MENU

Steven Slate Drums 5「SSD5] レビューDAW付属のドラムに我慢できない人にオススメ

ドラム音源に求める要素はいくつかありますが、迫力を求めるとなると空気感をしっかりと取りこんだものがいいです。

Steven Slate Drums 5ことSSD5は数あるドラム音源の中でも空気感(アンビエンス)の密度が高く、どっしりとした音が特徴で、

ビギナーからエキスパートまで、あらゆるDTMerに再起なドラマーソフトウェアです。

この記事ではssd5 drumの購入を悩んでいる人に実際使ってみて感じたメリット・デメリットをまとめています。

Steven Slate Drums 5
総合評価
( 4 )
メリット
  • 生ドラムとして完成して使いやすい音色多数
  • CPU負荷が低い
  • GUIの表示内容を変更可能
デメリット
  • エフェクトはない
  • マルチ出力がモノラル
タップできる目次

SSD5 概要

メーカーsteven slate
製品名steven slate drums 5(通称SSD5)
特徴148の有名なアーティストと伝説的なモデルのドラムキットプリセット
2,400を超えるMIDIグルーブ
ロック、メタル、ジャズ、ファンク、インディー、レゲエなどの多用途キット
MIDIマッピングの変更
スティーブンのこれまでにリリースされていないOGワンショットスネアサンプル
135スネア、112キック、58トム
11ハイハット、14クラッシュ、6ライド、4スプラッシュ、3
チャイナ–超洗練された新しいサイズ変更可能なGUI
ワンショット用の新しいスマート速度トリガーアルゴリズム
アナログ処理および生2インチテープに録音されたサンプル
サードパーティのサンプルとグルーブをインポートして使用
システムMACOS MINIMUM REQUIREMENTS

1 GHz Intel Dual Core Processor or AMD equivalent
4 GB of RAM
macOS 10.10 or later
AAX, VST, AU supporting DAW

SCREEN RESOLUTION
1024 x 768 or higher
LICENSING
Machine ID or iLok dongle.
64 bit DAW support only
バージョンv5.5(2022-10-23)
認証方式iLok認証
容量15.16GB
マニュアル宮地商会で購入した場合のみオリジナルの日本語マニュアルDL化
英語版(Google Chromeで翻訳可能)
価格(メーカー価格)貨幣表記は半額
備考体験版(無料版)あり
公式サイトでサインアップ要登録

SSD5(通称のsteven slate drums)のリリースは2018年

画像
steven slate drums4の画面
画像
steven slate drums 5の画面

生のドラム音源の迫力を常に追いかけ進化する。それがsteven slate drums 5(SSD5)です。使っている多くの人が「ロックやるならこれでいい!」とロック系を得意とするサウンドが豊富ですが、もちろんメタルやポップであってもSSD5は対応します。

steven slate drums4に比べるとseven slate drums 5はシンプルですが、より操作がしやすいようにまとまっている印象です。

3年の間にバージョン5まで進化を遂げているドラム音源はSSD5だけです。

SSD5もaddictive drums2と同じく作り込まれた音が鳴るドラム音源です。雰囲気的にはSSD5の方がナチュラルに作り込まれた印象があります。

SSD 5レビュー

音質4
機能性3.5
操作性3.5
安定性4
価格4
総合評価3.8

音質

4

聴いてみてわかるのはSSD 5はとにかく作り込み度が高いです。

すでにドラムトラックとして完成した音色になっています。ドラム音源はある程度のセオリーがあって音作りをするわけですが、そこでどんなエフェクトプラグインを使うかなど悩み始めると時間が溶けます(それはそれで楽しいんですが)

しかし、そこでかけた手間が200%楽曲をよくしてくれるかというとそうでないことを感じているDTMerは多いです。

そういう人にこそSSD 5のような完成度の高いドラムサウンドは時短かつクオリティの確保という点においてもオススメです。

レビューに戻る

機能性

3.5

SSD 5マイキングの数とアンビエンスのクオリティがすごい

一番の魅力がこれです。普通はマイクの数はデフォルトで揃えそうなものですが、キットによってマイキングの数が変わるというのはユニークな仕様と言えます。

このマイキングのクオリティがツボ得ていて実に多彩なサウンドを構築に役立ちます。

画像
画像

拡張音源のクオリティがすごい!

SSD 5も他のドラム音源同様に拡張パックがありますが、そこに連なる名前がすごいです。

DTMerの多くが名前を目にするクリスロードアルジやJohn McBride、David Bendethなど世界の音のトップが拡張音源を制作しています。

そのクオリティは凄まじく、マイキングが細かく調整できるSSD 5だからこそ作り上げることができたと言っても過言ではないほどです。AD2やBFD3などと比べると決して多くはありませんが音の職人こだわり抜いたクオリティはまさに世界レベルです。

CHRIS LORD-ALGE EXPANSIONBLACKBIRD STUDIOS DRUMSDAVID BENDETH DRUMS EXPANSIONTERRY DATE DRUMS EXPANSION
画像画像画像画像
Recorded & mixed by Chris Lord-Alge

