どうもUGです。

最近はAIによる音質向上系プラグインが流行っています。

GULLFOSS

frei:raum

などなど、

前もちょとお話しましたが、私はこういう類のプラグインを使うことに

大賛成です。

誰よりも早くクオリティの高い曲をつくるのに必要なのは◯◯時間を削ること

なんでも出来てしまうDTMだからこそ、本当に自分がやりたいことを

すすためにミックスの時間はテクノロジーにまかせてしまいましょう。

というお話でした。

さて、今回紹介するのはZynaptiqのINTENSITY

こいつは本当にやばいです。

異次元の音質が手に入るI

DAW自体が変わったのか?と思わせるような

音質変化を楽しめます。

今日はZynaptiqのINTENSITYの魅力をお伝えしたいと思います。


スポンサードリンク

INTENSITYの技術

顔認識アルゴリズムで一般的に使用される技術をベースに構築されており、

音の本来のディティールを引き出し、知覚されるラウドネスと密度を高め、

有りえない明瞭さをもたらします。

ゆにばすさんより

Zaynaptiqの技術はちょっと斜め上から攻めてくるんですよね。

リバーブ除去プラグインのUNVEILは発売当初は話題になりました。

今回のINTENSITYもまさかの顔認識アルゴリズムをベースに

音質向上系のプラグインを作ってくるなんて

開発スタッフがユニークかつ優秀なのがわかります。

INTENSITYの概要

GUIは恐ろしくシンプルです。

基本は左のINSENSITYを回してかかり具合を決めます。

イメージ的にはINSENSITYでぼやけている焦点をあわせていく

といったよなイメージです。

 

また上部にはプリセットを選べぶこともできるのでとりあえず選んで

あとは調整みたいな使い方でもいいと思いますが、

とにかく、大迫もびっくりな音質向上が半端ないですw

CPU負荷について

Macpro2009

OS Sierra

CPU3.46ghz6コアX2

メモリ64GB

使用DAW dp9.5

48khz 32bitF

バッファ1024

オーディオインターフェイス Motu896HD

上記の環境で

プロジェクトはBFD3だけという状態で

CPUは1/3をもっていきます。

とても作曲中にちょっと使おうみたいなことは難しそうです。

音質チェック

プリセットの1を選択した状態です。

エフェクトなし

エフェクトあり

音に対してのフォーカスがあっている!という印象です。

INTENSITYの使い方

マスタリング用のプラグインとして使うのがベターだと思います。

気をつけたいのはエンハンサーなみの音の変化があるので

かなり中毒性が高い音になります。

あくまでさり気なく使うのがよさそうです。

あと、古い音源、ミックスがごちゃごちゃしているような曲に使うことで

クリアな音源に生まれ変わらせることができそうです。

試しに自分の過去の曲をINTENSITYに通してみました。

プリセットは4を使用

エフェクト無し

エフェクト有り

めちゃめちゃ音像が広がって、

すべての音にフォーカスがあたっている印象です。

リバーブ書け過ぎなのがよくわかりますw

スポンサードリンク

さいごに

異次元の音質が手に入るINTENSITYは究極の魔法プラグインかもしれない

気軽に使えるほど軽くはありませんが、

とにかく音質は異次元ですw

Zynaptiqの技術はいつも面白いものばかりで、

使いたいと思わせてくれるものばかり、

いつもはデモで終わる私も買ってしまいましたw

今ならイントロセールをやっていてかなりお安く購入できます。

通常41,600円がイントロプライスで16,300円

GULLFOSS

frei:raum

も持っていないという人はオススメします。