DTMプラグインvst2とvst3の違いについてCPU負荷が軽いのは?

多くのDTMerにとってVST2とVST3の違いはそれほど気にならないかもしれません。それより「良い音でなるのか?」「負荷は違うのかどうか」という点の方が気になるのではないでしょうか?そこで今日はVST2とVST3の負荷の違いについて調べてみました。

この記事を読んでわかること

VST2.4とVST3の違い

どっちを使えば制作がスムーズになるか?

VSTとは?

VSTとはDAWで使えるプラグインのための規格です。VST以外ではAUプラグインやAAXプラグインがあります。

VSTの中にもさらに3種類の規格がある

Steinberg’s Virtual Studio Technology のSteinberg’sのSを省略したもの、主にソフトシンセやエフェクトプラグインを統括した規格。

VSTは厳密にいうと次の3つに分けられます。

  • VSTインストゥルメント (VSTi)(ソフトシンセ)
  • VSTエフェクト(エフェクトプラグイン、コンプやディストーションなど)
  • VST MIDIエフェクト(MIDI進行を使ってエフェクト効果をコントロールするもの)

VST MIDIエフェクトで有名なのはGlitch2やStutter editです。これはMIDIキーボードを押すことで

エフェクトのかかり方をMIDIでリアルタイムでコントロールすることからMIDIエフェクトと呼ばれています。

刺激的で気持ち良いぶつ切りサウンドを作り出すGlitch2の魅力

VSTの歴史

初めてVSTプラグインを搭載したDAWは1996年に発売された「CubaseVST3.0」というバージョンです。ちなみにVSTバージョン1の時代はまだ簡易なエフェクトプラグインのみでソフトシンセが使えるようになるののは1999年に開発されたVSTバージョン2.0という規格からです。

そして2008年VST3が開発されました。現在は正式にはVST3.6.11というのが最新のバージョンです。

VST2.4はもう作られていない?

実は多くのサードパーティはVST2.4でプラグインを開発しています。その理由はVST3とVST2は開発コードがほぼ別物と言ってよいくらいに難しくVST2.4のバージョンアップでVST3を作るというよりは完全にあたらしいプラグインを作るレベルの開発が必要になります。

これが開発者側を苦しめることになり「確かにVST3の新機能は魅力だけど、開発期間も費用がかかるなら現状のVST2.4ベースで作ろう」という話になっているのでVST3が誕生してからすでに12年が過ぎますが、未だにVST2.4のプラグインが多いです。しかし、最近少しずつではありますがVST3への移行するメーカーも出てきています。

私が大好きなドラム音源であるBFD4がなかなか出てこないのもこういうところに問題があるのか…と思ってしまいます。

しかし、SteinbergもいつまでもVST2.4で作られるのも困るので、VST2.4の開発は終了し、VST3.6へ移行するように説明しています。

VST 2 段階的終了のお知らせ | Steinberg

VST 2 段階的終了のお知らせ. 2018.05.18. 平素はスタインバーグ製品に格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。 2013年に発表いたしましたように、VST 2 の Software Development Kit (SDK) は開発を完了

VST3の性能

  • パフォーマンスの改善
  • マルチ ダイナミック I/O
  • バスの有効 / 無効切り替え
  • プラグインウインドウのリサイズ
  • サンプルアキュレート オートメーション
  • パラメーターのツリー管理
  • オプション: SKI
  • VSTXML によるリモートコントロールへの対応
  • Unicode 対応
  • MIDI 規格の制限を越えたパラメーター変更
  • VST インストゥルメントへオーディオ入力バスを搭載可
  • マルチ MIDI I/O 対応
  • 64bit 処理

みなさんが恩恵を受けているところで言えば、パフォーマンスの改善やGUIのリサイズ、またバスの有効/無効の切り替えでしょう。

CubaseやStudioOneを使用している場合、ドラムのマルチアウトで必要のないトラックをさくっと消せるのはAUプラグイン環境から見ると羨ましい限りなんです。

VST2.4とVST3 CPU負荷の違いはある?

