MENU

無料VSTを使わない私が選ぶ簡単に太いギターサウンドが作れる2つのフリープラグイン

どうもUG(UG3@96bit_music)です

ふだん私はあまりフリーVSTを使いません。かなり使い込んでいたりするものがフリーだといきなり開発終了なんてこともあるので、安心して使い続けることが難しかったりします。

その他にも何か安定しなかったりDAWの不安定な挙動になるような原因を作りたくないというのがあります。

しかし今日紹介するのはフリーをあまり使わない私がほれこんだプラグインラウドで太くて頭悪そうなギターサウンドを簡単に作れてしまうプラグインです。

打ち込みギターでも生でもOK簡単にギターサウンドを骨太にしたい人におすすめです。

目次

太いギターサウンドって?何?

太さの定義は人それぞれですが、一般的には「芯のある音」と表現されることが多いです。この芯のある音ととは、倍音を取り除いた基音(サイン波)だけの状態の音を感じられる音です。

低音に音の太さを感じるのはこの基音の成分あ感じやすいためでもあります。

Blue Cat’s Audio FREE AMP

有料無料ふくめて高品質なプラグインを数多く提供している

Blue Cat’s Audioが作ったアンプシミュレータープラグイン

それがFREE AMPです。

 

もともとはDescriptionという有償のアンプシミュの

簡易版としてフリー提供されたものです

 

しかし簡易版とあなどることなかれ!

めちゃめちゃ音がいいです。

 

音の良さは好み世界ですから「これが絶対!」とは言い切れませんが、

ラウドで太いギターサウンドを求める人なら「良い」と思ってもらえます。

 

アンプの種類は3種類

Classic Clean

Classic Drive

Moden Drive

プリセットは

Classic Cleanが10種類

Classic Driveが6種類

Moden Driveが7種類

 

良くも悪くもEQの聞き方がすごいですw

めちゃめちゃ音変わりますw

つまみの変化を楽しめますw

 

今回は歪に特化するのでModen Driveですが、

ClassicCleanも非常にキレイで、音が太いです。

 

私は普段アンプシミュはIK MultimediaのApmlitube4を使っています。

音がめちゃめちゃキレイなんですが、

たまにキレイすぎるのがネックになります。

そしてキャビネットシミュレーターの音が

好きになれなかったりもします。

そして、地味に重たいですw

まぁ細かくギターサウンドを作り込めるのがAmplitubeの特徴なので

その分重くなるのは仕方ない気はしています。

音自体はよいです。

 

FREEAMPはかなりCPUに優しい設計になっています。

 

FREE AMPだけでもラウドで太い音を作ることは可能ですが、

ここにもう一つ足すことでより太い音を作ることができます。

AUDIODAMGE FUZZPLUS3

通称バカコンプRough Rider 2お馴染みのAUDIODAMGEの

フリーファズプラグインです。

ディストーションより極悪的な歪を作りたい的に重宝するFUZZです。あまりGUIに惹かれるものがないですが、FIlterで200hz〜15khzの間でFUZZサウンドを作ることできレゾナンスで設定した帯域のピークをつつくことができます。

これとFREEAMPを組み合わせることでより重い苦しい歪サウンドを作ることができます。ではさっそく作ってみます。

FUZZPLUS3で重たい(太い)さを作る

正直、FREEAMPだけでも問題ないくらいですが、

より重たい歪をつくるためにFUZZPLUS3を使います。

まずFREEAMPだけの音

プリセットModern Drive-666 Midsをちょっといじっています。

これだけでもかなり良い音ですw

これにFUZZPLUS3を足します。

設定はこんな感じです。

ギターの重心が下がった感じがすると思います。

あとはこれをダブリングでLRにふって

コンプでFET系コンプで音を潰してプレートリバーブを

うっすらかければできあがりです。

(↓ベースを足しています)

さいごに

フリーVSTを使わない私が選ぶ簡単に太いギターサウンドが作る2つのプラグイン

いかがでしたか?

Blue Cat’s Audio FREE AMPの出来が思っていた以上に好みで

Descriptionの購入を考えてしまいますw

Amplitubeと比べると歪がとても大雑把な感じです。

その大雑把さがかなり武器となりうるアンプサウンドを

出してくれるのがBlue Cat’s Audio FREE AMPです。

そしてそれに力強い歪をたしてくれるのが

AUDIODAMGE FUZZPLUS3

どちらもクオリティに問題もなく、

大手のデベロッパーなのでそう簡単になくなることは

ないと思います。

 

ギターで太い音を作りたい

壁サウンドを作ってみたいという人は

Blue Cat’s Audio FREE AMP+AUDIODAMGE FUZZPLUS3

の組み合わせをおすすめします。

Blue Cat’s Audio FREE AMP

AUDIODAMGE FUZZPLUS3

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる