MENU

AIR Music Technology HYPE レビュー Xpand! 2とは別次元のマルチ音源

どうも!Xpand! 2で作った曲は100曲を超えるUG(@96bit_music )です。

AIR Music TechnologyのXpand! 2は格安DTMセールで多くのDTMerが所持しているマルチ音源であり、音色の汎用性の高さから未だに支持されているモンスター音源といえます。

しかし、リリースされてかなりの年月が経っているため近年のダンスミュージック系のジャンルには対応しきれない部分があります。

画像

EDM系には流石に無理がある

そこで注目されているのがHYPEです。

HYPEは近年の音楽ジャンルにチューニングされた音色や操作性が売りのマルチ音源です。HYPEを使うことでXpand! 2では物足りなかった派手なSuperSawを始め、唸るようなベースや、キレの良いPluckや曲を盛り上げてくれるライザーサウンドなどが多数用意されています。

この記事ではXpand! 2の仕様と比較しながらHYPEのサウンドや使い勝手などメリット・デメリットも含めてしっかりと解説していきます。

AIR Music Technology HYPE
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • 4 つのサウンド エンジン
  • 創作欲を刺激する1500のプリセット
  • CPU負荷が少ない
デメリット
  • GUIのパラメーターがわかりにくい
  • オリジナルボイスの保存ができない
AIR Music Technology HYPE
AIR Music Technology
タップできる目次

AIR Music Technology HYPE 概要

メーカーAIR Music Technology
製品名HYPE
特徴4 つのサウンド エンジン
EDM系に強い1500以上のプリセット
8つの強力なエフェクト
スタンドアロン起動可能
システムマック
macOS 10.10 – macOS 12 Monterey 
(Intel のみ)  (64 ビットのみ)
Intel Core i5、i7、2.3GHz プロセッサ以上
4 GB RAM (8 GB RAM を推奨)

ウィンドウズ
Windows 7 – Windows 10 
(64 ビットのみ)
Intel Core i5、i7、2.3GHz プロセッサ以上
4 GB RAM (8 GB RAM を推奨)
ASIOサウンドドライバー
バージョンスタンドアローン
v1.0.1.7(2022-08-18)
プラグイン
v1.0.0.0(2022-08-18)
認証方式シリアル認証
認証数最大 3 台のコンピューターで同時に認証
「AIR プラグインのインストールとアクティブ化」について
容量1.15GB
有無英語のみ
価格$130.90
備考体験版あり
10-DAY FREE TRIAL

AIR Music Technology のマルチ音源 Xpand! 2を最新の音楽ジャンルに対応すべくリリースされたのがHYPEです。

Air Xpand! 2 レビュー 時代を超えて使われる究極のマルチ音源

HYPEはもともとAKAIのMPCシリーズに搭載されているソフトシンセです。それをプラグイン化したのがHYPEになります。

操作性に多少の慣れは必要ですが、音色レベルでは使いやすく負荷も軽い優れたているので、ガシガシに使っていくことができます。

現状AIR MUSIC Technologyのすべての製品はMontereyおよびM1チップに対応しています。

詳しくは公式ホームページ

HYPEとXpand! 2の違い

HYPEXpand! 2
画像画像
エンジン4 つのサウンド エンジンが搭載
FM、Wavetable、Virtual Analog、Sampled 
4 つのサウンド エンジンが搭載
FM、Wavetable、Virtual Analog、Sampled 
レイヤー1〜3(プリセット依存)4
エフェクト8つのデジタルエフェクト2 つのデジタル エフェクト プロセッサ。
50種類の編集可能なエフェクトタイプ
同時発音数表記なし最大64
プリセット15002500 以上
方向性EDM系歌もの、劇伴、
アルペジエーター
MIDIアサイン
パッチの保存
拡張音源2022-08-24現在なし多数販売
対応OS(MAC)macOS 10.10 – macOS 12 Monterey 
(Intel のみ)  (64 ビットのみ)
macOS 10.8.5 – 12  
(macOS 12 Monterey をサポート)  
(64 ビットのみ) 
 (M1 Mac は非対応)
価格$130.90$108.90

