どうもUGです。

今回は「DTM防音の落とし穴シンセ打鍵音が騒音問題にならないための防振対策について」

お話します。

 

 

DTMをやるうえでスピーカーのボリュームの大きさは騒音問題になる可能性があるので注意が必要です。

実家やある程度の音が出せる環境なら範囲の迷惑が「家族」に限定されるので

「ごめんごめん!」で住むかもしれませんが、

マンションなどの場合は誤って済むだけにはならず騒音問題に発展すると

最悪立ち退きの可能性が出てくる場合があるので注意が必要です。

 

そういうときはスピーカーの音量を絞る

または

ヘッドホンを使うことで「音量」のトラブルは回避できますが、

実はDTMにおいて騒音問題になるのは音量だけではありません。

実はシンセやキーボードの打鍵音の振動は思ったより響き

崖下だけではなく両隣や上の階にも響くことがあります。

 

音量は下げることで対処できますが、

物理的に弾くキーボードやシンセの対処に関しては

対処が難しく完全な解決策は難しいです。

 

そこで今回は打鍵音の対策方法としていくつか紹介してみたいと思います。

 

効果の程は住んでいる環境や使っているシンセによっても異なるのですが

少しは参考になると思います。

 

それでは

「DTM防音の落とし穴シンセ打鍵音が騒音問題にならないための防振対策について」

早速見ていきましょう。






打鍵音とは

鍵盤は押して上がるという物理動作音が存在します。

ゴトゴトという音が打鍵音と呼ばれるものです。

こればかりはどうやっても消すことはできません。

 

これをいかに「小さくする」「響かないように」するというのが騒音対策になります。

これが打鍵音です。

 

これを周波数分布でみるとこんな感じになります。

机の上においたiPhoneで収録しているので低音をかなり拾っています。

そしてこの振動は壁を伝わるので他の部屋にも響きます。

私のケースでは60〜75db結構強く弾くと90dbまででます。

 

私の作業場は簡易的なオーディオルームですが、

すぐとなりが寝室になっています。

その寝室にiphoneをおいて計測するとこんな感じの音になります。

ゴトゴト言っている音がわかると思います。

iphoneのマイクで拾っているのがこの程度ですが、

夜寝ているときにこのとが聞こえてくるとかなりうるさく感じます。

これを周波数帯域でみると次のようになります。

70〜100hzと200hz付近もあたりが飛び出してきます。

 

対策1 なるべく小さく弾く

鍵盤が優しくとにかく「ドン!」と力強く弾かなければ振動音が小さくなるので、

ある程度は抑えることができるかもしれませんが、

作曲時や弾いているときにそんなことを考えながらするのはストレスになってしまい

集中できなくなると思うので現実的ではありません

 

対策2 防振グッズを使う

重めの防振ゴム

冷蔵庫や洗濯機などの防振を抑えるための防振ゴムなどを使うことで

ある程度抑えられるケースもあります。

私が使っているのはこちら

正直これほど大きいものは必要ないかもしれませんが、

これをキーボードの下に弾いてみます。

弾いてますw

かなり軽減されているのがわかります。

かなり強く弾くことで防振ゴムがない状態と同じくらいになります。





100均一のゲル素材の耐震マット

さきほどの東京防振の耐震ゴムは1つで1000円近くしますが、

こちらは4枚100円と非常にリーズナブル

一枚では不安なので重ねて2枚にしてみました。

こちらもだいぶ軽減しているのがわかります。

しかし、ゲルマットの方が低音が響いているように思います。

50hz付近はやはり逃しきれない印象を受けます。

モコモコ言っているのがそのあたりの周波数です。

 

対策2 軽い机を使わない

ある程度重たい机を使うと打鍵音が伝わりやすくなってしまうので、

多少重めのデスクを使うと軽減される可能性があります。

また机を壁にくっつけてしまうと振動が壁に伝わってしまうので、

机はピッタリと壁につけずに少し離しておくのも振動対策になります。

 

床に防振マットを弾く

打ち込みキーボード(シンセ)の下に防振ゴム

さらに机の足にも防振ゴム

さらに床に防振マットを弾くことで何もない状態と比べると

かなり軽減されます。

 





 

さいごに

シンセ打鍵音がうるさい!正しいDTM防音の考え方と対処方法

いかがでしたかでしょうか?

 

音量は吸音材である程度処理できる部分もありますが

打鍵音はそうは行きません。

 

一人暮らしでDTMを夜中にやっていると音量を気にかけても

打鍵音を意識しない人も多いです。

余計なトラブルになる前にもこのあたりは前もって対処しておきたいところです。

 

打鍵音の他にもついノッてくると足踏みをしてしまうことがあると思いますが、

これも地味に響いてしまうので、注意が必要です。

 

防ぎ方は、防振マット、防振ゴム(ゲルマット) 重たい机

などです。

 

今回のケースではやはりいちばん重量が重たい防振ゴムが効果が高かったですが、

ゲルマットもそれなりに頑張ってくれています。

 

部屋中に吸音材をはっても防振対策にはなりません。

近隣住民とのトラブルにもならないために

防振対策はしっかりしてくとよいでしょう。