どうもUGです。

この記事ではEDMの作り方についてお話します。

 

EDMって難しいイメージがあるように思います。

「どうやったらよいかわかららない」

「音色(音源)は何を使えばいいの?」

などなど、いろいろと試すもののイマイチな感じになる。

専用音源を使ったらそれらしいことができるけど、

それでもしっくりこない

その理由は「EDMの音色の意図」を理解してないことにあります。

 

この記事に書いてある「EDMらしさを出せる音色の作り方」を

読めば、専用音源を頼らなくてもEDMらしい音色を自分で作ることができます。

 

やり方はとっても簡単です。というか

やり方というか「考え方」の部分の話です。

さっそく見ていきましょう。

EDMドラムの音色の特徴

EDMというジャンルの音色は

「過度な帯域ブーストによる音色作り」とういうことが言えます。

これは70年代に生まれたダンスミュージックというジャンルを

よりアグレッシブに進化させ続けてたどり着いた結果とも言えます。

来でれば、必要のない帯域を削るミックス技術をむしろ

反対にとったような方法とも言えます。

例えば、スネアですが、

80年台のドラムマシンでよく入っていたいかにもドラムマシンのスネアです。

これだけでもそれっぽくは聞こえますが、ちょっといじるとこんな感じ

EDMっぽいスネアになります。

これは本来あまりブーストする必要がないところをめいいっぱいブーストしています。

大げさに強調することでEDMらしいサウンドになります。

これにベースサウンド入れてやればこんな感じ

使ってるトラックはKICKとSNとベースだけ

これだけでも十分にEDMらしさを感じることができます。

なぜなら、EDMに必要な要素を満たしているからです。

 

作曲やアレンジでつまるとこの理由は

なんでも感でもやってしまおうとするところから始まります

 

EDMであれば何をどうすればEDMになるのか?という視点を持つのと同じくらい

過去のダンスミュージックとの違いはなにか?と考えてれば

音色の傾向、コード進行、いろいろな要因が見えてきます。

 

そのなかで私がEDMらしいと感じるのが

必要以上のブーストにあると思いました。

 

ブーストする理由は簡単です。

より盛り上げたいからという理由です。

 

つまり盛り上げたいという意識があればどうすればよいか

 

音量を上げる

パンを広げる(空間を大きく見せる)

フレーズを上昇させる

音色をきらびやかにする

 

などの要素が見えてくるように思います。

これらを踏まえ作ってみるとこんな感じになります。

 

やっていることは、

スネアロールにリバーブを徐々にかけて大げさに空間を広くする。

ライザー系の音で大げさに盛り上げにかかる

スネアロールのあとにシーケンスを入れることで新しい展開を見せる

ベースを多少動かす。

音色的にはシーケンス以外ほとんど増えていません。

トラックもこんな程度です。

でもEDMらしさはあると思います。

アゲアゲな世界は音色もアゲアゲで作られているんだなーという思いました。

スポンサードリンク

さいごに

今回はドラムメインで考えてみましたが、

基本は「どうやったら盛り上がるか?」という視点もって

「これをやったら変になる」と思わずやりきってしまうことです。

アゲアゲな曲はぶっ飛びの向こう側にあることが多いです。

参考にしてみてください。