パフォーマンスの改善が挙げられているVST3ですが、正直なところどれほどの改善かははっきりしていません。以下の画像はバーチャルアナログの最高峰と呼ばれているDivaを同時に発音させてみましたが、VST3とVST2で比較してみましたが、負荷はまったく変わりません。

もちろんこの程度の環境ではそのパフォーマンスに差はないのかもしれません。

VST3は2.4に比べるとパフォーマンスの改善がメリットであると公式サイトでも説明していますが、以下のサイトに興味深い内容の記事があります。

VST is an interface specification of how a plug-in communicates with a host, so the plug-in efficiency depends on the plug-in, not on the VST spec. Both VST 2.4 and VST3 plug-ins have a common code base, and virtually all of a plug-in’s internal code is identical — move along, there’s nothing to see here.

引用:VST 2.4 vs. VST 3.0 – Who Cares? You Should.

注目すべきは、「VST 2.4とVST3の両方のプラグインには共通のコードベースがあり、実質的にすべてのプラグインの内部コードは同じです」

これによるとVST3と書いてあっても中身は2.4とそれほど変わらないものになります。

私達はプラグインの中身がどのようなプログラムになっていて、それが2.4と3でどれほど変わるかまで詳細に調べることができません(専門家はできるかもしれませんが)

そのため外側だけVST3になっていても気づくことはできません。

またVST3の効率化(パフォーマンスの改善)においてもVST2.4でもそれは内蔵できたことについて触れています。

The plug-ins aren’t, but running them may be because they can be turned off when no data is coming in. This is not unique to VST3; developers have been able to implement this using older technologies.

「データが受信されなくなったときにプラグインをオフにできることが原因である可能性があります。これはVST3に固有のものではありません。開発者は、古いテクノロジーを使用してこれを実装することができました」

このようにVST2.4とVST3の進化によって私達の制作スタイルが変わるのかと言われたら、まだそれほど大きく変わらないのでは…と考えます。

VST2.4とVST3とAUで負荷チェックをしてみたら

そこでAUプラグインも一緒に立ち上げて負荷チェックをしたところAUが少しだけ軽い結果になりました。これは発音時のテストで音が持続し始めると負荷は多少ばらつきがあるもののほぼ同じになっていきます。

VST3のパフォーマンスについては以下の説明を見る限りマルチアウト時によってその違いが現れるのかもしれません。

バスの有効 / 無効切り替え

例えばマルチアウトを持つバーチャルサンプラーを立ち上げた際、VSTi 側の仕様により、必要以上のアウトプットチャンネルをミキサー上で占める事があります。VST3 インターフェースでは、VSTi を立ち上げた後でも、使わないバスを無効にする事が出来ます。更に、必要になれば再びバスを有効にする事も可能。ミキサーチャンネルが整理でき、CPU の負荷も減らせます。

ちなみに96bit-music.comの負荷テストでおなじみにwaves VA音源 ElementsのCPU Kilerで計測してみたところAUの方がわずかに負荷が少ない結果になりました。

といっても1のレベルですから目くじらを立てて「重い!軽い」と騒ぐほどのものではないとは思います。

Macmini2018で計測したCPU負荷が小さい一番軽いDAWはどれ?

VST3が使えるDAWについて

VST3が使えるDAW

  • Cubase
  • StudioOne
  • digital Performer
  • Bitwig Studio
  • FL Studio
  • Live

VSTが使えないDAW

  • LogicProX
  • Protools

VST使えないDAWであってもVIENNA VIENNA Ensemble Pro 7を使うとVST3を使えるようになるとのことです

さいごに

VST2とVST3の負荷による違いはないと見てよいかもしれませんが、安定度についてはメーカーによって多少は異なるかもしれません。それよりもAUプラグインがわずかばかりに軽いかもしれない…という動作をしていたことに少し驚きます。

マルチアウトの件などから見るとVSTの方が圧倒的に使いやすいでし、CPU負荷メーターの1程度の違いで使い分ける必要もないと思います。