おすすめDTM教室(学校)が絶対教えてくれないこと

どうもUGです。

DTM教室や学校に習いに行った(行っているけど)

なかなか作曲ができるようにならないなー

と思っている人いませんか?

 

作曲の仕方を習いにいっているはずなのに

難しい言葉ばかり覚えさせられる。

授業もつまらない

 

これは甘えなのかな?

やめようかな〜

でも高いお金払ってるしなー

 

こんな不満を持っている人多いと思います。

 

DTMや作曲を学べる教室はたくさんあっても

自分にあった教室を探すのは大変なことです。

しかしそれ以上に適切なカリキュラムを教えてくれているところは

少ないです。

学校や教室にいっても作曲ができない理由

 

それは作曲に1番必要なあるものを学校側が教えてくれないからです。

 

それは何かと言うと「動機」です。

音楽的なモチーフというよりは「自分の衝動を音楽にするための方法」です。

これを学校では教えてくれません。

正直ここに時間をかけている学校を見たことがありません。

どういうことか詳しく見ていきましょう。

どの学校もカリキュラムは似ている

最初に学校のカリキュラムについてちょっとだけ見ていきましょう。

 

どの学校の作曲コースも教室も以下のことを学びます。

 

  • コードやメロディ(スケール)の使い方(必要最低限の理論)
  • DAWやソフト音源の使い方
  • 打ち込み方法(テクニック)

 

ここをベースにして耳コピの授業が入ってきたり

スタジオレコーディングを勉強したりというパターンになる

学校もあります。

 

この方法が取られている理由は

ある程度パソコンやDAWを扱えるようになり、

そこに必要最低限の理論があれば音楽を作る基礎にはなるからです。

 

しかしこれだけで半年で作曲できるようにはなりません。

 

作曲に必要なのはなにか?

理論を学ばない人が音楽を作れる人の理由とはなんでしょう?

それが「自分の衝動を音楽にするための方法」です。

 

例えば、喜怒哀楽を表現したいという気持ちがあった場合

どの音、どのコード進行を使えばそれができるのか?

それを感覚でわかることです。

この部分が俗に言うセンスという部分でもあり、

どことなく神格化されている部分でもありますが、

別に難しいことではありません。

 

 

つまり衝動がどうやったら形になっていくのかという部分が

作曲では1番大事です。

 

そのためにも理論先行ではなく

感覚先行であることが大切です。

 

そもそも音楽は感覚を揺さぶるものです。

 

それを教えるために体系化するために理論が必要になりました。

しかし、理論はなくても音楽は作れます。

なぜなら、その人の感覚でやっているからです。

 

理論で覚えるのではなく感覚でなんとなく理解してもらう

その後に理論が来る方がしっくりくるんです。

 

そもそも理論を好んで勉強する人は多くありません。

(理論は理論で楽しめる要素もありますが)

 

できればぱっと作れるようになりたいと思っている

 

なのに学校や教室は最低限の理論を叩き込もうとする。

 

「私は理論を勉強しにきたんじゃない、作曲をできるようになりたいんだ」

という気持ちに対して「いやいや、そのための理論だよ」と言われて

しぶしぶ納得することになりますが、

 

楽しめるだけ楽しんだあと

それがなぜ楽しいのかを教えてもらったほうが教育的には

理解しやすいプロセスなんです。

 

子供が積み木をして高さを作ったあと

倒れてしまった

そこで初めてなぜ倒れてしまうのかを

教えてあげることで子供は

あたしい知識をベースにより高い積み木を組もうとします。

 

しかし最初から正しい方法を教えても

「いいの私がやりたいの!」と言って言うことを聞きませんw

 

なぜなら「自分の感覚でできることを楽しんでいる」からです。

 

音楽もこれと同じです。

 

感覚を研ぎ澄ます

感覚を大切にする。

 

理論的にやっちゃだめという言葉だけで

音楽を語るほど怖いものはありません。

やっちゃ駄目なことを覚えるのではなく

やっちゃ駄目なことをやったらどうなるか?

を楽しむことが大切です。

 

さいごに

おすすめDTM教室(学校)が絶対教えてくれないこと

一言で言ってしまうと

「遊び感覚を研ぎ澄ます」ということ

音楽を作る順番は

理論からスタートしては楽しめません。

感覚からスタートするべきです。

2 COMMENTS

レッドルースター

ブログ面白く読ませて頂きました(端折った読み方でしたがw)
共感できる記事が多かったので読みやすかったです。

善し悪しは兎も角、音楽においてジャンル関係なく感覚って大事ですよね。
最初に理論から入ると音を楽しむことが出来る様になる前に逆に挫折してしまうんじゃないか?と。
そういう形式的な物を覚える前に何でも良いから楽器を弾ける様になる事が理論を理解する為の一番の近道かと思います。
曲を作りたいってだけなら楽器も極端に上手くなる必要は無いですし、その後に理論を教えてもらった方が頭に入りやすいです。
というか、楽器下手でもコード並べてジャカジャカ弾いてる内に、それらしくなってきて自然と理論を実践している風になると。
正しい近道が無いのは、どの世界でも共通ですw
楽器にしてもDTMにしても、まずは触り続ける事。最初は訳分からずとも触り続けている限り自然と分かってくる様になるもんだと思います。

偉そうにコメントしてますが、私もDTM初心者です。というか、PC自体扱うのも初心者ですw
バンドは若い頃に10年程続けた時期があって、昔はMTRで曲のデモを作ってたりしたので全くの初心者かと言われれば違いますが、見たまんまで直感的に触れて理解しやすいMTRと初めて聞く言葉だらけのDTMではやはり全くの別物の感じがします。
使ってるのはLogic Pro Xですが、サポートガイドを読んでも機能を指している言葉からググらないといけないので、理解するまでに半日かかる事もw
また、考え悩みながら触ってると8分を打ち込んでるのに16分に鳴ってたり。。。
元に戻せる方法が分かれば良いんですが、何でそうなったのか?が分からないために、最終的に音源ダウンロードし直したりとかw
なので、学校という訳ではないですが、調べても分からない事、知りたい事をピンポイントで教えてくれる有料レッスンがありましたので、そちらのレッスンをたまに受講してます。
でも、やっぱり自分の頭の中のものが音になるのは楽しいですよね。

DTMを通して約10年振り音楽をやり始めたのは、バンド時代に作ってた曲を再構築したくなったのが一番の理由です。
これはもう、ある日ふと思ったのが始まりでした。もう、音楽作らないと思ってたんですけどねぇ。
久しぶりにギターをガッツリ弾いたら指が超痛かったですwww

最後に、これからも面白いブログ記事を楽しみにしてるので頑張って下さい。

長文になり申し訳ございませんでした。

返信する
ckaaw805

レッドルースターさん

感想ありがとうございます。

100いいねしてもらえた気分です。

感覚は大事です。
そして音楽を再び始めるその感覚のワクワクを楽しんで
素敵な音楽を奏でてください。

私でアドバイスできることがあったら言ってくださいね。
応援しています!

返信する

コメントを残す