どうもUGです。

プロの間でとにかく人気のプラグインメーカー

「Kush」がセールをやっています。

そのなかでもこれだけはもっておけ!

というのがAltecのマイクプリアンプをエミュレートした

model458Aです。

 

効果としては音像の広がり方が自然で、

まるでレコーディング時に直接マイクの位置を

コントロールしているかのような音質変化が楽しめます。

ちなみに私の場合はよくドラムのルームに使います。

 

458Aに関してはこちらの記事が参考になります。

プラグインKush[MODEL458A]の魅力

 

他にもKushのプラグインは独特で

どれもこれも魅力あふれるものばかりですが、

458Aとならんで人気なのが

「REDDI-Tube D.I」というプラグイン

今日はこのREDDI-Tube D.Iについてお話したいと思います。






そももDIって何?

ベースやギターの宅録をしないDTMerにとっては縁のないものですが、

ほとんどのオーディオインターフェースのインプットに実はついています。

 

簡単に説明してしまうと、ギターの出力はとっても小さく、それを

ミキサーやオーディオインターフェースでそのまま受けると、

ノイズがのったり音が小さく痩せてしまうので、それらの問題を回避

してあげよう(レベルのマッチング)というのがダイレクトボックスの役目です。

 

DIとして有名なのは

BOSS ( ボス ) / DI-1

 

ライブハウスで使われているテッパンDIです。

ライブをしたことがある人なら見たことがある人はおおいはず

 

またCOUNTRYMAN ( カントリーマン ) / TYPE85も有名です。

 

さてレベルのマッチングが主な仕事のDIですが、

中にマイクプリ的な機能を搭載しているDIも多く

今回の紹介するもとになったREDDIもそのタイプといえます。

A-Designs REDDI-Tube D.I

レコーディング・エンジニアから「最高のチューブDI」との評価を得ているREDDI-Tube D.Iは

ワイドレンジな周波数特性と余裕あるゲインレンジにより、競合機種と比べてもクリアーなサウンド。

ベースギターやエレクトリック・ギター、シンセサイザーなど電子楽器の業務用機器へのインターフェースとして最適

ということですが、とくにベーシストからの評価が高く

ベーシストが泣いてほしがるDIという話もあるとかないとかw

  • 製品の特徴
  • オールチューブデザイン
  • Ampeg B-15からインスパイア ・6NI-Pバキュームチューブ
  • レベルコントロール可能
  • グランドリフト・スイッチ
  • ゼロフィードバックループ
  • オリジナル出力トランス
  • クリアで伸びのあるハイエンド特性
  • 暖かみがあり、透明感にあふれた高品位サウンド
  • 6.3mm フォンジャックのスルー出力
  • パワーインディケーター用高輝度青色LED
  • ノイトリック製XLRおよび6.3mm フォンジャック入力端子
  • XLR出力端子入力インピーダンス:1.4kΩ
  • ゲインレンジ:16dB
  • ノイズ(EIN):-128dB
  • 入力端子:XLRコネクタ/6.3mm フォンジャック
  • 楽器用入力インピーダンス(6.3mm):100kΩ以上
  • 出力端子:XLR
  • 出力インピーダンス:600Ω
  • 最大出力レベル:+22dBu
  • 出力:ローインピーダンス、トランス式フローティングバランス
  • 周波数特性:20Hz-60kHz
  • 歪み(THD):0.08@1kHz
  • 電源容量:100/120/230 VAC、42W
  • サイズ:89W x 89H x 368D(mm)
  • 重量:4.54kg

驚くのは重量!!

BOSSのDIは480g

少し大きいカントリーマン85でさえ520g

REDDI-Tube D.Iはなんと4.54kg

ほぼ10倍近い重たさ

そしてお値段もBOSSのDIが10,480円

カントリーマン85が17,800円に対して

REDDI-Tube D.Iは110,000円

重量もお値段も10倍!w

しかし音質の方は10倍どころか、100倍といっても過言ではないほどの音質をもっているのが

REDDI-Tube D.Iです。

まぁDIに音質を変化を求めるのはある意味邪道なのかもしれませんが、

ご機嫌なtubeサウンドを出してくれることで人気のDIです。

Kush REDDI-Tube D.I

GUI的には正面からみた感じですね。

メイン機能以外はインプットとアウトプット

そしてオーバーサンプリングがついています。

 

使い方は簡単です。

というか使い方が難しいDIってそれはもはやDIでは無い気がしますがw

 

基本はレベルとベースをいじる形になり、

歪をつくる場合はLEVELノブと+20DBのHEADROOMで使います。

音質比較

音源はIKのMODOBASS

バイパス状態

オン状態

歪ませた状態

 

MODOBASSがより生々しくなったと思いませんか?

かなり良質なゲインを稼げているような気がします。

お値段が現在セール中ということもあり、

30ドル程度購入できます。110,000円の音質を

3000円程度でかえるなら試す価値はありますし、

もっておいて損はないと思います。

 

ただ!!

 

ぶっちゃけていってしまうと

パソコンの中に取り込んだ音に対して

DIは必要ないですw

本来は取り込む(レコーディングする)前の段階で

使われるのがDIですw

 

とまぁそんなことを言い出したらキリがないです

 

音質変化はご機嫌そのものなので、

DTMerにとってもベースプレイヤーにとっても

音作りにおいて強い味方にはなってくれると思います。





さいごに

最強ベースの音作りができるプラグインKush-REDDI-Tube D.I

とにかく「458AとREDDI-Tube D.I」はもっておけ!

という人がいるので購入してみましたが、

「アリ」です。

私的にMODOBASSサウンドをちょっと見直した気がするレベルので

サウンド変化を味わえましたw

コストパフォーマンスがめちゃめちゃよい

Kushのプラグインこのセールにひとつ手に入れてみてはいかがでしょうか?

Kush公式サイト