MENU

TAL-Sampler最新レビュー|限りなく実機に近づいたソフトサンプラーが更に進化した!

<景品表示法に基づく表記>当サイトのコンテンツには、広告を掲載している場合があります。

TAL-Samplerを使ってレトロなサウンドを手に入れたい、または音楽制作の新たな手法を探していますか?それなら、TAL-Samplerがあなたの探求心に答えるかもしれません。

TAL-Samplerは、各種の音楽制作者にとっての強力なツールで、自分だけの音色を作成したり、既存のサンプルにエフェクトを追加したりすることができます。また、80年代や90年代のデジタルサウンドを再現する能力は他のソフトサンプラーでは再現できないレベルの性能をもっています。

これらの機能を通じて、TAL-Samplerはあなたの音楽制作のパートナーとなり、創造性を引き出すことを可能にします。初心者から経験豊富なプロデューサーまで、誰もがTAL-Samplerを使って音楽制作の新しい領域を開拓することができます。TAL-Samplerで、あなたの音楽制作の旅を始めましょう。

UG
  • 元ゲーム音楽屋(NintendoDSなど)
  • 作曲歴20年以上
  • DTM記事執筆500以上
  • ショートアニメ、CM、企業PV音楽を制作
  • 詳しいプロフィール
タップできる目次

TAL-Sampler 概要

メーカーTogu Audio Line-Software
製品名TAL-Sampler
特徴ビンテージ DAC モードを選択可能 (Emu II、AM6070、S1000、サンプル ホールド、リニア、クリーン)。
急峻な 96dB ローパス再構成フィルター (Emu II および AM6070 F)。
可変サンプルレート。
強力な MOD マトリックス。 
4 つのサンプル レイヤー。
ヴィンテージデジタル/RCモードを備えた3つのAHDSRエンベロープ。
3 つの LFO (Triangle、Saw、Rectangle、Random、Noise)。
高品質エフェクト(リバーブ、EQ、ディレイ)。
自己共振ゼロフィードバックディレイフィルター
(24/12/6 dB LP、HP、BP、AP、ノッチ)。
幅広いオーディオ形式がサポート (*.wav、*.aiff、*.aif、*.mp3、*.ogg、*.flac)。
スケーラブルな高解像度ユーザー インターフェイス。
サンプルとプリセットの高速ロード。
SFZ プリセット (最大 4 レイヤーのマッピングとサンプル) をロード/インポート
100 を超えるプリセットをダウンロード可能
システムすべてのテーブルタイポグラフィはMサイズにする
バージョンv4.5.2(2023-07-01)
認証方式シリアルキー認証
認証数5
容量72.1MB
マニュアル英語版のみ
価格66ドル
備考体験版あり(毎分上昇するホワイト ノイズ サウンドを生成)

TAL-Samplerは、Togu Audio Line (TAL) 社によって開発されたサンプリング・シンセサイザーのプラグインです。このプラグインは、既存のオーディオサンプルを再生および操作することができ、クラシックなハードウェアサンプラーの持つ特性をエミュレートすることが目指されています。

サンプルは4つの異なるレイヤーで再生可能で、各レイヤーは独立したフィルターとエンベロープを持ちます。また、サンプルレートとビットレートを調整して、デジタル音響のさまざまな特性を再現することが可能で、さらに、リバーブエフェクトや合成エンジンも搭載されており、サウンドデザインの幅を広げることができます。

その使いやすさと柔軟性から、音楽制作者やサウンドデザイナーに広く利用されています。

TAL-Sampler レビュー

音質4
機能性(オリジナル性)4.5
操作性(使いやすさ)4
安定性(CPU負荷)4
価格4
総合評価4.1
リンククリックで読みたい内容の箇所に飛ぶことができます!

