MENU

D16 Nepheton 2レビュー 808サウンドを超える機能と使い勝手

<景品表示法に基づく表記>当サイトのコンテンツには、広告を掲載している場合があります。

最新のダンスミュージックにマッチするドラムサウンドを求めていませんか?D16 Nepheton 2は、その答えを提供します。

従来の808ドラムサウンドを完全に再現しつつ、現代の音楽制作ニーズに応える多機能なシーケンス機能を搭載しています。プリセットの数と質が倍増し、さらにすべてのノブがMIDI CCで調整可能になりました。

これにより、あなたのクリエイティビティは新たな次元へと導かれます。さらに、新たに搭載されたエフェクトにより、音がより極厚になり、使いやすくなったシーケンス機能と拡大したUIは操作性を大幅に向上させています。

確かにCPU負荷は高いですが、その価値は十分にあります。808サウンドが欲しいなら、D16 Nepheton 2は間違いなくあなたの期待を超えるでしょう。

このレビューで、Nepheton 2がどのようにあなたの音楽制作を変革するかを詳しく見ていきましょう。

D16 Group Audio Software
UG
  • 元ゲーム音楽屋(NintendoDSなど)
  • 作曲歴20年以上
  • DTM記事執筆500以上
  • ショートアニメ、CM、企業PV音楽を制作
  • 詳しいプロフィール
タップできる目次

D16 Nepheton 2 概要

メーカーD16 Group Audio Software
製品名Nepheton 2
特徴実機のパラメータセット完全再現し忠実な 808 エミュレート
シンバルジェネレーターの品質を強化
各楽器のミュート/ソロ
トリガーアウト
エフェクト機能を搭載
編集可能なドラムマップ
システムウィンドウズ
OSバージョン: Windows 7 – Windows 11
アーキテクチャ(i): 64 ビット、32 ビット
CPU (ii): Intel x86 / AMD x86
ソフトウェア(iii): VST2 / VST3 / AAX 互換アプリケーション
サンプルレート: ≥ 44.1 kHz※

マック
OSバージョン:10.13~14
アーキテクチャ(i): 64 ビット
CPU (ii): インテル x86 / Apple シリコン
ソフトウェア(iii):VST2/AU互換アプリケーション
認証方式オーソライズファイル認証
認証数制限なし
マニュアル英語
価格$130.90→$75.90

D16 Group Nepheton 2は、ユーザーインターフェースを全面的に再設計し、使いやすさを向上させた新バージョンで、明確なチャンネルストリップと改善されたシーケンサーを搭載しました。

Nepheton 1とNepheton 2のかんたんな機能比較

機能カテゴリNepheton 1Nepheton 2
ユーザーインターフェース標準的なインターフェース、機能的だが直感的ではない使用しやすさを考慮して再設計されたインターフェース、明確なチャンネルストリップとよりユーザーフレンドリーなシーケンサー
ドラムサウンド高精度でクラシックな808サウンドをエミュレート高品質な808サウンドを提供し続け、より洗練されたニュアンスを持つ
エフェクトセクションエフェクト非搭載より多くのオプションを備えたフル装備のエフェクトセクション
ドラムプログラミング標準的なドラムプログラミングツールより幅広いツールを備えた現代的なドラムプログラミング
サウンドカスタマイズ個々のサウンドのカスタマイズが限定的各サウンドに内蔵のコンプレッションとEQを備えた個別のチャンネルストリップ
シーケンサー機能基本的なシーケンサー機能フラム、サブステップアーティキュレーション、タップ、ランダマイザー機能などの強化されたシーケンサー
MIDIエクスポート標準的なMIDIエクスポート機能DAWとのシームレスな統合のためのドラッグアンドドロップMIDIエクスポート機能
ダイナミックコントロール基本的なダイナミックコントロールオプションより洗練されたダイナミクス制御、迅速に調整可能なベロシティとグローバルアクセントブースト
トリガーモード標準的なトリガーモードMIDIノート、MIDI CC、またはGUIを含むさまざまなトリガーモード
ファクトリーコンテンツ標準的なファクトリープリセットシーン、ドラムキット、パターンを含む豊富なファクトリーコンテンツ
マスターセクション基本的なマスターセクション機能マルチバンドコンプレッサーとソフトクリップオプションを備えたリミッターを含む強化されたマスターセクション
追加機能限定的な追加機能MIDIマップとトリガーアウト、聴覚的トリガー出力、MIDIドラムマップエディターなど

D16 Nepheton 2 レビュー

音質4.5
機能性(オリジナル性)4.5
操作性(使いやすさ)4.5
安定性(CPU負荷)3.5
価格4
総合評価4.2

音質4.5

最新のダンス・ミュージックに完全対応した808ドラムサウンド

Nepheton 1を使っていて感じのは出音は悪くないのですが、出音の古さを感じてしまうプリセットでした。Nepheton 1にはエフェクトが搭載されていないのもあり、音作りに関してはDAW上でパラアウトして音作りをするという形でした。しかし、Nepheton 2になってから強力なエフェクトが搭載されたおかげで、Nepheton 2内で音作りを完結できるようになりました。

触ってみて思ったのは音量の違いと各パラメーターの違いによる音色の違いでした。

Nepheton 2では1に比べるとかなり音量が大きいため、音がよくなったと感じてしまいます。以下は両者に共通のinitializeパッチでのサンプルです(音量差にご注意ください)

Nepheton 1
Nepheton 2

音量の大きさ=音質が良いと思ってしまう部分があるのでこのあたりは注意が必要です。

Nepheton 1と比べるとモデリング時におけるチューニングが行われているのがRX10の解析でもわかります。

これはキックの両者のリリースを最大にした場合のNepheton 1と2のサウンドをRX10で比較したものです。

上がNepheton 1で下がNepheton 2になります。

非常に大きい低音が発生するので音量にご注意ください。

画像
画像

両者は最大のリリースにしているわけですが、Nepheton 1と2では音が消えるまでの時間が違います。より重みのある音を長く聞かせてローエンドを豊かにしたい場合などにNepheton 2は最適であると言えます。

画像

ではこれらを踏まえながら、個別のプリセットをいくつか聴いてみます。

プリセット 8bit Paula
プリセット 80’s Pop Hit
プリセット Break Beat 2
Double Precision Float Var 2

どのリズムパターンもセンスがよく、そしてそのどれもが音が太く、創作意欲を掻き立てられるものばかりです。本家も通して808ドラム音源はリリースされていますが、音質に関してはもっとも使いやすく即戦力だと感じました。

D16 Group Audio Software

レビューに戻る

機能性4.5

多機能なシーケンス機能を搭載

Nepheton 1でもシーケンス機能はありましたが、Nepheton 2に搭載されているシーケンス機能は別物であり、マトリクス画面による打ち込みができるようになりました。また、打ち込み奏法のバリエーションも多く、16分音符で表現できないフラムなどもボタン1つで打ち込めるようになりました。

画像

Nepheton 1ではリズムパターンの切り替えを行う場合は下部にあるボタンによる切り替えでした。

画像

切り替えられるタイミングはパターンが終了してから次のパターンに移るものでしたが、Nepheton 2では12の左にある12のキーによる切り替えになります。

画像

この12のキーはHOST NOTEモードにすることでMIDIキーが割り当てられ、MIDIキーボードでの再生が可能になります。そしてNepheton 1と違うのが、Nepheton 2ではパターンの途中であっても割り当ててパターンのキーを押すことで瞬時に切り替えられるので、リズムパターンを演奏するということができます。

プリセットの数と質が倍以上に

Nepheton 1ではプリセットは16だったのに対してNepheton 2では15倍以上の245、それもただ数が増えただけではなく、新しく追加されたエフェクトと細かいパラメーターの値を調整しより重く、より鋭いキットとして進化しました。

