MENU

[耳が潤う]うるさくないイコライザーおすすめ設定方法について

この記事のイコライザー設定はオーディオ再生用途に特化した内容で解説しています。

画像アルハ

ネットで有名なおすすめイコライザー設定を使っても音がうるさいだけで気持ちよくないよー

画像UG44

そういうときは今回紹介するイコライザー設定を試してみて!

流行りのイコライザー設定は音がうるさすぎる!こんな経験ありませんか?

この記事で紹介しているイコライザー設定change life&Happy your lifeは定番のオーディオイコライザー設定(イヤガズムエクスプロージョンとパーフェクト)よりは地味です。

この設定の効果は音を派手にすることではなく細かい音まで聴くことができる耳を身につけることです。

結果的に派手でうるさいイコライザー設定よりはるかに良い音で音楽を楽しめます。

もう、聴き疲れする音が派手なだけのイコライザー設定は嫌だ!という人にとっては最高の設定です。

・デメリット
メリット
  • 繰り返し聴くことで音の良さを実感できる
  • 派手さはない
  • 聞く力を鍛えられる。
  • 派手なイコライザー設定に頼らなくても楽しく音楽を聴ける
  • 集中力が身につく
目次
UG
作編曲家(DTMブロガー)
作編曲家/DTMブロガー&講師 /
日本シンセサイザー協会準会員/
テレビ番組/CM、映画、よさこい、
ゲーム、などのBGM及び効果音を作成

イコライザー(EQ)とは?

イコライザーはオーディオの特定の周波数(Hz)を増減できる音響機器です。イコライザーにはおもに2つの種類があります

パラメトリックイコライザー
グラフィック・イコライザー
  • 設定できる周波数が決まっている
  • オーディオプレイヤー等に付属
  • 縦のスライダーを動かすことで変化
  • 設定できる周波数の幅が広い
  • ギターやベース・アンプに付属
  • ノブを回すことで変化

iTunesに搭載されているのはグラフィクイコライザーであり、「おすすめイコライザー設定」で使われるイコライザーはすべてグラフィックイコライザーになります。

グラフィックイコライザーのメモリについて

画像

itunesのイコライザーの1つのメモリは3dBに設定されています。少し専門的ですが6dBにすると音量は2倍になると言われています。

itunesのイコライザーは最高で12dBまで音量をあげられるので特定の周波数のみ最大で4倍まで上げれます。

またプリアンプをオンにすれば全体のボリューム調整として±12dBの調整が可能になりイコライザと合わせて24dB!音量にして8倍まであげられるわけです。

画像アルハ

8倍ってめっちゃうるさくない?

画像UG44

人の耳は良くも悪くもすぐになれちゃうから気にならなくなってしまうんだよ

自分好みのイコライザー設定方法のコツ

聴きやすい自分好みの音を作るためにメモリを自分好みで調整していくわけですが、どこを上げればいいかわからない場合は以下の図を参考にしてください。大体音を作りをするときはこのように帯域を分けて考えます。

画像

赤色(32Hz、64Hz)は超低音(低域)ズンズンと唸るようなベースが特徴的です。

緑(25Hz、250Hz、500Hz)は中音(中域) 音がもっとも団子になって音がこもる原因になります。

黄色(1kHz、2kHz)は中高音(中高域) 話し声や歌声、ギターのソロなどが目立つ帯域です。

青色(4kHz,8kHz)は高音(高域) 空気感や音の倍音と呼ばれる帯域でギラギラとした雰囲気になる帯域です。

16kHzに至っては超高音(超高域)と捉えても間違いありません。

注意したいのはスマホのスピーカーと小型スピーカーでは同じ設定をしても聴こえ方は違うわけです。

特にスマホのような小型のスピーカーでは4kHzや8kHzあたりがうるさく聴こえてしまうことがあります。

さらに緑色の125Hz〜500Hzは音がこもりやすい帯域です。なのでちょっと聞き取りにくいと感じたらまずはここを下げてみると良いでしょう。

音が抜けないこもる原因についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

小型のスピーカーの場合はちょっとしたセッティング方法のコツを知ることでイコライザー設定に頼らず音楽を楽しむことができます。

定番イコライザー設定について

ネットではイヤガズムエクスプロージョンとパーフェクトと呼ばれる独自のイコライザー設定が有名です。

これらはイコライザーの低音から高音までの帯域を過度にブーストすることで音質を極限まで派手にすることを追求したイコライザー設定です。

これらのイコライザー設定を使ったユーザーは「マジすごい!全然違う」とイヤガズムエクスプロージョンとパーフェクトの設定をオススメしている声をみかけますが、個人的にイヤガズムエクスプロージョンとパーフェクトはオススメしません。

派手に音質を変えることで音割れのように聞こえることもありますし、何より音響外傷のリスクがあるからです。

音響外傷のリスクについて

音響外傷はヘッドホンやスピーカーで大きな音を聞き続けることで難聴になる症状のことです。

(2) ヘ ッ ドホ ン を 主 とす る強 大 音 との 関 係 で は, 高 音 障 害 型 感 音 性 難 聴, 特 にC5dip型 に
強大 音 の既 往 の あ る例 が 多か った。

引用元:ヘ ッ ドホ ン使用 と聴器障害一 中 ・高 校 生 に お け る 耳科 疫 学 的検 討 一

1日何時間も大音量で訊いていると音響外傷のリスクが発生しますが、これはヘッドホンに限ったことではありません。

イコライザーで過度にブーストさせた周波数は通常の何倍もの音量に達します。

もちろんプリアンプやボリュームで音を下げればよいという話もありますが、イコライザー設定を楽しみたい人はあまりそのような方法はしません。

ヘッドホンで定番イコライザー設定と言われている「イヤガズムエクスプロージョンとパーフェクト」を長時間使い続けるとどれほど耳を酷使することになるかを考えている人はあまりいません。

上記のことから大切な耳を音響外傷から守るためにも必要以上のイコライザー調整はあまり推奨できるものではありません。

他にも音響外傷予備軍は世界レベルで11億人にも登るという話もあります。

WHO(世界保健機関)は2015年2月に世界では3億6000万人が日常生活に支障が出る聴力障害を抱えており2050年までに12~35 歳のおよそ50%にあたる11億人がヘッドホンで大きな音を聞き続けることによって起こる音響性難聴((ヘッドホン難聴(イヤホン難聴))のリスクにさらされていると警鐘を鳴らしました。また同警鐘では同様に約40%が娯楽施設で危険レベルの音響にさらされているともしています。

騒音性難聴・音響性難聴(音響外傷)

もしすでに下記の状態を感じているのであればできるだけ早く耳鼻科等へ受信することをオススメします。

大きな音を聞いた直後、強い耳鳴りがして聞こえが悪くなる

耳の痛みを伴うこともある

耳が詰まった感じがするだけのこともある

低音だけ、高音だけなど、ある音域だけ聞こえない場合もある

若い人にも多い難聴3 音響外傷(ヘッドホン難聴)

どちらにしても自分の耳をいたわる音楽再生環境をしっかりと作るべきだと思います。

また過度なイコライザー設定により音割れのリスクもあります。どちらにしても「ただ気持ちよいから」という理由だけで使うのはオススメしにくいですね。

多種多様な音楽あるようにイコライザー設定もジャンルに合わせた設定があります。イヤガズム等は万能のイコライザー設定ではないということを心に留めておくのをオススメします。

さて「万能のイコライザー設定なるものはない」とお話しましたが、実は一つだけあります。それはみなさんの耳です。

みなさんの耳は聴きたい音(帯域レベル)はすぐに反応し、聴きたくない音は無視できる。ある意味で高性能なイコライザーでもあります。

これらは専門用語でカクテルパーティー効果と呼ばれ、人が大勢いる中で自分の名前が呼ばれたら反応できるというものです。人の耳は瞬時に聴きたい音(周波数)だけをピックアップできるすごい万能イコライザーといえます。

その万能のイコライザーを使えなくなってしまうのが過度なイコライザー設定です。その究極の万能のイコライザーである耳を簡単にレベルアップできるように作り上げたのが次で紹介するイコライザー設定になります。

「次世代高音質」おすすめイコライザー 設定方法について

今回おすすめするイコライザー設定は「change life&Happy your life」と言います。これは2つのイコライザー設定を使い聴く人の耳を強化してしまおうという画期的で万能のイコライザー設定です。

「change life&Happy your life」を使うメリット

change life&Happy your lifeのメリット
  • 自分の耳を大事にできる
  • アーティストの息遣い本当に届けたいメッセージまで意識できるようになる
  • 音楽を聴いて本当のリラックスが得られる
  • 集中力が養われる

大音量である必要はないので、自分を耳を大事にすることができます。疲れているときに大音量はストレスに繋がることもあるので、自分の耳を大事にできるこのイコライザー設定は非常にメリットが大きいです。

過度なイコライザー設定ではなく自分の耳を済まし、音に集中することで、アーティストが伝えたいメッセージやアーティストの表情まで音からわかるようになります。

その結果、普段の生活でも「聴く」という行為の精度が上がるため、友人やパートナーの話、会社で言えば上司の言っていることも深く理解ができるようになり、人間関係の向上にも繋がります。

多くの人は音楽であっても実は聴いているようで聴いていない状態が多いです。だからこそ意識的に音楽に耳を傾けることで嫌なことから忘れリラックスすることができます。

また面白いことにリラックスするということは実は集中しているのと同じなのです。だから質の高い集中力を得ることが可能になります。

「change life&Happy your life」を使うデメリット
  • 面白くない
  • めんどくさい

音にまったくの派手さがないため、聴いていても高揚感を得られるわけではありません。「change life&Happy your life」は2つで一つのイコライザー設定です。