音源方式は同じ4つのサウンドエンジンを採用していますが、Xpand! 2が4レイヤーにしたいてHYPEはプリセットによって異なりますが1〜3レイヤーになります。

音の方向性はXpand! 2にはエスニックな楽器からストリングス、サックス、ピアノ、ベース、ギターなど、マルチ音源らしいサウンドが多数用意されていましたが、HYPEには生系のサウンドは数えるほどで基本的にはシンセサウンドがメインになっています。

HYPEのエフェクトは8個からなりますが、Xpand! 2は最大で50種類のエフェクトが搭載されており、それらが2系統を用意されています。

50種類のエフェクトはリバーブやコーラス、ディレイなどの内容違いなものが多いため、Xpand! 2の方がエフェクトが優れているという印象はありません。

質感的にはHYPEの方が解像度が高い印象があります。

同時発音数はXpand! 2は64と固定になっていますが、HYPEは同時発音数を設定できるパラメーターはMono/Polyを切り替えるだけ具体的な発音数は指定できません。

対応OS(MAC)で気になるのはXpand! 2、Hybrid、Vacuum Tubeなど一世代前のAIR MUSIC Technologyのソフト音源はM1 Macへの対応がまだであり、おそらく今後もサポートする可能性は低いかもしれません。

追記、現状AIR MUSIC Technologyのすべての製品はMontereyおよびM1チップに対応しています。

詳しくは公式ホームページ

今回の新製品リリースはそれらを補う形のものであると考えられるので

今後、Xpand! 2、Hybrid、Vacuum TubeなどのAIR MUSIC Technology製品はどこかで使えなくなる可能性を考慮しておく必要があります。

AIR Music Technology HYPE レビュー

音質4
機能性(オリジナル性)4
操作性(使いやすさ)2
安定性(CPU負荷)4
価格(購入のしやすさ)3
総合評価3.4
リンククリックで読みたい内容の箇所に飛ぶことができます!

音質

4

創造性を刺激するクリエイティブな音色

SuperSawを始め、アブストラクトなパッドや野太いベース、使い勝手の良いプラック系の音色、そしてそれほど多くはありませんが、ピアノやエレピ、ストリングスにブラスも搭載しています。

同社のXpand! 2が数十年前の時代に合わせたマルチ総合音源のように、HYPEもまたこの時代に合わせたマルチ総合音源だと言えるでしょう。

Synth wave 風デモ (ドラムとギターは別音源)
HYPE DEMO2(ドラムは別音源)

ただ、Xpand! 2の特徴(勝手にそう思い込んでいる部分もありますが)大量にあったオケヒットは一つもありません。

ハイレゾには未対応

画像
アナログモデリングのSAW波形で計測

BASSLINEは80kHzまで出力されていましたが、HYPEは最大で25Hz程度までしか出力されません。しかし、プリセットのクオリティの高さがハイレゾ非対応を十分なまでに補ってくれます。

レビューに戻る

機能性

4

ユニークなインターフェイスとプリセット

プリセットは1500になり、その多くが近年のEDMを意識した音色が多く揃っています。

音作りのインターフェイスは6つのグラッフィック(Global Controls and Macros)で表示されたパラメーターを調整することでオシレーターを決定し、あとはフィルターのADSRとアンプのADSRで作り込み、お好みで8つの強力なエフェクト
モジュレーション、ディストーション、ハイプ (EQ)、リバーブ、ディレイ、コンプレッサー、パンパー、リミッター)で音作りをします。

画像
オシレーターを決定するデザイン性が高いパラメーター
画像
オシレーターのエンベロープを設定するパラメーター
画像
下部のFXをクリックするとエフェクトの詳細画面

オシレーターのパラメーターが独特で、プリセットによってこのパラメーターの意味が変化します。

どういった意図で変化するのかが掴みきれないために、「なんでこの音色ではこのパラメーターなの?」と疑問に思ってしまい、音作りに戸惑う場合があります。

レビューに戻る

操作性

2

Global Controls and Macrosが少しわかりにくい

Global Controls and Macrosとはグラフィックで表示されているパラメーターのことです。

音作り自体は難しくありませんが、プリセット毎に各々のグラフィックのパラメーターの意味が変化するため、慣れが必要です。

画像
画像
画像
画像

オシレーター(エンジン)は組み合わせになっています。同時に使えるのは最大で2つ(デュアル)までになります。

画像

この組み合わせを理解しておけばプリセット毎 のパラメーターが違う理由がわかりますが、慣れていないと「なぜこのプリセットはこのパラメーター?さっきと違う!」ということになります。