音質

4

古き良きハードサンプラー的な質感をかんたんに作り出せる

TAL-Samplerの音質は、そのユニークなエミュレーション機能と高度なサウンド設計ツールにより、非常に印象的なサウンドです。

古典的なハードウェアサンプラーの特性をエミュレートする能力により、TAL-Samplerはアナログ的な温かみと深みを持ったサウンドを出力します。またサンプルレートとビットレートの調整により、デジタル音響の粗さやサンプラー特有のノイズを模倣することが可能で、これらはソフトウェア音源の現代においては音楽に独特のテクスチャとキャラクターをもたらします。

さらに、TAL-Samplerのレイヤリング機能は、サンプル間で複雑なインタラクションを可能にし、幅広い音色とテクスチャの探索を可能にします。この機能により、シンプルなサンプルから深みと複雑さを持ったサウンドスケープを構築し、より重厚で存在感のある音色を作り上げます。

また、組み込みのリバーブやエフェクトは、音に追加の空間感や深みを加えます。これらのエフェクトは非常に自然で音楽的で、音に臨場感と動きを与えます。

全体として、TAL-Samplerの音質は、そのエミュレーションの深さ、サウンドデザインの柔軟性、エフェクトの質により、とても印象的で、音楽制作において非常に有用です。

次の曲はすべてTAL-Samplerのみで作りました。

質感的には90年代的な質感がよく出ていて、それぞれの音の分離が良い感じです。TAL-Samplerだけで完成させるのもよいですが、他のソフトシンセとレイヤーさせることで音色の深みが出だせるようになるでしょう。

  • HIPHOPが好きな人
  • リズムに厚みやアナログ的な質感がほしい人
  • 上品なビットクラッシャーがほしい
  • ハード音源の質感が気になる人

このような人たちはTAL-Samplerを使うと確実にテンションが上がるでしょう。

レビューに戻る

機能性

4.5

音質の秘密はADC/DACコンバーターエミュレーションのクオリティの高さ

TAL-Samplerの魅力はレイヤーやフィルター、プリセットなど色々とありますが、やはり最大のポイントはADC/DACコンバーターエミュレーションです。

TAL-SamplerにはそのADC/DAC機能はRESAMPER機能と呼ばれ最大で7つのADC/DACを再現できます。

画像

ADC/DACコンバーターエミュレーションとは

DACとはデジタル・オーディオコンバーターの略でパソコン等で取り込んだ音をスピーカーやヘッドホンを使って再生するための機能です。

TAL-Samplerは往年の名機と呼ばれたハードウェアサンプラーの音質をいかに再現するか?というテーマに取り組んだ結果、DAコンバーターに注目しその再現に力をいれた結果、「野太く芯が通った」当時の音質の再現に成功しました。

このおかげでTAL-samplerの音質は他のソフトサンプラーとは一線を画するものになっています。そしてこのDACエミュレーターにバリエーションを作りTAL-SamplerはE-mu2以外にもAKAI MPC60や同社のS1000のDACも選択できるようになりました。

ハード音源は「質感がよい」これは、内蔵されているデジタルデータをスピーカーでなどで聴くためにデジタルをアナログにする回路の違いによって生まれる差です。これがハード特有の音質の違いの正体です。

画像

TAL-SamplerはこのDAの質感である上記の回路図を再現しているのが大きな特徴です。リリース当初はあまり見向きもされなかった機能ですが、最近では多くのメーカーがADC/DACのエミュレーションに力を入れています。

レビューに戻る

操作性

4

専用プリセットブラウザが選びやすくなった

画像

TAL-Samplerではバージョンアップ前は上記のタブの中にあるウィンドウにしかプリセットは表示されませんでしたが、バージョンアップしたことで専用のブラウザが表示できるようになりました。

このおかげでプリセットを選択する時間は大幅に短縮さより使い勝手がよくなりました。

また、MASTER機能にPANICボタン(音が止まらないときに強制停止)やベロシティ対応ボタンなど細かな配慮がありこれも操作性に大きく貢献しているように思います。

多くのオーディオフォーマットをインポート可能

TAL-Samplerはソフトサンプラーとして以下の一般的なオーディオフォーマットに対応しています。

(*.wav、*.aiff、*.aif、*.mp3、*.ogg、*.flac)

これらはファインダーまたはプリセットブラウザーからドラッグ&ドロップでサンプルをインポート可能なので気になったファイルをすぐに扱うことができます。

また、サウンドフォントというフォーマットを読むことができます。最近でこそあまり聞かなくなりましたが、世界中にサウンドフォントフォーマットの音源は山ほどありますし、何よりEmu製品のサウンドフォントが売られているのでそれらを取り込むことでEmulatorⅡでEmuハード音源の音を鳴らすという贅沢もできます(この贅沢っていうところがミソですw)

レビューに戻る

安定性

4

CPU負荷は軽く多くのトラックで使えるレベル!

