オシャレ可愛い持ち運びも簡単で音も良いミニシンセサイザー4選

どうもUGです。

今までDTMはパソコンにしろハード音源にしろ

どれだけ良い音源をつめるか、どれだけよい操作性があるか

というところが注目されてきました。

 

Macは初代imac以降オシャレになってきたけど、

打ち込みのDTMに必要な打ち込みのためのキーボードは

相変わらず「男の子のためのモノが多かった」

これども可愛いキーボード(シンセ)があってもいいはず!

 

ごつい!

重い!

可愛くない

は女子DTMerに優しくない!w

 

同じやるなら音もキーボードも本格派!

でも可愛さも忘れたくない!

ということを大切にしている女子DTMerすべてに

今日は

オシャレで可愛いくても音は本物!ミニキーボードオススメ4選を紹介します。

korg Minilogue

デジタルシンセではなく完全なアナログ・シンセ

ポップという可愛さはないかもしれないけど、

これはこれでアリな気がする。

後ろの木目がいい感じ。

USB端子はPCとのmidi情報のやり取りのみ。オーディオインターフェイス的なものではないみたい。

評判

みんな独自にペイントしたりシールはったりで楽しそうな使い方をしている人が多いですね。

正直、今はマルチ音源が何千円でいっぱい買える時代ですから、こういうホンモノのアナログ・シンセを使うことで

他のDTMerと差別化をはかるという点でもオススメです。

 

 

monologue

korg Minilogueは同時発音数が4音だけどという同時発音数1音の姉妹機があります。

こちらになるとカラーバリエーションも増えてとってもポップになります。

評判

大きさはものごすくコンパクトです。

ただ鍵盤の少なさがDTMの打ち込みキーボードとして使うにはちょっと使いづらい印象をうけます。

 

microKORG S

ミニ鍵盤のはしりとも言えるのがmicro KORG

最初はいかにも男のが好きそうなデザインだったのが

 

 

こんなにオシャレ大変身。

そしてこいつは初代microKORGにはなかった

スピーカーも搭載していてこれだけでも音が出せるのがポイント

ちょっと音を出したい時にスピーカーがあると本当に便利です。

内蔵音源はシンセがメイン。ピアノやギターといったアコースティック系は

パソコンの方で用意する必要があるけど、こんな可愛いければ

許せてしまうレベルの外観だと思う

ちなみにマイクはボコーダー機能なので歌を録るためのものじゃありませんよw

 

ただひつだけ残念なのはUSB端子がないため

midiインターフェイスがついたオーディオインターフェイスがないPCと繋げられない

ということ。

これがあれば…ベッドで寝転がりながらノートパソコンとこいつだけで

ベッド・インDTMができたのに、そいう女の子を見てみたかった(やめろw)

ダントツでお洒落ですw

評判

https://twitter.com/ayataka07_3/status/1028933559489187840

https://twitter.com/roballen_jp/status/970284850031640576

たしかに可愛すぎます。

反則級ですw

そして音もよいしスピーカーもついてる

無敵過ぎて辛いです

インスタばえNo1のキーボードとも言えます。

 

JD-Xi

私も持っているRolandeのJD-xi

90年代のキングオブデジタルシンセのJDの名前を引き継いだシンセサイザーJD-XAの

機能をサイズダウンしたもの。サイズダウンと言ってもこれだけでもすごい音源で、

なんとデジタルシンセ、アナログ・シンセ、ドラムパートを内蔵しているトラック別に

を搭載している。JDといえばTKピアノというくらい

有名になったJDピアノも搭載している。

こちらはボコーダー用のマイクを搭載

そしてミニ鍵盤で唯一のUSB端子によるオーディオインターフェイス機能が付いているので

PCに直接JDの音を取り込めるのがポイント

microKORG Sのようにスピーカーはついていません。

限定カラーも販売されている。オシャレ度でいうと限定カラーの方がかわいい感じがする。

created by Rinker
ローランド
¥55,000 (2019/12/06 08:45:35時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの記事も参考になります。

JD-xiの魅力

評判

デジアナシンセとしては最強ですね。

 

YAMAHA refaceシリーズ

各音源に特化したrefaceシリーズ

左上refaceCSはシンセ系

右上refaceDX FM音源系

左下refaceYCオルガン系

右下refaceCPピアノ・キーボード系

という形で分かれている。

音色はどれもこれも素晴らしい、

個人的にはrefaceCPのエレピの音はめちゃくちゃ好みの音だった。

 

refaceの特徴は音色もさることながら奥行きが短いために置く場所に左右されないのが良い。

しかし奥行きが小さいからといって音色エディットがしにくいわけでもない。

コンセプトデザインが優れているのがよく分かる。

 

ちなみにJD-xiやmicro KORG Sみたいにボコーダ用のマイクはついていない。

refaceシリーズはUSB端子が付いているけど、パソコンに音を取り込むためのものではないということ

あくまでエディットした音色作成の保存という使い方がメインらしい。

 

created by Rinker
ヤマハ(Yamaha)
¥42,833 (2019/12/06 15:20:53時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ヤマハ(Yamaha)
¥49,500 (2019/12/06 08:45:37時点 Amazon調べ-詳細)

評判

https://twitter.com/shoko_mochiyama/status/953537597833347072

実はrecaceシリーズはショルキーにもできるので

ステージ映えもします。

 

さいごに

今後は各メーカーがどんどんインテリア性の高いものを出してくるでしょう。

インテリア雑貨などの店にもシンセがおかれる日やってくるかもしれません。

かわいくても本格的な音源はますますDTMライフをより良いものにしてくれそうです。

ぜひあなたにピッタリのかわいいシンセを見つけてください。

 

コメントを残す