このあたりが少しだけわかりにくい印象がありました。

デュアルオシレーターのサウンドを作るときに、オシレーター2をクリックしてもオシレータの一覧が表示されません。これがバグなのが仕様なのかわかりませんが、「ん?」と一瞬なってしまいます。

画像

この他にも

  • 同時発音数がプリセットによって異なるものがあるが理由がいまいちわからない
  • プリセットにチェックマークがつかないの自分が何を選んでいるのかわからない
  • 画面のリサイズができない
  • プリセットブラウザがないので好みの音色をマイ・フェイバリットとして登録して呼び出せない

といったGUIのデザインがユーザービリティを悪くしている印象があります。

またプリセット「Glockenspiel 1」ではオシレーターがKalimbaと表示されているが、発音しているオシレーターはGlockenspiel になっているなどのバグも見られます。

これらは非常に操作する上ではマイナス面に感じる部分でもありますが、音色面でこれらをスルーできるものもあるので、まずは音色ありきでHYPEを評価するのが一番です。

共通の操作性について

GUIサイズの変更不可

マイ・フェイバリットボイスが作れない、

ソフトシンセ上でオリジナルボイスを保存できない、

BasslineTube SynthElectricSolinaMellotronこれらすべてに共通です。

是非アップデートでなんとかしてほしいところです。

オリジナルボイスの保存について

多くのソフトシンセはソフトシンセ内にユーザーパッチ的を保存することが可能ですが、AU環境のHYPEには現在そのような保存先がありません。(VSTにあるのかもわかりません)

他のDAWではわかりませんがLogic Proでオリジナルパッチを保存する場合は電源マークのとなりのタグをクリックして別名で保存することでオリジナルパッチが保存できます。

画像

レビューに戻る

安定性

HYPEを6つ使ったCPU負荷です。

画像

負荷は軽い部類の音源です。アナログモデリング等を選択すると負荷が急激に上がるということもありません。

また使用中にDAWが落ちることも一度もありませんでした。

レビューに戻る

価格

3

Xpand! 2と比較すると若干割高な印象もありますが、近年のダンスミュージックにチューニングされた1500のプリセットと慣れが必要ではありますがスタイリッシュなGUIなど創作意欲が刺激される音源であることに間違いありません。

HYPE
画像
Xpand! 2
画像
エンジン4 つのサウンド エンジンが搭載
FM、Wavetable、Virtual Analog、Sampled 
4 つのサウンド エンジンが搭載
FM、Wavetable、Virtual Analog、Sampled 
レイヤー1〜3(プリセット依存)4
エフェクト2 つのデジタル エフェクト プロセッサ。
50種類の編集可能なエフェクトタイプ
8つのデジタルエフェクト
同時発音数表記なし最大64
プリセット15002500 以上
方向性EDM系歌もの、劇伴、
アルペジエーター
MIDIアサイン
パッチの保存
拡張音源2022-08-24現在なし多数販売
価格$130.90$108.90

レビューに戻る

関連動画

まとめ

メリット
デメリット
  • 4 つのサウンド エンジン
  • 創作欲を刺激する1500のプリセット
  • CPU負荷が少ない
  • GUIのパラメーターがわかりにくい
  • オリジナルボイスの保存ができない
音質4
機能性(オリジナル性)4
操作性(使いやすさ)2
安定性(CPU負荷)4
価格(購入のしやすさ)3
総合評価3.4
リンククリックで読みたい内容の箇所に飛ぶことができます!

次世代のXpand! 2としてリリースされたであろうHYPEはXpand! 2の操作性や音色とは異なった存在になっています。

EDM系などには即戦力な音色が多数用意されているので、音作りより音選びのセンスが問われる音源であります。一方で

GUIの表示方法には多少慣れが必要と感じる部分も多いため、わかりにくいと感じる人もいるかもしれませんが、操作方法に慣れてしまえば十分に即戦力になってくれると思います。

AIR Music Technology HYPE
AIR Music Technology
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次