デモ曲では8つのTAL-Samplerを使いましたが、負荷は軽く、今の倍使ってもそこまでの負荷にはならないと思われます。CPU負荷逃しをするとシングルのCPU負荷は下がりますが、元々それほど上がっていないので、そこまでCPU負荷を気にする必要はありません。

CPU負荷計測環境

パソコン  Macmini2018

CPU  Corei7(i7-8700B)6コア 

HT使用時12コア 3.2GHz/ターボブースト(TB)使用時4.6GHz

メモリ 32GB

システム OS12.6.1 Monterey

Audio/IF Focusrite RED 8PRE

バッファー 256

DAW   LogicPro10.7.7

48kHz/24bit

再生ストレージ SSD

レビューに戻る

価格

4

ソフトウェアの中で存在感を失わないのが魅力!

TAL-Samplerの価格は66ドルです。カテゴリとしてはソフトサンプラーに属しますが、基本的なアナログ波形は搭載されているのでこれだけでもアナログサウンド的なアプローチができます。

プリセットは公式サイトにて定期的にアップされていき、その殆どを無料で使うことができます。またバージョンアップも割りと頻繁に行われ常に使用する上での最適化がされていく企業努力は素晴らしく。こちらも安心して使うことができます。

PluginBoutiqueで購入すると月替りプラグインが無料でもらえます。無料と行っても100ドル相当に売っているプラグインがもらえるのでかなりお得です。

6月の購入者特典は

Rhodes V-PanKrotos Dehumaniser Simple Monstersのどちらかを選択できます!

Ozone 11 Elements

画像
注意点
  • Rent To Own プランは、無料トランザクション ギフトの対象外
  • Plugin Boutique アカウントが登録されていることを確認してください。アカウントをお持ちでない場合は、 こちらから作成できます。
  • 有料製品をバスケットに追加します (この特典は 無料製品には適用されません )。
  • 無料ギフトを選択し、チェックアウトを完了してください。
  •  取引の全額 に対してバーチャル キャッシュやクーポンを使用し ないでください。 (ただし、100% 未満の量でも問題ありません。)
  • このオファーの製品をすでに所有している場合、代替製品を提供することはできません。
  • この製品のコピーを別の製品と交換することはできません。
  •  この製品のコピーを再販することはできません。 
  • このプロモーションでは、製品の 1 コピーを請求する資格があります。
  • 1 回の取引につき 1 つの無料製品のみを請求できますが、複数の無料ギフトの場合は、すべての無料ギフトを取得するまで個別のトランザクションでこのオファーを引き換えることができます。

PluginBoutiqueでの具体的な購入方法はこちらの記事が参考になります!

レビューに戻る

TAL DACについて

TAL DACは一部の圧倒的なマニアの人から「DACのプラグイン化をしてほしい」という要望から、DACだけを抜き出したプラグインをリリースされています

TAL-SamplerからDACの部分だけ取り出しています。プリセットもかなり豊富にあってそれぞれのDACのカラーバリエーションをよく捉えている音質になっています。

画像

選べます。

音質こんな感じ

8bit22050hz

AM6070drive

EMUⅡ

S1000

とにかく音の太さアナログ的質感ともに魅力的な音質に変化しています。

なので、手持ちの音源にTAL-Samplerのようなハードウェアの質感が欲しい場合にはTAL DACがオススメです。

TAL-samplerの関連動画

まとめ

音質4
機能性(オリジナル性)4.5
操作性(使いやすさ)4
安定性(CPU負荷)4
価格4
総合評価4.1
リンククリックで読みたい内容の箇所に飛ぶことができます!

実は私の環境ではTAL-Samplerを使うとちょっと不安定なときもあり最近はあまり使っていませんでした。しかしバージョンアップして使ってみたところ以前よりはるかに安定しています。

質感が大好きだっただけに、使いたいときに使えないモヤモヤがありましたが今後はメイン音源の1つとして使っていきたいと思います。

とにかく、多くのソフトシンセを使う人はTAL-Samplerを一度使ってほしいです。

ADC/DACによってハードの質感を得た音色は音質自体はローレートであっても独特のクリア感があり、レイヤーしたときなどにも効果を発揮します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次