どうもUGです。

DTM教室や学校に習いに行った(行っているけど)

なかなか作曲ができるようにならないなー

と思っている人いませんか?

 

作曲の仕方を習いにいっているはずなのに

難しい言葉ばかり覚えさせられる。

授業もつまらない

 

これは甘えなのかな?

やめようかな〜

でも高いお金払ってるしなー

 

こんな不満を持っている人多いと思います。

 

DTMや作曲を学べる教室はたくさんあっても

自分にあった教室を探すのは大変なことです。

しかしそれ以上に適切なカリキュラムを教えてくれているところは

少ないです。

学校や教室にいっても作曲ができない理由

 

それは作曲に1番必要なあるものを学校側が教えてくれないからです。

 

それは何かと言うと「動機」です。

音楽的なモチーフというよりは「自分の衝動を音楽にするための方法」です。

これを学校では教えてくれません。

正直ここに時間をかけている学校を見たことがありません。

どういうことか詳しく見ていきましょう。


スポンサードリンク

どの学校もカリキュラムは似ている

最初に学校のカリキュラムについてちょっとだけ見ていきましょう。

 

どの学校の作曲コースも教室も以下のことを学びます。

 

  • コードやメロディ(スケール)の使い方(必要最低限の理論)
  • DAWやソフト音源の使い方
  • 打ち込み方法(テクニック)

 

ここをベースにして耳コピの授業が入ってきたり

スタジオレコーディングを勉強したりというパターンになる

学校もあります。

 

この方法が取られている理由は

ある程度パソコンやDAWを扱えるようになり、

そこに必要最低限の理論があれば音楽を作る基礎にはなるからです。

 

しかしこれだけで半年で作曲できるようにはなりません。

 

作曲に必要なのはなにか?

理論を学ばない人が音楽を作れる人の理由とはなんでしょう?

それが「自分の衝動を音楽にするための方法」です。

 

例えば、喜怒哀楽を表現したいという気持ちがあった場合

どの音、どのコード進行を使えばそれができるのか?

それを感覚でわかることです。

この部分が俗に言うセンスという部分でもあり、

どことなく神格化されている部分でもありますが、

別に難しいことではありません。

 

 

つまり衝動がどうやったら形になっていくのかという部分が

作曲では1番大事です。

 

そのためにも理論先行ではなく

感覚先行であることが大切です。

 

そもそも音楽は感覚を揺さぶるものです。

 

それを教えるために体系化するために理論が必要になりました。

しかし、理論はなくても音楽は作れます。

なぜなら、その人の感覚でやっているからです。

 

理論で覚えるのではなく感覚でなんとなく理解してもらう

その後に理論が来る方がしっくりくるんです。

 

そもそも理論を好んで勉強する人は多くありません。

(理論は理論で楽しめる要素もありますが)

 

できればぱっと作れるようになりたいと思っている

 

なのに学校や教室は最低限の理論を叩き込もうとする。

 

「私は理論を勉強しにきたんじゃない、作曲をできるようになりたいんだ」

という気持ちに対して「いやいや、そのための理論だよ」と言われて

しぶしぶ納得することになりますが、

 

楽しめるだけ楽しんだあと

それがなぜ楽しいのかを教えてもらったほうが教育的には

理解しやすいプロセスなんです。

 

子供が積み木をして高さを作ったあと

倒れてしまった

そこで初めてなぜ倒れてしまうのかを

教えてあげることで子供は

あたしい知識をベースにより高い積み木を組もうとします。

 

しかし最初から正しい方法を教えても

「いいの私がやりたいの!」と言って言うことを聞きませんw

 

なぜなら「自分の感覚でできることを楽しんでいる」からです。

 

音楽もこれと同じです。

 

感覚を研ぎ澄ます

感覚を大切にする。

 

理論的にやっちゃだめという言葉だけで

音楽を語るほど怖いものはありません。

やっちゃ駄目なことを覚えるのではなく

やっちゃ駄目なことをやったらどうなるか?

を楽しむことが大切です。

 

スポンサードリンク

さいごに

おすすめDTM教室(学校)が絶対教えてくれないこと

一言で言ってしまうと

「遊び感覚を研ぎ澄ます」ということ

音楽を作る順番は

理論からスタートしては楽しめません。

感覚からスタートするべきです。