MENU

denise Perfect Plate XL レビュー 自分好みのフルカスタムプレートリバーブ

<景品表示法に基づく表記>当サイトのコンテンツには、広告を掲載している場合があります。

Perfect Plate XLは完璧なステレオ プレートを作成できる リバーブプラグインです。

3種類のプレートリバーブタイプの選択、リバーブの響きを調整するイコライザー、共鳴を調整するレゾネーター、暖かみを調整するドライブ機能、など様々な機能が用意されています。

私も最初は「どうせ普通のプレートリバーブプラグインでしょ?」と思っていましたが、プレートの質感や減衰感、ビンテージ感あらゆる要素をフルカスタマイズできる楽しさと便利さにハマりました。

この記事ではPerfect Plate XLの機能を画像で詳しく解説しながら、詳細を解説しています。

UG
  • 元ゲーム音楽屋(NintendoDSなど)
  • 作曲歴20年以上
  • DTM記事執筆500以上
  • ショートアニメ、CM、企業PV音楽を制作
  • 詳しいプロフィール
タップできる目次

denise Perfect Plate XL 概要

メーカーdenise
製品名Perfect Plate XL
特徴大規模で柔軟なステレオ プレート リバーブを作成するTXVerb テクノロジー
リバーブ成分を整えるイコライザー機能
音像を調整するWidth機能
ビブラートを調整するロータリー機能
金属的な響きを加えるレゾネーター
Lo-Fiな質感に変化させるデチューン&サチュレーション
デチューンとサチュレーション: ローファイとヴィンテージの品質をコントロールします。
TXVerb™ リバーブテクノロジー
システムマック:
OSX 10.7 以降 
(64 ビットのみ) ( Apple Silicon Native)
VST、VST3、AU、AAX
Windows: 
Windows 7 以降 (64 ビットのみ)
VST、VST3、AAX
認証方式シリアル認証
認証数3
マニュアル公式サイトに機能説明にとどまる簡易マニュアル
価格$64.90→$20.90
備考公式サイトにてメール登録でトライアル版がDL可能

Perfect Plate XLはデジタル音楽の制作方法に新鮮なアプローチをもたらすことを目指す起業家チームDenisが作ったプレートリバーブプラグインです。

「denise Perfect Plate XL」は、TXVerb™テクノロジーを搭載した高度なリバーブプラグインです。アナログプレートリバーブの温かみとナチュラルなサウンドをデジタルで再現し、EQグラフ、レゾネーター、デチューン、ドライブ、ローテーターなどの多彩なエフェクトを提供します。直感的な操作性で、プロフェッショナルから初心者まで幅広く使用でき、音楽制作におけるリバーブの質と多様性を高めます。

ボーカルに最適なプレートリバーブがほしいけれど、いまいちしっくりこない場合などはdenise Perfect Plate XLを使えば解決策につながる可能性があります。

denise Perfect Plate XLのおすすめショッピングサイト

denise Perfect Plate XLを販売しているショッピングサイトは現時点では下記の2点のみ

  • 公式サイト(deniseaudio)
  • PluginBoutique

denise Perfect Plate XLのおすすめショッピングサイトはPluginBoutiqueがオススメです。その理由は

  • 現在セール価格を行っている64.90→$20.90
  • 購入価格に合わせたポイントを付与される(獲得できる仮想キャッシュ£0.75)
  • 報酬+トークンがもらえる(0.3ポイント)
  • 月替りのプレゼントがもらえる

これらの特典を受けることで、今後のプラグインを安く購入できるようになるのでオトクです!