画像

Nepheton 2には2つのプリセット概念があります。1つはSCNENEと書かれたプリセット、これはDAWではなくNepheton 2のシーケンスモードで使用することを前提に作られているものです。例えば、ドラムパターンは気に入っているけれど、ドラムキットの音色を変更したい場合は、DRUM KITだけを変更すれば、パターン等はSCENEのモノが引き継がれる形になります。

主にDAWで使用する場合はDRUM KITだけの変更で問題はありません。

すべてのノブがMIDICCで調整可能になった

Nepheton 2ではすべてのノブにMIDICCを割り当てることができるようになったため、ノブやスライダーが搭載されているMIDIキーボードでNepheton 2を自由に調整できるようになりました。ライブパフォーマンスやリアルタイム入力時にツマミをグリグリして音を変化できるのは本当に楽しいですよね。

画像

エフェクトが搭載により音がより極厚になった

Nepheton 2の最大の魅力はそれぞれのパーツ毎にD16 Group Audio Softwareクオリティのエフェクトを搭載した点です。

エフェクトの概要はイコライザーとコンプ。いわゆるチャンネルストリップが各パーツに搭載され細かい音作りが可能になりました。

画像

チャンネル・ストリップが搭載されただけでも嬉しいアップグレードですが、Nepheton 2ではBUS SEND先にはさらに多くのインサーションエフェクトが搭載されています。

BUS1に搭載されているインサーションエフェクト

イコライザー、ディストーション、イコライザー2、ディレイ、ダイナミクス

BUS2に搭載されいてるインサーションエフェクト

コーラス、ビットクラッシャー、リバーブ、ダイナミクス2,フィルター

そしてマスターにはマルチバンドコンプとリミッターが搭載されたことで、細部の細部までダイナミクスをコントロールできるようになりました。

画像

エフェクトのクオリティは言うまでもなく世界中で高い評価を得ているレベルのものD16 Group Audio Softwareがリリースしている単体レベルのものです。808サウンドにここまでの音作りができるというのは他にありません。

レビューに戻る

操作性4.5

使いやすくなったシーケンス機能

Nepheton 1にはドラムパターンを打ち込めるシーケンス機能が搭載されていましたが、お世辞にも使い勝手が良いとはいえず、むしろかなり悪い!と声を大にして言いたいものでした。

画像

赤い部分がシーケンス、シーケンスパターンの切り替えは01と書かれた付近のボタンではなく、下にあるACやBDと書かれたボタンによる切り替え。めっちゃわかりにくかったです。

しかし、Nepheton 2 になってからは専用のシーケンス画面による管理が可能になりました。

画像

リズムパターンもシーケンスウィンドウ内のプリセットネームから呼び出せるため、パターンの切り替えもスムーズにできるようになっています。この操作性の向上だけでもNepheton 1はアップグレードの価値があります。

画像

拡大したUIにより操作性が向上

Nepheton 1ではリアルなGUIではありましたが、GUIのサイズが変更できないため、その部分でも操作性を悪くしていました。Nepheton 2になってらは任意でGUIのサイズが変更できるため、お使いの液晶サイズ環境に合わせて最適なサイズをカスタマイズできます。

画像
Nepheton 1とNepheton 2 (サイズ160%)の比較

また、リサイズした場合に、本当にこれでいいの?気に入らなかったら15秒で自動に戻すからねーという機能も便利です。

画像

ダブルクリックで初期値に戻せる

Nepheton 1ではツマミを動かしたあとに、初期値(最初の設定値)に戻す場合、パラメーターを動かした分だけ戻すという作業をしなければいけませんでしたが、Nepheton 2になってダブルクリックで初期値に戻るようになりました。地味ではありますが、音色づくりの操作性という点においてかなり使いやすくなりました。

また、リアルタイム時とバウンス時でCPU負荷を調整できる機能も搭載されています。Nepheton 2を始めソフトシンセを併用して扱う場合には少しでもCPU負荷を抑えたいところですからこういう機能も嬉しいところです。