12 Drumkit Presets (SSD Only)
12 Snares, 11 Kicks, 5 Toms
1 Hi-Hat (SSD Only)
4 Crashes (SSD Only)
1 Ride (SSD Only)
Use directly with SSD Only Player or Trigger
Multiple Articulations on Snares
Complete control
Classic CLA sound
Easy to install
6 Kick Drum Samples
10 Snare Samples
7 Sets of Toms
2 Hi-Hats (SSD Only)
1 Ride (SSD Only)
4 Crashes (SSD Only)
5 Preset Kits (SSD only)
3 Snares
2 Kicks
4 Toms
2 Crashes (SSD Only)
1 Ride (SSD Only)
1 China (SSD Only)
1 Hi-Hat (SSD Only)
Pre-Processed by David Bendeth himself
David’s classic samples mixed into the top two velocities
10 Hard-Hitting Preset Kits recorded and mixed by Terry Date;
4 Snares
3 Kicks
4 Toms
1 Hi-Hat (SSD Only)
4 Crashes (SSD Only)
1 Rides (SSD Only)
Recorded in world-famous Henson Studio B
From Rock to Metal Tones
Includes the famous Deftones “White Pony” Snare
Available for both TRIGGER and STEVEN SLATE DRUMS (SSD)

使い方が優しい!多くの解説ビデオがある!

公式サイト及び有志が作ったSSD 5の動画が多くあり使い方に迷いません。

MacOSにSSD5.5を無料でインストールする

MIDIマップと学習

これらの他にもDAWごとに特化したマルチアウト出力の動画もあります。詳しくはSSD 5の公式サイトへ

レビューに戻る

操作性

3.5

SSD 5の魅力は一つ一つが完成された音、そしてそれらを自由に選べるわけですが、ここで一つおすすめの使い方ががあります。通常のウィンドウではドラムキットのグラフィックが表示されていますが、これをセル表示するという方法です。

画像
ユーザーキット表示
画像
セル表示

では、これの何が便利でおすすめかというと、BATTERY4のようにブラウザからドラムパーツをペタペタ貼り付けるだけで素早くパーツをロードしていくことが可能です。ドラムキットの場合はスネアならスネアのグラフィックにドラッグする必要がありますが、これは開いているところに適当に彫り込むだけ、

また新規のパーツと最初からロードされれていたパーツは紐付けされているので、すぐにレイヤーサウンドを作り上げることができます。

イコライザーやコンプで無理やり追い込むよりもしっかりとなっているサウンドレイヤーする方が太くて存在感のある音になりやすいのでおすすめです。

ドラムパターンの操作性がもう一歩!

SSD 5には魅力的なドラムパターンが多数収録されています。しかし、ドラムパターンの再生ボタンはパターンを選択できるGrooveの中にしかありません。

またパターン再生は一覧されている表示をダブルクリック等で再生してくれません。AutoPlayボタンをクリックすればパターン名をクリックすするだけで再生されますが、個人的にこの辺りの操作性はAD2やBFD3 ModoDrumと比べると見劣りします。

エフェクトはついていない

SSD5はエフェクトが搭載されていません。イコライザーやコンプなどによる音作りはすべてDAW側でする必要があります。aなのでAddictive drums 2やBFD3のように内部でエフェクト加工された音を作る人にとってはデメリットに感じるかもしれません。

Logic Proの場合パラアウトはすべてステレオ

Logic ProがAU3に対応したことで出力先の指定が増えました。しかしSSD 5が対応しているのはマルチ出力(16xステレオ)のみです

画像

ほかを他を読み込もうとすると以下の警告ウィンドウが開きます。

画像

追記2022-10-23

Montereyでは上記のようなマルチ出力は表示されずにマルチ出力(16xステレオ)のみになっています。

画像

そのため当然、パラアウト出力はステレオのみとなります。

画像

ProtoolsやCubaseの場合は公式動画ではOut 17 mnまで点灯しているのでおそらくモノ出力が可能だと思われます。

画像

GUIのサイズよりも内容表示の多さも変更したい

SSD 5は多くのマイクを選択できるのが強みですが、そうなるとミキサー部はキックやスネアだけでかなりの表示スペースを使ってしまいます。BFD3の場合キックの三種類のマイクを一つのキックの中に収納できるのでミキサー画面がすっきりとできますが、SSD 5はそれができないのが少しめんどくさく感じます。

この辺りは次回のバージョンアップで対応してくれることを望みます。

レビューに戻る

安定性

4

画像
CPU負荷逃し(無し
画像
CPU負荷逃し(有り)

SSD 5が入っているトラックを選択したままだとCPUが上がってしまうので何も入っていないトラックを選択することでCPUの負荷が分散されます。負荷を分散することでより軽くなる印象です。

レビューに戻る

価格

4

steven slate drums 5addictive drums2BFD3mododrumSUPERIOR DRUMMER 3 
$119$178$149$343.53$399

機能面と比較するとSSD5はエフェクトがなく、多少の操作性がネックかもしれませんが、アンビエンスのクオリティに関しては一番よいと思っています。

なので、SSD 5を最初のドラム音源にするのはありだと思います。

レビューに戻る

まとめ

音質4
機能性3.5
操作性3.5
安定性4
価格4
総合評価3.8

SSD 5はとにかくバキバキのロックからポップスまで使える優等生なドラム音源です。addictive drums2と同じく作られた感のある音ですがこちらの方が芯があり、ロックやメタルに向いているように思います。

ただ、どんなに良いドラム音源を使ってもドラム打ち込みの重要なポイントをおろそかにすると効果は半減です。「良いドラム音源買ったしもっと打ち込みについて知識を高めたい!深めたい!という方はこちらの記事が参考になります。

SALE期間は11月の末日までDAWの付属ドラム音源から次のステップに進みたい!という人はSSD5.5を選択してみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

タップできる目次