えるのがマスタリングの仕事になります。

 

今はプラグインでどんなアレンジであっても無理やり音圧を上げてしまえますが、

マスタリング工程で「何か違う」と感じたらすぐに全体のバランスがきれいに聞こえる

アレンジが出来ているかを確認する必要があります。

マスタリングの音圧はどれくらい?

少しでも大きい音の方が迫力があるため音圧戦争と第して音圧を上げる方向から少しずつ

変わってきているように思います。

具体的な数値はそのコンテンツによってある程度の最適値を参考にすることが望ましいですが、

 

音圧が高いから良い曲という認識でいると音圧難民になってしまいます。

音圧をあげることの意味は何か?

なぜ、音圧をあげる必要があるのか?

それらを自問自答したうえで音圧を求めることが望ましいです。

 

音圧処理に関しては乱暴なことを言ってしまいえば

マキシマイザー系のプラグインを重ねてつかうなりすれば

実は音圧自体は簡単にあがります。

 

しかしそこには情緒などはなく、ただでかいだけの音があるということです。

そのでかいだけの音で人を感動させることはできません。

 

この問はミキシングエンジニアからプロデューサーが常に問い続けている

哲学みたいなところです。

みなさんもよいマスタリングをしたいのであるならばマスタリングに哲学を求めましょうw

さいごに

8割のDTMerが失敗するマスタリングの方法と考え方について

失敗しないためにはとにかくバランスです。

それ以外はありません。

 

バランスをより整えるのがマスタリングの仕事です。

そしてその整えられる幅は2db以下

 

マスタリングはとても複雑で繊細な世界ですw

 

ちなみに私はこのソフトウェアを両方を持っていますし、使うことには大賛成です。

 

安易にソフトで出来てしまえるものではないという認識をもちながらやることで

マスタリングのグレードをあげることができます。

コメントを残す