画像

レビューに戻る

安定性4.5

CPU負荷は高い

Nepheton 2では多くのエフェクトが搭載されたこともあり、Nepheton 1の頃と比べるとCPU負荷は数倍違います。

上記のNepheton 2のCPU負荷はエフェクトを一切通していないイニシャライズパッチです。試しにプリセット 8bit PaulaのCPU負荷は次のようになります。

エフェクトの搭載はCPU負荷の増大に繋がっているのがわかります。ちなみにこれらは先程の章で解説したオプションのクオリティではノーマルでのCPU負荷です。ここでUltraとDraftでどれくらいの違いがでるのかを確認してみます。

クオリティを調整することでマルチコアの負荷がかなり変わります。シングル負荷の画像は掲載しておりませんが、Draftでは最大が90%程度、Ultaraの場合は100%になり、たまに音割れが発生しました。

CPU負荷計測環境

パソコン  Macmini2018

CPU  Corei7(i7-8700B)6コア 

HT使用時12コア 3.2GHz/ターボブースト(TB)使用時4.6GHz

メモリ 32GB

システム OS12.6.1 Monterey

Audio/IF Focusrite RED 8PRE

バッファー 256

DAW   LogicPro10.7.7

48kHz/24bit

再生ストレージ SSD

レビューに戻る

価格4.5

価格は為替レートに影響するので注意が必要です。

通常セール
価格130.90ドル75.90ドル

808サウンドがほしいなら文句なしに買い!

Nepheton 2の魅力は音質の良さとエフェクト機能の搭載で自分好みの808サウンドをカスタマイズできる点です。エフェクト機能に関しては何度もお伝えしている通り、D16 Group Audio Softwareがリリースしている単体エフェクトプラグインに匹敵する音質です。

またNepheton 2のキックはリリースが長く、そこでを取り出してサブベース的なアプローチも可能な万能ドラムマシン音源です。

130.90ドルがリリース価格で75.90ドルというわけですから、セールコスパという点でみてもお買い得といえます。

PluginBoutiqueで購入すると月替りプラグインが無料でもらえます。無料と行っても100ドル相当に売っているプラグインがもらえるのでかなりお得です。

5月の無料特典は

Ozone 11 Elements

画像
注意点
  • Rent To Own プランは、無料トランザクション ギフトの対象外
  • Plugin Boutique アカウントが登録されていることを確認してください。アカウントをお持ちでない場合は、 こちらから作成できます。
  • 有料製品をバスケットに追加します (この特典は 無料製品には適用されません )。
  • 無料ギフトを選択し、チェックアウトを完了してください。
  •  取引の全額 に対してバーチャル キャッシュやクーポンを使用し ないでください。 (ただし、100% 未満の量でも問題ありません。)
  • このオファーの製品をすでに所有している場合、代替製品を提供することはできません。
  • この製品のコピーを別の製品と交換することはできません。
  •  この製品のコピーを再販することはできません。 
  • このプロモーションでは、製品の 1 コピーを請求する資格があります。
  • 1 回の取引につき 1 つの無料製品のみを請求できますが、複数の無料ギフトの場合は、すべての無料ギフトを取得するまで個別のトランザクションでこのオファーを引き換えることができます。

PluginBoutiqueでの具体的な購入方法はこちらの記事が参考になります!

レビューに戻る

まとめ

音質4.5
機能性(オリジナル性)4.5
操作性(使いやすさ)4.5
安定性(CPU負荷)3.5
価格4
総合評価4.2

Nepheton 2はNepheton 1のアップグレードという立ち位置ですが、中身は完全に別物と考えていいです。特にエフェクトに関しては興奮を隠せないレベルのクオリティでキックの音の厚みはハンパじゃありません。

EDM系等などで曲の存在感が薄いと感じたらそれはキックが大きな原因かもしれません。

そんなときはNepheton 2を試すことで解決できる可能性があります。Nepheton 2オススメです!

D16 Group Audio Software

関連記事を読んでみる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次