どうもUGです。

この記事ではベロシティの数値の危険性についてお伝えしていきたいと思います。

クオリティの高い打ち込みをするときにDTMerが考えるのは

とにかく交互に強弱をつけることだと思います。

しかし、果たしてそれでクオリティの高い打ち込みといえるのでしょうか?

実際は「みんながそうしているからそうしている」という理由で

打ち込んだりしていませんか?

 

過去の私がそうでした。

とりあえずハイハットのように連続する音の場合は

100 50 80 50という強弱中弱というベロシティで打ち込んでいました。

たしかに悪い結果がでるわけではありませんが、

クオリティが高いのものなったかというと、そうではありませんでした。

 

なぜなら、音源にあったベロシティではないからです。

 

今回の記事に書いてあることを理解できれば、

ベロシティ盲目進行から抜け出すことができます。

 

結論から言えば

 

クオリティの高い打ち込みに必要なのは

ベロシティの目安の数値を無視することです。

 

ちょっと乱暴ですね。

目安は目安!盲目的にならないこと

というのが重要です。

 

とくに初心者ほど盲目的な進行でこのベロシティの数値を信じてしまうので

少しでも早く目覚めるべきですw

 

では盲目進行から目覚めるためにさっそく見ていきましょう。

 


スポンサードリンク

 

ベロシティとは

一般的にmidiiの世界でも

強弱として認識されていますが、音色に寄っては

音量変化になっていることが多いです。

 

本来はベロシティによって変化するのは音量ではなく倍音です。

本来ならば、ベロシティ127の音とベロシティ64の音は別物なければいけません。

 

例えばハイハットの音源では強く叩くとより金属的な音になり倍音を発生します。

逆に弱く叩くと倍音を多く含まない暗い音になります。

 

しかし音源によっては1番強い状態で叩いたハイハットがデフォルトになり

強弱をつけるベロシティを変化させても音色が変わるのではなく

音量が変わるだけということになっていました。

 

思い切り強く叩いたハイハットの音色のままボリュームが下がるという現実的では

ない変化がおきます。

これがでは機械的な打ち込みになりクオリティの高い打ち込みは出来ません。

 

ベロシティの目安とは?

ベロシティに関しては一応の目安が企画として決められています。

 

ベロシティとは音の強さ(楽器で例えれば指などで1本の弦や鍵盤を弾く速さによって変化する音の強弱(強弱法))のことである。

1 – 127までありmp(メゾピアノ)が64となり、127が最も強い。

wikiより

これだけではかなりアバウトなので、もう少し細かく見ると

 

PPP  ピアノ・ピアニッシモ             ベロシティ16

PP    ピアニッシモ                ベロシティ32

P      ピアノ                 ベロシティ48

mp      メゾピアノ               ベロシティ64

mf    メゾフォルテ                ベロシティ80

f     フォルテ                                     ベロシティ96

ff      フォルテッシモ                       ベロシティ112

fff     フォルテ フォルティッシモ   ベロシティ127

 

こんな形で規格が存在しています。

 

しかし、これが落とし穴です。

 

そもそも生楽器は楽器のコンディションや状態や大きさによって音は全然違います。

同じピアノという楽器でも作られたばかりのピアノと100年以上たったピアノの音では

この数値通りにはなりません。

先程の例のハイハットでもハイハットの大きさが違えば当然音色が違います。

吹奏楽器ではその違いはとくに顕著です。

それをベロシティの数値を目安を盲目的に見てしまうと、

楽器本来の特性を活かすことができなくなってしまいます。

 

目安はあくまで目安です。

まずは音色を知る

例えばKontactに搭載されているピアノ音源を見てみます。

こちらのピアノ音源の消費メモリは141.46MB

ベロシティによる音色マッピングは

12段階ずつで10この音色マッピングされています。

一つの鍵盤に強弱の違う音色が10音色あるということです。

さて、この時点でベロシティの目安数値とは異なりますね。

もう一つ、Aliclas Keysは193MB

音色マッピングは

7段階で12の音初がマッピングされています。

当然こちらの方が細かいので消費メモリは増えます。

スポンサードリンク

さいごに

どうでしょう?

ベロシティ目安の数値を疑ってかかれるようになりましたか?

ベロシティをいじる必要性は

なぜそこで音色変化が必要なのか?ということです。

むやみやたらにグルーヴという言葉や強弱がすべてという

言葉でベロシティを変化させるのではなく

意図が大切です。

目安はあくまで目安です。

必要に応じたベロシティの調整を行って

クオリティの高い打ち込みができるようになっていきましょう。