PluginBoutique月替りの無料特典について

PluginBoutiqueで購入すると月替りプラグインが無料でもらえます。無料と行っても100ドル相当に売っているプラグインがもらえるのでかなりお得です。

2月の無料特典は

Universal Audio PolyMAX または Pulsar Audio W495 または Loopcloud 1 か月アーティスト プランの無料コピー

画像
注意点
  • Rent To Own プランは、無料トランザクション ギフトの対象外
  • Plugin Boutique アカウントが登録されていることを確認してください。アカウントをお持ちでない場合は、 こちらから作成できます。
  • 有料製品をバスケットに追加します (この特典は 無料製品には適用されません )。
  • 無料ギフトを選択し、チェックアウトを完了してください。
  •  取引の全額 に対してバーチャル キャッシュやクーポンを使用し ないでください。 (ただし、100% 未満の量でも問題ありません。)
  • このオファーの製品をすでに所有している場合、代替製品を提供することはできません。
  • この製品のコピーを別の製品と交換することはできません。
  •  この製品のコピーを再販することはできません。 
  • このプロモーションでは、製品の 1 コピーを請求する資格があります。
  • 1 回の取引につき 1 つの無料製品のみを請求できますが、複数の無料ギフトの場合は、すべての無料ギフトを取得するまで個別のトランザクションでこのオファーを引き換えることができます。

PluginBoutiqueでの具体的な購入方法はこちらの記事が参考になります!

denise Perfect Plate XL画像によるかんたんな解説

ここではdenise Perfect Plate XLの機能について画像でかんたんに解説しています。

レビューについて知りたい方はdenise Perfect Plate XL レビューをお読みください

画面左は減衰フィルターのスロープを選択画像です。この数値によってイコライザーカーブの表示が変わることがないので少し戸惑う人もいるかもしれません。これはリバーブの減衰フィルターやリバーブタイプ(DARK)に影響するパラメーターになります。

右画像リバーブの減衰フィルターの速度です、SLOWが余韻が長く、FAST XLが余韻が短いと考えてください。

denise Perfect Plate XLリバーブタイプ選択の画像

プレート全体の色を選択できます。音を派手にしたい場合はBRIGHT等を選ぶのがセオリーです。

続いて下のタブについて解説します。タブのパラメーターの共通点として、機能が書かれたタブ上でマウスを上下にドラッグしてdryとwetの成分を調整します。

レゾナンスでは特定の周波数の共振を調整できます。resを100%にすると共振がとまらなくなるので注意が必要です。resoは特殊な効果に思えますが、100%にしながら、ゲイン等を調整してください。驚くほどプレートリバーブのカラーを変更できます。

DRIVEは主にサチュレーション機能やビットコンバージョン的なアプローチが可能になります。

ROTAEはリバーブにモジュレーション効果を与える機能ですが、充実したパラメーターのおかげでゲート的な音作りも可能です。

DETUNEは、コーラス的なアプローチになり、テープフラッターのようなサウンドも作成できます。

denise Perfect Plate XLのDUCKERの機能表示画像

DUCKERではリバーブ成分のみをダッキングすることで、他の楽器とのリバーブのかぶりを調整します。

DUCKERとは?

「DUCKER」とは、オーディオエフェクトの一つで、特定の信号(例えばボーカル)が再生されている間、他の信号(例えばリバーブやバックグラウンドミュージック)の音量を自動的に下げる機能です。この効果は、主要なオーディオ要素が際立つようにするために使用されます。

具体的には、DUCKERはリバーブやディレイなどのエフェクトがかかったトラックに適用されることが多く、ボーカルやリード楽器が演奏されている間、これらのエフェクトの音量を一時的に下げることで、メインのオーディオがよりクリアに聞こえるようにします。演奏が止まると、リバーブやディレイの音量は元に戻ります。

この技術は、ミックス中でメインのオーディオ要素を際立たせるために、特にラジオ放送やポッドキャスト制作、音楽制作でよく使用されます。

denise Perfect Plate XLを詳しく学べる動画

ここではdenise Perfect Plate XLの詳細について解説している動画をピックアップしています。

この動画では以下の3点が見どころです。

  • 従来のリバーブを Denise Audio Plate Reverb に置き換えると、特にボーカルやギターなどの楽器の音質が大幅に向上した経緯、
  • ハイパスフィルタリング、ドライブ、回転、デチューニングなどの機能を備え、多用途で優れた結果を提供し、オーディオ制作においてボーカルや楽器に深みと個性を加える意味
  • 共鳴周波数を正確に制御できるため、曲のキーに合わせてリバーブを調整できる意味

最後には「Denise Audio Plate Reverb は単なるプレートリバーブであることに限定されません。これは、幅広いオーディオ ソースを強化できる多用途のマルチエフェクト ツールです。多彩なアルゴリズムにより、スネアやボーカルなど音楽制作のさまざまな要素にクリエイティブな応用が可能です。」と締めくくっています。

再生回数も豊富なため、多くの人が参考にしているのがよくわかります。

denise Perfect Plate XL レビュー

音質4
機能性(オリジナル性)4
操作性(使いやすさ)2.5
安定性(CPU負荷)3.5
価格4
総合評価3.6

音質4

denise Perfect Plate XL のプレートサウンドはダークなサウンドからブライトなサウンドまで選べます。それぞれに密度があって用途に応じて使い分けが可能なサウンドです。

次の6つのパラメーターを使うことでよりエフェクティブなプレートリバーブサウンドを構築できます。

上記の白い画面にはスペクトラムアナライザーも表示されるのでどの周波数にリバーブが集中しているのがわかるのも使い勝手がいいですね。

EQ:リバーブをイコライザーで調整

RESO:任意の周波数に金属的な効果を加える

DRIVE:派手目のテープサチュレーション

ROTATE:モジュレーション効果

DETUNE:テープサウンド的なデチューン効果

DUCKER:本来ダッキングとして使えるパラメーターですが設定次第ではドライブサウンドにもなります。

10秒で覚える豆知識

リバーブプラグインはAUX(センド送り)じゃないと使っちゃ駄目?

AUXに使うことで他のトラックも混ぜることができましたが、CPU処理速度に問題がないのであれば、

トラックに直接使ってもOKです。その場合DryとWetのバランスに気をつけましょう。

まずはドライ&ウェットを50%からリバーブのバランスをとるのがおすすめです。

機能性4

Perfect Plate XLおすすめプリセット!

プレートリバーブのクオリティは使いやすく即戦力になるレベルです。

しかし、Perfect Plate XLの魅力はアグレッシブに音が変化することです。

個人的には「Synth LFO Plate」です。これはリバーブをLFOと同期させることでリバーブにサイドチェイン的な効果を生むプリセットです。

プレートリバーブはEDMリバーブとしても使われることが多いですが、LFOとの動機より王道のEDMリバーブを超えた使い方ができます。

サイドチェインは音量変化がよく使われるエフェクト効果ですが、リバーブに使っても実に面白い効果が得られます。

Widthをモノラルからステレオ変化させていくことでよりドラマチックな演出効果が期待できます。

音質2.5

Perfect Plate XLの操作性メリット・デメリット

Perfect Plate XLはパラメーターの意味などがわかりやすいので、直感的に操作しても意図した結果になりやすいです。

リバーブに限らずソフト音源でもすべてのパラメーターがゼロの位置にあるデフォルト設定は重要です。これがあるとパラメーターの変化の度合いがすぐに確認できます。

Perfect Plate XLにはデフォルト設定があるので安心して音作りができます。

画像

しかし、いくつか気になる部分もあります。まずプリセットの切り替え等はあまり操作性が良いとは思えません。

プリセットの切り替えは下記の画像の矢印の部分で変更しますが、プリセットブラウザ(MACOSのブラウザ画面)の並んでいる順番ではありません。操作性を著しく悪くするものではありませんが、変更されていくプリセットと並んでいるプリセットの順番が違うのは地味に気になります。

画像
画像

個人的にはプラグイン内に独自のブラウザビューを作って選択できればもっと使い勝手がよくなると思いました。

また各パラメーターを変更したときに若干の遅れが生じる場合があります。なので「あれあまり効果が変わららない」と思って乱暴にパラメーターを大きく変更すると思っていなかったような音量で再生する場合があるので、若干注意が必要です。

安定性3.5

Perfect Plate XLのCPU負荷

  • パソコン  Macmini2018
  • CPU  Corei7i7-8700B6コア HT使用時12コア 3.2GHz/ターボブースト(TB)使用時4.6GHz
  • メモリ 32GB
  • システム OS10.14.6 Mojave
  • Audio/IF Motu896HD
  • バッファー 256
  • DAW   LogicProX10.4.8
  • 再生ストレージ HDD

上記の環境で、CPU負荷は以下の通り

画像

負荷の平均は20%程度です。

負荷の比較としてはIK MultimediaのSunset Sound Studio RevebがCPU負荷平均15〜20%

画像
画像

Logic Pro X付属のIRリバーブspacedesignerが5%〜10%

画像
画像

spacedesignerはさすが純正だけあって負荷が低いです。このような比較をするとPerfect Plate XLは高いように感じるかもしれませんが、

Perfect Plate XLはイコライザー、ダッカー、サチュレーション、デチューン、すべてをONにした状態の負荷で

オフにすると10%程度まで減らすことができます。

画像

価格4

通常価格セール価格
Perfect Plate XL$64.90$20.90

Perfect Plate XL 価格から見る購入ポイント

Perfect Plate XLは、以下の理由でプレートリバーブを求めるユーザーにおすすめできます:

  1. 高品質なリバーブ: アナログプレートリバーブの温かみとナチュラルなサウンドをデジタルで再現。
  2. 多様なカスタマイズ: EQ、レゾネーター、デチューンなどのエフェクトで独自のサウンドを作成。
  3. 使いやすいインターフェース: 初心者からプロまで直感的に操作可能。
  4. コストパフォーマンス: 機能の多さに対して価格が適正。

総合的に、高品質で多機能、使いやすいこのプラグインは、価格を考慮しても優れた選択です。

Perfect Plate XLどんな人におすすめか?

ここではPerfect Plate XLがどんなユーザーにおすすめできるのかどうかについて解説しています。

おすすめする人:

  1. プロフェッショナルな音楽制作者: 高品質なリバーブと多様なカスタマイズオプションを求めるプロのプロデューサーやミキシングエンジニアに最適です。
  2. サウンドデザインにこだわるアーティスト: 独自のサウンドを追求するアーティストやサウンドデザイナーにとって、豊富なエフェクトと調整可能なパラメーターが魅力的です。
  3. リバーブの質に敏感なユーザー: アナログプレートリバーブの温かみと質感をデジタル環境で再現したいユーザーに適しています。

おすすめしない人:

  1. 初心者やカジュアルユーザー: 複雑な機能や設定が必要なため、リバーブの基本的な使用に慣れていない初心者やカジュアルなユーザーにはやや難しいかもしれません。
  2. シンプルなリバーブを求めるユーザー: 基本的なリバーブ機能のみを求める場合、Perfect Plate XLの提供する高度な機能は必要以上かもしれません。
  3. GUIが気に入らない人:もっとリアルなDenise audio特有のGUIが好きになれない人には向かないかもしれません。

総じて、「Perfect Plate XL」は、高度なリバーブ機能とサウンドデザインの可能性を求めるプロフェッショナルや熱心な音楽制作者には最適ですが、初心者やシンプルな使用を好むユーザーにはやや過剰な機能を持っているかもしれません。

まとめ

Perfect Plate XLのまとめ

  • 使えるプレートリバーブプラグイン
  • サウンドのカラーはタイプ5種類、音質3種類から選択
  • アナライザー付きのイコライザーでリバーブが集中している箇所を確認可能
  • RESO DRIVE ROTATE DETUNE DUCKERを使って通常の自然なプレートサウンドから人工的なサウンドまで加工可能
  • プリセットの選び方に少しだけ難あり(個人的解釈)
  • 負荷はそれほど重くない

プレートリバーブとして使うのもありですが、個人的にはLFOと動機しながら、ドライブ機能で歪ませるそんな使い方も楽しいですね。

リバーブスロットに常備しておけばリバーブサウンドの音作りに必要なプラグインはコレ一つで対処できることが多くなりそうなプラグインです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

タップできる目次