どちらか一方を設定すれば夢のようなイコライザー設定が手に入るわけではありません。

そして、「change life&Happy your life」を使うということは、いままで適当に接していた音楽との接し方を180度変えることになります。

そのためには多少の練習が必要になりそのプロセスは人によって「めんどくさい」と感じてしまう人も多いでしょう。

しかし、このデメリットを乗り越えた人だけが刺激が強く中毒性の高いイコライザー設定から自分を解放し、本当の音楽ライフを手に入れられると言っても過言ではありません。

それでは実際の使い方について説明していきます。

使い方はまず最初に「change life」で設定をします。設定数値は次の通りです。

画像
change life

これで好きな曲を一曲再生して集中して聴いてください。できれば最後までこの設定で聴くことが望ましいです。サウンド面としてはかなり「聞こえにくい」というのが正直な印象になるでしょう。それはそのはずなんです。高音の設定が-12dBになっています。

一曲聞き終わったらちょっと休憩します。コップ一杯程度の水分を取るのがよいでしょう。

次に「Happy your life」を選択します。設定は次の通りです。

画像
Happy your life

おそらく音の情報量の多さに驚いたのではないでしょうか?

高域である4k、8k、16kを大幅にカットすることで音の輪郭がわかりにくくなります。そこに耳を傾けることで音楽に集中している状態を作り出しているわけです。

そしてそれを元に戻す、そのときにわずかにイコライザーをあげてやる(1メモリ程度)すると今まで集中していた分、いつも以上に聴くという行為の精度が上がっていたので普段聴こえないような音まで聞こえるというのがHappy your lifeのからくりです。

「そんなめんどくさいことしたら余計ストレス溜まるわ!!」と思う人もいるかもしれません。

たしかに大きな音で音楽を再生するのは気持ちがよいです。しかし、本当に音楽の気持ちよさを味わいたいならば、音楽の世界にどっぷりとつかることです。集中すればするほどストレスを感じている暇はなくなります。

そしてアーティストの息遣い、メッセージ、それらを感じられたとき、アーティストが喜ぶ瞬間をあなたが作ることができます。

こちらの記事では私の紹介したイコライザー設定を試した感想を書いてくれています。(ありがとうございます!)

今リラックスしてます

イコライザー 設定に頼らない音楽鑑賞ライフ!

実はituesプレイヤーは音が良いプレイヤーではありません。

そのために様々なイコライザー設定が流行ってしまうった可能性があります。すぐれた音楽プレイヤーは全体的な音の抜けもよく「えっ?こんなに音がいいんだったらたしかにイコライザーはいらないよね」と思えるほど音質が違います。

その中でもAudirvanaは高音質プレイヤーとして有名です。

といってもこれはパソコンで聴くのが前提になってしまいます。「なんだパソコンかよ」って思いますが、トライアル期間があるので一度だけ使ってみてください。その音の良さに「マジで!!」ってなること請け合いです。これを聴いてしまうとitunesで音楽をきくのをやめたくなるレベルです。

逆に元の音楽のクオリティが低いとより悪く聞こえます。ミックスが割れていたりするものもよくわかります。

Audirvan

安いBluetoothスピーカーでもその音の違いがはっきりとわかります。

音楽プレイヤーを購入する

iphoneやAndroidで気軽に音楽が再生できることのメリットは計り知れないですが、おすすめイコライザーで音がよくなった気がするだけで実際は音が悪くなっていることに気づかずにドヤ顔で「このイコライザーまじでいいよ」というのであれば、思い切って音楽プレイヤーを買ってみるのがよいです。

たしかに安くはないですが、基本的に音楽再生に特化したものなので、音の良さは携帯プレイヤーとは比較になりません。

1ランク上のイヤホンやヘッドホンを買ってみる

スマートフォンに付属しているイヤフォンはとりあえずの音質で再生することを目的としています。

なので小さい音量で良い音質で音楽を聴くためには少しばかり良いイヤホンやヘッドホンを使って見ることで大音量ではない「音楽の聴き方」を手に入れることができるかもしれません。

ポイントはノイズキャンセリング機能のあるなしで選ぶのがよいでしょう。音楽を聴かなくても騒音を打ち消す効果が高いのでそれだけも「静」という音が手に入ります。

こちらのヘッドホンはノイズキャンセリング機能も良く騒音がうるさい場所でも小さな音量で音楽を楽しめると評判のヘッドホンです。

さいごに

「change life&Happy your life」は自分の耳を信じて今までにない音楽生活を始められるきっかけになります。

そこには派手な音質も過度なイコライザー設定もいりません。

大事なのは聴く(耳をすます)という行為の大切さとそれができる素晴らしさを実感することです。

リンク先の人も変更してみたら体調の悪さが改善されたという話もあります。

実際これはオーバーな話でもなんでもありません。「耳を澄ます」ということはそれだけ体にとってもよいことなのです。

「change life&Happy your life」がみなさんのよりよい音楽生活につながればこれ以上に嬉しいことはありません。

画像アルハ

えっ?まだイヤガズムエクスプロージョンやパーフェクト使ってるの???っていえるようにシます!

画像UG44

もっとみんな自分の耳と聞く力を信じてほしいね

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる