普通の汚し系プラグインとは一味ちがうRC-20 Retro Color レビュー

どうもUGです。

音色に癖をもたせ独特の質感へと変えてくれる

それが汚し系プラグインの用途です。

一言で言えば、「歪み」をどれだけ細かくコントロールするかということなんですが、

ビットコンバートを始め歪み系から様々な汚し系プラグインは巷に溢れかえっています。

 

その汚し系プラグインををひとまとめにしたのが「RC−20Retro Color」です。

そしてRC−20Retro Colorは普通の汚し系プラグインとは一味ちがうタイプといえます。

ドラム音源でお馴染みのXLN Audioのプラグイン

詳しい機能面のレビューは他の人に譲るとして

今回は私個人の独断と偏見で「RC−20Retro Color」の魅力を掘り下げてみたいと思います。

どんな人にオススメか?

多数の汚し系プラグインを持っている人からすれば

正直なところそれほど感動を覚えるほどの音質ではないというのが私の感想です。

 

ちなみに私がよく使う汚し系は

歪み系の定番izotopeのTrush2

ビットコンバーターエミュレーターRX950

トランスエミュレーターのTrure Ironです。

ちなみにRC−20Retro Colorには「DISTORT」という機能の中に「IRON」としてトランスエミュレーターが

DIGITALにはビットコンバータが入っています。

 

他にもテープのワウフラッターエミュだったり色々とあります。

以上のことから、まったく汚し系を持っていない人はRC−20Retro Colorである程度「汚し系」の質感を楽しめるかもしれませんが

それなりのプラグインを持っている人からすればRC-20でなければいけない理由がありません。

 

どのプラグインにも言えることですが、「それでないと出せない音」を追い求めることが重要です。

当然それはプラグインの「色」と表現されたり「個性」と表現されたりするもので

逆の意味で「誰が使っても同じ音になる」という危険性をはらんでいることでもあります。

 

なので音を汚すという一種個性的な行為に個性をなくすことにもなりかねないので

より一層選ぶ側のセンスが問われるプラグインとも言えます。

どんな音を作ることができるのか?

RC−20Retro Colorは全体的におとなしいかかり方をする汚し系のような気がします。

Trush2のような変態ディストーションサウンドを作れるわけではありませんし、

フィルターがつているわけでもありません。

そういった意味でパッと聴いた印象では音は地味です。

 

しかしこのプラグインの名前は「RC−20Retro Colo」であり

汚すとうよりは積極的にレトロなサウンドを追い求めるところにこのプラグインのゴールがあります。

なので「ただ汚すサウンドではなくレトロなサウンドを目指した音作りをしたい」という

人にとっては音の変化の仕方に参考的な要素を見いだせるかもしれません。

 

ざっくりとした音の汚し方ではなく一つ一つのパラメーターを追い込んで

汚し系のさきにあるレトロサウンドを極める気持ちで作り込むことで

RC−20Retro Colorの魅力を引き出せるアーティストになれるように思います。

 

トラックメーカーの人は

この「レトロ」というエッセンスをうまく使うことで

時代超えたサウンドエディットを扱えるようになる可能性もあります。

 

特出する音質ではありませんが、個人的に面白いと思ったのは

ノイズの中に「VHS」という項目がありました。

最近の人はしらないかもしれませんが、90年代はVHSというビデオテープを使って

デジタルレコーディングするのが主流でした。

そのVHSのノイズ成分を再現というか目指している部分には個性を感じます。

 

90年代のサウンドを最近のダンス・ミュージックに取り入れることで

一周回って新しい質感というポジションをゲットできる可能性もあります。

90年代サウンドは地味に注目されている部分でもあるので、うまく波に乗れば

オリジナリティのある楽曲として評価され、サウンド面で脚光あびるなんてことが

できるかもしれませんね。

プラグイン負荷

すべてのパラメターをオンにした状態での負荷です。

マシンスペックは以下の通り

DAWの設定は

バッファ512

処理スレット12

バッファレンジは大

マルチスレッド処理 再生とライブトラック

サミング64ビット

です。

詰め合わせという形にしてもそれほど負荷はありません。

汚し系であってコンプではない

テープエミュレーターが着いているので「おっ?テープコンプ的な音で音圧と色をつけまくれるな!」と

思う人はいるかもしれませんが、そういう音の変化は期待できません。

個人的にはわざとらしいくらいにテープエミュでガッツリと音圧を稼げるようなプリセットがあれば

それだけを目当てに買う人もいるので?と思ったりもします。

使い方の注意

ノイズを扱うことになるので例えばオーディオすソックなどに提出する音源に使うときは

冒頭の0.5秒にこのプラグインのノイズが紛れ込んでしまうと通らなくなることもが考えられますので

そういうノイズにシビアな音源を作るときは注意が必要です。

さいごに

一見良いところがないように思うかもしれませんが、

汚し系をひとまとめにしているという点は面白いと思いました。

なので、「汚し系って何?」という人にとってはプリセットも含めて

音を汚すということについて深い見識を得られるプラグインだとは思います。

 

大切なことなので再度記述しますが、

このプラグインのゴールは「レトロサウンド」です。

ただ汚すサウンドではなくレトロなサウンドを目指した音作りをしたい」という

人にとっては音の変化の仕方に参考的な要素を見いだせます。

 

このプラグインをきっかけによりディープな「汚し系」の世界に足を踏み入れるきっかけになるとは思います。

気になる人はぜひお試しを

現在セールで6480円です。

xln audio/RC-20 Retro Color【数量限定特価キャンペーン】【オンライン納品】【在庫あり】

 

コメントを残す