MENU

カテゴリー

誰でも簡単に倍音を聞きとる方法を紹介!ミックスや作曲技術が向上します。

倍音を聞き取れるようになると教則本10冊以上の作曲スキルとミキシングスキルが身につきます。なぜなら作曲で音を重ねる「レイヤー」という技術も基本は倍音を調整しています。

ミキシングにおいては音の抜けやコンプやEQ処理も基本は「倍音」の調整です。つまり倍音を制するものはDTMを制すると言っても過言ではありません。

しかし倍音という言葉を聴いてもその実態が何かわからなかったり「何か難しそう」というイメージをもってしまい倍音に親近感を覚えない人が多いです。

つまりそれは「チャンス」です。

他の人がやっていないことを一ヶ月でも2ヶ月でもやればそれだけ技術を磨くことができます。それに倍音を聞き取る練習をすればもれなく耳コピの技術まで上達します。倍音を聞き取る練習やらない方がもったいないですよね?もちろん、思ったようにできなくても「そこに意識が向けられる」というだけでも最初はオッケーです。この記事を読んで倍音について親しみを持つことができればだんだん倍音を感じることができるようになりますので、ゆっくりとあなたのペースで鍛えていくとよいでしょう。

倍音とは

基音の振動数の整数倍の振動数をもつ音です。

なんのこっちゃ。

これをパッと言われてわかるなら相当勉強してますね。さて言葉では音で説明してくとドという音の中にはこれだけの音が同時になります。

 

 

wikiより

また周波数で表すと

  • C3 130.813
  • C4 261.626
  • G4 391.995
  • C5 523.251
  • E5 659.255
  • G5 783.991
  • A#5 932.328

ミックスの師匠として勝手に崇めている飛澤さんも倍音についてしっかりと言及されています。

倍音を理解する [動画あり]

さてこの倍音を聞き取るのは慣れてしまえばそれほど難しい話ではありませんが、慣れていない人にとっては神の領域の世界です。なんせ一つの音の中にこれだけの無数の音があってそれを聞き分けられるのならすごいとしか言いようがありません。

倍音について

 

倍音の出方で音が変わっているのがよくわかります。ちなみにホーミーというモンゴルの声の出し方もあれも倍音です。一つの音の中に感じる音、それが倍音です。

倍音の聞き分け方

まずこの音をきいてください。音量に注意してください。

このドの中に上で書いた音が含まれています。聞き取れましたか?大切なのは意識することですw意識することで聞こえてきますw聞こえない?って

もう一度

きこえるかっちゅーのw

聞こえなくても問題はありません。では次の音をきいてください。

一回目の音と違いがわかりますか?具体的ではなくても大丈夫です。なにか違うと感じられるかどうかです。もうちょっと大げさに変えてみましょう。

これはどうういう音かというと第三倍音を強調しているんです。上記の表で確認すると第三倍音はソの音にあたります。

アナライザーで確認してみます。

よりわかりやすくするためにブーストしていますが、C3の周波数は130hz第三倍音のG4は391hzちょうどソの音が上がっているのがわかると思います。さてこのブーストされている部分も声に出して歌ってみます。「ソーッ」って感じで何回もやってみます。5分もやれば十分です。

でこのEQを切ってもう一度最初の音を聴いてみます。

ドの音の中にソを感じることができると思います。もしできなければもう一度第三倍音を強調した音をきいてみください。なんでもやれば必ず聞き取れるようになります。もう一つ確認してみます。

何の音が強調されているかわかりますか?ではもうちょっと強調してみます。

この強調された音を声に出して歌ってみてください。答えは次のうちの音のどれかです。

アナライザーで見てましょう

強調されているのは659hzこれは第五倍音の音になります。そしてこれまた同じように強調された音を5分程度でいいので歌い続けます。そして強調されていない音を聞くと、この第五倍音を感じることができるようになっていると思います。

最後にもう一つ

もうわかってきたかもしれませんね。もうちょっと強調します。

  1. シ♭

どれかです。アナライザー

932hz

第七倍音 B♭です。声に出して歌い倍音が強調されていない音を聞き返すと第七倍音を感じることができると思います。ただ第七倍音は多少難しいかもしれませんが、繰り返していると必ずできるようになります。作曲時に倍音を意識できること音のぶつかりがわかるようになります。

これは和音的な話ではなく音色レベルの話です。一言で言えばチューニングの精度をあげられるということ。ミックス時には必要のない倍音を削ることですっきりとしたミックスをできるようになり、また各プラグインの特性を理解することができるようになります。

例えばモデリングシンセはオシレーターの倍音の違いによって音色が決まります。いままで抜けが悪いからとむやみにEQでお仕上げていた高域も、もとから倍音が抜けやすいソフトシンセを使えば不必要なイコライジングは必要ありあません。エフェクトプラグインの「温かみのあるコンプ」なんていうものも倍音がどれくらい出ているかで確認できます。

例えば第二倍音が強調されるコンプが合ったとして第二倍音が強い音色に使う必要はない。みたいな判断です。

今回使った音色

Modattのpianoteqというピアノ専用音源です。物理モデリングピアノで、ピアノの音色を作り上げる様々なパラメーターを動かすことができます。今回の倍音調整このこの音源内にある倍音増強を使ってやっていました。かなりよく出来た音色ですし、生ピアノのような弦の共鳴による倍音が確認できるのでオススメです。

さいごに

誰でも簡単に倍音を聞きる方法を紹介!ミックスや作曲技術が向上します。いかがでしたか?耳コピには自信がないという人でもこの方法を使えば倍音レベルの耳コピが可能になります。DTM初心者でも経験者でもこのスキルは関係ありません。認識さえしてしまえばいいだけの話です。

音色のカラーを決める倍音ぜひマスターして作曲にミックスに活かしてもらえたらと思います。すべてCのキーでやっていますが、倍音の関係性はどのキーでも同じなのでいろいろと試してみてもおもしろいと思います。

コメントを残す

Twitter
SHARE